イギリスグランプリ (ロードレース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリスグランプリ
Silverstone circuit.svg
ロードレース世界選手権
開催地 シルバーストン・サーキット (1977–1986, 2010–2017; 2019–)
ドニントン・パーク (1987–2009)
初開催 1977年
最多勝利
(ライダー)
イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ (8)
最多勝利
(マニファクチャー)
日本の旗 ホンダ (42)

イギリスグランプリ(イギリスGP、British Grand Prix )は、ロードレース世界選手権の一戦としてイギリスで開催されるオートバイレースのイベントである。

概要[編集]

元々はイギリス領内で開催される世界選手権としては、伝統あるマン島TTレースロードレース世界選手権のスタート以来カレンダーに組み込まれていた。しかし、公道を使ったレースであるマン島は、年々マシンの性能が向上してスピードが上がるにつれてそのコースの危険性がクローズアップされ、1970年代に入ってからはジャコモ・アゴスチーニフィル・リードといった当時の有力ライダーたちからの批判を浴びていた。そして、次第にトップライダーたちからボイコットされる傾向が強まっていたマン島は、ついに1977年、世界選手権のカレンダーから外されてしまう。その年、マン島に代わって急遽シルバーストンで開催されたのがイギリスGPである。

以降イギリスGPはシルバーストンを開催地としてきたが、1987年、それまで各地で開催されていたF1イギリスGPの開催地がシルバーストンに固定されるのと入れ替わるような形で、2輪のイギリスGPは舞台をドニントン・パークに移した。

2010年からは再びシルバーストンに開催地が戻った。以前の高速コースとは大きく異なる「アリーナ」と呼ばれるレイアウトが使用されている。

2018年は新しくなった路面による水はけの悪さが原因で、決勝レースが中止になった[1]

イギリスGPの歴代優勝者[編集]

