2016年のスーパーフォーミュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2016年のスーパーフォーミュラ
前年: 2015 翌年: 2017

2016年のスーパーフォーミュラは、2016年4月23日・24日に鈴鹿サーキットで開幕し、同年10月29日・30日に鈴鹿サーキットで閉幕した全7戦のシリーズである。

前年からの主な変更点[編集]

レース日程[編集]

前年と同じく全7戦であり、開催サーキット等にも変化はない。2015年11月6日に日本自動車連盟から日程の発表があった[1]が、FIA 世界耐久選手権との日程のバッティングが発生していた。12月10日に日程重複を解消した日程が日本レースプロモーションから発表された。開幕戦鈴鹿が、当初の日程より1週間後ろ倒しに、最終戦鈴鹿が1週間前倒しとなっている[2]オートポリスで行われる予定だった第5戦は熊本地震による施設被災のため5月29日に中止が発表、代替戦は9月10-11日に岡山国際サーキットで開催される事が7月15日に発表された。[3][4]

タイヤ[編集]

20年以上にわたり日本のトップフォーミュラにタイヤを供給し、1997年からは独占供給していたブリヂストンが前年限りで撤退[5]したため、今季より横浜ゴムが独占供給することとなった[6]。さらに、第4戦(もてぎ)ではコンパウンドが異なる2種類のタイヤが供給された[7]

エントラント[編集]

トヨタエンジン陣営[編集]

ホンダエンジン陣営[編集]

その他[編集]

シリーズの正式名称が『全日本選手権スーパーフォーミュラ』から『全日本スーパーフォーミュラ選手権』へと変更となった[8]

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー チーム カーネーム エンジン
1 日本の旗 石浦宏明 P.MU/CERUMOINGING P.MU/CERUMO·INGING SF14 TOYOTA RI4A
2 日本の旗 国本雄資 P.MU/CERUMO·INGING SF14
3 イギリスの旗 ジェームズ・ロシター KONDO RACING フジ・コーポレーション KONDO SF14 TOYOTA RI4A
4 イギリスの旗 ウィリアム・ブラー英語版 フジ・コーポレーション KONDO SF14
7 インドの旗 ナレイン・カーティケヤン SUNOCO TEAM LEMANS SUNOCO TEAM LEMANS SF14 TOYOTA RI4A
8 日本の旗 小林可夢偉 SUNOCO TEAM LEMANS SF14
10 日本の旗 塚越広大 REAL RACING REAL SF14 HONDA HR-414E
11 日本の旗 伊沢拓也 REAL SF14
16 日本の旗 山本尚貴 TEAM 無限 TEAM 無限 SF14 HONDA HR-414E
18 日本の旗 中山雄一 KCMG KCMG Elyse SF14 TOYOTA RI4A
19 ブラジルの旗 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ ITOCHU ENEX TEAM IMPUL ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14 TOYOTA RI4A
20 日本の旗 関口雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14
34 日本の旗 小暮卓史 DRAGO CORSE DRAGO CORSE SF14 HONDA HR-414E
36 ドイツの旗 アンドレ・ロッテラー VANTELIN TEAM TOM'S VANTELIN KOWA TOM'S SF14 TOYOTA RI4A
37 日本の旗 中嶋一貴 VANTELIN KOWA TOM'S SF14
40 日本の旗 野尻智紀 DOCOMO TEAM DANDELION RACING DOCOMO DANDELION M40Y SF14 HONDA HR-414E
41 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン DOCOMO DANDELION M41S SF14
64 日本の旗 中嶋大祐 NAKAJIMA RACING NAKAJIMA RACING SF14
→GREEN TEC/NAKAJIMA SF14(Rd.4〜)
HONDA HR-414E
65 ベルギーの旗 ベルトラン・バゲット NAKAJIMA RACING SF14
→GREEN TEC/NAKAJIMA SF14(Rd.4〜)

