マイケル・ドゥーハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・ドゥーハン
Mick Doohan 1990 Japanese GP.jpg
マイケル・ドゥーハン(1990年日本GP)
グランプリでの経歴
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
活動期間 1989年 - 1999年
チーム ホンダ
レース数 117
チャンピオン 5(500cc) 1994年1995年1996年1997年1998年
優勝回数 54
表彰台回数 95
通算獲得ポイント 2283
ポールポジション回数 58
ファステストラップ回数 46
初グランプリ 1989年(500cc)
日本GP
初勝利 1990年(500cc)
ハンガリーGP
最終勝利 1998年(500cc)
アルゼンチンGP
最終グランプリ 1999年(500cc)
日本GP
テンプレートを表示

マイケル・ドゥーハンMichael "Mick" Doohan, 1965年6月4日 - )は、オーストラリアクイーンズランド州ブリスベン出身のオートバイレーサー1992年以後のエントリーネームはミック・ドゥーハン1994年から1998年までロードレース世界選手権500cc5年連続チャンピオンを獲得した絶対王者。兄スコットもオートバイレーサーである。姓は「ドーハン」と表記(呼称)される場合もある。

略歴[ソースを編集]

1987年にTT-F1世界選手権日本ラウンドにプライベートチームから出場、3位入賞し注目を集める。1988年スーパーバイク世界選手権日本大会第2レースで優勝。ちなみに日本ではこの年まで「マイケル・ドーハン」と呼ばれることが多かった。1989年、同郷の先輩ワイン・ガードナーのチームメイトとしてロスマンズ・ホンダチームに加入し、ロードレース世界選手権500ccクラスに本格参戦を始める。1990年に500cc初優勝、1991年にはヤマハウェイン・レイニーとチャンピオン争いを繰り広げる(最終的にランキング2位)など徐々に頭角を現し、ホンダの新エースとしてチャンピオン候補と目されるようになる。

1992年シーズン、ホンダはNSR500に不等間隔位相同爆方式のニューエンジン(通称ビッグバン・エンジン)を搭載し、エースライダーとなったドゥーハンに託した。このニューマシンを駆るドゥーハンは開幕4連勝を記録し、第7戦ドイツGPでも勝利するなど、シーズン半ばにしてポイントを大きくリードした。しかし第8戦オランダGPでの予選走行中に転倒を喫し、右足に一時切断も検討されたほどの重傷を負い(転倒による傷ではなく、治療時に菌で悪化したとも言われる)、以降の4戦を欠場。この間にポイント差をレイニーに猛追されたドゥーハンは、最終戦南アフリカGPに強行出場するも、結果は4位。このレースで2位に入ったレイニーに土壇場で逆転され、3ポイント差で王座を逃した。翌1993年も後遺症に苦しんだが辛抱強く戦い続け、イタリアGPで復帰後初優勝を挙げる。

シーズンオフに右足の再手術を受けて臨んだ1994年は右足も癒え、自ら開発と熟成に尽力したNSR500に乗るドゥーハンは他を寄せ付けないパフォーマンスを発揮した。デビュー6シーズン目にして念願のワールドチャンピオンを獲得した。以降、岡田忠之アレックス・クリビーレらチームメイトの挑戦を退け、1998年までタイトル5連覇を成し遂げた。この5年間は、全ての年で5割を超える勝率を記録し、特に1997年は15戦中12勝の年間最多勝記録をマークした。

しかし、タイトル6連覇のかかる1999年シーズン、第3戦スペインGP(ヘレス)の予選走行中に高速の左コーナーで激しく転倒し、右鎖骨、左手首、右膝を骨折する大怪我を負い、残る全てのレースをキャンセル。その後も翌シーズンからの復帰を目指したが、体の状態は事故前までには回復せず、2000年シーズン開幕を前に引退を表明した。引退後はホンダ・レーシングのGPアドバイザーなどを務め、バレンティーノ・ロッシ加藤大治郎らをサポートした。

スタイル[ソースを編集]

ドゥーハンのライディングの美点は滑らかなスロットルコントロールといわれる[要出典]。従来のエンジンよりも出力特性が滑らかなビッグバン・エンジンは、ドゥーハンの意見を取り入れて開発されたものだったが[要出典]、ドゥーハンは常勝時代(1997年以降)をよりピーキーなスクリーマー・エンジンで戦うことになった。また、右コーナーと左コーナーで大きくハングオフの姿勢が違うことでも知られている。