サーキット 50cc 125cc 250cc 350cc 500cc 結果
1977 シルバーストン イタリアの旗 P.コンフォルティ 南アフリカの旗 K.バリントン 南アフリカの旗 K.バリントン アメリカ合衆国の旗 P.ヘネン 詳細
1978 シルバーストン スペインの旗 A.ニエト ドイツの旗 A.マンク 南アフリカの旗 K.バリントン アメリカ合衆国の旗 K.ロバーツ 詳細
1979 シルバーストン スペインの旗 A.ニエト 南アフリカの旗 K.バリントン 南アフリカの旗 K.バリントン アメリカ合衆国の旗 K.ロバーツ 詳細
1980 シルバーストン イタリアの旗 L.レジアーニ 南アフリカの旗 K.バリントン ドイツの旗 A.マンク アメリカ合衆国の旗 R.マモラ 詳細
1981 シルバーストン スペインの旗 A.ニエト ドイツの旗 A.マンク ドイツの旗 A.マンク オランダの旗 J.ミドルブルグ 詳細
1982 シルバーストン スペインの旗 A.ニエト ドイツの旗 M.ウィマー フランスの旗 J.F.バルデ イタリアの旗 F.ウンチーニ 詳細
1983 シルバーストン スペインの旗 A.ニエト フランスの旗 J.ボレー アメリカ合衆国の旗 K.ロバーツ 詳細
サーキット 80cc 125cc 250cc 350cc 500cc 結果
1984 シルバーストン スペインの旗 A.ニエト フランスの旗 C.サロン アメリカ合衆国の旗 R.マモラ 詳細
1985 シルバーストン ドイツの旗 A.アウインガー ドイツの旗 A.マンク アメリカ合衆国の旗 F.スペンサー 詳細
1986 シルバーストン イギリスの旗 I.McConnachie ドイツの旗 A.アウインガー フランスの旗 D.サロン オーストラリアの旗 W.ガードナー 詳細
1987 ドニントン スペインの旗 J.マルチネス イタリアの旗 F.グレシーニ ドイツの旗 A.マンク アメリカ合衆国の旗 E.ローソン 詳細
1988 ドニントン イタリアの旗 E.ジャノーラ イタリアの旗 L.カダローラ アメリカ合衆国の旗 W.レイニー 詳細
1989 ドニントン オランダの旗 H.スパーン スペインの旗 S.ポンス アメリカ合衆国の旗 K.シュワンツ 詳細
サーキット 125cc 250cc 500cc 結果
1990 ドニントン イタリアの旗 ロリス・カピロッシ イタリアの旗 ルカ・カダローラ アメリカ合衆国の旗 ケビン・シュワンツ 詳細
1991 ドニントン イタリアの旗 ロリス・カピロッシ イタリアの旗 ルカ・カダローラ アメリカ合衆国の旗 ケビン・シュワンツ 詳細
1992 ドニントン イタリアの旗 ファウスト・グレシーニ イタリアの旗 ピエールフランチェスコ・キリ オーストラリアの旗 ワイン・ガードナー 詳細
1993 ドニントン ドイツの旗 ダーク・ラウディス フランスの旗 ジャン=フィリップ・ルジア イタリアの旗 ルカ・カダローラ 詳細
1994 ドニントン 日本の旗 辻村猛 イタリアの旗 ロリス・カピロッシ アメリカ合衆国の旗 ケビン・シュワンツ 詳細
1995 ドニントン 日本の旗 坂田和人 イタリアの旗 マックス・ビアッジ オーストラリアの旗 ミック・ドゥーハン 詳細
1996 ドニントン イタリアの旗 ステファノ・ペルジーニ イタリアの旗 マックス・ビアッジ オーストラリアの旗 ミック・ドゥーハン 詳細
1997 ドニントン イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ ドイツの旗 ラルフ・ウォルドマン オーストラリアの旗 ミック・ドゥーハン 詳細
1998 ドニントン 日本の旗 坂田和人 イタリアの旗 ロリス・カピロッシ ニュージーランドの旗 サイモン・クラファー 詳細
1999 ドニントン 日本の旗 東雅雄 イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ スペインの旗 アレックス・クリビーレ 詳細
2000 ドニントン 日本の旗 宇井陽一 ドイツの旗 ラルフ・ウォルドマン イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ 詳細
2001 ドニントン 日本の旗 宇井陽一 日本の旗 加藤大治郎 イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ 詳細
サーキット 125cc 250cc MotoGP 結果
2002 ドニントン フランスの旗 アルノー・ヴァンサン イタリアの旗 マルコ・メランドリ イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ 詳細
2003 ドニントン スペインの旗 エクトル・バルベラ スペインの旗 フォンシ・ニエト イタリアの旗 マックス・ビアッジ 詳細
2004 ドニントン イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ スペインの旗 ダニ・ペドロサ イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ 詳細
2005 ドニントン スペインの旗 フリアン・シモン フランスの旗 ランディ・ド・プニエ イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ 詳細
2006 ドニントン スペインの旗 アルバロ・バウティスタ スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ スペインの旗 ダニ・ペドロサ 詳細
2007 ドニントン イタリアの旗 マティア・パシーニ イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー 詳細
2008 ドニントン イギリスの旗 スコット・レディング フィンランドの旗 ミカ・カリオ オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー 詳細
2009 ドニントン スペインの旗 フリアン・シモン 日本の旗 青山博一 イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ 詳細
サーキット 125cc Moto2 MotoGP 結果
2010 シルバーストン スペインの旗 マルク・マルケス フランスの旗 ジュール・クルーセル スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ 詳細
2011 シルバーストン ドイツの旗 ジョナス・フォルガー ドイツの旗 ステファン・ブラドル オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー 詳細
サーキット Moto3 Moto2 MotoGP 結果
2012 シルバーストン スペインの旗 マーベリック・ビニャーレス スペインの旗 ポル・エスパルガロ スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ 詳細
2013 シルバーストン スペインの旗 ルイス・サロム イギリスの旗 スコット・レディング スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ 詳細
2014 シルバーストン スペインの旗 アレックス・リンス スペインの旗 エステベ・ラバト スペインの旗 マルク・マルケス 詳細
2015 シルバーストン イギリスの旗 ダニー・ケント フランスの旗 ヨハン・ザルコ イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ 詳細
2016 シルバーストン 南アフリカ共和国の旗 ブラッド・ビンダー スイスの旗 トーマス・ルティー スペインの旗 マーベリック・ビニャーレス 詳細
2017 シルバーストン 南アフリカ共和国の旗 アロン・カネト 日本の旗 中上貴晶 イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ 詳細
2018 シルバーストン 開催中止
2019 シルバーストン スペインの旗 マルコス・ラミレス スペインの旗 アウグスト・フェルナンデス スペインの旗 アレックス・リンス 詳細
2020 シルバーストン 新型コロナウイルス感染症の世界的流行のため開催中止
2021 シルバーストン イタリアの旗 ロマーノ・フェナティ オーストラリアの旗 レミー・ガードナー フランスの旗 ファビオ・クアルタラロ 詳細

イギリスGPが開催されたサーキット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ MotoGPイギリスGP決勝レース中止で焦点となった、シルバーストンの新しい路面と水はけの悪さ”. auto sport web (2018年8月27日). 2020年4月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]