ローラ・LC88

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローラ・LC88 / LC88B
Lola C88-1.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ローラ・カーズ
デザイナー クリス・マーフィー
先代 ローラ・LC87
後継 ローラ・LC89
主要諸元
シャシー カーボンファイバーモノコック
エンジン 1988年: フォード-コスワース DFZ, 3,494 cc (213.2 cu in), NA 90° V8. ミッドエンジン, 縦置き.
1989年: ランボルギーニ 3512, 3,496 cc (213.3 cu in), NA, 80° V12. ミッドエンジン, 縦置き.
トランスミッション ヒューランド FGC 5速 MT
重量 515 kg (1,140 lb)
燃料 BP
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ラルース・カルメル
ドライバー フランスの旗 ヤニック・ダルマス
日本の旗 鈴木亜久里
フランスの旗 ピエール=アンリ・ラファネル
フランスの旗 フィリップ・アリオー
初戦 1988年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

ローラ・LC88 (Lola LC88) はフランスのレーシングチーム、ラルース・カルメル1988年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。エンジンはフォード-コスワース DFZを搭載した。LC88Cはランボルギーニエンジンを搭載し、1989年の初戦に出場した。

開発[編集]

LC88はラルースのためにイギリスのレーシングカービルダーであるローラ・カーズが開発した。開発責任者はラルフ・ベラミーで、クリス・マーフィーが設計した。LC88は前年のLC87の改良型で、ローラのF3000マシンを元に開発された物であった。LC88は前年型に比べてサスペンションが修正されプッシュロッドが取り付けられた。また、ホイールベースは僅かに延長され、ロールバーの基部も変更された。エンジンカバーは前年同様取り付けられず、ほとんどのレースでエンジンは露出したままだった。エンジンは自然吸気のフォード-コスワース DFZを搭載し、スイスのハイニ・マーダーがチューンした。トランスミッションはヒューランド製6速を搭載した[1]

ローラは5台のシャシーをシーズン中に製作した[2][3]。2台は後に625 bhp (466 kW; 634 PS)のランボルギーニV12エンジンに換装された。これらはLC88Bと呼ばれ、1989年の初戦、ブラジルグランプリに投入された。

レース戦績[編集]

1988[編集]

1988年はラルースにとって二年目のシーズンであった。前年とは異なり、チームは2台体制でシーズンに臨んだ。ファーストドライバーのフィリップ・アリオーは全戦出場を果たしたが、セカンドドライバーのヤニック・ダルマスは病気のため終盤2戦を欠場、鈴木亜久里ピエール=アンリ・ラファネルが代役として出場した。LC88は戦闘力に欠け、ドライバーはポイントを獲得することができなかった。最高成績はダルマスのモナコとアメリカでの7位で、アリオーは16戦中8回リタイアした。ダルマスは14戦中4回リタイアしたが、カナダでは予選落ちしている。LC88の低パフォーマンスで、ベラミーはローラを解雇された。

LC88の車体は頑強で、それはフィリップ・アリオーモナコの決勝と、メキシコの予選でのクラッシュで証明された。シャシーはモナコのクラッシュでダメージを負ったが、次戦メキシコまでには修復された。メキシコの事故では、アリオーはペラルターダ・コーナーに240 km/h (149 mph) で突っ込み、車体はコースを横切ってピットウォールに接触、コースに戻って反転し芝生に着地した。アリオーは無事脱出した。チームは車を翌日の決勝までに修理し、アリオーは決勝に出走したが、スタート直後のサスペンショントラブルでリタイアした。

LC88は1988年シーズンで戦ったF1マシンの中でもハンドリングに優れたマシンの1つとして認められるが、成功したマシンとは言えない。結局1ポイントも獲得することができなかった。

シーズンで使用されたシャシーは以下の通り:[4]

グランプリ Lola LC88-1 Lola LC88-2 Lola LC88-3 Lola LC88-4 Lola LC88-5
ブラジルの旗 ブラジル フィリップ・アリオー ヤニック・ダルマス
サンマリノの旗 サンマリノ フィリップ・アリオー ヤニック・ダルマス
モナコの旗 モナコ ヤニック・ダルマス フィリップ・アリオー
メキシコの旗 メキシコ フィリップ・アリオー ヤニック・ダルマス
カナダの旗 カナダ ヤニック・ダルマス フィリップ・アリオー
アメリカ合衆国の旗 デトロイト ヤニック・ダルマス フィリップ・アリオー
フランスの旗 フランス ヤニック・ダルマス フィリップ・アリオー
イギリスの旗 イギリス ヤニック・ダルマス フィリップ・アリオー
ドイツの旗 ドイツ ヤニック・ダルマス フィリップ・アリオー
ハンガリーの旗 ハンガリー ヤニック・ダルマス フィリップ・アリオー
ベルギーの旗 ベルギー フィリップ・アリオー ヤニック・ダルマス
イタリアの旗 イタリア フィリップ・アリオー ヤニック・ダルマス
ポルトガルの旗 ポルトガル ヤニック・ダルマス フィリップ・アリオー
スペインの旗 スペイン ヤニック・ダルマス フィリップ・アリオー
日本の旗 日本 フィリップ・アリオー 鈴木亜久里
オーストラリアの旗 オーストラリア フィリップ・アリオー ピエール=アンリ・ラファネル

