片山右京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
片山 右京
Ukyo Katayama
Ukyo Katayama 2008.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県相模原市
生年月日 (1963-05-29) 1963年5月29日(58歳)[1]
F1での経歴
活動時期 1992 - 1997
所属チーム
出走回数 97 (95 starts)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 5
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1992年南アフリカGP
最終戦 1997年ヨーロッパGP
テンプレートを表示

片山 右京(かたやま うきょう、男性、1963年5月29日 - )は、神奈川県相模原市出身のレーシングドライバー、登山家自転車競技選手。KATAYAMA PLANNING株式会社 代表取締役

神奈川県相模原市の名誉観光親善大使、白山ジオトレイル名誉顧問、大阪産業大学工学部客員教授。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京都新宿区慶應義塾大学病院生まれ、神奈川県相模原市南区鵜野森育ち[2]相模原市立鹿島台小学校に通い[3]、この頃から自転車や登山にいそしむ。

中学・高校は、日本大学第三中学・高等学校に進学[1]。陸上部に入部し、長距離選手として活躍。オートバイの転倒事故を起こし、大学進学を断念する[4]。元プロ野球選手福王昭仁落語家立川志らくは日大三高の同期生。

レースデビュー[編集]

筑波サーキットの正門前にあるレースガレージ「オートルック ツクバガレージ」で寝泊りしながら[5]パチンコ店店員、トラック運転手などで費用を準備し、1983年FJ1600筑波シリーズでレースデビュー。同シリーズでチャンピオンに輝き、翌1984年も鈴鹿FJ1600Aクラスでシリーズチャンピオンを獲得する好成績を残す[6]

「カミカゼ・ウキョウ」[編集]

1985年全日本F3選手権にステップアップし、ランキング6位の成績を残す[6]。またこの年の8月にフランスへと渡り、フォーミュラ・ルノースクール(ウィンフィールド・レーシングスクール)を受講し、アラン・プロストの持っていたコースレコードを更新する。

首席での卒業のため、本来であればエルフスカラシップを獲得するところだが、日本でF3の出走経験があったことからスカラシップの対象外とされ、次席のエリック・コマスがスカラシップを獲得した[7]

1986年はフォーミュラ・ルノーのフランス国内選手権に出場し、第3戦マニクールでポールポジションを獲得し2位入賞を果たす[7]。同年シリーズ途中から1987年までチーム・デュケンからフランスF3に参戦。リタイヤを恐れない攻撃的なドライブで注目を集めた。レース中のクラッシュで瀕死の重傷を負い、日本へ「片山右京 死亡」の誤報が流れたこともあった。その恐いもの知らずの走りから「神風(神風特別攻撃隊の意)右京」と呼ばれた。

全日本F3000[編集]

1988年[編集]

日本のトップカテゴリーである全日本F3000選手権に出場[8]。メインスポンサーにアパレルメーカー「BA-TSU」が付きその資金を元に、自前チームの片山企画から参戦した為、ドライバーとチームマネージャーの二足のわらじを履いた。堅実にポイントを稼ぎシーズンランキング11位。またル・マン24時間レースにフランスのクラージュ・コンペティションから出場した。

1989年[編集]

前年の苦労から由良拓也率いる有力チームの1つであるムーンクラフトへ移籍する。しかし同年の「ムーンクラフト・MC040」はマシンバランスが悪く、戦闘力に欠けるオリジナルシャーシでの参戦であったために、3戦でリタイアなど結果が出なかった。また同チームより国際F3000選手権にも遠征しスポット参戦したが、同様の理由から低迷した。

併せて全日本ツーリングカー選手権にも「出光石油 with Footwork」からエントリーし、村松栄紀とともにホンダ・シビックをドライブした。常に上位争いに顔を出し、第4戦ではクラス優勝を飾った。

1990年[編集]

名門ヒーローズレーシングへ移籍[9]田中弘監督の指導のもと、のちに片山個人が大きな支援を受けることとなるCABINブランドをメインスポンサーに持つ名門チームに加入し、これまでにない恵まれた体制での参戦環境となったが、一方で好成績しか許されない厳しい環境でもあった。バブル景気の真っただ中で参戦台数が多く上位争いが激しかった中で、優勝は奪えなかったが2位1回を含む3回表彰台に上り、一躍F3000トップドライバーの一員となった。田中監督からは特に日本独特のハイグリップタイヤでのドライビングについて指導があり、自らの走り方を貫きたい右京は葛藤しながらのシーズンでもあったが、シーズンランキング5位を獲得。しかし、黒旗無視による失格など出入りの激しいレース展開は変わらずであった。なおこの年にF1のブラバムヤマハのテストドライバーに抜擢された。

1991年[編集]

ヒーローズレーシングでの二年目、開幕戦鈴鹿でF3000初優勝を果たす[10]。第5戦で2勝目を挙げるなど常に上位争いに加わり、着実にポイントを稼ぎライバルであったロス・チーバー星野一義小河等エディ・アーバインフォルカー・ヴァイドラーらを下して、最終戦の富士スピードウェイにおいてシリーズチャンピオンとなる。

この年の7月に日本人初のF1レギュラードライバーである中嶋悟の引退が発表されたため、「今年F3000チャンピオンを取る片山が次のF1最有力」との話が一人歩きし始め、右京へのプレッシャーを高めることとなり本人を苦しめたという。

F1[編集]

1992年[編集]