1992年オランダGPで負った負傷は、手術後の経過不良により一時は右足切断も危ぶまれるほどだったという[要出典]。復帰後も後遺症として、日常では右足を引き摺り気味にしていた。また、通常のバイクでは右ペダルにあるリアブレーキを操作できなくなったため、特別に左ハンドルに親指で操作するレバー式のブレーキが付けられていた。右足はリハビリの成果でブレーキペダルを踏めるまでに回復したが、その後もレバー式リアブレーキを好んで使用し続けた。

主な戦績[ソースを編集]

ロードレース世界選手権[ソースを編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス チーム マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位 勝利数
1989 500cc ロスマンズ・ホンダ NSR500 JPN
DNF
AUS
8
USA
8
SPA
DNF
ITA
DNF
GER
3
AUT
8
YUG
6
NED
9
BEL
8
FRA
8
GBR
-
SWE
-
CZE
-
BRA
4
81 9位 0
1990 500cc ロスマンズ・ホンダ NSR500 JPN
NC
USA
2
SPA
4
ITA
3
GER
DNF
AUT
3
YUG
4
NED
4
BEL
6
FRA
4
GBR
4
SWE
4
CZE
9
HUN
1
AUS
2
179 3位 1
1991 500cc ロスマンズ・ホンダ NSR500 JPN
2
AUS
2
USA
2
SPA
1
ITA
1
GER
3
AUT
1
EUR
2
NED
DNF
FRA
2
GBR
3
RSM
3
CZE
2
VDM
2
MAL
3
224 2位 3
1992 500cc ロスマンズ・ホンダ NSR500 JPN
1
AUS
1
MAL
1
SPA
1
ITA
2
EUR
2
GER
1
NED
DNS
HUN
INJ
FRA
INJ
GBR
INJ
BRA
12
RSA
6
136 2位 5
1993 500cc ロスマンズ・ホンダ NSR500 AUS
DNF
MAL
4
JPN
7
SPA
4
AUT
2
GER
DNF
NED
2
EUR
2
RSM
1
GBR
DNF
CZE
3
ITA
2
USA
DNF
FIM
INJ
156 4位 1
1994 500cc HRC ホンダ NSR500 AUS
3
MAL
1
JPN
2
SPA
1
AUT
1
GER
1
NED
1
ITA
1
FRA
1
GBR
2
CZE
1
USA
3
ARG
1
EUR
2
317 1位 9
1995 500cc レプソル・ホンダ NSR500 AUS
1
MAL
1
JPN
2
SPA
DNF
GER
DNF
ITA
1
NED
1
FRA
1
GBR
1
CZE
2
BRA
2
ARG
1
EUR
4
248 1位 7
1996 500cc レプソル・ホンダ NSR500 MAL
5
INA
1
JPN
6
SPA
1
ITA
1
FRA
1
NED
1
GER
2
GBR
1
AUT
2
CZE
2
IMO
1
CAT
2
BRA
1
AUS
8
309 1位 8
1997 500cc レプソル・ホンダ NSR500 MAL
1
JPN
1
SPA
2
ITA
1
AUT
1
FRA
1
NED
1
IMO
1
GER
1
BRA
1
GBR
1
CZE
1
CAT
1
INA
2
AUS
DNF
340 1位 12
1998 500cc レプソル・ホンダ NSR500 JPN
DNF
MAL
1
SPA
2
ITA
1
FRA
2
MAD
DNF
NED
1
GBR
2
GER
1
CZE
DNF
IMO
1
CAT
1
AUS
1
ARG
1
260 1位 8
1999 500cc レプソル・ホンダ NSR500 MAL
4
JPN
2
SPA
-
FRA
-
ITA
-
CAT
-
NED
-
GBR
-
GER
-
CZE
-
IMO
-
VAL
-
AUS
-
RSA
-
BRA
-
ARG
-
33 17位 0

鈴鹿8時間耐久レース[ソースを編集]

車番 ペアライダー チーム マシン 予選順位 決勝順位 周回数
1987 25 ロドニー・コックス ネスカフェ・アメリカーナRT ヤマハ・FZR750 38 Ret 70
1988 21 平忠彦 資生堂TECH21レーシング ヤマハ・YZF750 6 9 196
1989 11 ワイン・ガードナー チームHRC ホンダ・RVF750 1 Ret 126
1990 11 ワイン・ガードナー OKIホンダRT ホンダ・RVF750 1 Ret 101
1991 11 ワイン・ガードナー OKIホンダRT ホンダ・RVF750 1 1 192
1993 11 ダリル・ビーティー チームHRC ホンダ・RVF750 1 4 206

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]