1989[編集]

1988年の夏にチームのマネージャー、ジェラール・ラルースは今後のシーズンに向けてランボルギーニが開発した新しい12気筒エンジンを得るために交渉を行った。1988年の最終戦後、2台のLC88がランボルギーニ製エンジンを搭載するために再び組み立てられた。エンジン環境における変化は重要であった。 ホイールベースも変更された。 ランボルギーニエンジンを搭載してから2ヶ月後の1988年12月12日に最初のテストがミサノ・サーキットで開催された。この時点でギアボックスはヒューランド製を使用していたが、すぐに弱すぎることが判明した[5]。ランボルギーニ製の横置き6速トランスミッションは1989年2月末に行われたポール・リカール・サーキットでのテストで初めて使用された[6]

LC88B[7](他のソースではLC88D[8]と呼ばれた。)は当初レースでの使用を考慮されず、過渡的なモデルとなった。開発過程で多くが変更され、アリオーはその作業を「インストール」と表現した[9]。車体は長くかさばり、重量過多であった。「車は計量時以外、全く印象を与えなかった。」[10] ランボルギーニのエンジンに合わせた新型ローラ・LC89の開発は1989年3月まで遅れ[11]、チームは開幕戦ブラジルで2台のLC88Bを使用した。アリオーは予選を通過したが、ダルマスは予選落ちした。アリオーは決勝を12位で完走した。次戦サンマリノでLC88BはLC89に置き換えられた。

その後[編集]

フォーミュラ・リブレに参戦していたイギリス人ドライバーのロブ・コックスは1988年シーズンの終わりに2台のLC88を購入した。その内1台で彼は1989年のDesign Fireplaces Single-Seater Championship[12]でタイトルを獲得し、1989年のCastle Combe Formula Libre Championshipに参戦した。もう1台を彼はストック・エイトキン・ウォーターマンマイク・ストックに売却した。

LC88はライデンヒル・レース・サーキットのラップレコードを保持している。

シャシーナンバー3は2011年5月にリンカンシャーのブライトン・パーク・ドライビングセンターの落成記念でデモ走行した[13]

LC88Cの1台はフランスイル=エ=ヴィレーヌ県ロエアックマノワール・ドゥ・ロトモビルに展示されている[14]


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1988年 LC88 フォード コスワース DFZ
V8
G BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 NC
ヤニック・ダルマス Ret 12 7 9 DNQ 7 13 13 19 9 Ret Ret Ret 11
鈴木亜久里 16
ピエール=アンリ・ラファネル DNQ
フィリップ・アリオー Ret 17 Ret Ret 10 Ret Ret 14 Ret 12 9 Ret Ret 14 9 10
1989年 LC88B ランボルギーニ 3512
V12
G BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
1* 15位
ヤニック・ダルマス DNQ
フィリップ・アリオー 12

*LC89でのポイントも含む。

参照[編集]

  1. ^ Zum Ganzen: Hodges: Rennwagen von A-Z nach 1945, S. 141.
  2. ^ Auto Course 1988/89, S. 41.
  3. ^ Lola Formula one cars chassis number”. F1carstoday.net. 2011年9月9日閲覧。
  4. ^ レースで使用されたシャシーの情報。テストではしばしば他のシャシーが使用されている。Auto Course 1988/89, P38.
  5. ^ Braillon, Thacker: Équipe Larrousse 1989, S. 10 ff.
  6. ^ Motorsport aktuell, Heft 11/1989, S. 7.
  7. ^ In the message list, the vehicle appears LC88B as Larrousse, cf. entry list for the Brazilian Grand Prix in 1989 at the website www.motorsport-total.com (accessed 21 August 2012).
  8. ^ Larrousse used for the car in a business publication the term LC88D, see Braillon, Thacker. Larrousse F1 1989 S 25
  9. ^ Cited by Motorsport aktuell, issue 13/1989, p. 4
  10. ^ Hodges: A-Z of Grand Prix Cars 1906-2001, S. 129.
  11. ^ Der LC89 erlebte seine erste Ausfahrt am 4. April 1989 in LeCastellet.
  12. ^ History”. Lola Heritage. 2011年9月9日閲覧。
  13. ^ BlytonPark's Channel”. YouTube (2011年3月23日). 2011年9月9日閲覧。
  14. ^ Le Manoir de l'automobile et des metiers d'antan”. Manoir-automobile.fr. 2011年9月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • Autocourse. Jahrbuch 1988–1989 (französische Ausgabe). ISBN 2-85120-308-8.(ドイツ語)
  • Didier Braillon, Leslie Thacker: Équipe Larrousse F1 Grand Prix 1989. Paris 1989 (Éditions ACLA), keine ISBN.(ドイツ語)
  • Adriano Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports, Stuttgart 1997, ISBN 3-613-01848-9.(ドイツ語)
  • David Hodges: A–Z of Grand Prix Cars 1906–2001, 2001 (Crowood Press), ISBN 1-86126-339-2.(英語)
  • David Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945, Stuttgart 1993, ISBN 3-613-01477-7.(ドイツ語)
  • Pierre Ménard: La Grande Encyclopédie de la Formule 1, 2. Auflage, St. Sulpice, 2000, ISBN 2-940125-45-7.(フランス語)

外部リンク[編集]