ラルースLC92

前年まで日本人2人目のF1レギュラードライバーである鈴木亜久里が在籍していたラルースチームと契約。中嶋、鈴木に次ぐ日本人3人目のF1レギュラードライバーとして、前年引退した中嶋悟と入れ替わるようにF1にデビューした。ラルースは前年末に破産していたが、この年からフランスの自動車メーカー・ヴェンチュリの支援を得ることとなり「ヴェンチュリ・ラルース」として再出発のシーズンとなった。ニューマシンであるヴェンチュリー・LC92にはランボルギーニV12エンジンを再び搭載した。なお、片山のF1参戦は日本たばこ(当初は「CABIN」、1994年からは「MILD SEVEN」ブランドでF1引退するまで支援した。)によるバックアップがあったこともシート獲得の大きなファクターであった。

ヴェンチュリ・ラルースはチーム体制の変更により新規参戦扱いとなったため予備予選からの出場が義務付けられたが、片山は順当に予備予選を突破。開幕戦となった南アフリカGP予選では、すでにF1でキャリアのあったチームメイト、ベルトラン・ガショーを上回り、ルーキーの中では最上位の18番手につけ、12位にて完走。第2戦メキシコGPでは、食あたりにたたられ腹痛と吐き気に苦しみながらも、根性で12位完走。第3戦ブラジルGPは25位スタートながら、初めてシングルの9位完走と、開幕から3戦続けて完走し上々のスタートをきった。ヨーロッパラウンドに入ってからは、スペインGPで予選2日目の雨に泣かされ初の予選落ちを喫し、モナコGPではマシンのオイル漏れが激しく満足にアタックができずに予備予選落ちを喫し、F1の洗礼も浴びた。

カナダGPではシーズン最高の予選11位につけ、決勝もポイント圏内の5位を走行し、初めての入賞が期待された。しかし、トラブルをかかえながら走っていた4位のヴェンドリンガーを抜こうとペースを上げたところ、自らのシフト操作のミスによりエンジンをオーバーレブさせてしまい、リタイアで終わっている。終盤の日本GPではダラーラの2台やフェラーリニコラ・ラリーニをオーバーテイクするなど見せ場を作り、地元ファンを喜ばせた。シーズンを通しては5戦連続リタイアがあるなど完走は6レースに留まり、ノーポイントに終わった。

  • 出走回数:14戦
  • 獲得ポイント:0
  • 予選最高位:11位(カナダGP)
  • 決勝最高位:9位(ブラジルGP、イタリアGP)

1993年[編集]

ティレル020C

F1での2年目、ヤマハエンジンを得たティレルに移籍。チームメイトは前年からティレルに在籍していたベテランのアンドレア・デ・チェザリス。同年からヤマハはエンジンの製作を単独では行わず、イギリスのエンジンビルダー・ジャッドとの提携を開始。ジャッド・GVエンジンをベースに共同開発を行っていくこととなる。なお、右京は上記のように1990年からブラバム・ヤマハのテストドライバーを務めていた。

シーズン前半は3年落ちのシャシーとなる020Cで戦う事となり下位での苦戦が続き、モノコックは、1991年に中嶋悟が使用したものそのもので、ヤマハエンジンも前年のイルモア程度の軽量化は達成していたものの、第4戦でニューマチックバルブが導入されるまでヤマハ側の改良が間に合わず、やはり1991年にスクーデリア・イタリアが搭載したジャッドGV・V10そのものであった。待望の新車であったティレル・021も期待された戦闘力を持たず、見るべきところがなかった。

直線もまともに真っすぐに走らないとも云われたマシンに苦労し続けたシーズンであったが、シーズン終盤の地元日本GPではこの年最高の予選13番グリッドを獲得。鈴木亜久里と日本人ドライバー同士のバトルを見せ、地元ファンを沸かせたが、F1での2年目もポイント獲得には至らず、ノーポイントで終了した。F1関係者の間でのドライバーとしての評価は、この時点では決して高いものではなかった。

  • 出走回数:16戦
  • 獲得ポイント:0
  • 予選最高位:13位(日本GP)
  • 決勝最高位:10位(ハンガリーGP)

1994年[編集]

ティレル022

1994年、マシンデザイナーであるハーベイ・ポスルスウェイトがザウバーから復帰したこの年のティレルは、ニューマシン「ティレル022」を開発、開幕戦から投入した。チームの資金不足は相変わらずであり、テスト回数や開発は十分ではなく、部品の供給も思うように進まなかったが、アイルトン・セナラッツェンバーガーの死亡事故により、シーズン中にもかかわらずレギュレーションがめまぐるしく変更された中にあって、022と片山はそれらの混乱をうまく切り抜け、シーズン終盤までその速さを維持した。チームメイトのマーク・ブランデルスペインGPにおいて3位表彰台を獲得。片山自身も上位に何度か食い込むほか、随所で表彰台獲得はおろか初勝利さえ期待させる速さを見せた。

開幕戦となったブラジルGPで、自身初めての予選トップ10を獲得(10位)。決勝ではピット作業が遅れ、タイムをロスするも、前方での多重クラッシュという展開にも恵まれ、5位入賞しF1での初ポイントを獲得した。その後セナの死亡事故により2ヒート制となったサンマリノGPで5位、イギリスGPでも6位(フィニッシュは7位。ミハエル・シューマッハの失格による繰り上げ)にそれぞれ入賞し、シーズン前半だけで3度の入賞を果たし、グレーデッド・ドライバーの仲間入りを果たす。

