松浦孝亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インディ500(2005年)参戦中の松浦

松浦 孝亮(まつうら こうすけ、1979年9月4日 - )は愛知県名古屋市出身のレーシングドライバー

略歴[編集]

デビュー[編集]

鈴鹿サーキット主催の「鈴鹿サーキットレーシングスクール」(SRS-K及びSRS-F)の出身で、元F1ドライバー中嶋悟等からノウハウを学ぶ。

1994年にカートデビュー。翌年1995年に全日本選手権シリーズ西地域FRクラスに出場し、チャンピオンに輝く。1996年にWorld Cup in 鈴鹿FAクラスに出場して6位入賞し、翌年には優勝を果たす。以後、JAPANカートグランプリ世界カート選手権等の大会に出場し、好成績を残した。

フォーミュラ・ドリーム[編集]

1999年にフォーミュラ・ドリーム(FD)でレーシングドライバーとして本格的に活動を開始し、初戦6位。翌年にはチャンピオンに輝く。このフォーミュラ・ドリームでは、井出有治柳田真孝等と争った。

F3/フォーミュラ・ルノー[編集]

2001年からARTAのバックアップを受けドイツF3に参戦。2002年にはシリーズランキング2位を獲得した。この年は、韓国で開催されたコリアスーパープリで3位、ポーで開催されたユーロカップで4位という成績を挙げたものの、マカオグランプリはリタイア、マールポロ・マスターズF3は下位28位という結果で終えた。

2003年にはユーロカップ・フォーミュラ・ルノーV6に参戦し、シリーズ3位という結果を残した。

インディカー・シリーズ[編集]

2004年から、鈴木亜久里率いるスーパーアグリとエイドリアン・フェルナンデスがタッグを組んだ「スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシング」のドライバーとしてインディカー・シリーズ(IRL)に参戦。

2007年は、スーパーアグリがパンサー・レーシングと提携したため、「スーパーアグリ・パンサー・レーシング」という新体制の下で参戦することになったが、成績には結びつかず、インディジャパンにおいては出走5秒でリタイア。スーパーアグリとパンサー・レーシングの提携も同年限りで解消されたためシートを失った。

2008年からはシリーズの中継をしているGAORAで解説を行っている。

2009年はコンクエストレーシングからインディジャパンにスポット参戦し17位に入った。

フォーミュラ・ニッポン[編集]

2008年から、「DoCoMo TEAM DANDELION RACING」のドライバーとしてフォーミュラ・ニッポンに参戦。フォーミュラ・ドリーム以来8年ぶりの国内レースへの参戦となる。

シリーズ開幕より芳しくない結果が続いたが、第7戦富士ラウンドのレース1で8位となり、レース2はリバースグリッドによりポールポジションからスタートすることになった。しかし折からの大雨のためスタートからセーフティカー先導で周回し、6周目に赤旗でレースが中断、そのままレース終了となり、規定により赤旗提示の前の周である5周目を先頭で通過した松浦が結果的に初優勝することになった。

SUPER GT[編集]

2010年は、aprからSUPER GT・GT300クラスにカローラアクシオで参戦し(パートナーは嵯峨宏紀)、2011年および2012年は、ARTAからGT300クラスにガライヤで参戦した(パートナーは高木真一)。

2013年は、GT500クラスにステップアップしARTAからホンダ・HSV-010で参戦する(パートナーはラルフ・ファーマン)。

人物[編集]

レース戦績[編集]

インディカー・シリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2004年 アグリ・フェルナンデス・レーシング Gフォース ホンダ HMS
11
PHX
11
MOT
8
INDY
11
TXS
16
RIR
14
KAN
18
NSH
9
MIL
10
MCH
17
KTY
4
PPIR
13
NAZ
21
CHI
21
FON
13
TXS
19
14位 280
2005年 パノス HMS
12
PHX
10
STP
13
MOT
9
INDY
17
TXS
7
RIR
9
KAN
20
NSH
14
MIL
11
MCH
16
KTY
8
PPIR
13
SNM
6
CHI
23
WGL
6
FON
19
14位 320
2006年 ダラーラ HMS
6
STP
7
MOT
7
INDY
15
WGL
18
TXS
8
RIR
12
KAN
8
NSH
13
MIL
17
MCH
9
KTY
19
SNM
13
CHI
11
13位 273
2007年 パンサー・レーシング HMS
16
STP
17
MOT
18
KAN
18
INDY
16
MIL
11
TXS
9
IOW
15
RIR
17
WGL
8
NSH
16
MDO
12
MCH
4
KTY
11
SNM
10
DET
5
CHI
17
16位 303
2009年 コンクエスト・レーシング STP
LBH
KAN
INDY
MIL
TXS
IOW
RIR
WGL
TOR
EDM
KTY
MDO
SNM
CHI
MOT
17
HMS
36位 13

フォーミュラ・ニッポン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2008年 DoCoMo TEAM DANDELION RACING FSW
12
SUZ
16
TRM
12
OKA
13
SUZ1
9
SUZ2
Ret
TRM1
10
TRM2
6
FSW1
8
FSW2
1
SUG
13
18位 3.5

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2008年 TEAM KUNIMITSU ホンダ・NSX GT500 SUZ OKA FSW SEP SUG SUZ
2
TRM AUT FSW 18位 19
2009年 GT500 OKA SUZ FSW
11
SEP SUG SUZ FSW AUT
6
TRM 17位 5
2010年 apr トヨタ・カローラアクシオ GT300 SUZ
Ret
OKA
5
FSW
9
SEP
8
SUG
3
SUZ
Ret
FSW
C
TRM
19
10位 22
2011年 Autobacs Racing Team Aguri ASL・ガライヤ GT300 OKA
20
FSW
6
SEP
5
SUG
3
SUZ
20
FSW
12
AUT
13
TRM
7
12位 26
2012年 GT300 OKA
8
FSW
4
SEP
9
SUG
9
SUZ
4
FSW
5
AUT
17
TRM
21
9位 33
2013年 ホンダ・HSV-010 GT GT500 OKA
9
FSW
8
SEP
8
SUG
1
SUZ
12
FSW
8
AUT
14
TRM
15
11位 31
2014年 ホンダ・NSX CONCEPT-GT GT500 OKA
8
FSW
Ret
AUT
Ret
SUG
15
FSW
10
SUZ
4
CHA
Ret
TRM
12
16位 14
2015年 GT500 OKA
4
FSW
13
CHA
Ret
FSW
Ret
SUZ
10
SUG
12
AUT
14
TRM
11
15位 11
2016年 GT500 OKA
Ret
FSW
6
SUG
14
FSW
SUZ
CHA
TRM
TRM
12位* 5*

関連項目[編集]

外部リンク[編集]