1973年の全日本F2000選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1973年の全日本F2000選手権
前年: 無し 翌年: 1974

1973年の全日本F2000選手権は、1973年(昭和48年)5月2日 - 3日富士スピードウェイで開幕し、同年11月10日 - 11日鈴鹿サーキットで閉幕した全日本F2000選手権の全4戦によるシリーズである。

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー 車名
(シャシー/エンジン)
タイヤ エントラント
1 カナダの旗 ブライアン・ロバートソン(第1戦) Brabham BT40
(ブラバムBT38/フォード BDA)
F Fred Opert Racing
日本の旗 黒沢元治(第2・4戦)
日本の旗 中野雅晴(第3戦)
マーチ722
(マーチ722/BMW M12/6)
B ヒーローズレーシング
2 アメリカ合衆国の旗 マイケル・ホール(第1戦) Brabham BT40
(ブラバムBT40/フォードBDA)
F Fred Opert Racing
日本の旗 田中弘(第2 - 4戦) マーチ732
(マーチ732/BMW M12/6)
B ヒーローズレーシング
3 日本の旗 高原敬武(第2 - 4戦) カネボウダンディマーク3
(ブラバムBT36/フォードBDA)
B 高原敬武
5 ニュージーランドの旗 グレアム・ローレンス(第1戦) SURTEES TS15
(サーティースTS15/フォードBDA)
B Singapore Airlines
日本の旗 永松邦臣(第2・4戦) COLT GT SPECIAL
(ブラバムBT36/ミツビシR39B2)
D ベルコレーシングチーム
6 オーストラリアの旗 ヴァーン・シュパン(第1戦) MARCH F.2.
(マーチ722/フォードBDA)
F Singapore Airlines
日本の旗 大久保力(第2戦) LOTUS 69
(ロータス69/トヨタ2T-G
F 株式会社リキレーシング
日本の旗 従野孝司(第4戦) サーティースTS15
(サーティースTS15/フォードBDA)
D Niscait Racing
9 日本の旗 大久保力(第1戦) LOTUS 69
(ロータス69/トヨタ2T-G)
F 株式会社リキレーシング
10 日本の旗 永松邦臣(第1戦) COLT GT SPECIAL
(ブラバムBT36/ミツビシR39B2)
D ベルコレーシングチーム
11 日本の旗 益子治(第1戦) COLT GT SPECIAL
(ブラバムBT36/ミツビシR39B2)
D ベルコレーシングチーム
14 日本の旗 高原敬武(第1戦) カネボウダンディマーク3スペシャル
(ブラバムBT36/フォードBDA)
B 高原敬武
15 日本の旗 津々見友彦(第1戦) JARACO Y-182
(ジャラコY182/フォードFVC)
D Japan Racing Corporation 滝沢洋一
16 日本の旗 佐藤光一(第1戦) 共石ブラバムBT29
(ブラバムBT23/フォード)
D 佐藤光一レーシング
17 日本の旗 田中弘(第1戦) マーチ732
(マーチ732/BMW M12/6)
B ヒーロズレーシング
18 日本の旗 黒沢元治(第1戦) マーチ722
(マーチ722/BMW M12/6)
B ヒーロズレーシング
19 日本の旗 米山二郎(第1戦) MANA 08B
(マナ08B/シボレーEA)
D 米山二郎

※タイヤ:BブリヂストンDダンロップFファイアストン

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催場所 イベント名 優勝者
第1戦 5月2日 - 3日 富士スピードウェイ '73 日本グランプリ・レース大会 黒澤元治
第2戦 8月11日 - 12日 鈴鹿サーキット '73 鈴鹿グレート20ドライバーズレース 高原敬武
第3戦 9月8日 - 9日 鈴鹿サーキット '73 全日本鈴鹿ダイヤモンド・レース 高原敬武
第4戦 11月10日 - 11日 鈴鹿サーキット '73 全日本鈴鹿自動車レース大会 黒澤元治

シリーズポイントランキング[編集]

順位 ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 合計
1 黒澤元治 20 10 - 12 42
2 田中弘 10 8 10 8 36
3 高原敬武 0 12 12 10 34
4 ブライアン・ロバートソン 15 - - - 15
5 グレアム・ローレンス 12 - - - 12
6 マイケル・ホール 8 - - - 8
6 中野雅晴 - - 8 - 8
8 永松邦臣 6 0 - 0 6
9 佐藤光一 4 - - - 4
10 益子治 3 - - - 3
11 大久保力 2 0 - - 2
12 米山二郎 1 - - - 1

※各戦の1 - 10位に20・15・12・10・8・6・4・3・2・1の各点(出走3 - 6台の場合1 - 3位に12・10・8の各点)

備考[編集]

  • 国内初のトップフォーミュラの全日本選手権として開催されたが、第2戦以降はエントリーが少なかった為、FJ1300との混走でレースが行われた。