マイケル・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・ホール

マイケル・ホール(Michael Nip Hall、1953年6月12日 - )はスイスの分子生物学者。タンパク質の合成や細胞の成長を制御するmTORシグナル伝達の発見で知られる。アメリカ合衆国との二重国籍。

プエルトリコで生まれ、ベネズエラペルーで育つ。1976年ノースカロライナ大学を卒業後、1981年ハーバード大学大学院で分子遺伝学の博士号を取得した。パスツール研究所博士研究員となった後、1987年バーゼル大学で助教授となり、1992年に教授となった。

受賞歴[編集]

参照[編集]