清成龍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清成 龍一
2007年
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-09-23) 1982年9月23日(35歳)
埼玉県川越市
現在のチーム ホンダ
レースでの経歴
ロードレース世界選手権 MotoGPクラス
活動期間 2003年
マニファクチャラー ホンダ
2003年 順位 20位
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
13 0 0 0 0 22
スーパーバイク世界選手権
活動期間 2008年-2009年
マニファクチャラー ホンダ
2008年 順位 8位 (190pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
11 3 4 0 1
ブリティッシュスーパーバイク選手権
活動期間 2004年-2007年, 2010年-2011年, 2013年-2016年
マニファクチャラー ホンダ/ BMW/SUZUKI
チャンピオン 3
2位 順位
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
50 11

清成 龍一(きよなり りゅういち、1982年9月23日 - )は、日本のレーシングライダー(ロードレース)。埼玉県川越市出身。

2001年全日本ロードレース選手権ST600チャンピオン。2006年・2007年・2010年ブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)チャンピオン。

2005年・2008年・2010年・2011年鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝。2008年から2009年までスーパーバイク世界選手権に参戦。 2011年もブリティッシュスーパーバイク選手権に参戦。2012年はBoon Siew Honda Racing Malaysia(ブンシュウ・ホンダレーシング・マレーシア)からアジアロードレース選手権に参戦、2013年はSamsung Hondaよりブリティッシュスーパーバイク選手権へ再復帰し参戦。2015年に古巣Hondaを離れ、BMWへ電撃移籍。その後SUZUKIへの移籍を経て、2017年にはMORIWAKI MOTUL RACINGより全日本ロードレース選手権、そしてHONDAヘ復帰をした。

略歴[編集]

全日本ロードレース選手権[編集]

ホンダCBR1000RRを駆る清成(2008年)

プロライダー育成を目的とする鈴鹿サーキットレーシングスクールジュニア(SRS-J)に入校、全日本ロードレース選手権にデビューする。その後、熊本のホンダ系有力プライベートチーム・チーム高武に加入。同チームは加藤大治郎玉田誠宇川徹中冨伸一柳川明など世界レベルのトップライダーを輩出している。

全日本ロードレース選手権参戦開始以来2001年まで目立った成績は残せないでいたが、2002年に創設2年目となるST600クラスへの転向を契機に躍進する。開幕から連勝を重ねST600チャンピオンになったほか、最高峰クラス(プロトタイプやスーパーバイク、JSB1000などの混走)にもスポット参戦しTIサーキット英田ではJSB1000優勝を果たした。JSBは市販車同然の最も戦闘力の低いマシンながら、雨のためパワーを持て余すプロトタイプやスーパーバイクのマシンを押さえて総合優勝し、次代のトップライダーとして注目される。

MotoGP参戦(2003年)[編集]

翌2003年4月にスポーツランドSUGOで開催されたスーパースポーツ世界選手権(WSS)日本大会にスポット参戦し2位を獲得。その後同年MotoGPレース中の事故で亡くなった加藤大治郎の後任としてグレシーニレーシングと契約した。

勝てるマシンRC211Vに乗るも、初めてのクラス、初めてのサーキットだったことや、テスト不足もあり最高位は10位2回と低迷。

BSB参戦(2004年 - 2007年)[編集]

2004年はBSBに転向。ここでもなれないサーキットに手こずるが、経験のあるドニントンパークでは2ヒート完全優勝。2005年は全13戦(怪我により出場11戦)26ヒート中12ヒート優勝。最多勝ながらチャンピオンは逃したものの、ランキング2位を獲得。そしてBSBの3シーズン目となる2006年、ついにチャンピオンを獲得した。

2007年はディフェンディングチャンピオンとしてBSB4年目のシーズンを戦い、2年連続チャンピオンを獲得。また、全日本ロードレース選手権の最終戦にスポット参戦。BSBと同じ2ヒート制でのレースだったが、2レースとも2位以下を大きく引き離す圧勝でシーズンを終える。

