サンドロ・コルテセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サンドロ・コルテセ
Sandro Cortese 2011 Brno.jpg
2011年 チェコGP
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1990-01-06) 1990年1月6日(28歳)
出身地 オクセンハウゼン
ウェブサイト sandro-cortese.de
ロードレース世界選手権での記録
- Moto3クラスに参戦 -
現在のチーム インタクト・レーシング・チーム・ジャーマニー
ゼッケン 11
チャンピオン 0
レース数 99
優勝回数 0
表彰台回数 5
PP回数 2
FL回数 5
通算獲得ポイント 511
2010年の成績 7位 (143ポイント)
2010年 カタールGP

サンドロ・コルテセ ( Sandro Cortese, 1990年1月6日 - ) は、ドイツ・オクセンハウゼン出身のオートバイレーサーロードレース世界選手権125ccクラスに参戦中。現在ベルクハイムに在住。

経歴[編集]

キャリア初期[編集]

イタリア系ドイツ人であるコルテセは、4歳のときにモトクロスレースを始める。1999年、9歳のときにはポケットバイクのヨーロッパタイトルを獲得し、2002年にはドイツ国内のミニバイクチャンピオンとなった。2003年には元世界チャンピオンのダーク・ラウディス率いるチームからIDMドイツロードレース選手権125ccクラスにデビューすると、4度ポールポジションを獲得しシリーズランキング4位に入る活躍を見せたが、翌2004年にはシリーズ10位に沈んでしまった[1]

ロードレース世界選手権[編集]

2005年には、キーファー・ボス・カストロール・ホンダチームからロードレース世界選手権125ccクラスにデビューを果たした。初年度は3戦で14位に入ったのが最高位で、シリーズランキングは26位に留まった。

2006年、コルテセはエリー・カフェラテチームに移籍し、前年度のチャンピオントーマス・ルティのチームメイトを務めることとなった。マシンは前年と同じくホンダ・RS125Rを駆り、第16戦ポルトガルGPで最高位となる10位を記録、シリーズ17位と成績を着実に伸ばした。

2007年シーズン、チームメイトのルティは250ccクラスに移り、チームは「エミ・カフェラテ」に改名。125ccクラスでは1台体制となったコルテセはマシンをアプリリアに変更した。開幕前のスペインでのテストでは、ホンダとはマシン特性が全く違うことに気付いたが、コルテセは進歩を続けて、7位を最高位にトップ10圏内でのフィニッシュを何度も重ね、66ポイントの獲得でシリーズ14位を記録した。

前年の活躍が評価され、2008年にはファクトリーマシンのアプリリア・RSA125が与えられた。シーズン序盤は若干苦戦したものの、第6戦イタリアGPで8位に入って以降は、全てのレースで1ケタ順位でのフィニッシュを成し遂げた。第16戦オーストラリアGPではレースをリード中に転倒したものの、復帰して6位でフィニッシュ、第17戦マレーシアGPでは予選18番手からのスタートになったものの、ファステストラップを叩き出してこのシーズン最高位となる4位に入賞した。結局このシーズン、コルテセは125ccクラスライダー中唯一となる全戦完走を達成し、第4戦中国GP以外ではポイントを獲得、シリーズランキング8位に入る活躍を見せた。

2009年シーズンは、前年にチャンピオンのマイク・ディ・メッリオを輩出したフィンランドアジョ・モータースポーツチームに移籍し、ドミニク・エガーターをチームメイトにデルビ・RSA125(同じピアジオ傘下のアプリリアと同じマシン)を駆ることになった。開幕戦カタールGPで自身初の表彰台(3位)に立ち、第7戦ダッチTTでは初のポールポジションを獲得、第14戦ポルトガルGPではブラッドリー・スミスと優勝争いを展開して2位表彰台を獲得するなどの活躍を見せ、シリーズ6位を記録した。

2010年、コルテセはアジョに残留し、前年一杯でGPから撤退したKTMワークスに所属していたマルク・マルケスをチームメイトに迎えた。マルケスがシーズン10勝を挙げてチャンプに輝いた一方、コルテセはトップから離れた第二集団でのレースが多く、表彰台獲得は第8戦地元ドイツGPでの3位と第11戦インディアナポリスGPでの2位の2度に留まり、年間ランキングは前年から1つ落として7位に終わった。

2011年シーズンはレーシング・チーム・ジャーマニーに移籍、グランプリ7年目のシーズンを迎える[2]。2005年のデビュー以来、コルテセは1戦も欠場することなく参戦を続けており、2011年の開幕戦で100戦目となる。

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

シーズン クラス チーム メーカー マシン 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
2005年 125cc ドイツの旗 キーファー・ボス・カストロール・ホンダ ホンダ RS125R 16 0 0 0 0 8 26位
2006年 125cc チェコの旗 エリー・カフェラテ ホンダ RS125R 16 0 0 0 0 23 17位
2007年 125cc チェコの旗 エミ・カフェラテ アプリリア RS125 17 0 0 0 0 66 14位
2008年 125cc チェコの旗 エミ・カフェラテ アプリリア RSA125 17 0 0 0 1 141 8位
2009年 125cc フィンランドの旗 アジョ・インターウェッテン デルビ RSA125 16 0 3 1 2 130 6位
2010年 125cc フィンランドの旗 アジョ・モータースポーツ デルビ RSA125 17 0 2 1 2 143 7位
2011年 125cc ドイツの旗 インパクト・レーシング・チーム・ジャーマニー アプリリア RSA125
合計 99 0 5 2 5 511

脚注[編集]

  1. ^ http://www.motograndprix.de/index.php?page=4&fahrerID=147&navid=3
  2. ^ http://www.racing-team-germany.de/News-Detailansicht.24+M57d46b3008d.0.html

外部リンク[編集]