1996年のフォーミュラ・ニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1996年のフォーミュラ・ニッポン
Previous: 1995 Next: 1997

1996年のフォーミュラ・ニッポンは、1996年4月27日 - 28日鈴鹿サーキットで開幕し、同年10月19日 - 20日富士スピードウェイで閉幕した全10戦のシリーズである。

概要[編集]

  • 全日本F3000選手権を引き継ぎ、新たな国内最高峰カテゴリーレースとして発足した全日本選手権フォーミュラ・ニッポンの開催初年度となった。
  • シリーズ運営側は、1チーム2台体制を原則としていたが、一部が1台体制での参戦となり、当初は16チーム・30台のエントリーが予定されていた。しかし、「HEROES Jr.」(1台体制(ドライバー:加藤寛規))と「ゼット チーム コルサ」(2台体制(ドライバー:戸田哲史立川祐路))の2チームが参戦を取り止め、「CERUMO」が2台体制から1台体制(羽根幸浩アラン・マクニッシュを起用する予定だったが、マクニッシュが直前で契約をキャンセルしたため)となった為、最終的には14チーム・26台のエントリーとなった。

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー チーム シャシー(メンテナンス) エンジン(チューナー) タイヤ
1 日本の旗 鈴木利男 かもめサービス RACING TEAM with IMPUL ローラT96/94 → T96/52(星野レーシング) 無限MF308東名 B
2 日本の旗 山本勝巳 TEAM ANABUKI 童夢 with 無限 童夢F104i(童夢) 無限MF308(無限 B
5 イタリアの旗 マルコ・アピチェラ TEAM 5ZIGEN レイナード95D → 96D(ディジョンカーズ) JUDD KV2(ケン・マツウラ Y
6 日本の旗 光貞秀俊 ローラT94/50 → レイナード95D(ディジョンカーズ) JUDD KV2(ケン・マツウラ)
7 日本の旗 影山正美 ADVAN パルチェッカーズ ローラT95/50 & レーナード96D(パルスポーツ) JUDD KV2(東名) Y
8 日本の旗 中野信治 TEAM avex 童夢 with 無限 童夢F104i(童夢) 無限MF308(無限) B
9 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ SHIONOGI TEAM NOVA ローラT96/51(ノバエンジニアリング) 無限MF308(尾川 B
10 アルゼンチンの旗 ノルベルト・フォンタナ
12 日本の旗 羽根幸浩 スリムビューティハウス CERUMO ローラT94/50(セルモ) 無限MF308(尾川) B
15 日本の旗 山田政夫
日本の旗 田中哲也(第6・9戦)
ニホンリード ヤマダ ローラT93改(クライム・エンジニアリング) 無限MF308(コックススピード Y
17 日本の旗 大西太一郎 パルチェッカーズ ローラT94/50(ウイズプロジェクト) 無限MF308(東名) Y
19 日本の旗 星野一義 カルソニック RACING TEAM with IMPUL ローラT96/95 → T96/52(クエスト) 無限MF308(東名) B
20 イギリスの旗 アンドリュー・ギルバート=スコット 神奈川クリニック STELLAR レイナード96D&95D(ステラインターナショナル) 無限MF308(東名) B
21 ドイツの旗 ミハエル・クルム レイナード95D(ステラインターナショナル) 無限MF308(尾川)
24 日本の旗 服部尚貴 X-JAPAN Racing Team Le Mans レイナード96D(ルマン) 無限MF308(東名) B
25 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ
27 日本の旗 影山正彦 NAVI CONNECTION RACING TEAM レイナード96D(ナビコネクション・レーシング) 無限MF308(東名) B
28 日本の旗 近藤真彦
デンマークの旗 トム・クリステンセン(第8戦)
レイナード94D → 95D(ナビコネクション・レーシング) 無限MF308(東名)
30 日本の旗 田嶋栄一 ART BRILLANT ガルウィング ローラT94(ガルウイング) 無限MF308(ジェネシス) B
31 日本の旗 岡田秀樹 ローラT95(ガルウイング) 無限MF308(東名)
55 日本の旗 金石勝智 FUNAI SUPER AGURI レイナード95D(アストニッシュ) 無限MF308(ケン・マツウラ) B
56 日本の旗 本山哲 レイナード95D(スーパーアグリ) 無限MF308(ケン・マツウラ)
64 日本の旗 高木虎之介 PIAA NAKAJIMA RACING レイナード96D(中嶋企画) 無限MF308(無限) B
65 日本の旗 黒澤琢弥
72 日本の旗 川本篤 ASAHI KIKO SPORTS ローラT93(エス・アール・ティー) コスワースDFV(ケン・マツウラ) B
73 日本の旗 玉中哲二

