黒澤治樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒澤 治樹(くろさわ はるき、1977年9月26日 - )は、日本のレーシングドライバー。父は1960~1970年代にドライバーとして活躍した黒澤元治であり、兄の黒澤琢弥、弟の黒澤翼もレーシングドライバーである。

経歴[編集]

イギリスF3選手権全日本F3選手権フォーミュラ・ニッポンを経てスポーツカーレースを中心に活躍している。1999年には鈴鹿1000kmのC-GTクラスで優勝を挙げた[1]

2005年M-TEC EBBRO NSXSUPER GTに参戦し、GT300クラスのシリーズランキング2位の成績を残した。その後も全日本スポーツカー耐久選手権をはじめとするカテゴリーにM-TEC製のエンジンの開発ドライバーとして携わった。またSUPER GTにおいてもM-TECエンジンを搭載しているR&D SPORTから参戦した。

ル・マン24時間レースをはじめとする海外のスポーツカーレースにも散発的にスポット参戦をしており、2004年と2007年のル・マンでそれぞれクラス2位の好成績を収めている。

2012年からはGT300のLEON RACINGのエースとして毎年表彰台に上がる活躍を見せている。 2016年菅生では、スーパーGT参戦100戦目を迎えた[2]。 2016年の開幕戦岡山では自身9年ぶり、チームにとっては初勝利を達成。 2017年には最後の開催となった鈴鹿1000kmと最終戦もてぎで優勝し、ランキング2位の好成績を収めた。 2018年シーズンは最終戦まで一度も表彰台に上がることができなかったが、4位4回と安定してポイントを積み重ねランキング2位に着けた。最終戦のもてぎで2番手スタートから優勝し、大差をつけていた55号車が下位に沈んだため、自身・チームともに初となるシリーズチャンピオンを獲得した。

レース戦績[編集]

  • 1996年 - 全日本F3選手権<スポット参戦>(#65 SRS-FスカラシップF3/ダラーラF396 MF204)(シリーズ13位)
  • 1997年 - イギリスF3選手権
  • 1998年
    • 全日本F3選手権(TODA RACHING #17 ライアンレーシング無限本田/ダラーラF397・MF204B)(シリーズ12位)
    • メディア対抗ロードスター4時間耐久レース(#24 ベストモータリングロードスター)(総合21位)
  • 1999年 - 全日本F3選手権(TODA RACHING #17 ライアンレーシング戸田無限本田/ダラーラF399 MF204B)(シリーズ9位)
  • 2000年
    • 全日本F3選手権(TOM'S #7 MTCI TOM'S F300 /ダラーラF300 3S-GE)(シリーズ6位・1勝)
    • マカオF3(TOM'S #2 ダラーラF300・トヨタ)
    • コリアF3(TOM'S ダラーラF300・トヨタ)(決勝15位)
  • 2001年
    • スーパー耐久シリーズ・グループNプラスクラス(トムススピリット #36 MAZIORA ALTTEZA)
    • F3コリアGP(スイス・レーシングチーム #20 ダラーラF399・オペル)
    • 第31回インターナショナルPOKKA1000km・GT300クラス(#71 シグマMR-S)(総合8位)
  • 2002年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(#10 FORWARD TEAM NOVA/レイナード2KL・無限MF308)(シリーズ12位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TEAM TAKE ONE #30 綜警 McLaren)(シリーズ26位)
  • 2003年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(#9 PLANEX EBBRO NOVA/ローラB351・無限MF308)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス<Rd.4&5>#76 イエローコーンマクラーレンGT-R)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス<Rd.8>(#71 シグマDUNLOPセリカ)(シリーズ18位)
    • 第32回インターナショナルPOKKA1000km・GT300クラス(TEAM GAIKOKUYA #70 外車の外国屋ダンロップポルシェ)(総合13位)
    • MAZDA FESTA 2003(#24 ベストモータリングロードスター)(決勝2位)
  • 2004年
    • 第33回インターナショナルPOKKA1000km・GT500クラス(#230 MOTUL ADVAN Z)(決勝DNF)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(#16 M-TEC NSX オールスター戦のみ)
    • ル・マン24時間レース・GTクラス(チョロQレーシング #77 ポルシェ911GT3 RSR)(総合12位・クラス2位)
    • ヨーロッパ ルマン耐久シリーズ参戦
  • 2005年
    • SUPER GT・GT300クラス(M-TEC CO.LTD. #0 EBRRO M-TEC NSX )(シリーズ2位・2勝)
    • ル・マン24時間レース・LMP1クラス
    • ヨーロッパ ルマン耐久シリーズ参戦
  • 2006年
    • SUPER GT・GT300クラス<Rd.5~9>(WILLCOM R&D SPORT #62 WILLCOM ADVAN VEMAC408R)(シリーズ12位)
    • 全日本スポーツカー耐久選手権・SP1クラス(TEAM無限#16 無限COURAGE LC70)
    • ル・マン24時間レース・LMP1クラス
    • ヨーロッパ ルマン耐久シリーズ参戦
  • 2007年
    • SUPER GT・GT300クラス(WILLCOM R&D SPORT #62 WILLCOM ADVAN VEMAC408R)
    • 全日本スポーツカー耐久選手権・SP1クラス<Rd.1&3&4に出場>(TEAM無限 #16 無限COURAGE LC70)
    • ル・マン24時間レース・LMP2クラス
    • アメリカ ルマン耐久シリーズ参戦
  • 2008年
    • SUPER GT・GT300クラス(WILLCOM R&D SPORT #62 WILLCOM ADVAN VEMAC408R)
    • ル・マン24時間レース・LMP1クラス
  • 2009年 - SUPER GT・GT300クラス(Team TAISAN #26 UP START タイサンポルシェ)