シーズン後半に入ると予選での速さがさらに増し、ドイツGPでは当時日本人予選順位最上位記録となる予選5位(それまでは中嶋、鈴木の6位)を獲得。決勝でもロケットスタートを決め、1コーナーまでにすぐ前のベネトンのシューマッハとウィリアムズのヒルをかわし、トラブルでスローダウンしたフェラーリのジャン・アレジを尻目に一時2位を走行。その後3位走行中のレース7周目にスロットルトラブル(メカニックがバルブを閉め忘れた)によってリタイアとなってしまった。このレースの結果は予選12位、14位スタートのリジェパニスベルナールが2位、3位と表彰台を獲得。優勝したフェラーリのベルガー以外は上位陣総崩れの荒れた展開となり、トラブルなく完走さえしていれば、2位表彰台を獲得できた悔しいレースであった。また、イタリアGPにおいてもブレーキディスクの不良破損(チームメイトのブランデルも同様の理由にてリタイア。)にてリタイアとなってしまったが、周回中に2度も片山にオーバーテイクされているマクラーレンミカ・ハッキネンが、結局3位でフィニッシュしており、幻の表彰台となっている。

高速コースのドイツ、イタリアでの健闘のほか、車の適正的に苦戦が予想された中低速のテクニカルサーキット、ハンガロリンクハンガリーGP)で予選5位(3位のウィリアムズクルサードとのタイム差も僅か0.027秒だった)を獲得したことも、関係者の評価を大いに上げる要因となった。ポルトガルGPでも予選6位を獲得したが、予選中にスロットルトラブルが発生し、満足にアタックができたとは言い難い中での6位という記録である。

このように後半戦は予選トップ10が指定席となり、日本のF1ファンから鈴木亜久里以来の表彰台と、日本人初のF1優勝という大きな期待が寄せられたが、マシンに速さはあったが信頼性の低さに悩まされ、決勝でなかなか結果に結びつかないことが多く、我慢のレース(5戦連続リタイア)が続いた。そうしたなか迎えたヨーロッパGPでは、またもマシントラブルによりスタート直後にエンジンストールをしてしまい、最後尾からのレースとなってしまう。しかし、鬼神の走りで追い上げ、最終コーナーまでフレンツェンとギリギリのバトルに持ち込むも僅差の7位(入賞は6位まで)でフィニッシュ。久々の完走を果たし、改めて片山の速さがアピールされ、次戦の地元日本GPへの良い弾みにもなった。こうした中迎えた地元の日本GPではファンの大きな期待を集めたものの、豪雨にたたられ痛恨のスピンを喫しレース序盤でのリタイアとなった。

同年の活躍により、ベネトンから翌1995年シーズンの契約を打診(フラビオ・ブリアトーレからいきなり契約書を突き付けられ、サインしろと迫られた[要出典])される[10]。ベネトンは毎年のようにセカンドドライバーが交代し、コンストラクターズチャンピオン獲得のために頼れるセカンドドライバーを探している最中で、ミハエル・シューマッハからの指名でもあった。しかしながら、翌シーズンのティレルとの契約が残っていたため莫大なる違約金が発生することと、スポンサー(日本たばこ産業)の強い意向もあり契約には至らず、翌シーズンもティレルで走ることとなった。(ベネトンにはジョニー・ハーバートが乗ることになる)


後にこのシーズン印象に残る走りが出来た理由として、実姉が出産時の事故で他界したことと、自らが癌であると診断された事(後に誤診と判明)を挙げている。

  • 出走回数:16戦
  • 獲得ポイント:5
  • 予選最高位:5位(ドイツGP、ハンガリーGP)
  • 決勝最高位:5位(ブラジルGP、サンマリノGP)

1995年[編集]

ティレル・023をドライブする片山

1995年は「今年の注目ドライバーはウキョウ・カタヤマだ」と、当時フランスのTF1で解説をしていたアラン・プロストに言わしめた。

右京はチームに「チームメイトはとにかく速いヤツにしてくれ」とオーダーしていたが、チームメイトにミカ・サロを迎えると、サロの母国のフィンランドの携帯電話メーカー「NOKIA」がメインスポンサーになり、サロが結果を出すにつれてチーム体制が急激にサロ寄りに変化してしまった。また、油圧形式ダンパーのハイドロリンク・サスペンションを独自開発したが開発体制が脆弱で熟成できず、通常のサスペンションへ戻すといった混乱もあり低迷した。

そんな中、決勝レースでは上位につけることもありサンマリノGPではシューマッハが原因不明のトラブルでクラッシュするなど波乱の中、後半6位まで追い上げた他、ベルギーGPでは雨中でスリックタイヤのまま走行を続け、16番手から4位まで浮上。3位のマシンを7秒速いペースで追い上げたが、セーフティカーが導入されるとタイヤが冷えてしまいクラッシュした。ポルトガルGPではスタート直後の多重接触事故に巻き込まれ、引っくり返ったマシンがコマのように回転するという激しいクラッシュで病院に搬送された。次のヨーロッパGPはドクターストップにより欠場し、復帰後もしばらく後遺症に悩まされた。

不調の原因の一端は右京のトレーニング方法に問題があったとの話もある。右京は1994年の戦績を上回るべくシーズン前にハードなトレーニングを行ってきた。無暗に重い負荷を掛け筋力を増強する方法だった。当時の右京は「10 kgを10回上げるのと100 kgを一回上げるのは同じ」と考えていた。体が一回り大きく見えるほどに筋肉を付けたが、引き替えに敏捷性を奪う結果となった。また筋力が増したことにより酸素の消費量が増え、走り始め早々から酸欠状態に陥り腕が上がらなくなっていたと語っている。F1ドライバーに必要なのは300 km走りきる間、同じ動作を正確に繰り返す筋肉であり、筋肉の性質を考慮せずにトレーニングを行ったことは自分の首を絞める結果となった。

