青木治親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青木 治親
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-03-28) 1976年3月28日(40歳)
群馬県北群馬郡子持村
レースでの経歴
ロードレース世界選手権
活動期間 1993年 - 1999年, 2001年 - 2002年
初レース 1993年 オーストラリアGP 125cc
最終レース 2002年 バレンシアGP 250cc
初勝利 1995年 オーストラリアGP 125cc
最終勝利 1996年 ブラジルGP 125cc
チーム ホンダ
チャンピオン 125cc - 1995年, 1996年
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
129 9 20 6 5 901

青木 治親(あおき はるちか、1976年3月28日 - )は、群馬県子持村(現渋川市)出身のオートレース選手川口オートレース場所属)。元ロードレースライダーで1995年・1996年のロードレース世界選手権(WGP)125ccクラスチャンピオン。

兄の青木宣篤(長男)、青木拓磨(次男)もロードレースライダーとして活躍し、治親を含めた三人は「青木三兄弟」として有名な存在である。

略歴[編集]

1982年頃からポケバイを始める。16歳になった1992年にロードレースデビューし、地方選手権で38戦30勝。同年、鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)併催の4時間耐久ロードレース藤原克昭とのコンビで制する。

国際A級特別昇格した1993年に、各国選手権等で上位ランキング獲得者にのみ認められてきたWGPフルエントリーが、この年よりチーム推薦でも認められる制度ができたため、若井伸之の移籍に伴い空いたモトバムから125ccクラスへのフル参戦が実現した。1995年に移籍したアリー・モレナー・レーシングで、1995年・1996年と、2年連続で125ccクラスチャンピオンを獲得。

1997年には250ccクラス、1999年には500ccクラスにステップアップする。2000年にはスーパーバイク世界選手権に転じるが2001年には500ccクラスに復帰し、4気筒勢が大半を占める中、非力な2気筒NSR500Vで、ベストプライベーター賞を獲得。翌年2002年、ワークスマシンNSR250撤退後の次期マシンとなる、RS250RWの先行開発を担い250ccクラスに参戦するも結果に結びつかず、翌年2003年、WGPからの撤退を余儀なくされる。

一方、オートレース日本小型自動車振興会)側では、1999年(27期)の選手募集時より、WGPや全日本ロードレース選手権等で優秀な成績を収めたものに限り年齢制限を28歳以下に緩めるほか(通常は23歳以下)、試験の一部を免除するといった特例枠を設けるようになったことから、オートレースの選手募集は2年に1度しか行われないため当時のルールでは2003年の第29期選手募集が27歳の治親にとって最後のチャンスとなることから(なお現在は年齢制限の上限は撤廃されている)転向を決意した。そしてオートレース選手養成所に第29期生として入学し、翌2004年8月1日にオートレース選手としてデビューした。特例枠で選手となったのは治親が初めてである。

なお2005年には川口オートレース場を所有する川口市のバックアップを受けたオートレース・ハルクプロ(監督は川口オートレース所属選手の森且行)より、現役オートレース選手として初めて鈴鹿8耐に参戦。安田毅史とのペアで総合3位・JSB1000クラス優勝を果たし、ロードレースにおいてもその腕の健在ぶりを見事に見せつけた。

2006年7月19日に川口オートレース場で開催された第30回日刊スポーツキューポラ杯争奪戦でGI初優勝。この優勝は29期生初のGI優勝である。その後も上位クラスであるS級で活躍を続け、2011年6月19日に浜松オートレース場で開催された特別GI共同通信社杯プレミアムカップで5年ぶりとなるGI優勝を果たした。

略歴(ロードレース)[編集]

