石浦宏明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石浦 宏明 [1]
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-04-23) 1981年4月23日(35歳)
出身地 東京都世田谷区
2016年SUPER GT
デビュー 2007年
所属 LEXUS TEAM ZENT CERUMO
車番 38
過去所属 TOYOTA TEAM TSUCHIYA
TOY STORY Racing Team apr
過去参加シリーズ
2003 - 2005年
2006 - 2007年
2008 - 2011年
フォーミュラ・トヨタ
全日本F3選手権
フォーミュラ・ニッポン

石浦 宏明(いしうら ひろあき、1981年4月23日 - )は日本のレーシングドライバー東京都世田谷区出身。

略歴[編集]

高校に通うかたわら17歳の1999年にカートレースにデビューする。デビュー戦は新東京サーキットヤマハクラス。いきなりポールトゥーウィンを現在も残るコースレコードで飾るという鮮やかなデビューであった。

その後、カートレースで実績を重ね、2002年にはザップスピードのドライバーオーデションを受け、フルサポートドライバーに合格。フォーミュラトヨタレーシングスクール(FTRS)では受験生40人全員が全日本カート経験者という中で非経験者ながら最終模擬レースで中嶋一貴大嶋和也を抑えポールポジションを獲得するも、21歳という年齢を理由に最終選考会で不合格となる[1]

2003年から2005年まではエッソ・フォーミュラ・トヨタシリーズに参戦する。両親がサラリーマン共働きのごく普通の家庭に育った[1]石浦には人脈が無かったため、参戦3年目は服部尚貴の電話番号を調べて営業を行い[2]、服部が作った若手ドライバー育成プロジェクトチームである「TeamNaoki」のサポートを受け参戦し、シリーズランキング3位・優勝2回を記録した。また、この年はGC-21シリーズにも参戦し、シリーズチャンピオンに輝いている。その後F3へのステップアップを目指すもシートが埋まっていたこと、5000万円の持参金を要求されたなどの理由でステップアップを果たせず[2]、この年の末に服部の提案でフォーミュラ・ニッポンのルーキーテストに、シートは獲得できなかったが「TeamNaoki」のスカラシップによりDocomo DANDELIONから参加した。

この頃資金が底を突いたため、石浦は残る100万円の元手でINGINGザップスピードハナシマレーシングから型落ちのシャシーやエンジンなどを借り、ボランティアのメカニックやTeamNaokiの後輩と共に「これでやめよう」という思いで2月に岡山国際サーキットで行われたF3合同テストに石浦曰く「勝手に混じった」[2]。ここでクラッチがすべるマシン・ツギハギだらけの体制でどのセッションでも上位タイムを記録し総合3番手を記録[2]。これを見たナウモータースポーツの藤田直廣が、速いのに不遇の男がいると関谷正徳に言ったことで[2]、2006年からは一度は落選したトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)契約ドライバーとして、全日本F3選手権にステップアップ。最終戦で初優勝を挙げシリーズ9位の実績を残した。近代レースの成功法は如何にメーカーの支援の路線に乗るかで、石浦のように泥臭く這い上がるものは今日ではまず見かけず、石浦は「僕が最後じゃないですかね」と述べている[3]

2007年は全日本F3選手権シリーズTOYOTA TEAM TOM'Sから参戦。手堅いドライビングで全戦でポイントを挙げ、2勝・ランキング4位となった。この年よりSUPER GT・GT300クラスにもデビューし、TOY STORY Racing Team aprから出場、TDPの年下の先輩で仲のよい大嶋和也とトヨタ若手コンビを結成。2人のコンビは「ヤングガン」と呼ばれ、第2戦岡山ラウンドにて初優勝を飾り、第4戦セパンラウンドでも優勝するなど好成績を残し、GT300クラスのドライバーズチャンピオン[4]に輝いた。

2008年は、服部尚貴がテクニカルディレクターを務めるTeam Le Mansよりフォーミュラ・ニッポンに参戦。SUPER GT・GT500クラスでは、土屋武士と共にTOYOTA TEAM TSUCHIYAのECLIPSE ADVAN SC430をドライブした。

2009年12月19日、ファッションモデル久保寺瑞紀と結婚。久保寺は前述のSUPER GT「TOY STORY Racing Team」のイメージガールを務めていた[5]

2011年は土屋武士を監督に据えTeam Le Mansから分離されたTeam KYGNUS SUNOCOからフォーミュラ・ニッポン参戦、第6戦スポーツランドSUGOで2位に入るなど躍進を見せドライバーズランキング6位に入る。

