KURE 5-56

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
5-56とタイヤ、工具

KURE 5-56(クレ 556[1])は呉工業が製造販売している浸透潤滑剤、およびその商品シリーズの名称である。開発元はアメリカの自動車関連および生活関連用品のメーカー、CRCインダストリー英語版で、内容物は同社の「CRC5-56」と同様である。日本へは呉工業が1962年10月に導入したのであるが、そのためブランド表記が「KURE CRC5-56(クレ・シーアールシー・ご・ご・ろく)」となっている商品もある。

特徴[編集]

使用すると金属表面に薄い皮膜を作り、潤滑効果、防錆効果を生む。また固着したネジなどの微細な隙間に浸透して古い油脂を溶かし、緩めやすくする。有機溶剤の割合が高く、蒸発残留分は非常に少ないので長続きする潤滑効果は期待できない。これを利用して機械からのきしみ音の音源を探すのに使われる場合がある。

無香性のものもある。臭いの気になる室内、自動車内での使用を想定しており、無香性はゴム、プラスチックにも使用できる[2]

用途に自転車が挙げられているが、車軸等のベアリングのような耐久性のあるグリースを必要としている部位には向かず、チェーンに使っても効果は持続しないため不向きである。また不用意に使用すると元々あった潤滑油を溶剤が流してしまう。そのため、呉工業でもそれぞれ5-56以外の製品で対応している。

研磨剤が入っているという噂は否定されている[3]

使用上の注意[編集]

  • 石油系溶剤を含んでいるため、無香性タイプを除きゴムプラスチック塗装などを傷めてしまう恐れがある。ブレーキワイヤ、プラスチック製の部品の多いベル内部などに使用すべきではない。
  • ベアリングやサスペンションなど、グリースや特殊なオイルを使ったパーツに吹きかけると、オイルが溶かされて吹き飛ばされるため,故障の原因になる。溶剤のないシリコンスプレーやグリースを利用すべきである。また高速回転するベアリング、軸受けなどはたとえ吹きかけて潤滑されたとしても効果を持続させることは難しい。

名前の由来[編集]

CRC社創立時の所在地番号が1-16であった事から最初に開発された製品を1-16、2番目が2-26という品名になり、5番目に開発されたため5-56となった[4]。現在CRC社では「Power Lube」の商品名で販売されている[1]

ラインナップ[編集]

5-56
容量は70ml、80ml、180ml、220ml、320ml、420mlのスプレー缶と、業務用の3.785L(1ガロン缶)、18.925L(5ガロン缶)、208.175L(55ガロン缶)がある。
5-56無香性
ゴムプラスチックにも使用できる無香性のタイプ。8mlのペンタイプと、70ml、220ml、320ml、330mlのスプレー缶、業務用の3.785L(1ガロン缶)、18.925L(5ガロン缶)、208.175L(55ガロン缶)がある。
スーパー5-56
PTFE(フッ素樹脂)と特殊添加剤を配合したタイプ。320ml、435mlのスプレー缶のみ。
5-56DX
SPA(Synthetic Penetrating Agent)配合により浸透・拡散性能を大幅に向上、その他の性能も5-56よりも向上している。70ml、420mlのスプレー缶のみ。

コラボCM[編集]

CMキャラクターに泉谷しげるを起用。話題の映画(機械が登場する作品が多い)の日本公開に合わせコラボレーションしたCMを展開している。泉谷がそれらの映画に準じた架空のキャラクターに扮して映画本編の映像と掛け合いする映像を取り交ぜ、KURE5-56を推奨するという内容。それに伴いキャンペーンも行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 音声を用いる広告媒体では「ごーごーろく」と発音されている。公式サイトの動画参照。
  2. ^ 5-56 無香性 - 製品情報 呉工業
  3. ^ 呉工業 KURE 5-56 FAQ
  4. ^ 呉工業 KURE 5-56 ヒストリー

外部リンク[編集]