ポル・エスパルガロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はエスパルガロ第二姓(母方の)はビジャです。
ポル・エスパルガロ
2014年
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1991-06-10) 1991年6月10日(27歳)
カタルーニャ州グラノリェース
現在のチーム レッドブル・KTM
ゼッケン 44
レースでの経歴
ロードレース世界選手権 MotoGPクラス
活動期間2014年2015年
マニファクチャラーヤマハ
チャンピオン0
2015年 順位9位 (114 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
36 0 0 0 0 250
ロードレース世界選手権 Moto2クラス
活動期間2011年2013年
マニファクチャラーFTR, カレックス
チャンピオン1 (2013年)
2013年 順位1位 (265 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
51 10 23 14 10 609
ロードレース世界選手権 125ccクラス
活動期間2006年2010年
マニファクチャラーデルビ, アプリリア
チャンピオン0
2010年 順位3位 (281 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
71 5 21 3 5 708.5

ポル・エスパルガロ・ビジャ (Pol Espargaró i Villà, 1991年6月10日 - ) は、スペインカタルーニャ州グラノリェース出身のオートバイレーサー2006年よりロードレース世界選手権125ccクラスに参戦し、2011年からMoto2クラス、2014年からはMotoGPクラスに参戦する。ロードレース世界選手権Moto2クラス2013年チャンピオン。

兄のアレイシ・エスパルガロもグランプリライダーとして活動している。

経歴[編集]

2010年 ダッチTT

2006年第7戦カタルニアGPにおいて、ロードレース世界選手権125ccクラスにワイルドカード枠でデビューを果たした。そのレースでエスパルガロは13位に入賞し、史上最年少ポイント獲得記録を更新することとなった(15歳と8日)。シーズン終盤には、負傷したアンドレア・イアンノーネの代役としてカンペテーラ・レーシングから6戦に出場する機会を得て、最終戦バレンシアGPでは6位に入る活躍を見せた。またこの年には、スペイン国内のロードレース選手権125ccクラスでチャンピオンを獲得している。

2007年にはカンペテーラ・チームからフル参戦を開始し、第14戦ポルトガルGPで初表彰台(3位)に立つなどの活躍を見せ、シリーズランキング9位でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

2008年デルビワークスマシンを駆ることになった。第7戦カタルニアGPでは自身初のポールポジションを獲得した。決勝レースではツナギの中に蜂が入るトラブルに遭い[1]、初優勝は逃したものの、この時点で自己最高となる2位表彰台に立った。次の第8戦イギリスGPではプラクティス中の転倒で鎖骨を骨折し、2戦を欠場することになった。第14戦インディアナポリスGPではポールからスタートしレースをリード、10周目にニコラス・テロルにトップを奪われるが17周目に奪還。しかしその直後に降雨により赤旗レース中断となり、1周前の順位が採用されエスパルガロはまたも2位に終わった[2]。結局この年のシリーズランキングは、前年と同じ9位に終わった。

2009年はデルビで2年目のシーズンを迎えた。第12戦インディアナポリスGPブラッドリー・スミスとのトップ争いを制し、前年の雪辱を果たしてグランプリ初優勝を遂げた[3]。その後第14戦ポルトガルGPで2勝目を挙げ、年間シリーズランキングでは4位と大きく成績を伸ばした。

2010年、エスパルガロはデルビに残留し、125ccクラスフル参戦4年目のシーズンを戦った[4]第2戦スペインGP第3戦フランスGP第13戦アラゴンGPと3勝を挙げ、シーズン終盤までマルク・マルケスニコラス・テロルの2人とチャンピオン争いを展開、年間ランキング3位を記録した。

2011年シーズン、ポルはルカ・ボスコスクーロ率いるスピードアップ・チームからMoto2クラスにステップアップする。この年は兄のアレイシもMotoGPクラスからMoto2に移ったため、同クラスへの兄弟参戦が実現した[5]2013年にはMoto2クラスで初の年間タイトルを獲得。

2014年よりMotoGPクラスにステップアップしテック3所属となる。2015年2016年はシーズン途中にヤマハ・ファクトリー・レーシングチームから鈴鹿8時間耐久ロードレースにも参戦し、2015年は中須賀克行ブラッドリー・スミス、2016年は中須賀とアレックス・ローズでトリオを組んで出場し2年連続で優勝している[6][7]