また、この年から担当のレースエンジニアがサイモン・パーカーからティム・デンシャムになった事で、仕事の進め方の細かい部分での行き違いがありエンジニアとの関係構築に時間が掛かっていた。

  • 出走回数:16戦
  • 獲得ポイント:0
  • 予選最高位:11位(ブラジルGP)
  • 決勝最高位:7位(ドイツGP)

1996年[編集]

前年の広告面での成果が想定より悪かった事でメインスポンサーの「NOKIA」が撤退、チームは資金難となる(ティレルが1996年のスポンサーフィー倍額を要求して「NOKIA」を怒らせてしまったとの説がある)。

またこの年の右京とティレルとの契約がなかなか合意に達しない間にも新シャーシ(ティレル024)の開発は進行しており、既にチームと契約済みだったミカ・サロの体型に合わせてコクピット形状が決められていた。その為、右京には大きすぎるコクピットになってしまい、対策としてシートを嵩上げし従来よりも径の大きなステアリングを使用する事になった(シーズン前の体制発表の場でこのシャーシに乗ったら右京の体が見えない程すっぽりとハマってしまい同席していたジャーナリストからは爆笑された)。トップチームへの移籍を見越してチームと95年の単年契約を結んだ事が結果的に仇となった。

その結果、実際にステアリングを切った量と右京がイメージする切れ角にズレが生じてしまう事になった(右京はこの現象を「手アンダー」と呼んでいた)。右京用のシャーシが製作されたシーズン中盤までこの現象に悩まされた。ドイツGPの予選では前後のタイヤを同じフロントタイヤを装着して少しでも空気抵抗を減らそうとした「奇策」まで実行された。

夏からは翌年に向けシート交渉が活発化し、ケン・ティレルからは慰留されたが、同年限りでヤマハエンジンを失うことが決定しており、さらにチームメイトのサロ寄りの体制になったことに不満を抱いていたことから、ティレルと袂を分かつことが決定的となる。

4年仕事を共にしたヤマハエンジンは、97年からアロウズへ供給先を変更することを発表。これまでのヤマハとのつながりの深さから「片山もアロウズへの移籍が最有力か」との報道も多くされていたが、空席のセカンドドライバー(アロウズのナンバーワンドライバーには既にウィリアムズからチャンピオンのデイモン・ヒルの加入が発表済であった。)には、名前こそ名言しなかったが「日本人ドライバーを乗せることはない」とアロウズ代表のトム・ウォーキンショーが早々にアナウンスする事態となり、本人の「人間片山右京が終わるわけではない」との発言もあって、移籍か引退かの報道が過熱することとなった。シートの空席はすでに少なく、移籍するならばザウバーミナルディの二択に事実上絞られることとなった。

  • 出走回数:16戦
  • 獲得ポイント:0
  • 予選最高位:12位(イギリスGP)
  • 決勝最高位:7位(ハンガリーGP)

1997年[編集]

97年シーズンフラビオ・ブリアトーレがオーナーとなっていたミナルディに移籍することになった[11]。ナンバーワンドライバーとして、またのんびりと家庭的なイタリアチームを、闘う集団とするための立て直しのリーダーとして、チーム改革を期待されての移籍であった。

チームメイトはルーキーのヤルノ・トゥルーリ[12]。このルーキードライバーに片山自身も惜しみなくアドバイスを送り、良好な関係を築いている[12]。(シーズン序盤、トゥルーリが好走をすると、「右京のアドバイス通りに走った」とコメントするのが常であった。)

これまでのミナルディのマシン性能から、明らかなる苦戦が予測された1997年シーズンであったが、開幕戦のオーストラリアGPでは最後列が予想されたミナルディで予選15番手を獲得し、右京の予選での速さが健在であると示した。しかしシーズンが進むにつれマシンの性能が非力であることを露呈し、F1参戦を通じて最多となるシーズン8戦で完走を果たしたが、同じV8エンジンユーザーの古巣ティレルとのテールエンダー争いに終始した。チームからは走りを評価され翌年の契約延長のオファーを受け、複数チームからの移籍オファーもあったが、「後進にF1シートを譲りたい」との理由で、日本GPにて同年限りでのF1引退を発表、最終戦をもって引退した。この決断の理由として「チームメイトのルーキー、ヤルノ・トゥルーリの急激な成長を目にして、自分にはすでに伸びシロが無くなっていたことを認識させられた」と述べている。

F1通算での入賞回数3回(当時は6位以内)はF1ドライバーとして平凡な記録であり、また入賞を記録したのも1994年シーズンのみであったが、その1994シーズンの速さによって、日本人がF1で優勝することを初めてファンに現実的に感じさせてくれたドライバーであるとも言われる。F1通算出走回数は95戦。これは引退から25年を経た2021年時点においても日本人ドライバーとして歴代最多である。

  • 出走回数:17戦
  • 獲得ポイント:0
  • 予選最高位:15位(オーストラリアGP)
  • 決勝最高位:10位(モナコGP、ハンガリーGP)

ル・マン24時間レース[編集]

トヨタ・GT-One TS020

その後、1998年からはトヨタよりル・マン24時間耐久レースワークス参戦し、特にトヨタ・GT-One TS020を駆った1999年の同レースは、優勝車BMW V12 LMRを終盤にファステストラップの連続で追い詰め、結局タイヤバーストで惜しくも2位に甘んじたが、その走りは内外のレース関係者に深い印象を残した[13]