SBK参戦(2008年 - 2009年)[編集]

2008年はスーパーバイク世界選手権にホンダのトップチームである、テンケイト・ホンダから参戦を開始した。

7月27日に行われた第31回、鈴鹿8時間耐久ロードレースでは見事に優勝。自身2勝目。清成の序盤でのリード、パートナーカルロス・チェカの急な雨の中での見事な判断などなどで完全勝利、HRCに3年振りとなる勝利をもたらした。

8耐勝利の1週間後ブランズ・ハッチで行われたWSB第10戦イギリス大会ではWSB参戦以来初のダブルウインを達成。次戦ドニントンでも1勝を挙げ、シーズン3勝、シリーズランキング9位でデビューシーズンを終えた。2009年もテンケイト・ホンダに残留し、ランキング11位。

BSB復帰(2010年 - )[編集]

2010年はHM Plant HondaからBSBへ復帰参戦。第4戦キャドウェル・パークで復帰後初勝利を挙げる。続くマロリー・パークでも勝利。3年ぶりの全英王者を狙う。タイトル争いは最終戦までもつれこみ、トップと15ポイント差で挑んだ清成は奇跡的な3連勝でBSB3度目のタイトルを獲得した。

7月には鈴鹿8時間耐久レースにHARC-PROから参戦。チームメイトの高橋 巧と参戦をし、優勝。清成にとっては3度目の鈴鹿8耐優勝となった。

アジア選手権(2012年 - )[編集]

前年シーズンの不調からチームを解雇され、翌年の動向が注目されていたが、2012年はMuSASHi Boon Siew Honda Racingからアジアロードレース選手権のSS600クラスへ参戦した。

第2戦インドネシアでダブルウィンを果たすと、第5戦の台湾でもダブルウィンを達成。最終戦カタールのレース2優勝と5勝を達成し、その他レースでも上位入賞した事で、前年チャンピオンの藤原克昭を抑えてシリーズチャンピオンを獲得した。

7月には前年同様にHARC-PROから鈴鹿8時間耐久レースに参戦。最多優勝記録タイ(4勝)に高橋 巧、青山博一と臨んだが、デグナーコーナーで清成が転倒し、マシンから漏れたガソリンに引火しマシンが炎上。消火後マシンをピットまで戻し、スタッフの必死の修復作業で終了1時間前に修理が終わり、コース復帰したものの50周遅れの41位という結果となった。

BSB再復帰(2013年 - 2016年)[編集]

2013年はSamsung HondaよりBSBへ再び復帰して参戦。第4戦ノックヒルで2レースとも3位に入り、再復帰後初表彰台を獲得した。

7月には鈴鹿8時間耐久レースに、ジョナサン・レイをパートナーに、F.C.C.TSRより参戦し最多優勝記録タイに再び挑戦。スタートで出遅れたもののトップに立ち独走態勢に入ったものの、前年同様にデグナーコーナーで転倒しマシンが大破してしまう。ピットまで何とか戻るものの、修復が不可能なほどのダメージだった事から修復を断念しリタイアとなった。


2014年は清成龍一にとって新たなチャレンジの年となった。2013年12月、マネージメント事務所のSpeed of Japanが清成のBMW移籍を発表。これまでホンダ一筋で来た清成の移籍は国内外のファンのみならず、レース関係者を驚かせた。

BMWに移籍した清成龍一は、この年のシリーズ第4戦ノックヒルにて、BMWにとってのBSB初表彰台を優勝でプレゼント。その後、7勝を挙げ、BSB通算50勝を達成した。最終戦までタイトル争いを演じ、ランキング2位でシーズンを終えた。

2015年 もBuildbase BMWからBSBフル参戦が発表されている。この年、清成はファクトリーサポートを失ったチームで苦労をし、ランキング20位でシーズンを終えた。

