ジム・レッドマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jim Redman
06-08-05-RupHollGedenk-Jim REDMAN-108.jpg
グランプリでの経歴
国籍 ローデシア
活動期間 1959 - 1966
チーム ノートン , ホンダ
レース数 135
125cc - 44
250cc - 54
350cc - 30
500cc - 7
チャンピオン 6
250cc - 1962, 1963
350cc - 1962 - 1965
優勝回数 45
125cc - 4
250cc - 18
350cc - 21
500cc - 2
表彰台回数 98
(順位別)
1st - 45
2nd - 33
3rd - 20
(クラス別)
125cc - 24
250cc - 46
350cc - 26
500cc - 2
通算獲得ポイント 678
ポールポジション回数 N/A
ファステストラップ回数 35
125cc - 5
250cc - 12
350cc - 17
500cc - 1
初グランプリ 1959年 350cc 西ドイツGP
初勝利 1961年 250cc ベルギーGP
最終勝利 1966年 500cc ダッチTT
最終グランプリ 1966年 250cc ベルギーGP
テンプレートを表示

ジェイムス・アーサー・レッドマン, MBE(James Arthur Redman、1931年11月8日 - )は、イギリスロンドン出身の元モーターサイクル・ロードレースライダー。1960年代にロードレース世界選手権で活躍し、350ccクラスと250ccクラスで計6回タイトルを獲得した。通常はジム・レッドマン(Jim Redman)と呼称・表記される。

18歳のとき、イギリス植民地であった南ローデシア(現在のジンバブエ)に移住しレース活動を始め、1959年ノートンから世界GP参戦。1960年ホンダチームに加わってから頭角を現し、1961年のベルギーGP250ccクラスで初勝利。翌1962年には250ccと350ccの2クラスで年間タイトルを獲得し2冠王(ダブルタイトル)となる。その後も数多くの勝利を積み重ね、ホンダの世界GP第一期参戦時のエースとして活躍。1966年西ドイツGP500ccクラスで優勝(世界GP最高峰クラスでのホンダの初優勝)。マン島TTレースでも6度の優勝を果たした。

これらレースでの活躍によって英国王室より大英帝国勲章(Member of the British Empire)を授けられた。

2007年MotoGP殿堂入り。

戦績[1][2][編集]

順位 1 2 3 4 5 6
得点 8 6 4 3 2 1

イタリック体はファステストラップ

Year Class Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 Points Rank Wins
1959 350cc ノートン FRA
-
IOM
-
GER
6
NED
-
BEL
-
SWE
6
ULS
-
NAT
-
2 15th 0
500cc ノートン FRA
-
IOM
-
GER
-
NED
5
BEL
-
SWE
-
ULS
-
NAT
-
2 14th 0
1960 125cc ホンダ IOM
-
NED
4
BEL
9
ULS
-
NAT
4
6 7th 0
250cc ホンダ IOM
-
NED
8
BEL
-
GER
NC
ULS
3
NAT
2
10 4th 0
500cc ノートン FRA
-
IOM
-
NED
-
BEL
5
GER
-
ULS
5
NAT
6
5 9th 0
1961 125cc ホンダ ESP
3
GER
7
FRA
3
IOM
4
NED
2
BEL
3
DDR
6
ULS
4
NAT
5
SWE
3
ARG
2
28 (37) 4th 0
250cc ホンダ ESP
4
GER
2
FRA
6
IOM
3
NED
3
BEL
1
DDR
2
ULS
3
NAT
1
SWE
4
ARG
3
36 (51) 3rd 2
1962 125cc ホンダ ESP
2
FRA
2
IOM
5
NED
2
BEL
2
GER
10
ULS
3
DDR
2
NAT
4
FIN
1
ARG
-
38 (47) 2nd 1
250cc ホンダ ESP
1
FRA
1
IOM
2
NED
1
BEL
2
GER
1
ULS
2
DDR
1
NAT
1
ARG
-
48 (66) 1st 6
350cc ホンダ IOM
-
NED
1
ULS
1
DDR
1
NAT
1
FIN
2
32 (38) 1st 4
1963 125cc ホンダ ESP
2
GER
NC
FRA
2
IOM
6
NED
NC
BEL
-
ULS
7
DDR
5
NAT
2
FIN
-
ARG
1
JPN
2
35 3rd 1
250cc ホンダ ESP
2
GER
3
IOM
1
NED
1
BEL
-
ULS
1
DDR
3
NAT
2
ARG
2
JPN
1
44 (58) 1st 4
350cc ホンダ GER
1
IOM
1
NED
1
ULS
1
DDR
3
NAT
1
FIN
2
JPN
1†
32 (50) 1st 5
1964 125cc ホンダ USA
-
ESP
2
FRA
NC
IOM
2
NED
1
GER
1
DDR
3
ULS
NC
FIN
3
NAT
6
JPN
-
36 (37) 2nd 2
250cc ホンダ USA
-
ESP
2
FRA
NC
IOM
1
NED
1
BEL
2
GER
2
DDR
2
ULS
2
NAT
3
JPN
1
42 (58) 2nd 3
350cc ホンダ IOM
1
NED
1
GER
1
DDR
1
ULS
1
FIN
1
NAT
1
JPN
1
40 (64) 1st 8
1965 125cc ホンダ USA
-
GER
-
ESP
-
FRA
-
IOM
-
NED
-
DDR
-
CZE
-
ULS
-
FIN
-
NAT
-
JPN
NC
0 - 0
250cc ホンダ USA
-
GER
-
ESP
-
FRA
NC
IOM
1
NED
2
BEL
1
DDR
1
CZE
3
ULS
-
FIN
-
NAT
-
JPN
-
34 3rd 3
350cc ホンダ GER
NC
IOM
1
NED
1
DDR
1
CZE
1
ULS
NC
FIN
-
NAT
-
JPN
2
38 1st 4
1966 250cc ホンダ ESP
NC
GER
2
FRA
2
NED
3
BEL
3
DDR
-
CZE
-
FIN
-
ULS
-
IOM
-
NAT
-
JPN
-
20 3rd 0
350cc ホンダ GER
-
FRA
3
NED
-
DDR
-
CZE
-
FIN
-
ULS
-
IOM
-
NAT
-
JPN
-
4 15th 0
500cc ホンダ GER
1
NED
1
BEL
NC
DDR
-
CZE
-
FIN
-
ULS
-
IOM
-
NAT
-
16 5th 2

† 日本GPの350ccクラスはチャンピオンシップ対象外

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.motogp.com/ja/Results+Statistics/Statistics/statsearch/
  2. ^ http://racingmemo.free.fr/