2017年のスーパーフォーミュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2017年のスーパーフォーミュラ
前年: 2016 翌年: 2018

2017年のスーパーフォーミュラは、2017年4月22日・23日に鈴鹿サーキットで開幕し、同年10月21日に鈴鹿サーキットで閉幕した全7戦のシリーズである。

前年からの主な変更点[編集]

レース日程[編集]

2016年10月27日に日本自動車連盟から発表された日程[1]は、2010年と以降変わらない全7戦であり、開催サーキットも2016年4月に熊本地震で被災したオートポリスが復旧したため、2015年と同一であった。その後、国際自動車連盟において各種世界選手権の日程が決定された結果、FIA 世界耐久選手権との日程のバッティングが発生したため、改めて12月8日に日程重複を解消した日程が日本レースプロモーションから発表された。開幕戦鈴鹿が、当初日程より1週間後ろ倒しに、第3戦富士が1週間前倒しされ、最終戦鈴鹿が2週間前倒しとなっている[2]

第7戦は、台風21号の接近による荒天に伴い予選がQ1を持って打ち切りとされ、翌22日の決勝レースも中止されたため、21日の予選をもって2017年の選手権は終了となった[3]

タイヤ[編集]

前年は第4戦(もてぎ)のみコンパウンドが異なる2種類のタイヤが供給されたが、本年は第4戦に加え第5戦(オートポリス)でも実施された[4]

エントラント[編集]

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー チーム カーネーム エンジン
1 日本の旗 国本雄資 P.MU/CERUMOINGING P.MU/CERUMO·INGING SF14 TOYOTA RI4A
2 日本の旗 石浦宏明 P.MU/CERUMO·INGING SF14
3 ニュージーランドの旗 ニック・キャシディ KONDO RACING FUJI×raffinee KONDO SF14 TOYOTA RI4A
4 日本の旗 山下健太 FUJI×raffinee KONDO SF14
7 スウェーデンの旗 フェリックス・ローゼンクビスト SUNOCO TEAM LEMANS SUNOCO TEAM LEMANS SF14 TOYOTA RI4A
8 日本の旗 大嶋和也 SUNOCO TEAM LEMANS SF14
10 日本の旗 塚越広大 REAL RACING REAL SF14 HONDA HR-417E
15 フランスの旗 ピエール・ガスリー TEAM 無限 TEAM 無限 SF14 HONDA HR-417E
16 日本の旗 山本尚貴 TEAM 無限 SF14
18 日本の旗 小林可夢偉 KCMG KCMG Elyse SF14 TOYOTA RI4A
19 日本の旗 関口雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14 TOYOTA RI4A
20 イギリスの旗 ヤン・マーデンボロー ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14
36 ドイツの旗 アンドレ・ロッテラー VANTELIN TEAM TOM'S VANTELIN KOWA TOM'S SF14 TOYOTA RI4A
37 日本の旗 中嶋一貴 VANTELIN KOWA TOM'S SF14
40 日本の旗 野尻智紀 DOCOMO TEAM DANDELION RACING DOCOMO DANDELION M40S SF14 HONDA HR-417E
41 日本の旗 伊沢拓也 DOCOMO DANDELION M41Y SF14
50 日本の旗 小暮卓史 B-MAX Racing team B-MAX Racing team SF14 HONDA HR-417E
64 日本の旗 中嶋大祐 TCS NAKAJIMA RACING TCS NAKAJIMA RACING SF14 HONDA HR-417E
65 インドの旗 ナレイン・カーティケヤン TCS NAKAJIMA RACING SF14

※全チームともシャシーはSF14タイヤは横浜ゴム

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催サーキット 距離・形式 優勝者 ポールポジション ファステストラップ 備考
Rd1 4月22〜23日 鈴鹿サーキット 200km 中嶋一貴 中嶋一貴 塚越広大
Rd2 5月27〜28日 岡山国際サーキット 2レース 110km アンドレ・ロッテラー 関口雄飛 フェリックス・ローゼンクビスト
190km 関口雄飛 石浦宏明 小林可夢偉
Rd3 7月8〜9日 富士スピードウェイ 250km 石浦宏明 国本雄資 フェリックス・ローゼンクビスト
Rd4 8月19〜20日 ツインリンクもてぎ 250km ピエール・ガスリー 山下健太 塚越広大
Rd5 9月9〜10日 オートポリス 250km ピエール・ガスリー 野尻智紀 ヤン・マーデンボロー
Rd6 9月23〜24日 スポーツランドSUGO 250km 関口雄飛 ニック・キャシディ 石浦宏明
Rd7 10月21〜22日 鈴鹿サーキット 2レース 110km アンドレ・ロッテラー 台風21号接近による荒天のため中止[9]
210km ヤン・マーデンボロー