2012年はル・マン24時間レースに参戦するトヨタ・TS030 HYBRIDのドライバーに起用されたため、フォーミュラ・ニッポンを離れることになったが、事前テストでクラッシュし背中を痛めたことから肝心のル・マンは欠場を余儀なくされた。一方でニュルブルクリンク24時間レースではトヨタ・86でクラス優勝するなど、悲喜こもごものシーズンとなった。

2014年はスーパーフォーミュラp.mu/cerumoINGINGから、3季ぶりにトップフォーミュラに参戦し、開幕戦鈴鹿で3位、第4戦もてぎで2位になるなどの活躍でドライバーズランキング5位となる。

2015年はスーパーフォーミュラには前年と同じ体制で臨み、第2戦岡山で小林可夢偉の猛追を振り切って悲願の初優勝を飾る。第4戦もてぎでもポールトゥウィンを果たして2勝目を飾るなど安定した活躍を見せ、自身初のドライバーズチャンピオンを獲得、大躍進の一年となった。

人物[編集]

レース戦績[編集]

  • 1999年 - 新東京サーキットヤマハクラス優勝(カートデビューレース)
  • 2000年 - 新東京サーキットPRDカップ(シリーズ2位・2勝)
  • 2001年
    • 新東京サーキットSSクラス
    • もてぎ選手権FAクラス(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 2002年 - FTRS受講
  • 2003年 - エッソ・フォーミュラ・トヨタシリーズ(トリイレーシング #3 SOH WAKO'S FT/FT30)(シリーズ4位)
  • 2004年 - エッソ・フォーミュラ・トヨタシリーズ(ZAP SPEED #14 アイライン ZAP FT/FT30)(シリーズ6位)
  • 2005年
    • エッソ・フォーミュラ・トヨタシリーズ(Team Naoki #71 ロッテ爽 TeamNaoki FT/FT30)(シリーズ3位・2勝)
    • GC-21(#10 TeamアイラインGC-21/GC-21)(シリーズチャンピオン・全戦優勝)
  • 2006年 - 全日本F3選手権((株)ナウモータースポーツ #33 広島トヨタダラーラF305/ダラーラF305 3S-GE)(シリーズ9位・1勝)
  • 2007年
    • 全日本F3選手権(TOM'S #37 TDP TOM'S ダラーラF307/ダラーラF307 3S-GE)(シリーズ4位・2勝)
    • SUPER GTシリーズ・GT300クラス(apr #101 TOY STORYapr MR-S/TOYOTA MR-S ZZW30 2GR-FE)(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 2008年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Team Le Mans #8/ローラB06/51 RV8J)(シリーズ16位)
    • SUPER GTシリーズ・GT500クラス(TOYOTA TEAM TSUCHIYA #25 ECLIPSE ADVAN SC430/LEXUS SC430 UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ15位)
  • 2009年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Team Le Mans #8/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ6位)
    • SUPER GTシリーズ・GT500クラス(LEXUS TEAM KRAFT #35 KRAFT SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ9位・1勝)
  • 2010年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Team Le Mans #8/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ8位)
    • SUPER GTシリーズ・GT500クラス(LEXUS TEAM KRAFT #35 MJ KRAFT SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ6位・1勝)
  • 2011年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Team KYGNUS SUNOCO #8)(シリーズ6位)
    • SUPER GTシリーズ・GT500クラス(LEXUS TEAM SARD #39 DENSO SARD SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ7位)
  • 2012年
  • 2013年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM SARD #39 DENSO KOBELCO SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)
    • ニュルブルクリンク24時間レース SP8クラス(GAZOO Racing #79 LFA/LEXUS LFA LFA10 1LR-GUE)(総合37位・クラス2位)
  • 2014年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM SARD #39 DENSO KOBELCO RC F/LEXUS RC F RI4AG)
    • 全日本選手権スーパーフォーミュラ(Project μ/cerumo・INGING #38)
    • ニュルブルクリンク24時間レース SP8クラス(GAZOO Racing #48 LFA/LEXUS LFA LFA10 1LR-GUE)(総合15位・クラス優勝
    • ニュルブルクリンク耐久レースシリーズ VLN3・SP8クラス(GAZOO Racing #48 レクサス・LFA/1LR-GUE)(総合133位・クラス5位)
  • 2015年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM ZENT CERUMO #38 ZENT CERUMO RC F/LEXUS RC F RI4AG)
    • 全日本選手権スーパーフォーミュラ(P.MU/CERUMO・INGING #38・シリーズチャンピオン・2勝)
    • ニュルブルクリンク24時間耐久レース SP-PROクラス(GAZOO Racing #53 レクサス・LFA Code X/1LR-GUE)(総合14位・クラス優勝