※全チームともシャシーはSF14タイヤは横浜ゴム

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催サーキット 距離・形式 優勝者 ポールポジション ファステストラップ 備考
Rd1 4月23〜24日 鈴鹿サーキット 250km 山本尚貴 山本尚貴 関口雄飛
Rd2 5月27〜29日 岡山国際サーキット 250km 石浦宏明 石浦宏明 小林可夢偉 降雨のため8周でレース終了[9]
Rd3 7月15〜17日 富士スピードウェイ 250km ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ ストフェル・バンドーン 中嶋一貴
Rd4 8月19〜21日 ツインリンクもてぎ 250km 関口雄飛 関口雄飛 小林可夢偉
Rd5 9月10〜11日 岡山国際サーキット 2レース 110km ストフェル・バンドーン 中嶋一貴 中嶋一貴 熊本地震の影響により開催地変更
190km 国本雄資 野尻智紀 石浦宏明
Rd6 9月23〜25日 スポーツランドSUGO 250km 関口雄飛 関口雄飛 関口雄飛
Rd7 10月29〜30日 鈴鹿サーキット 2レース 110km 国本雄資 石浦宏明 アンドレ・ロッテラー
200km ストフェル・バンドーン 石浦宏明 ナレイン・カーティケヤン

シリーズポイントランキング[編集]

ドライバー部門[編集]

ポイントシステム
ラウンド 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 PP
1-4,6 10 8 6 5 4 3 2 1 1
5 5 4 3 2.5 2 1.5 1 0.5 1
7 8 4 3 2.5 2 1.5 1 0.5 1
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
1 日本の旗 国本雄資 2 6 Ret 4 2 1 15 1 6 33
2 ドイツの旗 アンドレ・ロッテラー 7 8 4 2 12 4 5 2 2 30
3 日本の旗 関口雄飛 14 13 3 1 13 9 1 18 8 28.5
4 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン 3 12 Ret 6 1 7 6 17 1 27
5 日本の旗 石浦宏明 11 1 6 3 7 3 16 3 3 27
6 日本の旗 中嶋一貴 12 17 2 7 19 2 4 5 16 22
7 日本の旗 山本尚貴 1 5 Ret 8 10 6 14 19 Ret 15.5
8 ブラジルの旗 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 10 Ret 1 Ret 8 5 Ret 8 4 15.5
9 日本の旗 野尻智紀 9 4 13 Ret 4 16 3 4 Ret 14.5
10 イギリスの旗 ジェームズ・ロシター 6 9 5 5 9 10 8 12 15 12
11 日本の旗 塚越広大 5 2 8 12 5 11 11 11 12 11
12 日本の旗 中嶋大祐 Ret 7 DNS 10 6 12 2 10 10 10.5
13 日本の旗 小暮卓史 4 15 12 11 11 14 7 7 9 8
14 インドの旗 ナレイン・カーティケヤン Ret 16 7 Ret 3 Ret 12 15 14 5
15 ベルギーの旗 ベルトラン・バゲット 8 14 14 Ret 14 18 9 6 5 4.5
16 日本の旗 伊沢拓也 Ret 3 11 14 16 8 13 16 Ret 3.5
17 日本の旗 小林可夢偉 16 18 10 9 18 17 17 9 7 1
日本の旗 中山雄一 13 10 9 15 17 13 Ret 14 11 0
イギリスの旗 ウィリアム・ブラー 15 11 Ret 13 15 15 10 13 13 0
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

チーム部門[編集]

順位 チーム No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
1 P.MU/CERUMOINGING 1 11 1 6 3 7 3 16 3 3 54
2 2 6 Ret 4 2 1 15 1 6
2 VANTELIN TEAM TOM'S 36 7 8 4 2 12 4 5 2 2 51
37 12 17 2 7 19 2 4 5 16
3 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 19 10 Ret 1 Ret 8 5 Ret 8 4 42
20 14 13 3 1 13 9 1 18 8
4 Docomo Team Dandelion Racing 40 9 4 13 Ret 4 16 3 4 Ret 36.5
41 3 12 Ret 6 1 7 6 17 1
5 Nakajima Racing 64 Ret 7 DNS 10 6 12 2 10 10 15
65 8 14 14 Ret 14 18 9 6 5
6 TEAM 無限 16 1 5 Ret 8 10 6 14 19 Ret 14.5
7 REAL RACING 10 5 2 8 12 5 11 11 11 12 14.5
11 Ret 3 11 14 16 8 13 16 Ret
8 KONDO RACING 3 6 9 5 5 9 10 8 12 15 12
4 15 11 Ret 13 15 15 10 13 13
9 DRAGO CORSE 34 4 15 12 11 11 14 7 7 9 8
10 SUNOCO TEAM LEMANS 7 Ret 16 7 Ret 3 Ret 12 15 14 6
8 16 18 10 9 18 17 17 9 7
KCMG 18 13 10 9 15 17 13 Ret 14 11 0
順位 チーム No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]