シリーズポイントランキング[編集]

ドライバー部門[編集]

ポイントシステム
ラウンド 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 PP
1,3-6 10 8 6 5 4 3 2 1 1
2 5 4 3 2.5 2 1.5 1 0.5 1
7 8 4 3 2.5 2 1.5 1 0.5 1
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
1 日本の旗 石浦宏明 4 8 2 1 4 4 6 C C 33.5
2 フランスの旗 ピエール・ガスリー 10 19 7 5 1 1 2 C C 33
3 スウェーデンの旗 フェリックス・ローゼンクビスト 11 12 4 2 3 2 5 DNQ DNQ 28.5
4 日本の旗 関口雄飛 12 2 1 4 16 10 1 C C 25
5 日本の旗 中嶋一貴 1 9 18 7 11 6 3 C C 22
6 ドイツの旗 アンドレ・ロッテラー 5 1 3 3 7 Ret 10 C DNQ 21
7 日本の旗 小林可夢偉 9 4 5 15 2 7 7 C DNQ 16.5
8 日本の旗 国本雄資 3 10 9 Ret 15 5 4 C C 16
9 日本の旗 山本尚貴 2 5 8 Ret 13 Ret 18 C DNQ 10.5
10 ニュージーランドの旗 ニック・キャシディ 17 3 11 Ret 5 Ret 19 DNQ DNQ 8
11 日本の旗 山下健太 14 7 6 Ret 6 13 11 DNQ DNQ 6.5
12 日本の旗 大嶋和也 Ret 15 12 12 10 3 15 C DNQ 6
13 日本の旗 伊沢拓也 8 14 Ret 6 Ret 15 8 C C 5
14 イギリスの旗 ヤン・マーデンボロー 18 6 17 8 14 8 9 C C 4.5
15 日本の旗 塚越広大 6 11 16 9 9 9 16 C DNQ 3
16 日本の旗 中嶋大祐 7 16 14 11 12 11 17 C C 2
17 日本の旗 野尻智紀 16 13 10 10 8 14 12 C C 2
日本の旗 小暮卓史 15 18 15 13 17 12 14 DNQ DNQ
インドの旗 ナレイン・カーティケヤン 13 17 13 14 Ret Ret 13 C C
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

ルーキー・オブ・ザ・イヤー[編集]

順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
1 フランスの旗 ピエール・ガスリー 10 19 7 5 1 1 2 C C 33
2 スウェーデンの旗 フェリックス・ローゼンクビスト 11 12 4 2 3 2 5 DNQ DNQ 28.5
3 ニュージーランドの旗 ニック・キャシディ 17 3 11 Ret 5 Ret 19 DNQ DNQ 8
4 日本の旗 山下健太 14 7 6 Ret 6 13 11 DNQ DNQ 6.5
5 イギリスの旗 ヤン・マーデンボロー 18 6 17 8 14 8 9 C C 4.5
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント

チーム部門[編集]

順位 チーム No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
1 P.MU/CERUMOINGING 1 3 10 9 Ret 15 5 4 C C 47.5
2 4 8 2 1 4 4 6 C C
2 TEAM 無限 15 10 19 7 5 1 1 2 C C 43.5
16 2 5 8 Ret 13 Ret 18 C DNQ
3 VANTELIN TEAM TOM'S 36 5 1 3 3 7 Ret 10 C DNQ 42
37 1 9 18 7 11 6 3 C C
4 SUNOCO TEAM LEMANS 7 11 12 4 2 3 2 5 DNQ DNQ 34.5
8 Ret 15 12 12 10 3 15 C DNQ
5 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 19 12 2 1 4 16 10 1 C C 28.5
20 18 6 17 8 14 8 9 C C
6 KCMG 18 9 4 5 15 2 7 7 C DNQ 16.5
7 KONDO RACING 3 17 3 11 Ret 5 Ret 19 DNQ DNQ 12.5
4 14 7 6 Ret 6 13 11 DNQ DNQ
8 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 40 16 13 10 10 8 14 12 C C 7
41 8 14 Ret 6 Ret 15 8 C C
9 REAL RACING 10 6 11 16 9 9 9 16 C DNQ 3
10 TCS NAKAJIMA RACING 64 7 16 14 11 12 11 17 C C 2
65 13 17 13 14 Ret Ret 13 C C
B-MAX Racing team 50 15 18 15 13 17 12 14 DNQ DNQ 0
順位 チーム No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

脚注[編集]

[ヘルプ]