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

シーズン クラス 車両 チーム 出走数 勝利数 表彰台数 PP FL ポイント ランキング
2006年 125cc デルビ Campetella Racing Junior/Racc Derbi 7 0 0 0 0 19 20位
2007年 125cc アプリリア・RS125R Belson Campetella Racing 17 0 1 0 0 110 9位
2008年 125cc デルビ Belson Derbi 14 0 3 2 1 124 9位
2009年 125cc デルビ Derbi Racing Team 16 2 5 1 1 174.5 4位
2010年 125cc デルビ Derbi Tuenti Racing 17 3 12 0 3 281 3位
2011年 Moto2 FTR-ホンダ HP Tuenti Speed Up 17 0 2 0 1 75 13位
2012年 Moto2 カレックス-ホンダ Pons HPTuenti40 17 4 11 8 5 269 2位
2013年 Moto2 カレックス-ホンダ Pons HPTuenti40 17 6 10 6 4 265 1位
2014年 MotoGP ヤマハ・YZR-M1 モンスター・テック3 18 0 0 0 0 136 6位
2015年 MotoGP ヤマハ・YZR-M1 モンスター・テック3 18 0 0 0 0 114 9位
合計 149 15 44 17 15 1517.5
クラス シーズン 初GP 初表彰台 初勝利 出走数 勝利数 表彰台数 PP FL ポイント タイトル
125 cc 2006–2010 2006年カタルーニャGP 2007年ポルトガルGP 2009年インディアナポリスGP 71 5 21 3 5 708.5 0
Moto2 2011–2013 2011年カタールGP 2011年インディアナポリスGP 2012年スペインGP 51 10 23 14 10 609 1
MotoGP 2014–2015 2014年カタールGP 27 0 0 0 0 200 0
合計 2006–現在 149 15 44 17 15 1517.5 1
  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 シリーズ順位 ポイント
2006年 125cc デルビ SPA QAT TUR CHN FRA ITA CAT
13
NED GBR GER --- CZE
Ret
MAL
14
AUS
16
JPN
19
POR
12
VAL
6
20位 19
2007年 125cc アプリリア QAT
7
SPA
4
TUR
11
CHN
9
FRA
11
ITA
9
CAT
5
GBR
Ret
NED
11
GER
Ret
--- CZE
6
SMR
5
POR
3
JPN
Ret
AUS
11
MAL
Ret
VAL
10
9位 110
2008年 125cc デルビ QAT
8
SPA
14
POR
13
CHN
4
FRA
4
ITA
3
CAT
2
GBR
DNS
NED GER
17
--- CZE
8
SMR
Ret
IND
2
JPN
Ret
AUS
5
MAL
6
VAL
DNS
9位 124
2009年 125cc デルビ QAT
4
JPN
3
SPA
7
FRA
Ret
ITA
4
CAT
Ret
NED
9
--- GER
5
GBR
10
CZE
5
IND
1
SMR
Ret
POR
1
AUS
4
MAL
3
VAL
3
4位 174.5
2010年 125cc デルビ QAT
4
SPA
1
FRA
1
ITA
3
GBR
2
NED
3
CAT
3
GER
Ret
--- CZE
2
IND
3
SMR
6
ARA
1
JPN
4
MAL
2
AUS
2
POR
10
VAL
2
3位 281
2011年 Moto2 FTR QAT
22
SPA
20
POR
6
FRA
13
CAT
16
GBR
Ret
NED
Ret
ITA
28
GER
13
--- CZE
16
IND
2
RSM
9
ARA
14
JPN
15
AUS
5
MAL
3
VAL
14
13位 75
2012年 Moto2 カレックス QAT
3
SPA
1
POR
2
FRA
6
CAT
Ret
GBR
1
NED
Ret
GER
4
ITA
2
--- IND
2
CZE
3
RSM
2
ARA
1
JPN
2
MAL
11
AUS
1
VAL
8
2位 268
2013年 Moto2 カレックス QAT
1
AME
Ret
SPA
3
FRA
20
ITA
4
CAT
1
NED
1
GER
3
--- IND
4
CZE
4
GBR
8
RSM
1
ARA
3
MAL
2
AUS
1
JPN
1
VAL
29
1位 265
2014年 MotoGP ヤマハ QAT
Ret
AME
6
ARG
8
SPA
9
FRA
4
ITA
5
CAT
7
NED
Ret
GER
7
IND
5
CZE
Ret
GBR
6
RSM
6
ARA
6
JPN
8
AUS
Ret
MAL
6
VAL
6
6位 136
2015年 MotoGP ヤマハ QAT
9
AME
Ret
ARG
8
SPA
5
FRA
7
ITA
6
CAT
Ret
NED
5
GER
8
IND
7
CZE
8
GBR
Ret
RSM
Ret
ARA
9
JPN
Ret
AUS
8
MAL
9
VAL
5
9位 114

脚注[編集]

外部リンク[編集]

タイトル
先代:
マテオ・ツネス
125ccスペイン選手権チャンピオン
2006
次代:
ステファン・ブラドル
先代:
マルク・マルケス
Moto2クラス世界チャンピオン
2013年
次代:
エステベ・ラバト