※タイヤ:BブリヂストンY横浜ゴム

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 サーキット 優勝者
Rd1 4月27日 - 28日 鈴鹿サーキット 星野一義
Rd2 5月11日 - 12日 CP MINEサーキット ラルフ・シューマッハ
Rd3 5月25日 - 26日 富士スピードウェイ ノルベルト・フォンタナ
Rd4 6月22日 - 23日 十勝インターナショナルスピードウェイ ラルフ・シューマッハ
Rd5 7月6日 - 7日 鈴鹿サーキット 高木虎之介
Rd6 8月3日 - 4日 スポーツランドSUGO 高木虎之介
Rd7 8月31日 - 9月1日 富士スピードウェイ 服部尚貴
Rd8 9月14日 - 15日 CP MINEサーキット ラルフ・シューマッハ
Rd9 9月28日 - 29日 鈴鹿サーキット 服部尚貴
Rd10 10月19日 - 20日 富士スピードウェイ 金石勝智

シリーズポイントランキング[編集]

ドライバー部門[編集]

ポイントシステム
順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位
ポイント 10 6 4 3 2 1

太字 - ポールポジション 斜字 - ファステストラップ

順位 Car-No. ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 Rd10 ポイント
SUZ MIN FSW TOK SUZ SUG FSW MIN SUZ FSW
1 25 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ 3 1 19 1 4 Ret Ret 1 4 Ret 40
2 24 日本の旗 服部尚貴 8 Ret 2 3 3 8 1 3 1 Ret 38
3 19 日本の旗 星野一義 1 Ret 3 4 5 2 Ret Ret 2 Ret 31
4 64 日本の旗 高木虎之介 Ret 3 Ret Ret 1 1 Ret Ret 6 Ret 25
5 10 アルゼンチンの旗 ノルベルト・フォンタナ 14 2 1 Ret 8 Ret 2 Ret 11 Ret 22
6 8 日本の旗 中野信治 2 13 Ret 9 6 7 3 2 9 4 20
7 55 日本の旗 金石勝智 6 Ret 4 5 7 Ret 4 Ret Ret 1 19
8 9 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ 5 7 6 6 Ret 11 6 Ret 5 2 13
9 65 日本の旗 黒澤琢弥 Ret 8 15 7 2 5 8 5 8 Ret 10
10 56 日本の旗 本山哲 7 Ret 5 17 12 3 5 6 Ret DNS 9
11 7 日本の旗 影山正美 10 5 Ret 2 17 15 9 11 Ret Ret 8
12 1 日本の旗 鈴木利男 18 Ret 12 11 9 10 7 4 3 Ret 7
13 20 イギリスの旗 アンドリュー・ギルバート=スコット Ret Ret 7 14 Ret 4 Ret 7 Ret 5 5
14 27 日本の旗 影山正彦 Ret Ret Ret Ret 16 12 Ret 9 7 3 4
15 21 ドイツの旗 ミハエル・クルム 4 6 11 16 11 9 Ret Ret Ret Ret 4
16 5 イタリアの旗 マルコ・アピチェラ 12 4 8 8 14 13 12 Ret 10 Ret 3
17 28 日本の旗 近藤真彦 Ret 9 16 13 Ret Ret 14 Ret 6 1
17 2 日本の旗 山本勝巳 9 Ret 10 Ret Ret 6 Ret 10 Ret Ret 1
 – 72 日本の旗 川本篤 Ret 11 Ret 15 19 16 13 Ret Ret 7 0
 – 28 デンマークの旗 トム・クリステンセン 8 0
 – 6 日本の旗 光貞秀俊 Ret Ret 9 Ret 10 14 10 12 Ret Ret 0
 – 31 日本の旗 岡田秀樹 11 Ret 17 10 20 Ret 11 10 Ret DNS 0
 – 17 日本の旗 大西太一郎 15 10 14 Ret 15 Ret Ret Ret 14 Ret 0
 – 30 日本の旗 田嶋栄一 13 12 13 12 18 Ret Ret Ret Ret DNS 0
 – 12 日本の旗 羽根幸浩 16 Ret Ret Ret 13 Ret 16 13 12 Ret 0
 – 15 日本の旗 田中哲也 Ret 13 0
 – 73 日本の旗 玉中哲二 17 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 15 Ret NC 0
 – 15 日本の旗 山田政夫 DNQ DNQ 18 DNQ DNQ 15 DNQ Ret 0
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

