アルノー・ヴァンサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルノー・ヴァンサン
グランプリでの経歴
国籍 フランスの旗 フランス
活動期間 1996年-2006年
チーム アプリリア
レース数 131
チャンピオン 125cc - 2002年
優勝回数 7
表彰台回数 19
通算獲得ポイント 794
ポールポジション回数 4
ファステストラップ回数 1
初グランプリ 1996年 125cc フランスGP
初勝利 1999年 125cc カタルニアGP
最終勝利 2002年 125cc マレーシアGP
最終グランプリ 2006年 250cc 日本GP
テンプレートを表示

アルノー・ヴァンサン ( Arnaud Vincent, 1974年11月30日 - ) は、フランスムルト=エ=モゼル県 Laxou 出身のオートバイレーサー2002年ロードレース世界選手権125ccクラスチャンピオン。

経歴[編集]

モトクロスヒルクライムで活動した後、20歳の時にロードレースに転向。1994年と1995年にはフランス国内のロードレース選手権125ccクラスでチャンピオンとなった。

1996年にはフランスGP125ccクラスのレースに、アプリリアのマシンを駆ってワイルドカード枠でデビューを果たす。翌1997年にはロードレースヨーロッパ選手権125ccクラスでチャンピオンを獲得した。

1998年にはロードレース世界選手権125ccクラスにアプリリアを駆ってフル参戦を開始し、シリーズランキング12位でデビューシーズンを終えた。翌1999年は第6戦カタルニアGPでグランプリ初優勝を果たしシリーズ7位、2000年シーズンも同じく1勝を挙げてシリーズ7位となった。2001年にはマシンをホンダにスイッチしたが、未勝利でシリーズランキング10位に終わった。

2002年にはマシンをアプリリアに戻すと、ヴァンサンは16戦全戦でポイントを獲得し、5勝を含む10回の表彰台に立つ強さを見せ、ディフェンディングチャンピオンのマヌエル・ポジャーリを19ポイント差で破りワールドチャンピオンに輝いた。

2003年には新規参戦となるKTMチームに移籍しタイトル防衛を目指したが、チームメイトのロベルト・ロカテリ共々、開発途上にあったマシンのパフォーマンス不足に苦しむことになった。ヴァンサンはシーズン途中にチームを離脱しアプリリアに乗り換えたが、シリーズランキングは18位に沈んでしまった。

2004年シーズン、ヴァンサンは250ccクラスにステップアップを果たした。アプリリアのマシンを駆った初年度はシリーズ21位、翌2005年は新規参戦のイタリアのメーカーファンティック のマシンに乗ったが、競争力は全くなくノーポイントに終わってしまった。

2006年アリー・モレナー・レーシングに移籍し、ホンダのマシンでシリーズ22位を記録した。ヴァンサンはこのシーズン終了をもってグランプリを去ることになった。

2007年、ヴァンサンはMillet ヤマハチームからスーパースポーツ世界選手権に参戦を目指していたが、資金面の問題から取りやめとなった。結局この年はフランス国内選手権600ccクラスに参戦し、シリーズランキング3位を記録した。

翌2008年シーズンは Gil Motor Sport チームからカワサキ・ニンジャZX-6Rを駆ってスーパースポーツ世界選手権に参戦を果たしたが、結果を残せないままチーム共々シーズン途中で撤退することになってしまった。

2009年シーズンはDuterne Racingチームからフランス国内のスーパーバイク選手権に参戦したが、年間ランキング19位に終わった[1]

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

シーズン クラス バイク 出走 優勝 表彰台 PP ポイント 順位
1996年 125cc アプリリア 1 0 0 0 0 -
1998年 125cc アプリリア 14 0 2 0 72 12位
1999年 125cc アプリリア 16 1 4 2 155 7位
2000年 125cc アプリリア 16 1 2 0 132 7位
2001年 125cc ホンダ 16 0 2 0 94 10位
2002年 125cc アプリリア 16 5 10 2 273 1位
2003年 125cc KTM
アプリリア
15 0 0 0 39 18位
2004年 250cc アプリリア 12 0 0 0 15 21位
2005年 250cc ファンティック 14 0 0 0 0 -
2006年 250cc ホンダ 11 0 0 0 14 22位
合計 131 7 19 4 794

凡例)(太字ポールポジション斜体ファステストラップ

クラス 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1998年 125cc アプリリア JPN
20
MAL
10
SPA
14
ITA
11
FRA
12
MAD
Ret
NED
16
GBR
11
GER
2
CZE
6
IMO
9
CAT
12
AUS
Ret
ARG
7
72 12位
1999年 125cc アプリリア MAL
4
JPN
NC
SPA
10
FRA
2
ITA
5
CAT
1
NED
7
GBR
9
GER
10
CZE
10
IMO
3
VAL
4
AUS
NC
RSA
2
BRA
13
ARG
NC
155 7位
2000年 125cc アプリリア RSA
1
MAL
NC
JPN
8
SPA
8
FRA
5
ITA
8
CAT
4
NED
13
GBR
13
GER
4
CZE
6
POR
3
VAL
10
BRA
NC
PAC
8
AUS
NC
131 7位
2001年 125cc ホンダ JPN
9
RSA
6
SPA
11
FRA
6
ITA
7
CAT
14
NED
2
GBR
18
GER
NC
CZE
NC
POR
10
VAL
18
PAC
NC
AUS
21
MAL
7
BRA
3
94 9位
2002年 125cc アプリリア JPN
1
RSA
2
SPA
2
FRA
4
ITA
9
CAT
11
NED
4
GBR
1
GER
1
CZE
3
POR
1
BRA
2
PAC
15
MAL
1
AUS
4
VAL
2
273 1位
2003年 125cc KTM JPN
Ret
RSA
12
SPA
22
FRA
Ret
ITA
21
CAT
14
NED
Ret
GBR
8
GER
Ret
CZE
39 18位
アプリリア POR
5
BRA
13
PAC
19
MAL
16
AUS
5
VAL
Ret
2004年 250cc アプリリア RSA
13
SPA
8
FRA
Ret
ITA
Ret
CAT
INJ
NED
Ret
BRA
19
GER
Ret
GBR
Ret
CZE
Ret
POR
Ret
JPN
Ret
QAT
INJ
MAL
INJ
AUS
INJ
VAL
12
15 21位
2005年 250cc ファンティック SPA
Ret
POR
Ret
CHN
FRA
DNQ
ITA
Ret
CAT
Ret
NED
24
GBR
Ret
GER
Ret
CZE
18
JPN
Ret
MAL
Ret
QAT
Ret
AUS
Ret
TUR
Ret
VAL
Ret
0 -
2006年 250cc ホンダ SPA
10
QAT
16
TUR
16
CHN
Ret
FRA
15
ITA
Ret
CAT
16
NED
DNQ
GBR
INJ
GER
Ret
CZE
14
MAL
11
AUS
Ret
JPN
DNS
POR
INJ
VAL
INJ
14 22位

脚注[編集]

外部リンク[編集]

motogp.com アルノー・ヴァンサン経歴

先代:
マヌエル・ポジャーリ
125ccクラス世界チャンピオン
2002
次代:
ダニ・ペドロサ