フォーミュラ・ニッポン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2002年 FORWARD TEAM NOVA SUZ
9
FSW
5
MIN
Ret
SUZ
14
TRM
12
SUG
10
FSW
12
MIN
Ret
TRM
Ret
SUZ
12
12位 2
2003年 PLANEX EBBRO NOVA SUZ
13
FSW
Ret
MIN
9
TRM
10
SUZ
11
SUG
Ret
FSW
Ret
MIN
11
TRM
Ret
SUZ
12
NC 0

全日本GT選手権/SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2002年 TEAM TAKE ONE マクラーレン・F1GTR GT500 TAI
16
FSW
9
SUG
14
SEP FSW
Ret
TRM
Ret
MIN
Ret
SUZ
11
26位 2
2003年 HITOTSUYAMA RACING GT500 TAI FSW SUG FSW
18
FSW
14
TRM AUT NC 0
シグマテックレーシングチーム トヨタ・セリカ GT300 SUZ
3
18位 12
2005年 M-TEC CO.,LTD. ホンダ・NSX GT300 OKA
3
FSW
1
SEP
9
SUG
2
TRM
12
FSW
1
AUT
7
SUZ
2
2位 81
2006年 WILLCOM R&D SPORT ヴィーマック・408R GT300 SUZ OKA FSW SEP SUG
Ret
SUZ
7
TRM
3
AUT
6
FSW
14
12位 33
2007年 GT300 SUZ
5
OKA
8
FSW
Ret
SEP
14
SUG
5
SUZ
3
TRM
2
AUT
1
FSW
4
3位 76
2008年 GT300 SUZ
DNQ
OKA
5
FSW
6
SEP
8
SUG
11
SUZ
4
TRM
12
AUT
14
FSW
2
13位 38
2009年 TEAM TAISAN ポルシェ・911 GT3RS GT300 OKA
10
SUZ
10
FSW
4
SEP
Ret
SUG SUZ
16
FSW
14
AUT TRM
9
14位 12
2010年 TEAM マッハ ヴィーマック・408R GT300 SUZ
4
OKA
Ret
FSW
18
SEP
13
SUG
9
SUZ
9
FSW
C
TRM
5
12位 18
2011年 ヴィーマック・320R GT300 OKA
19
FSW SEP
12
SUG
9
SUZ
Ret
FSW
17
AUT
21
TRM
15
20位 2
2012年 GREEN TEC & LEON with SHIFT メルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3 GT300 OKA
12
FSW
10
SEP
6
SUG
2
SUZ
Ret
FSW AUT
Ret
TRM
8
12位 24
2013年 LEON RACING GT300 OKA
6
FSW
8
SEP
8
SUG
7
SUZ
3
FSW
4
AUT
18
TRM
6
6位 42
2014年 GT300 OKA
5
FSW
8
AUT
10
SUG
2
FSW
8
SUZ
Ret
CHA
Ret
TRM
6
9位 33
2015年 GT300 OKA
22
FSW
7
CHA
5
FSW
2
SUZ
6
SUG
7
AUT
12
TRM
5
9位 41
2016年 メルセデスAMG・GT3 GT300 OKA
1
FSW
Ret
SUG
16
FSW
23
SUZ
8
CHA
11
TRM
9
TRM
24
12位 26
2017年 GT300 OKA
2
FSW
5
AUT
10
SUG
7
FSW
13
SUZ
1
CHA
13
TRM
1
2位 72
2018年 GT300 OKA
4
FSW
4
SUZ
7
CHA
4
FSW
4
SUG
8
AUT
5
TRM
1
1位 68
2019年 GT300 OKA
6
FSW
5
SUZ
14
CHA
3
FSW
Ret
AUT SUG TRM 16位 19.5

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
2004年 日本の旗 チョロQレーシング 日本の旗 西澤和之
日本の旗 織戸学
ポルシェ・911 GT3RSR GT 322 12位 2位
2005年 イギリスの旗 チーム・ジョタ
イギリスの旗 ザイテック・エンジニアリング
イギリスの旗 サム・ヒネット
イギリスの旗 ジョン・スタック
ザイテック・04S LMP1 325 NC NC
2006年 フランスの旗 クラージュ・コンペティション 日本の旗 中野信治
フランスの旗 ジャン=マルク・グーノン
クラージュ・LC70-無限 LMP1 35 DNF DNF
2007年 フランスの旗 バラジ・イプシロン
イギリスの旗 ザイテック・エンジニアリング
メキシコの旗 エイドリアン・フェルナンデス
イギリスの旗 ロビー・カー
ザイテック・07S/2 LMP2 301 27位 2位
2008年 日本の旗 東海大学
日本の旗 ワイ・ジー・ケー
日本の旗 鈴木利男
日本の旗 影山正美
クラージュ-オレカ・LC70 LMP1 185 DNF DNF
2012年 イギリスの旗 ジョタ スポーツ イギリスの旗 サム・ハンコック
イギリスの旗 サイモン・ドゥーラン
ザイテック・Z11SN LMP2 271 DNF DNF

脚注[編集]

外部リンク[編集]