しかも、バースト時の速度は約204 mph(=328 km/h)であったが、二車線しか無い公道区間にも関わらずスピンすることなく体勢を立て直すなど、まさに「カミカゼ・ウキョウ」の健在とその実力が未だトップレベルにあることを証明するレースとなった。

その他のカテゴリー[編集]

その後は、同じく関係の深いトヨタ系チームから全日本GT選手権や、ダカールラリーアジアクロスカントリーラリーなどにも参戦した[14]。他にも、F1現役時代から、FJ1600やフォーミュラ・トヨタなどのジュニアフォーミュラや、F3を中心に活動するレーシングチーム「ル・ボーセ・モータースポーツ」を、F3時代からの担当メカニックだった坪松唯夫と運営した(2019年に活動終了)。また、2007年11月からスタートしたスピードカー・シリーズにも参戦していた。

2011年はグッドスマイルレーシングStudieが運営するチームにTeamUKYOが参加、スポーティングディレクターに就任した[15]。2012年も継続してスポーティングディレクターを務めると共に、チームが2台体制になったのに伴い4号車の監督を兼務した。2014年からはグッドスマイルレーシングがエントラントとなり体制変更を受けてチーム監督に就任した。

登山[編集]

F1現役当時から登山を趣味としており、北米キリマンジャロなどに登頂。F1引退後は登山をライフワークと位置づけ活動。2001年にはチョ・オユー登頂に成功。2002年にはエベレスト登頂にチャレンジしたが、途中断念した。2006年にはマナスルの登頂に成功した。

2007年にはガッシャーブルムII峰に遠征。天候不順により登頂を断念した。この遠征中に、竹内洋岳を含むドイツ隊の5人が雪崩に巻き込まれる事故が発生。酸素ボンベの提供などの救援活動に従事している[16]

2009年12月17日、南極大陸ヴィンソン・マシフ登頂に挑戦するための訓練として、自身が経営する片山プランニングの社員2名と共に富士登山中に遭難した[17]。片山本人は翌18日に自力で下山する途中、静岡県警山岳救助隊員に発見、保護された[18]。翌19日の正午過ぎ6合目付近で男性2人の遺体が発見され、行方不明となっていた社員2名と確認された[19]。同日に記者会見が行われ、片山の事務所は同月25日から予定していた[17]南極行きの中止を発表[20]。片山自身も以降の登山活動を自粛していたが、警察の捜査終了後、翌年3月24日より再開した[21][22]

これを受けて日本山岳協会理事長の尾形好雄は「冬の富士山で一番怖いのは突風であり、風によって滑落、転倒するのが冬富士の遭難の典型」と指摘している[23]。また、「無理はせず、強い風が吹けば引き返すのが当たり前」と発言している。

自転車[編集]

2000年代に入ってからは自転車関連の事業も手がけ、ロードレースに選手として参加。2006年のシマノもてぎレース2時間エンデューロ2人クラスで初めてながら4位に入る健闘を見せる。2008年のエタップ・デュ・ツールでも日本人最高位で完走を果たした[24]。他にオリジナルマウンテンバイクの開発や、今中大介インターマックスとも提携している。さらに2005年からは女子自転車競技チーム「チーム・エレファント」の監督も務めた。

2009年より活動を開始した宇都宮ブリッツェンにもドライバー・スタッフ(当初はメンタル・アドバイザー)として参加。2010年のジャパンカップ・クリテリウムにおいて、宇都宮ブリッツェンの選手としてデビュー[25]する。2011年は「宇都宮ブリッツェン・TeamUKYO」のチーム名義でJBCF(実業団)Jエリートツアーに参戦した。

2012年には宇都宮ブリッツェンを離れ、新たにTeamUKYOとして国際自転車競技連合 (UCI) 登録のコンチネンタルチームを設立、自ら監督を務める傍ら右京自身も「TeamUKYO Reve」(Reveはフランス語で「夢」の意)のチーム名義で引き続きJエリートツアーに参戦している。

2018年には全日本実業団自転車競技連盟 (JBCF) の理事長に就任。

2020年6月に全日本実業団自転車競技連盟 (JBCF) の理事長を退任、理事を辞職[26]

2020年11月、翌年開始のジャパンサイクルリーグのチェアマンに就任[27]

2021年7月 - 2021年8月に開催された、東京オリンピック・パラリンピックの自転車競技のスポーツマネージャーを務めた。

その他の活動[編集]

現役時代には子供番組「ウゴウゴルーガ」にゲスト出演。F1引退後はフジテレビのF1中継番組「F1グランプリ」に解説者のひとりとして出演し、熱い語り口を聞かせている。また、am/pmなどのテレビCMや様々なバラエティ番組、ドラマ『水戸黄門』に出演するなど、タレントとしての活動も行っている。自身をメインパーソナリティーとする、ラジオやテレビのレギュラー番組も持っている。

前述の富士山登山中の遭難事故により、2009年12月18日より全てのTV・ラジオ番組の出演を無期限で休止していたが、翌年3月23日に復帰することを発表した。現在は引き続きフジテレビCSのF1中継の解説者を務め、2014年9月より開幕するFIAフォーミュラE選手権のテレビ朝日のテレビ中継の解説者を務めた。

年表[編集]

