ジャコモ・アゴスチーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャコモ・アゴスチーニ
2003年
生年月日 (1942-06-16) 1942年6月16日(74歳)
ローヴェレ
レースでの経歴
ロードレース世界選手権
活動期間 1964年 - 1977年
初レース 1963年 250cc ネイションズグランプリ
最終レース 1977年 500cc イギリスグランプリ
初勝利 1965年 350cc ドイツグランプリ
最終勝利 1976年 500cc ドイツグランプリ
チーム MVアグスタ, ヤマハ, スズキ
チャンピオン 350cc - 1968年, 1969年, 1970年, 1971年, 1972年, 1973年, 1974年
500cc - 1966年, 1967年, 1968年, 1969年, 1970年, 1971年, 1972年, 1975年
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
186 122 159 9 117 1493
マン島TTレースでの経歴
出場回数 8 (1965 - 1972)
優勝回数 10
初勝利 1966年ジュニアTT
最終勝利 1972年シニアTT
表彰台 13

ジャコモ・アゴスチーニGiacomo Agostini1942年6月16日 - )は、イタリア出身の元モーターサイクルロードレーサー[1]。イタリア語で「針」という意味の「Ago(アーゴ)」というニックネームで知られた。1960年代-1970年代にかけてロードレース世界選手権で活躍、500ccクラスと350ccクラスで122回の優勝を果たし、計15ものタイトルを獲得している。史上最高のロードレーサーと見なされ[1]、68勝と8度のタイトルを500ccで記録し、残りは350ccでの記録である。

1999年にMotoGP殿堂Motorcycle Hall of Fame)入りしている。

初期の経歴[編集]

アゴスチーニは、ロンバルディア州ブレシアで父親アウシリオ・アゴスチーニと母親マリア・ヴィットーリアの間に生まれた。一家はローヴェレの出で、そこで父親は地元の議会に雇われていた。4人兄弟の長男であったアゴスチーニは初めヒルクライム、次いでロードレースを行うようになったが、父親は息子のモータースポーツを快く思わず、アゴスチーニは父親を説得しなければならなかった[1]

結局、父親はレース活動を許可し、アゴスチーニは1963年にイタリア175cc選手権にモト・モリーニで勝利した。モリーニのファクトリーライダー、タルクィニオ・プロヴィーニベネリに移籍し、その後任としてファクトリーライダーになることでアゴスチーニはブレイクした。アルフォンソ・モリーニ伯は若きアゴスチーニを起用した[1]1964年、アゴスチーニはイタリア350cc選手権のタイトルを獲得し、モンツァで行われたイタリアGPで4位に入ることでその能力を示した[2]

世界選手権[編集]

これらの結果はドメニコ・アグスタ伯の目にとまり、アゴスチーニはMVアグスタと契約、マイク・ヘイルウッドのチームメイトとなった[1]1965年シーズン、アゴスチーニは350ccクラスでホンダジム・レッドマンとタイトルを争った。シーズン最終戦、日本GPで彼のマシンは不調となり、タイトルはレッドマンの物となった。

1968年

1965年シーズンが終わると、ヘイルウッドは気難しいアグスタ伯の下で走るのに嫌気がさしホンダに移籍した。アゴスチーニはMVアグスタの第1ライダーとなり、彼はそれに応えて500ccのタイトルを7年連続で獲得した[1]。彼はまた、350ccのタイトルも7回獲得し、マン島TTレースも10回制した。彼は現在もイギリス人以外で同レースを10回制した唯一のライダーである。1967年シーズンはヘイルウッドとタイトル争いをすることになるが、グランプリ史上最もドラマチックなシーズンの1つとなった。最終戦はヘイルウッドが勝利し、両名とも5勝を挙げたものの、有効ポイントの差でアゴスチーニがタイトルを獲得した。

350cc練習走行(1976年、ニュルブルクリンク

1972年のマン島TTレースジルベルト・パロッティが事故死し、アゴスチーニは2度とマン島TTレースに参加しないと発表、グランプリ界に激震が走った。彼は37マイルのコースが世界選手権を戦うには危険だと考えた。当時TTレースはカレンダーの中で最も権威のあるレースであった。その他のトップライダーも彼のボイコットに賛同し、1977年にマン島TTはグランプリのカレンダーから外れることとなった。

アゴスチーニは1974年シーズンをヤマハで戦うと発表し、レース界を驚かせた。日本メーカーのファクトリーライダーとして彼は、アメリカでの2輪レースで最も権威のあるデイトナ200で勝利した[3]。その年彼は350ccのタイトルを獲得したものの、500ccは負傷と機械的問題のためタイトルを逃がした。1975年は500ccのタイトルを獲得、2ストロークマシンで最高峰クラスを初めて制することとなった。

