ADVAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界ツーリングカー選手権に供給されていたタイヤ(2006年)
ADVANがサポートする車両は黒と赤の塗装が特徴である。

ADVAN(アドバン)は、1978年より横浜ゴムから発売されているタイヤおよびアルミホイールの各ブランド名である。

概要[編集]

名前の由来は「前進する」という意味のADVANCEがもとになっている。

近年まではモータースポーツでの使用や、サーキット走行を前提に開発されたタイヤ/ホイールだけに特化しており、シリーズ第1弾はタイヤ「ADVAN HF」、およびアルミホイール「ADVAN ディッシュ」だった。

現在は、欧州のプレミアムカー用タイヤや航空機用タイヤなど、横浜ゴムを代表するグローバル・フラッグシップ・ブランドへと成長している。

航空機用タイヤでは、2006年4月より「ADVAN AC Y-255」が全日本空輸(現ANAホールディングス)のボーイング777用として供給されていた。 航空機用タイヤは1本で25tの荷重を支え、300km/hを優に越えるF1並の離陸速度や250Km/h以上での着陸速度、そして航行中の上空マイナス55度の超低温(その上、航空機のタイヤ収納スペースは与圧されていない)にも耐え、かつ供用中の破損は絶対に許されないという非常に過酷な設計条件が課せられている。

そのように技術的なハードルが高いため、世界でも航空機用タイヤを開発・供給しているメーカーはわずか4社のみ(横浜ゴム・ブリヂストンミシュラングッドイヤー)である。

この「ADVAN AC Y-255」 は、そのような技術的課題をクリアした航空機用ラジアルタイヤであり、同社の持てる最高の技術が投入されるADVANの技術力をアピールするものとして全日空の協力の下、大々的にPRされた(後にライバル会社のブリヂストンはANAのライバル会社である日本航空(JAL)のボーイング777を起用し、同様に航空機用タイヤの広告を行なっている)。だがその後、2009年3月に航空機タイヤの製造・販売からの撤退を決定した。

またアメリカ映画「スピード・レーサー」(日本アニメマッハGoGoGo」の実写版)に登場するマッハ号にも装着されている。

タイヤ供給先[編集]

マルチメイク[編集]

ワンメイク[編集]

過去供給していたカテゴリ[編集]

製品[編集]

  • ADVAN Neova シリーズ- スポーツ走行向け。「ADVAN GLOBAシリーズ」の後継モデル。初代モデルは左右非対称パターンのAD05・AD06(右側用と左側用に分けて形式が付けられていた)現在4代目のAD08Rが発売中(2016年現在)
  • ADVAN Sport - スポーツとコンフォートを両立したプレミアムカー向フラッグシップモデル。AVS Sportの後継に位置し、一部の欧州車にOE装着されているものは「V105 」のサブネームが付く。(一部サイズにランフラットタイヤも設定されている。)
  • ADVAN FLEVA - 2016年よりラインナップに加わった、ハンドリング重視タイプ。
  • ADVAN dB - 静粛性を高めた、コンフォートタイプのフラッグシップモデル。「DNA dB」の後継。
  • ADVAN S/T - SUV向けスポーツタイヤ
  • ADVAN A048 - 競技用
  • ADVAN A050 - A048の後継モデル
  • ADVAN A052 - 2016年8月発売。A050の後継モデル。
  • ADVAN A053 - ラリー・ダートトライアル競技用タイヤ

過去の製品[編集]

  • ADVAN HF
  • ADVAN HFtypeD(2017年秋より旧車用アイテムとして復活発売予定)
  • ADVAN NEXUS
  • ADVAN GLOBA

関連項目[編集]

外部リンク[編集]