ラルース・LH93

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラルース・LH93
カテゴリー F1
コンストラクター ラルース
デザイナー ロビン・ハード
ティノ・ベッリ
ティム・ハロウェイ
先代 ヴェンチュリー・LC92
後継 ラルース・LH94
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー/ハニカムコンポジット複合構造モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, ビルシュタイン製ダンパー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プルロッド, ビルシュタイン製ダンパー
トレッド 前:1,692 mm (66.6 in)
後:1,618 mm (63.7 in)
ホイールベース 2,940 mm (116 in)
エンジン ランボルギーニ 3512 3,493 cc (213.2 cu in) V12 NA ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ラルース / ランボルギーニ 6速 セミAT
重量 515 kg (1,135.4 lb)
燃料 エルフ
オイル エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ラルース F1
ドライバー 19.フランスの旗 フィリップ・アリオー
20.フランスの旗 エリック・コマス
20.日本の旗 鈴木利男
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1993年南アフリカグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16000
テンプレートを表示

ラルース・LH93 (Larrousse LH93) はフランスのレーシングチーム、ラルース1993年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーローラヴェンチュリーと共同で車を開発してきたラルースであったが、LH93は初めて自ら開発した車両であった。ドライバーはフィリップ・アリオーエリック・コマス鈴木利男

開発[編集]

コンストラクター登録を前年の「ヴェンチュリー」から「ラルース」に戻し、形式番号はこれまでの「LC」から「LH」に変更したが、このLHはラルースとハードのイニシャルから取られた。

1993年を通してプジョーがエンジンサプライヤーとしてF1に参戦するとの噂が流れた。その噂は後にプジョーが1994年にエンジンを製作、参戦すると公式発表を行い確認された。ファクトリーエンジンを得るために、ラルースは独自のシャシーを製作するしか選択の余地はなかった。ラルースが製作したシャシーは昨年のヴェンチュリー製シャシーよりも重かった。ホイールベースは前輪が3.5インチ後退して短縮された。これによってより大きなフロントウィングとミッドプレートを装備できるようになった。モノコックは昨年の物と同一であったが、サイドポッドはランボルギーニV12エンジンを冷却するため大型化された。ブレーキはブレンボ製からフレンチカーボンインダストリー製に変更された。同様に冬の間に燃料はBPからエルフに変更された。チームの資金は相変わらず乏しかったが、ラルースはポールリカールでプレシーズンテストをかなりの回数行うことができた。ラルースは当初ウィリアムズが開発したアクティブサスペンションを導入しようとしていたが、コストの上昇とシーズン終盤に禁止されたことで計画は直ちに放棄された。

レース戦績[編集]

シーズン開幕戦はコマス、アリオー共にリタイアとなったが、チームにとっては手応えのある展開であった。第2戦ブラジルでは両者共に完走し、アリオーは7位とあと僅かでポイントを得ることができた。第3戦ドニントンは雨のレースとなり、アリオーはクラッシュしたがコマスは4週遅れ、ローラミケーレ・アルボレートを抑えて9位となった。ラルースの努力は第4戦イモラで実る。コマスはリタイアしたが、アリオーが5位入賞、値千金の2ポイントを獲得した。第5戦スペインでアリオーとコマスはテールツーノーズのバトルを繰り広げるが、26週目にアリオーのギアボックスが壊れリタイアとなった。コマスはマーク・ブランデルクリスチャン・フィッティパルディ鈴木亜久里とのバトルを制して9位でフィニッシュした。チームはこの後8戦連続で機械的トラブルが無くレースを終えることになる。この時点でチームは予算が尽き、ホッケンハイムまでパーツの更新が行えなかった。2台揃って完走するのは7ヶ月後のイタリアGPで、コマスはクラッシュが頻発する中生き残って6位入賞、チームにとってシーズン2度目のポイントを得た。残る4戦でリタイアは1度と、チームの状態は上向きにあるように見えた。ジェラール・ラルースはチーム運営資金を得るため日本オーストラリアでアリオーに代えて鈴木利男を起用しなければならなかった。

LH93は信頼性が高く、アリオーが第4戦で5位、コマスが第13戦で6位入賞し合計3ポイントを獲得した。コンストラクターズランキングも1987年の初参戦以来となる10位を記録した。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1993年 ラルース F1 ランボルギーニ V12 G RSA
南アフリカの旗
BRA
ブラジルの旗
EUR
イギリスの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
3 10位
フィリップ・アリオー Ret 7 Ret 5 Ret 12 Ret 9 11 12 8 12 9 10
鈴木利男 12 14
エリック・コマス Ret 10 9 Ret 9 Ret 8 16 Ret Ret Ret Ret 6 11 Ret 12

参照[編集]

  1. ^ Henry, Alan (1993). Autocourse 1993-94. Richmond, England: Hazleton Publishing. pp. 288. ISBN 1-874557-15-2. 

外部リンク[編集]