  • 1982年 - 初めてポケバイに乗る
  • 1983年 - ポケバイレース開始
  • 1986年 - ミニバイクレース開始
  • 1992年 - 鈴鹿4時間耐久ロードレース優勝(藤原克昭)
  • 1993年 - 国際A級特別昇格、ロードレース世界選手権GP125 ランキング14位
  • 1994年 - ロードレース世界選手権GP125 ランキング12位
鈴鹿8時間耐久ロードレース7位(岩橋健一郎 / ウルトラマンパワード桜井ホンダ / RVF/RC45)
  • 1995年 - ロードレース世界選手権GP125 チャンピオン
鈴鹿8時間耐久ロードレースリタイヤ(青木宣篤 / ウルトラマンRT桜井ホンダ / RVF/RC45)
  • 1996年 - ロードレース世界選手権GP125 チャンピオン
鈴鹿8時間耐久ロードレース7位(青木宣篤 / ウルトラマンRT桜井ホンダ / RVF/RC45)
  • 1997年 - ロードレース世界選手権GP250 ランキング8位
鈴鹿8時間耐久ロードレース(鎌田学 / ウルトラマンレーシング / RVF/RC45)
  • 1998年 - ロードレース世界選手権GP250 ランキング6位
鈴鹿8時間耐久ロードレース9位(鎌田学 / ウルトラマンレーシング / RVF/RC45)
  • 1999年 - ロードレース世界選手権GP500 ランキング15位
鈴鹿8時間耐久ロードレース33位(小西良輝 / TSR / AC90M)
  • 2000年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング18位
  • 2001年 - ロードレース世界選手権GP500 ランキング17位
鈴鹿8時間耐久ロードレース13位(前田淳 / CBR900RR)
  • 2002年 - ロードレース世界選手権GP250 ランキング14位
  • 2003年 - 鈴鹿8時間耐久ロードレース7位(出口修 / DDBOYS / CBR954RR)
  • 2005年 - 鈴鹿8時間耐久ロードレース総合3位・JSB1000クラス優勝安田毅史 / オートレース・ハルクプロ / CBR1000RR)

※括弧内はコンビを組んだライダー名。

ロードレース世界選手権[編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
1993年 125cc ホンダ AUS
14
MAL
11
JPN
7
SPA
19
AUT
16
GER
20
NED
Ret
EUR
10
SMR
Ret
GBR
18
CZE
Ret
ITA
13
USA
5
FIM
13
14位 39
1994年 125cc ホンダ AUS
17
MAL
10
JPN
17
SPA
14
AUT
25
GER
NED
12
ITA
9
FRA
12
GBR
13
CZE
19
USA
4
ARG
12
EUR
3
12位 59
1995年 125cc ホンダ AUS
1
MAL
18
JPN
1
SPA
1
GER
1
ITA
1
NED
5
FRA
1
GBR
Ret
CZE
2
BRA
3
ARG
14
EUR
1
1位 224
1996年 125cc ホンダ MAL
2
INA
2
JPN
2
SPA
1
ITA
2
FRA
7
NED
3
GER
3
GBR
8
AUS
NC
CZE
6
IMO
NC
CAT
5
RIO
1
EUR
2
1st 220

選手データ(オートレース)[編集]

  • プロフィール
    • 選手登録 2004年7月26日
    • 身長 178.7cm
    • 体重 65.0kg
    • 血液型 A型
    • 趣味 スノーボード、ドライブ
  • 戦歴
    • 通算優勝回数:12回
    • グレードレース(SG,GI,GII)優勝回数:2回
    • 全国区レース優勝回数:1回(SG0回、プレミアムカップ1回)
    • SG優勝回数:0回
    • GI優勝回数:2回
    • GII優勝回数:0回
  • 受賞歴
    • 最優秀新人選手賞:1回
    • 日刊三賞・敢闘賞:1回
    • 日刊三賞・特別賞:1回
    • 日本プロスポーツ大賞・新人賞:1回

略歴(オートレース)[編集]

  • 2004年 - オートレースデビュー、オートレース最優秀新人賞
  • 2005年 - オートレース新人王
  • 2006年 - 日本プロスポーツ大賞オートレース新人賞受賞第30回日刊スポーツキューポラ杯争奪戦(川口オートレース場)優勝日刊スポーツ第19回オートレース三賞(敢闘賞)受賞
  • 2011年 - 共同通信社杯プレミアムカップ(浜松オートレース場)優勝

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]