チーム部門[編集]

順位 チーム Car-No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 Rd10 ポイント
1 X-JAPAN Le Mans 24 8 Ret 2 3 3 8 1 3 1 Ret 78
25 3 1 19 1 4 Ret Ret 1 4 Ret
2 TEAM IMPUL 1 18 Ret 12 11 9 10 7 4 3 Ret 38
19 1 Ret 3 4 5 2 Ret Ret 2 Ret
3 PIAA NAKAJIMA RACING 64 Ret 3 Ret Ret 1 1 Ret Ret 6 Ret 35
65 Ret 8 15 7 2 5 8 5 8 Ret
4 SHIONOGI TEAM NOVA 9 5 7 6 6 Ret 11 6 Ret 5 2 35
10 14 2 1 Ret 8 Ret 2 Ret 11 Ret
5 FUNAI SUPER AGURI 55 6 Ret 4 5 7 Ret 4 Ret Ret 1 35
56 7 Ret 5 17 12 3 5 6 Ret DNS
6 童夢 with 無限 2 9 Ret 10 Ret Ret 6 Ret 10 Ret Ret 21
8 2 13 Ret 9 6 7 3 2 9 4
7 神奈川クリニック STELLAR 20 Ret Ret 7 14 Ret 4 Ret 7 Ret 5 9
21 4 6 11 16 11 9 Ret Ret Ret Ret
8 パルチェッカーズ 7 10 5 Ret 2 17 15 9 11 Ret Ret 8
17 15 10 14 Ret 15 Ret Ret Ret 14 Ret
9 NAVI CONNECTION RACING TEAM 27 Ret Ret Ret Ret 16 12 Ret 9 7 3 5
28 Ret 9 16 13 Ret Ret 14 8 Ret 6
10 TEAM 5ZIGEN 5 12 4 8 8 14 13 12 Ret 10 Ret 3
6 Ret Ret 9 Ret 10 14 10 12 Ret Ret
- ASAHI KIKO SPORTS 72 Ret 11 Ret 15 19 16 13 Ret Ret 7 0
73 17 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 15 Ret NC
- ART BRILLANT ガルウィングコーポレーション 30 13 12 13 12 18 Ret Ret Ret Ret DNS 0
31 11 Ret 17 10 20 Ret 11 10 Ret DNS
- スリムビューティハウス CERUMO 12 16 Ret Ret Ret 13 Ret 16 13 12 Ret 0
- ニホンリード ヤマダ 15 DNQ DNQ 18 DNQ DNQ Ret 15 DNQ 13 Ret 0
順位 チーム No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 Rd10 ポイント

※各戦で同一チームのマシンが得た合計点

エンジンチューナー部門[編集]

順位 エンジンチューナー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 Rd10 ポイント
1 東名エンジン 1 1 2 1 3 2 1 1 1 3 80
2 無限 2 3 10 7 1 1 3 2 6 4 44
3 尾川自動車 4 2 1 6 8 9 2 13 5 2 34
4 ケン・マツウラレーシングサービス 6 4 4 5 7 3 4 6 10 1 27
順位 エンジンチューナー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Rd9 Rd10 ポイント

※扱ったエンジン搭載マシンの最上位順位のみが対象