  • 1983年 - FJ1600クラスデビュー
  • 1984年 - 筑波FJ1600 Aクラスチャンピオン
  • 1985年 - 全日本F3(チーム:ハセミモータースポーツ)(マシン:ハヤシ322日産)最高位4位、1FL シリーズ6位
  • 1986年 - フランス フォーミュラ・ルノー参戦
  • 1987年 - フランス フォーミュラ・ルノー参戦 フランスF3 スポット 参戦
  • 1988年 - 全日本F3000参戦(チーム:バツレーシング)(マシン:マーチ87B&ローラT88/50無限)最高位5位 シリーズ11位
  • 1989年 - 全日本F3000(チーム:フットワーク)(マシン:ムーンクラフト040&041無限)最高位7位。国際F3000スポット参戦 同チーム同マシンにより参戦。
  • 1990年 - 全日本F3000(チーム:ヒーローズ)(マシン:ローラT90/50無限&DEV)最高位2位、1FL シリーズ5位
  • 1991年 - 全日本F3000(チーム:ヒーローズ)(マシン:ローラT90/50&T91/50DEV)2勝、2PP、2FL シリーズチャンピオン
  • 1992年 - F1参戦(チーム:ラルース)(マシン:ベンチュリLC92ランボルギーニ)最高位9位、トヨタTS010にてルマン24時間レース出場 決勝15時間後/192周回目にエンジントラブルでリタイヤ
  • 1993年 - F1(チーム:ティレル)(マシン:ティレル020C&021ヤマハ)最高位10位
  • 1994年 - F1(チーム:ティレル)(マシン:ティレル022ヤマハ)最高位5位 シリーズ17位
  • 1995年 - F1(チーム:ティレル)(マシン:ティレル023ヤマハ)最高位7位
  • 1996年 - F1(チーム:ティレル)(マシン:ティレル024ヤマハ)最高位7位
  • 1997年 - F1(チーム:ミナルディ)(マシン:ミナルディM197ハート)最高位10位、F1引退表明。
  • 1998年 - ルマン24時間耐久レース参戦(チーム:トヨタ・チーム・ヨーロッパ)(マシン:トヨタTS020 GT-ONE)総合9位
  • 1999年 - ルマン24時間耐久レース参戦(チーム:トヨタ・チーム・ヨーロッパ)(マシン:トヨタTS020 GT-ONE)総合2位
  • 2000年 - JGTC(GT500)参戦(チーム:NISMO)(マシン:日産・スカイラインGT-R(R34))シリーズ11位 非選手権セパン戦で優勝。
  • 2001年 - JGTC(GT500)TeamUKYOを設立(マシン:トヨタ・スープラ
  • 2002年 - ダカールラリー参戦(チーム:アラコ)(マシン:トヨタ・ランドクルーザー100)リタイア JGTC(GT500)(チーム:TeamUKYO)(マシン:トヨタ・スープラ)シリーズ27位 シーズン中下田隼成にシートを譲り降板。
  • 2003年 - ダカールラリー参戦(チーム:アラコ)(マシン:トヨタ・ランドクルーザー100)リタイア ルマン24時間耐久レース(チーム:KONDO Racing)(マシン:童夢S101無限)総合13位
  • 2004年 - ダカールラリー参戦(チーム:アラコ)(マシン:トヨタ・ランドクルーザー100)リタイア
  • 2005年 - ダカールラリー参戦(チーム:トヨタ車体)(マシン:トヨタ・ランドクルーザー100)総合30位、クラス3位 大阪産業大学工学部交通機械工学科の客員教授に就任。交通機械工学を講義する。アジアクロスカントリーラリー参戦(チーム:TeamUKYO)(マシン:トヨタ・ランドクルーザー100)
  • 2006年 - アジアクロスカントリーラリー参戦(チーム:TeamUKYO)(マシン:トヨタ・ランドクルーザー100)バイオディーゼル燃料を利用して完走。総合14位
  • 2007年 - ダカールラリー参戦(チーム:TeamUKYO)(マシン:トヨタ・ランドクルーザー100)使用済み天ぷら油をリサイクルして燃料としたディーゼル車にて完走。総合68位、クラス19位
  • GP2アジアシリーズとの併催で2007年冬より新たにスタートするストックカーレーススピードカーシリーズへの参戦を発表。F1時代からの友人であるジャン・アレジジョニー・ハーバートから熱心に誘われ、実際にテストをしてみてから本人が決断したとのことで、久々にサーキットレースへの復帰を果たす。

レース戦績[編集]

全日本F3選手権[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1985年 オートルックハセミモータースポーツ ハヤシ・321 (R1)
ハヤシ・322 (R2-R7)
日産 SUZ
6
FSW
4
SUZ
11
TSU
5
NIS
4
SUZ
13
SUZ
7
6位

全日本F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1988年 BA-TSU RACING TEAM SUZ
11
FSW
Ret
NIS
Ret
SUZ
7
SUG
5
FSW
8
SUZ
12
SUZ
Ret
11位 2
1989年 Footwork FORMULA SUZ
9
FSW
Ret
NIS SUZ
Ret
SUG
Ret
FSW
15
SUZ
18
SUZ
7
NC 0
1990年 CABIN RACING TEAM with HEROES SUZ
Ret
FSW
3
NIS
5
SUZ
Ret
SUG
12
FSW
5
FSW
2
SUZ
3
FSW
Ret
SUZ
DSQ
5位 18
1991年 SUZ
1
AUT
4
FSW
9
MIN
Ret
SUZ
1
SUG
6
FSW
2
SUZ
2
FSW
C
SUZ
10
FSW
2
1位 40

F1[編集]

チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1992年 ヴェンチュリー LC92 RSA
12
MEX
12
BRA
9
ESP
DNQ
SMR
Ret
MON
DNPQ
CAN
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
17
ITA
9
POR
Ret
JPN
11
AUS
Ret
25位 0
1993年 ティレル 020C RSA
Ret
BRA
Ret
EUR
Ret
SMR
Ret
ESP
Ret
MON
Ret
CAN
17
FRA
Ret
GBR
13
28位 0
021 GER
Ret
HUN
10
BEL
15
ITA
14
POR
Ret
JPN
Ret
AUS
Ret
1994年 022 BRA
5
PAC
Ret
SMR
5
MON
Ret
ESP
Ret
CAN
Ret
FRA
Ret
GBR
6
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
EUR
7
JPN
Ret
AUS
Ret
17位 5
1995年 023 BRA
Ret
PAC
8
SMR
Ret
ESP
Ret
MON
Ret
CAN
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
7
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
10
POR
Ret
EUR PAC
14
JPN
Ret
AUS
Ret
20位 0
1996年 024 AUS
11
BRA
9
ARG
Ret
EUR
DSQ
SMR
Ret
MON
Ret
ESP
Ret
CAN
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
7
BEL
8
ITA
10
POR
12
JPN
Ret
17位 0
1997年 ミナルディ M197 AUS
Ret
BRA
18
ARG
Ret
SMR
11
MON
10
ESP
Ret
CAN
Ret
FRA
11
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
10
BEL
14
ITA
Ret
AUT
11
LUX
Ret
JPN
Ret
EUR
17
24位 0

全日本GT選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1999年 TOYOTA Castrol TEAM TOM'S トヨタ・スープラ GT500 SUZ
3
FSW SUG
11
MIN
2
FSW
15
TAI
15
TRM
10
15位 28
2000年 NISMO 日産・スカイラインGT-R GT500 TRM FSW
2
SUG
11
FSW
6
TAI
11
MIN
Ret
SUZ
4
11位 31
2001年 TOYOTA TEAM CERUMO WITH UKYO トヨタ・スープラ GT500 TAI
12
FSW
14
SUG
13
FSW
14
TRM SUZ
Ret
MIN
13
NC 0
2002年 TOYOTA TEAM CERUMO GT500 TAI
15
FSW SUG
9
SEP FSW TRM MIN SUZ 27位 2

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
1988年 フランスの旗 クラージュ・コンペティション フランスの旗 ポール・ベルモンド
フランスの旗 フランソワ・ミゴール
クラージュ・C22-ポルシェ C1 66 DNF DNF
1992年 日本の旗 トヨタ・チーム・トムス イギリスの旗 ジェフ・リース
オーストラリアの旗 デビッド・ブラバム
トヨタ・TS010 C1 192 DNF DNF
1998年 日本の旗 トヨタ・モータースポーツ 日本の旗 鈴木利男
日本の旗 土屋圭市
トヨタ・GT-One GT1 326 9位 8位
1999年 日本の旗 鈴木利男
日本の旗 土屋圭市
LMGTP 364 2位 1位
2002年 フランスの旗 ペスカロロ・スポール フランスの旗 エリック・エラリー
モナコの旗 ステファン・オルテリ
クラージュ・C60-プジョー LMP900 144 DNF DNF
2003年 日本の旗 KONDO Racing 日本の旗 近藤真彦
日本の旗 福田良
童夢・S101-無限 LMP900 322 13位 8位

全日本ツーリングカー選手権[編集]

チーム クラス 使用車両 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1989年 IDEMITSU RACING TEAM
With Footwork FORMULA
JTC-3 ホンダ・シビック NIS
4
SEN
Ret
TSU
Ret
SUG
3
SUZ
1
FSW
8

人物[編集]

キャリア初期は資金に苦しみ、主戦場であった筑波サーキット近辺の自動車工場で住み込みでアルバイトに明け暮れながらレースに参戦するという日々だった(住み込みならば部屋代がかからず、レース資金も稼げ、お下がりのレーシングパーツを入手できることもあったため)。主戦場が鈴鹿サーキットになった時には、白子の浜辺にブルーシートを設け野営し、トレーニングを兼ねランニングをしながらサーキットへ行きレースをしていた[28]

ヘルメットカラーはF3時代まで幾度か変更し、黒字に太い黄ラインのもの、SHOEI製の白地に黄と赤ラインのデザインを経て、フランスでの1987年には一時、憧れていたジル・ビルヌーブのヘルメットに似た黒地に太い赤ラインのものを使用していたこともある[29]。1988年に帰国してからは、やはり憧れの存在であった高橋徹(1983年死去)のカラーデザインにアレンジを加え蛍光赤ラインを入れたものに変更[30]、以後このデザインで定着しF1でも使用していた。

F1マシンに初めて「乗った」のは1987年日本GPの木曜日で、帰国し鈴鹿のピットを訪れていた右京がAGSのピット前でタイヤ交換練習をしていたクルーに無理を言ってJH22のコクピットに乗せてもらった。そのコクピットはロベルト・モレノ用のシートで、小柄なモレノのシートが同じく小柄である右京に非常にフィットし、ミラーで見える大きなリヤタイヤに驚くとともに、絶対F1で戦うぞという闘志が沸いたという[31]

ドライビングの悪い癖を直し、サーキットの走行時間を増やしたいという理由から、現役レーサーとしては珍しくドライビングコーチについて練習していた[32]