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2006年 DHG Racing フォード・GT GT300 SUZ OKA FSW SEP SUG SUZ
Ret
TRM AUT FSW NC 0
2007年 apr トヨタ・MR-S GT300 SUZ
3
OKA
1
FSW
3
SEP
1
SUG
15
SUZ
14
TRM
21
AUT
9
FSW
2
1位 89
2008年 TOYOTA TEAM TSUCHIYA レクサス・SC430 GT500 SUZ
11
OKA
11
FSW
8
SEP
4
SUG
4
SUZ
14
TRM
10
AUT
12
FSW
8
15位 23
2009年 LEXUS TEAM KRAFT GT500 OKA
9
SUZ
7
FSW
5
SEP
9
SUG
12
SUZ
1
FSW
7
AUT
7
TRM
9
9位 44
2010年 GT500 SUZ
6
OKA
9
FSW
1
SEP
7
SUG
Ret
SUZ
5
FSW
C
TRM
8
6位 45
2011年 LEXUS TEAM SARD GT500 OKA
13
FSW
6
SEP
8
SUG
2
SUZ
5
FSW
8
AUT
15
TRM
3
7位 40
2012年 GT500 OKA
9
FSW
1
SEP
4
SUG
4
SUZ
Ret
FSW
6
AUT
5
TRM
4
3位 57
2013年 GT500 OKA
8
FSW
4
SEP
2
SUG
4
SUZ
9
FSW
11
AUT
7
TRM
4
8位 47
2014年 レクサス・RC F GT500 OKA
4
FSW
6
AUT
11
SUG
6
FSW
12
SUZ
12
CHA
7
TRM
9
13位 24
2015年 LEXUS TEAM ZENT CERUMO GT500 OKA
3
FSW
Ret
CHA
Ret
FSW
2
SUZ
2
SUG
10
AUT
4
TRM
5
4位 59
2016年 GT500 OKA
6
FSW
14
SUG
3
FSW
7
SUZ
1
CHA
15
TRM
6
TRM
9
6位 52

フォーミュラ・ニッポン/スーパーフォーミュラ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2008年 Team LeMans FSW
7
SUZ
13
TRM
8
OKA
Ret
SUZ1
14
SUZ2
Ret
TRM1
13
TRM2
8
FSW1
17
FSW2
16
SUG
9
16位 9
2009年 FSW
11
SUZ
8
TRM
3
FSW
4
SUZ
4
TRM
4
AUT
5
SUG
5
6位 30
2010年 SUZ
10
TRM
Ret
FSW
6
TRM
8
SUG
4
AUT
3
SUZ1
7
SUZ2
10
8位 16
2011年 Team KYGNUS SUNOCO SUZ
8
AUT
10
FSW
6
TRM
7
SUZ
C
SUG
2
TRM1
6
TRM2
6
6位 17
2014年 P.MU/CERUMO·INGING SUZ
3
FSW1
Ret
FSW2
11
FSW
4
TRM
2
AUT
8
SUG
6
SUZ1
5
SUZ2
7
5位 26
2015年 SUZ
5
OKA
1
FSW
3
TRM
1
AUT
2
SUG
5
SUZ1
2
SUZ2
4
1位 51.5
2016年 SUZ
11
OKA
1
FSW
6
TRM
3
OKA1
7
OKA2
3
SUG
16
SUZ1
3
SUZ2
3
5位 27

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b AUTOSPORT No.1409、95頁。
  2. ^ a b c d e AUTOSPORT No.1409、96頁。
  3. ^ AUTOSPORT No.1409、97頁。
  4. ^ シリーズ2位の高橋一穂加藤寛規組とは同ポイントであったが、優勝回数の差でチャンピオンになった。
  5. ^ イメージガール紹介 久保寺瑞紀 - ウェイバックマシン(2007年10月17日アーカイブ分)
  6. ^ 松山へ - ISHIURA.BLOG(2009年10月24日)

参考文献[編集]

  • 角田五十四「「最後の100万円」 石浦宏明 崖っぷちでつかんだ人生逆転ストーリー」、『AUTOSPORT No.1409』2015年7月3日号、三栄書房、2015年、 94-97頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]