2016年 BSBに継続参戦。BSB参戦10年目を迎える。そしてチームをBennetts Suzukiに移籍。スズキでのBSB初参戦となった。清成はシーズン開始当初から苦戦。そして第7戦でチームを離脱。第9戦でSmith Racing(BMW)に移籍をし、シーズンを20位で終了した。

全日本復帰(2017年 - )[編集]

2016年シーズンの終了後、清成龍一は2017年シーズンをMORIWAKI MOTUL RACINGと契約したことを発表。15年ぶりの全日本ロードレース選手権復帰となった。また4年ぶりのHonda復帰ともなった。チームは9年ぶりの鈴鹿8耐復帰も同時に発表をした。

レース戦績[編集]

  • 1988年 - デビュー戦
  • 1996年 - 筑波選手権GP80 チャンピオン
    • 鈴鹿サーキット選手権GP80 チャンピオン
  • 1997年 - 筑波選手権GP125Bクラス チャンピオン
  • 1998年 - 全日本ロードレース選手権GP125 ランキング26位(SRS-J
  • 1999年 - 全日本ロードレース選手権GP125 ランキング23位(SRS-J)
  • 2000年 - 全日本ロードレース選手権GP250 ランキング20位(チーム高武
  • 2001年 - 全日本ロードレース選手権GP250 ランキング16位(チーム高武)
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレースリタイヤ(中冨伸一/桜井ホンダ/AC91M)
  • 2002年 - 全日本ロードレース選手権ST600 チャンピオン(4勝:MINE筑波オートポリスもてぎ/チーム高武/CBR600F4i
    • 全日本ロードレース選手権SB総合 ランキング12位(1勝:TI/チーム高武/CBR954RR
  • 2003年 - ロードレース世界選手権MotoGP ランキング20位(テレフォニカ・モビスター・ホンダRC211V
  • 2004年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 ランキング6位(HMプラント・ホンダ/CBR1000RRW
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレースリタイヤ(鎌田学/セブンスター・ホンダ11/CBR1000RRW)
  • 2005年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 ランキング2位(HMプラント・ホンダ/CBR1000RRK
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝宇川徹/セブンスター・ホンダ7/CBR1000RRW)
  • 2006年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 シリーズチャンピオン(HMプラント・ホンダ/CBR1000RRK)
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース総合5位・FIMエンデュランス・オブ・ネーションズ優勝(玉田誠/セブンスター・ホンダ7/CBR1000RRW)
  • 2007年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 シリーズチャンピオン(HMプラント・ホンダ/CBR1000RRK)
    • MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第39回MFJグランプリスーパーバイクレースin鈴鹿 JSB1000優勝
  • 2008年 - スーパーバイク世界選手権ランキング9位(テンケイト・ホンダ/CBR1000RRK)
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝カルロス・チェカ/ドリーム・ホンダ・レーシングチーム/CBR1000RRW)
  • 2009年 - スーパーバイク世界選手権ランキング11位(テンケイト・ホンダ/CBR1000RRK)
  • 2010年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 シリーズチャンピオン(HMプラント・ホンダ/CBR1000RRK)
  • 2010年 - スーパーバイク世界選手権第10戦スポット参戦しレース1=21位 レース2=16位 HM プラント・ホンダ ホンダ・CBR1000RR
  • 2011年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 ランキング6位(HMプラント・ホンダ/CBR1000RR)
  • 2012年 - アジアロードレース選手権 シリーズチャンピオン(MuSASHi Boon Siew Honda Racing/CBR600RR)
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース41位(高橋巧・青山博一MuSASHiRT HARC-PRO./CBR1000RRK)
  • 2013年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 ランキング6位(Samsung Honda/CBR1000RR)
  • 2014年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 ランキング2位(Buildbase BMW/BMW S 1000RR)
  • 2015年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 ランキング20位(Buildbase BMW/BMW S 1000RR)
  • 2016年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 ランキング20位(Bennetts Suzuki/SUZUKI GSX-R1000 | Smith Racing/BMW S 1000RR)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]