マルコ・メランドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルコ・メランドリ
2005 0512 Marco Melandri.jpg
2005年 グレシーニ・ホンダ在籍時
グランプリでの経歴
国籍 イタリアの旗 イタリア
活動期間 1997年 - 2010年
チーム ホンダ, アプリリア, ヤマハ, ドゥカティ, カワサキ
レース数 207
チャンピオン 1
250cc - 2002年
優勝回数 22
表彰台回数 62
通算獲得ポイント 2096
ポールポジション回数 9
ファステストラップ回数 16
初グランプリ 1997年 125cc チェコGP
初勝利 1998年 125cc ダッチTT
最終勝利 2006年 MotoGP オーストラリアGP
最終グランプリ 2010年 MotoGP バレンシアGP
テンプレートを表示

マルコ・メランドリMarco Melandri1982年8月7日 - )は、イタリアラヴェンナ出身のモーターサイクルロードレースライダー。2002年ロードレース世界選手権GP250チャンピオン。同選手権で史上最年少デビュー(15歳と24日)。前・同選手権史上最年少優勝記録保持者(GP125クラス。15歳と324日)。

来歴[編集]

イタリア国内での活躍[編集]

  • 1996年 - ホンダトロフィー125ランキング13位
  • 1997年 - イタリア選手権125チャンピオン
    • ヨーロッパ選手権125ランキング4位
    • ロードレース世界選手権1戦参戦(ホンダ

125cc時代 (1998-1999)[編集]

  • 1998年 - ロードレース世界選手権GP125ランキング3位(ホンダ)
  • 1999年 - ロードレース世界選手権GP125ランキング2位(ホンダ)

250cc時代 (2000-2002)[編集]

  • 2000年 - ロードレース世界選手権GP250ランキング5位(アプリリア )
  • 2001年 - ロードレース世界選手権GP250ランキング3位(アプリリア)
  • 2002年 - ロードレース世界選手権250チャンピオン(アプリリア)

MotoGP時代 (2003-2010)[編集]

2003年シーズンより満を持してMotoGPクラスにステップアップし、当初はヤマハに2年間所属したものの大きな成績を上げられなかったが、2005年よりホンダに移籍すると初勝利を含む2勝を上げランキング2位に躍進し、翌年以降もトップ争いに絡む実力を発揮した。

2008年にはドゥカティ・ワークスに移籍しトップライダーとして期待されたが、デスモセディチGP8を乗りこなす事ができずシーズン17位に低迷してしまい、シーズン中盤にはカワサキへの移籍契約を結んだ。

しかし2008年シーズン終了後にカワサキがMotoGPからの撤退を発表し、メランドリはシート喪失の危機に見舞われたが、それでもMotoGPへの出場を熱望し続けたことにより、MotoGP主催のドルナ社による働きかけもあり、カワサキはハヤテ・レーシングとして1台体制ながら存続することになり、メランドリは希望通り継続参戦できることになった。

迎えた2009年シーズンは勝利こそ挙げられなかったものの、第4戦フランスGPではスタート直後からの降雨によるレインコンディションでのマシン交換のさいにタイミングを計って上位に進出し、そのまま2位でフィニッシュして表彰台に上がる大健闘を見せると、その後も安定した成績を残しシーズンを10位で終えた。この実績が認められて2010年シーズンのホンダ復帰をすんなり決定させグレシーニ・レーシングに所属し2010年シーズンに挑んだが、昨年と同じく10位にとどまり最高位は5位であった。

スーパーバイク世界選手権 (2011-)[編集]

2011年スーパーバイク世界選手権にヤマハワークスチームから参戦し、初参戦ながらランキング2位を獲得した。

2012年は前年限りで選手権から撤退したヤマハからBMWワークスへと移籍し、スーパーバイク2年目のシーズンを戦った。第5戦ドニントン・パークラウンドのレース1で優勝し、参戦4年目のBMWに念願の初優勝をもたらすなど、6度の優勝を飾り総合3位だった。BMWはこの年限りでワークスチームを撤退させ、BMWモトラッド・イタリアにワークス活動を引き継ぐことを発表した[1]

2013年はワークス活動を引き継ぐBMWモトラッド・イタリアが運営するチームからの参戦となった。メランドリは3度の優勝を獲得し、総合4位でシーズンを終えた。BMWは前年の自社ワークスチーム撤退に続き、BMWモトラッド・イタリアの撤退を決めたため、BMWのスーパーバイクでのワークス活動はこの年で終了した[2]

2014年アプリリアに移籍してスーパーバイク世界選手権に参戦する[3]

戦績[編集]

  • 2003年 - ロードレース世界選手権MotoGPランキング15位(フォルトゥナ・ヤマハ・テック3)
  • 2004年 - ロードレース世界選手権MotoGPランキング12位(フォルトゥナ・ゴロワーズ・テック3ヤマハ)
  • 2005年 - ロードレース世界選手権MotoGPランキング2位 2勝〔トルコ、バレンシア〕(テレフォニカ・モビスター・ホンダグレシーニ)
  • 2006年 - ロードレース世界選手権MotoGPランキング4位 3勝〔トルコ、フランス、オーストラリア〕(フォルトゥナ・ホンダ・グレシーニ)
  • 2007年 - ロードレース世界選手権MotoGPランキング5位(ホンダ・グレシーニ)
  • 2008年 - ロードレース世界選手権MotoGPランキング17位(ドゥカティ・チーム)
  • 2009年 - ロードレース世界選手権MotoGPランキング10位(ハヤテ・レーシング・チーム/カワサキ・ZX-RR
  • 2010年 - ロードレース世界選手権MotoGPランキング10位(グレシーニ・レーシング・チーム/ホンダ)
  • 2011年 - スーパーバイク世界選手権ランキング2位(ヤマハ・ワールドスーパーバイク・チーム)
  • 2012年 - スーパーバイク世界選手権ランキング3位(BMW Motorrad Motorsport)
  • 2013年 - スーパーバイク世界選手権ランキング4位(BMW Motorrad Goldbet SBK)

関連項目[編集]

  • スコット・レディング - メランドリが10年間保持したロードレース選手権史上最年少優勝記録を2008年に塗り替えた。

外部リンク[編集]

参照[編集]