鈴鹿サーキットレーシングスクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ホンダレーシングスクール鈴鹿(ホンダサーキットレーシングスクールすずか)は、本田技研工業(ホンダ)の子会社であるモビリティランド鈴鹿サーキットにおいて運営しているレーシングスクール。略称はHRS Suzuka

専用フォーミュラカーによるプロレーシングドライバー育成を目的とするSRS-Formula、4綸モータースポーツの基礎とも言えるカートスクールのSRS-Kart、2輪のレーシングライダー育成を目的とするSRS-Motoの3クラスによって構成されている。

SRS-Formula・SRS-Kartの校長は2019年からPrincipal(校長)に佐藤琢磨が、Vice Principal(副校長)に中野信治が就任[1][2]。2018年までは中嶋悟が務めていた。SRS-Motoは引き続き岡田忠之が務めている。

2022年1月14日、ホンダはモータースポーツ体制発表会で『モータースポーツで世界に通用する選手を育成する』ことを目的とし、運営しているレーシングスクール、若手育成プログラムのさらなる強化を図るとし、そのなかで鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)の名称も『ホンダレーシングスクール鈴鹿(HRS Suzuka)』に改められることになった[3]

SRS-Formula[編集]

F1日本GPの舞台である世界的にも難コースとして知られる鈴鹿サーキットの国際レーシングコースを、トップクラスの現役プロレーサーの指導の下、年間100時間以上走行できるという贅沢な授業内容が最大の特徴。

公称授業料はアドバンストレーニングSTEP1(16歳以上)9万円、アドバンストレーニングSTEP2(STEP1到達基準達成者)20万円、アドバンス(STEP2到達基準達成者)270万円となっている。

アドバンス受講者から選抜された数名はスカラシップ選考会へ進み、成績優秀者はHondaフォーミュラドリームプロジェクト(HFDP)の育成ドライバーとしてFIA-F4選手権参戦のスカラシップが与えられる。

略称はSRS-F

主な出身者[編集]

主な講師[編集]

SRS-Kart[編集]

SRSのカートスクールで略称はSRS-K。対象は11歳 - 20歳で、SRS-Formula受講者にも卒業生は多い。

2019年から従来のコースをベーシックコースとし、2020年からベーシックコースの成績優秀者を対象としたアドバンスコースを新設する予定。

このコースとは別に、2015年度に新設されたSRS-Kartを受講しながらフォーミュラカーの練習走行も行えるSRS-Formula Challengeがある。

SRS-Moto[編集]

2016年度からリニューアルされた2輪ライダー育成スクール。 ベーシックコースの対象は9歳 - 20歳で、小学生など低年齢での受講者が多い。

SRS-Formula同様のスカラシップ制度が設けられ、ベーシックからアドバンスコースへのステップアップ、またその上へのスカラシップで「Team SRS-Moto」として全日本ロードレース選手権j-GP3クラスに参戦することができる。

以前はSRS-J(ジュニア)と呼ばれていた。

主な出身者[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]