奴田原文雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奴田原文雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1963-12-20) 1963年12月20日(53歳)
出身地 日本 高知県高知市
WRCでの経歴
活動時期 1999年 - 2010年
所属チーム 三菱
出走回数 37
チャンピオン回数 0
優勝回数 0
表彰台回数 0
ステージ勝利数 0
通算獲得ポイント 1
初戦 1999 ラリー・ニュージーランド
最終戦 2010 ラリージャパン
テンプレートを表示

奴田原 文雄ぬたはら ふみお1963年12月20日-)は、日本ラリードライバー。高知県高知市出身。道都大学卒。北海道恵庭市在住。

全日本ラリー選手権のトップカテゴリで9度のシリーズチャンピオンを獲得し、海外ラリーでも成功を収めている。主に三菱・ランサーエボリューション(ランエボ)で活躍していることから、通称「ランサー(ランエボ)のヌタハラ」と呼ばれる。

略歴[編集]

奴田原が運転するランサーエボリューションIX Gr.N(2006 ラリージャパン)

1986年からラリーを始め、北海道ラリーチャンピオンシリーズ (HRCS) に初参戦。1988年にHRCS Bクラスのチャンピオン、1989年にJAF地方選手権シリーズA地区戦Bクラスのチャンピオンを獲得した。

1990年より全日本ラリー選手権 (JRC) に本格参戦し、新型ミラージュに乗り換えた1992年の開幕戦で初勝利。1993年に全日本ラリーBクラスのチャンピオンに輝いた。

1994年からADVANラリーチームに加入し、引退した大庭誠介に代わりADVANカラーのランサーエボリューションIIを運転。この年限りでエースの山内伸弥がラリー活動を休止したため、翌1995年からADVANのエースとなる。

1999年にはこれまで勤務していた会社を辞めてサラリーマンからプロドライバーに転身。ランサーエボリューションVを運転し、全日本ラリー最高峰のCクラスで念願のチャンピオンを獲得した。

全日本ラリー選手権ではこれまでCクラスチャンピオンを6回(1999・2000・2002-2005)、総合優勝を3回(2006・2009・2014)獲得している。2002年から2006年まで前人未到の個人5連覇を達成し、名実ともに国内トップラリードライバーのひとりとなった。2006年にはターマック走行のレベルアップのため、スーパー耐久十勝24時間耐久レースにスポット参戦し、中谷明彦木下隆之らと同じチームのオーリンズランサーエボリューションワゴンを運転した。

1999年より海外遠征を開始し、アジアパシフィックラリー選手権 (APRC) と世界ラリー選手権 (WRC) にスポット参戦。2003年はAPRCにレギュラー参戦し、年間ランキング2位。2004年よりプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)にステップアップし、2005年の地元ラリージャパンではクラス2位表彰台を獲得した。2006年は開幕戦ラリー・モンテカルロでPWRC初優勝を遂げると、第5戦ラリージャパン、第6戦キプロス・ラリーでも優勝し、シリーズ2位の好成績を残した。

前述の通り長年ランエボでWRCや全日本ラリーに参戦しているため、ランエボのイメージが非常に強いドライバーだが、2010年ラリージャパンでは俳優の哀川翔率いる「TEAM SHOW」よりフォード・フィエスタR2で参戦[1]、総合23位で完走した。2011年にはインターコンチネンタル・ラリー・チャレンジスバル・インプレッサWRX STIでスポット参戦したほか、哀川のコ・ドライバーとしてアジアクロスカントリーラリートヨタ・FJクルーザーで参戦し、総合8位で完走した。

2012年にはパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムEV部門にトヨタ・モータースポーツ (TMG) 製のTMG・P002で初参加し、クラス優勝した[2]。2016年は230 SAMURAI SPEEDチームのTRDトヨタ・86 14R-60で参加しクラス5位完走[3]

同じラリードライバーの新井敏弘は「スバルのエース」としてライバル関係に当たるが、仲が良い。PWRCに参戦したのも、新井からの誘いがあったと言われている。

2016年、国内で唯一の本格的ラリースクール「NUTAHARA RALLY SCHOOL」運営を開始。日本ラリー界随一の経験と実績をもとに、後進の育成に取り組んでいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]