ローラ・LC87

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローラ・LC87
カテゴリー F1
コンストラクター イギリスの旗 ローラ・カーズ
デザイナー イギリスの旗 ラルフ・ベラミー
後継 ローラ・LC88
主要諸元
シャシー カーボンファイバー/ハニカムコンポジット複合構造モノコック
サスペンション(前) ウィッシュボーン, プッシュロッド, コニ製ダンパー
サスペンション(後) ウィッシュボーン, プッシュロッド, コニ製ダンパー
エンジン フォード-コスワース DFZ (Mader) 3500cc, 575ps, V8 (90°), NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ローラ/ヒューランド FGB 5速, MT
重量 500 kg (1,100 lb) (燃料とドライバーを含む)
燃料 BP
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ラルース・カルメル
ドライバー フランスの旗 ヤニック・ダルマス
フランスの旗 フィリップ・アリオー
初戦 1987年サンマリノグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
15 0 0 0
テンプレートを表示

ローラ・LC87 (Lola LC87) はフランスのレーシングチーム、ラルース・カルメル1987年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。ラルフ・ベラミーが設計しローラ・カーズが製作した。

背景[編集]

ラルース・カルメルは1987年にF1に新規参入した2チームの内の一つであった。チームの創設者は元レーサーでありチームマネージャーであったジェラール・ラルースとフランスの実業家ディディエ・カルメルである。他のF1チームと異なりラルースは参入初年度、独自の開発部門や生産設備を持っていなかった。その代わり、F1カーの開発と製作をイギリスのレーシングカービルダーであるローラ・カーズに委託した。LC87はラルースからエントリーしたが、コンストラクターズポイントはローラに与えられた。LC87は翌年LC88に取って代わられた。

開発[編集]

LC87はエリック・ブロードレイラルフ・ベラミーによって設計された。これはフォーミュラ3000用車両を改良した物であり、多くのパーツを市販フォーミュラ3000カーのローラ・T87/50から流用していた[1]。全体的な設計は「かなりコンベンショナル」な物であった。カーボンファイバー製のモノコックは幅広で、サスペンションはダブルウィッシュボーン、タイロッドを有していた[2]。また、T87/50よりもホイールベースが延長され大型の燃料タンクが取り付けられた。エンジンは自然吸気のフォード-コスワース DFZを搭載し、スイスのハイニ・マーダーがチューンした。トランスミッションはヒューランド製の5速であった。 LC87は重量過多で[3]、乾燥重量は規定の最小重量を30kg以上オーバーしていた。チームは様々な施策により夏までに20kgを軽減した[1]

レース戦績[編集]

ローラ・LC87はシーズン第2戦のサンマリノグランプリでデビューした。当初ラルースはフィリップ・アリオーの1台体制でシーズンに臨んだ。戦闘力に劣るマシンであったにもかかわらず、アリオーはこのレースを10位でフィニッシュした。次戦ベルギーでは8位となっている。このときまでにベラミーはエンジンコンパートメントを減らして車重を15ポンド減量した。その後モノコックで4kg軽量化する。アリオーはシーズン15戦中9戦でリタイア、完走は6回で、最高位はホッケンハイムヘレスメキシコでの6位であった。彼はこの新チームに3ポイントをもたらした。シーズン終盤3戦でラルースはセカンドカーを投入、ドライバーはヤニック・ダルマスを起用した。ダルマスは最終戦アデレードで5位に入ったが、コンストラクターズポイントの対象では無かったため、2ポイントは加算されなかった。ローラは1987年シーズンで3ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング9位となった。自然吸気エンジンを対象とするコーリン・チャップマン・トロフィーではティレルに次ぐ2位となった。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1987年 LC87 フォード-コスワース
DFZ V8 3.5
G BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
西ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
MEX
メキシコの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
3(5) 9
29 フランスの旗 ヤニック・ダルマス 19 14 5[4]
30 フランスの旗 フィリップ・アリオー 10 8 Ret Ret Ret Ret 6 Ret 12 Ret Ret 6 6 Ret Ret

参考文献[編集]

  • David Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945. Motorbuch-Verlag, Stuttgart 1994, ISBN 3-613-01477-7.(ドイツ語)
  • David Hodges: A–Z of Grand Prix Cars. Crowood Press, Marlborough 2001, ISBN 1-86126-339-2.(英語)
  • Pierre Ménard: La Grande Encyclopédie de la Formule 1. 2. Auflage. Chronosports, St. Sulpice 2000, ISBN 2-940125-45-7.(フランス語)

参照[編集]

  1. ^ a b Ménard: La Grande Encyclopédie de la Formule 1. 2000, S. 323.
  2. ^ Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945. 1994, S. 141.
  3. ^ Hodges: A–Z of Grand Prix Cars. 2001, S. 129.
  4. ^ ラルースはシーズン開始時1台体制で登録したため、ダルマスはポイントの対象外であった。そのため最終戦オーストラリアで5位に入賞したものの、2ポイントは加算されなかった。

外部リンク[編集]