ティレル在籍中の1994年に、ベネトンへの移籍話が持ち上がったことがあり、後年のインタビューでは詳しい経緯を語っている。それによると、ベネトンのフラビオ・ブリアトーレから紙とペンを突きつけられ、「ここに今すぐサインをしろ。これで来年からは我々の仲間だ」と迫られたという。右京は逡巡したが、応援してくれている人々やメインスポンサーである日本たばこ産業の意向を確認しなければと思い、「ちょっと待ってくれ。」と即答を拒んだ。直後に会ったミハエル・シューマッハに「よう!来年からよろしく!」と肩を叩かれ、「それが、まだサインしていないんだ」と答えると、「なぜだ!?こんなチャンス悩む必要があるのか?」と驚かれたという。「今から考えれば、あの時迷わずにサインをしていたら、運命は違っていただろうね。まぐれでも1、2回優勝できたかもしれない」と無念さをにじませている[28]

このベネトンへの移籍に関しては、ティレルとの契約を破棄すること生じる違約金がネックであり、片山の個人スポンサーと移籍先となるベネトンのメインスポンサーは共にJT(マイルドセブン)で共通してはいたがその違約金まで捻出してはくれず、最終的に移籍を断念したというのが事実のようである。翌年、片山が座るかもしれなかったベネトンのシートでジョニー・ハーバートが2勝を挙げたこともあり、移籍が実現しなかったことを惜しむ声がある。

ヨーロッパのファンから「ぜひ漢字のサインを」と頼まれ、「どうせ『片山右京』と書いたところで、分からないだろう」と、面白がって『広東風炒飯』『餃子四個』などと書いたことがある。またティレル在籍中には、マーク・ブランデルとでたらめな言葉で会話して「マークが日本語をしゃべってる?!」と周囲を驚かせるいたずらをしばしば行っていた[33]。F1デビュー年だった1992年、木曜日に数名のドライバーが呼ばれ開かれる公式記者会見で欧州の記者から「新しい英語でのジョークを覚えたんだって?」と質問され、ニキ・ラウダとスネークというブラックジョークを披露し、同席したドライバーと記者陣を驚かせたことがある[34]

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

テレビCM[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Racing on 486, p. 24.
  2. ^ 片山右京著 『負け、のち全開』 新潮社、2004年 [要ページ番号]
  3. ^ http://www.sagamihara-kashimadai-e.ed.jp/page/news.html
  4. ^ INLIFE 男の履歴書 片山右京
  5. ^ Racing on 486, p. 37.
  6. ^ a b Racing on 486, p. 38.
  7. ^ a b Racing on 486, p. 32.
  8. ^ Racing on 486, p. 39.
  9. ^ Racing on 486, pp. 39–41.
  10. ^ a b Racing on 486, p. 40.
  11. ^ Racing on 486, p. 47.
  12. ^ a b Racing on 486, p. 48.
  13. ^ Racing on 486, pp. 75–77.
  14. ^ Racing on 486, pp. 78–79.
  15. ^ 初音ミクとポディウムへ「GSR & Studie with TeamUKYO」始動! ガジェット通信 2011年2月6日配信、2011年2月7日閲覧
  16. ^ http://weblog.hochi.co.jp/takeuchi/2008/02/post-ec1e.html#more
  17. ^ a b 富士山で遭難の元F1レーサー、片山右京さんを保護 2人は絶望か(MSN産経ニュース、2009年12月18日)
  18. ^ 【片山右京遭難】片山さんが現地で会見「無事を祈るばかりです」、産経新聞、12月18日。
  19. ^ 富士山遭難 遺体で発見の2人、片山さんの同行者と確認(毎日新聞、12月20日)。
  20. ^ 自分の責任 悲しみこらえ右京さん会見(朝日新聞・マイタウン静岡、2009年12月20日)
  21. ^ 片山右京さんが仕事を再開 遭難の「ご遺族からも理解をいただいた」(産経ニュース、2010年3月23日)
  22. ^ 片山右京ブログも閉鎖…活動自粛最低1年か(SANSPO.COM、2009年12月21日)
  23. ^ 専門家が指摘「冬の富士山で怖いのは突風」 2009年12月19日 スポーツニッポン
  24. ^ 片山右京がエタップ・デュ・ツールで日本人最高の284位
  25. ^ 片山右京が初参戦 ブリッツェン、Jカップ出場選手発表
  26. ^ FEDERATION, JAPAN BICYCLIST CLUB. “JBCF 理事長交代のお知らせ - JBCFロード” (日本語). jbcfroad.jp. 2020年7月25日閲覧。
  27. ^ “国内ロードレースの新リーグ「ジャパンサイクルリーグ」が始動 地域密着型9チームが参戦”. シクロワイアード. (2020年11月6日). https://www.cyclowired.jp/news/node/335859 2021年1月1日閲覧。 
  28. ^ a b 「今だから語ろう 20年目の真実/片山右京」『日本の名レース100選 Vol.067 '92 F1日本GP』、三栄書房
  29. ^ 気になる二人の気になる会話 鈴木亜久里vs片山右京 Racing On No.019 104頁 武集書房 1987年11月1日発行
  30. ^ サイクルロードレースがなぜ東広島で開かれたのか。きっかけは東広島市の伝説的レーサー ウィークリープラスネット 2019年7月18日
  31. ^ 右京のレーサーヤローの輪ッ vol.1 ヤニック・ダルマスの巻 Racing On No.021 125頁 武集書房 1988年1月1日発行号
  32. ^ 『F1速報 1994総集編』、ニューズ出版、1994年、45頁
  33. ^ 川井一仁 『F1ワハハ読本3』、ソニー・マガジンズ、p.53
  34. ^ Racing On ウラ-ネタ-リング 1992年
  35. ^ [1]

参考文献[編集]

  • 「特集 片山右京」『Racing on』第486巻、三栄、2017年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]