1975年のタイトルはアゴスチーニにとって最後のタイトルとなった。1976年、彼は500ccにスズキとMVアグスタで参加し、350ccではアッセンで唯一勝利した。ニュルブルクリンクでは500ccにMVアグスタで参加、優勝したがこれが最後の勝利となった。この勝利は4ストロークマシンにとっても最後の勝利となった。

1977年シーズンは復帰したヤマハで戦いシーズン6位となった。この年をもってアゴスチーニは世界GPを引退、同様に750cc耐久も引退した。

ジャコモ・アゴスチーニ
基本情報
英国F1経歴
活動時期 1979-1980
レース数 23
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 7
通算獲得ポイント 41
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
テンプレートを表示

4輪レース[編集]

ジョン・サーティースマイク・ヘイルウッド同様、アゴスチーニも2輪引退後にフォーミュラ1レースに参加した。彼は1978年にノンタイトル戦に参戦した。ヨーロピアン・フォーミュラ2シリーズにシェブロンB42-BMWで、ブリティッシュフォーミュラ1選手権に自身のチームでウィリアムズ・FW06で参戦する。彼は1980年に全てのレースから引退した[4]

チーム監督として[編集]

1982年、アゴスチーニはマールボロヤマハ・チーム監督としてオートバイレースに復帰した。監督として彼はエディ・ローソンと共に3度の500ccタイトルを獲得、グレーム・クロスビーケニー・ロバーツといった成功したライダーを起用した。チームは1982年のデイトナ・フォーミュラ1(クロスビー)、1983年および1984年のデイトナ・フォーミュラ1(ロバーツ)、1986年のデイトナ・スーパーバイク選手権(ローソン)のタイトルも獲得した。1986年から1990年までチームは250ccクラスにも参戦、ルカ・カダローラマーチン・ウィマーアレックス・クリビーレを起用した。

1992年からはカジバ・ファクトリーチームの監督となり、1994年にカジバが撤退するまで同職を務めた。1995年ドリアーノ・ロンボニを起用してホンダのマシンで250ccに参戦したが、これが最後のシーズンとなった。

世界選手権全戦績[編集]

1968年までのポイント制度:

順位 1 2 3 4 5 6
得点 8 6 4 3 2 1

1969年以降のポイント制度:

順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
得点 15 12 10 8 6 5 4 3 2 1
クラス 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ポイント 順位
1963年 250cc モト・モリーニ ESP GER IOM NED BEL ULS DDR NAT
Ret
ARG JPN 0 NC
1964年 250cc モト・モリーニ USA ESP FRA IOM NED BEL GER
4
DDR ULS NAT
4
JPN 6 12位
1965年 350cc MVアグスタ GER
1
IOM
3
NED
3
DDR
Ret
CZE
Ret
ULS FIN
1
NAT
1
JPN
5
32 2位
500cc MVアグスタ USA GER
2
IOM
Ret
NED
2
BEL
2
DDR
2
CZE
2
ULS FIN
1
NAT
2
32 2位
1966年 350cc MVアグスタ GER
Ret
FRA
2
NED
2
DDR
1
CZE
2
FIN
Ret
ULS
2
IOM
1
NAT
1
JPN 42 2位
500cc MVアグスタ GER
2
NED
2
BEL
1
DDR
Ret
CZE
2
FIN
1
ULS
2
IOM
2
NAT
1
36 1位
1967年 350cc MVアグスタ GER
2
IOM
2
NED
2
DDR
2
CZE
7
ULS
1
NAT
Ret
JPN 32 2位
500cc MVアグスタ GER
1
IOM
Ret
NED
2
BEL
1
DDR
1
CZE
2
FIN
1
ULS
20
NAT
1
CAN
2
46 1位
1968年 350cc MVアグスタ GER
1
IOM
1
NED
1
DDR
1
CZE
1
ULS
1
NAT
1
32 1位
500cc MVアグスタ GER
1
ESP
1
IOM
1
NED
1
BEL
1
DDR
1
CZE
1
FIN
1
ULS
1
NAT
1
48 1位
1969年 350cc MVアグスタ ESP
1
GER
1
IOM
1
NED
1
DDR
1
CZE
1
FIN
1
ULS
1
NAT YUG 90 1位
500cc MVアグスタ ESP
1
GER
1
FRA
1
IOM
1
NED
1
BEL
1
DDR
1
CZE
1
FIN
1
ULS
1
NAT YUG 105 1位
1970年 350cc MVアグスタ GER
1
YUG
1
IOM
1
NED
1
DDR
1
CZE
1
FIN
1
ULS
1
NAT
1
ESP 105 1位
500cc MVアグスタ GER
1
FRA
1
YUG
1
IOM
1
NED
1
BEL
1
DDR
1
FIN
1
ULS
1
NAT
1
ESP 90 1位
1971年 350cc MVアグスタ AUT
1
GER
1
IOM
Ret
NED
1
BEL
1
DDR
1
CZE
Ret
SWE
1
FIN
1
ULS NAT
Ret
ESP 90 1位
500cc MVアグスタ AUT
1
GER
1
IOM
1
NED
1
BEL
1
DDR
1
SWE
1
FIN
1
ULS NAT
Ret
ESP 90 1位
1972年 350cc MVアグスタ GER
2
FRA
4
AUT
1
NAT
1
IOM
1
YUG
Ret
NED
1
DDR
Ret
CZE
Ret
SWE
1
FIN
1
ESP 102 1位
500cc MVアグスタ GER
1
FRA
1
AUT
1
NAT
1
IOM
1
YUG
Ret
NED
1
BEL
1
DDR
1
CZE
1
SWE
1
FIN
1
ESP 105 1位
1973年 350cc MVアグスタ FRA
1
AUT
Ret
GER
Ret
NAT
1
IOM YUG NED
1
CZE
2
SWE
2
FIN
1
ESP 84 1位
500cc MVアグスタ FRA
Ret
AUT
Ret
GER
Ret
NAT
C
IOM YUG NED
Ret
BEL
1
CZE
1
SWE
2
FIN
1
ESP 57 3位
1974年 350cc ヤマハ FRA
1
GER AUT
1
NAT
1
IOM NED
1
SWE
DNS
FIN YUG
1
ESP 75 1位
500cc ヤマハ FRA
Ret
GER AUT
1
NAT
Ret
IOM NED
1
BEL
2
SWE
Ret
FIN CZE
6
47 4位
1975年 350cc ヤマハ FRA
2
ESP
1
AUT
Ret
GER
Ret
NAT
2
IOM NED
4
FIN
2
CZE
Ret
YUG 59 2位
500cc ヤマハ FRA
1
AUT
Ret
GER
1
NAT
1
IOM NED
2
BEL
Ret
SWE
Ret
FIN
1
CZE
2
84 1位
1976年 350cc MVアグスタ FRA
Ret
AUT
Ret
NAT
Ret
YUG
Ret
IOM NED
1
FIN
Ret
CZE
Ret
GER
Ret
ESP 15 15位
500cc MVアグスタ FRA
5
AUT
6
GER
1
26 7位
スズキ NAT
Ret
IOM NED
Ret
BEL
Ret
SWE FIN
Ret
CZE
Ret
1977年 350cc ヤマハ VEN GER
2
NAT
8
ESP
-
FRA
11
YUG
-
NED
-
SWE
13
FIN
-
CZE
10
GBR
-
16 16位
500cc ヤマハ VEN AUT GER NAT
5
FRA
2
NED
Ret
BEL
8
SWE
9
FIN
Ret
CZE
2
GBR
9
37 6位

フォーミュラ750成績[編集]

クラス 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント 順位
1975年 750cc ヤマハ USA
4
ITA 1 ITA 2 BEL 1 BEL 2 FRA 1 FRA 2 SWE 1 SWE 2 FIN 1 FIN 2 SIL 1 SIL 2 NED 1 NED 2 GER 1 GER 2 8 21位
1976年 750cc ヤマハ USA VEN 1 VEN 2 ITA 1 ITA 2 ESP 1 ESP 2 BEL 1 BEL 2 FRA 1 FRA 2
3
SIL 1 SIL 2 NED 1 NED 2
1
GER 1 GER 2 12 18位
1977年 750cc ヤマハ USA ITA 1 ITA 2
3
ESP FRA 1 FRA 2 GBR 1 GBR 2 AUT
2
BEL 1 BEL 2 NED 1
4
NED 2
4
USA 1 USA 2 CAN 1 CAN 2 GER 1
1
GER 2
1
45 3位

ブリティッシュフォーミュラ1選手権成績[編集]

(凡例)

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 順位 ポイント
1979年 ジャコモ・アゴスチーニ ウィリアムズFW06 コスワース ZOL
9
OUL
6
BRH
5
MAL
Ret
SNE
2
THR
6
ZAN
3
DON
9
OUL
3
NOG
Ret
MAL
Ret
BRH
Ret
THR
6
SNE
7
SIL
7
8位 19

参照[編集]

外部リンク[編集]

先代:
マイク・ヘイルウッド
ロードレース世界選手権500ccクラスチャンピオン
1966-1972
次代:
フィル・リード
先代:
フィル・リード
ロードレース世界選手権500ccクラスチャンピオン
1975
次代:
バリー・シーン
先代:
マイク・ヘイルウッド
ロードレース世界選手権350ccクラスチャンピオン
1968-1974
次代:
ジョニー・チェコット