ドミニク・エガーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドミニク・エガーター
Dominique Aegerter 2011 Estoril.jpg
2011年 ポルトガルGP
国籍 スイスの旗 スイス
生年月日 (1990-09-30) 1990年9月30日(27歳)
出身地 ロールバッハ
ロードレース世界選手権での記録
- Moto2クラスに参戦 -
現在のチーム テクノマグ・カーエキスパート
ゼッケン 77
チャンピオン 0
レース数 114
優勝回数 0
表彰台回数 2
PP回数 0
FL回数 0
通算獲得ポイント 508.5
2012年の成績 8位 (110ポイント)

ドミニク・エガーター[1] ( Dominique Aegerter, 1990年9月30日 - ) は、スイス・ロールバッハ出身のオートバイレーサー。現在ロードレース世界選手権Moto2クラスに参戦中。

経歴[編集]

キャリア初期[編集]

5歳のときからモトクロスレースを始める[2]。その後ロードレースに転向し、2003年にはドイツADACプロ・ジュニアカップ(125cc)でシリーズランキング7位を記録した[3]

2004年にはドイツロードレース選手権(IDM)125ccクラスにステップアップを果たし、初年度はシリーズ15位、2005年はシリーズ9位、2006年にはシリーズ2位と成績を伸ばしていった[3]

ロードレース世界選手権125ccクラス[編集]

ロードレース世界選手権125ccクラスには、2006年シーズンの終盤にマルチメディア・レーシングより同郷のヴァンサン・ブライヤールの代役として2戦に出場したのがデビューとなった。

2007年より同チームよりフル参戦を開始した。ラファエレ・デ・ロサシモーネ・グロツキーをチームメイトに戦ったこの年は、ウェットレースとなった第15戦日本GPで11位に入ったのがベストリザルトとなり、シリーズランキング23位を記録した。

2008年にはアジョ・モータースポーツに移籍、チームメイトはこの年のチャンピオンとなるマイク・ディ・メッリオだった。ディ・メッリオがファクトリー仕様デルビRSA125を駆った一方、エガーターに与えられたのはカスタマー仕様のRSW125だったが、3度8位に入ったのがベストリザルトとなり、シリーズ16位と成績を伸ばした。

2009年もアジョに残留。チームメイトにサンドロ・コルテセを迎え、このシーズンは2人ともにRSA125が与えられた。エガーターはウェットレースとなった第4戦フランスGPでベストリザルトの6位を記録、全レースを完走する安定度を見せてシリーズ13位に入った。

Moto2クラス[編集]

2010年 イギリスGP

2010年シーズン、エガーターは250ccクラス後継のMoto2クラスに、テクノマグCIPチームから富沢祥也のチームメイトとしてデビューを果たした。全17戦中16戦で完走、うち12戦でポイントを獲得し、シリーズランキング15位で中量級初年度を終えた。第12戦サンマリノGPでは富沢の事故死という悲劇がチームに訪れたが、エガーターは次戦の第13戦アラゴンGPでシーズン自己ベストの7位に入賞する健闘を見せた。終盤にはスタートの強さを見せ(第16戦オーストラリアGPの14台抜き、第15戦マレーシアGPの8台抜きなど)、後方のグリッドからポイント圏内へ進出するレースも多かった。

2011年もチームに残留し、クラス2年目のシーズンを迎える。チームメイトは前年度末から富沢の後任となった、トルコのケナン・ソフォーグルが務めた[4]。シーズン序盤は積極的に上位を走行するソフォーグルと比較するとやや速さでは劣ったが、エガーター自身も第3戦ポルトガルGPで4位に入るなど着実に結果を残していった。最終戦バレンシアGPではレースを通して表彰台争いを演じ続け、自身グランプリ初の表彰台となる3位を獲得。このシーズン、エガーターは17戦中16戦で完走する高い安定感を見せ、シリーズランキングは8位に進出した。

2012年もチームに残留。チームメイトはソフォーグルに代わり、ロベルト・ロルフォ(後に小山知良)が務めた。クラス3年目を迎えたこのシーズンは、いわゆる中堅層としてのポジションを確立させ、昨年以上の安定感を発揮した。エガーターはこのシーズン、クラスにおいて唯一全レースを完走したライダーとなり、17戦中16戦でポイントを獲得、シリーズランキングも昨年に続き8位に入った。

2013年もチームに残留し、クラス4年目のシーズンを迎える。チームメイトは同じスイス人ライダーのランディ・クルメナッハが務めることとなった。

エピソード[編集]

  • 世界選手権にデビューしてから、長髪がトレードマークとなっていたが、「表彰台を獲得した暁には、断髪式を行いたい」と宣言していた。2011年のバレンシアGPで望みが叶い表彰台に上がると、公約通りにパルクフェルメ内にて、断髪式が行われた。また同GPでは、2位に入っていたミカ・カリオと表彰台のポジションが逆になってしまうハプニングが起きた(エガーターの出身国であるスイス国旗とカリオの出身国であるフィンランド国旗が、互いのポジションと逆の所に掲げられてしまっていたため)。
  • Moto2クラスにおける連続ポイント獲得記録を保持しており、現在も記録の更新を続けている(2013年シーズン第17戦終了時点)。また、2011年のカタルニアGP以降リタイアがなく、連続完走の記録は40戦に到達した。
  • 連続ポイント獲得記録更新がかかるレースが続く中、2013年の第17戦日本GPでは、オープニングラップに発生した多重クラッシュの混乱の中で、エガーターも他者に接触され転倒。レース自体は前述の多重クラッシュで赤旗中断となり、マシンのダメージも少なかったものの、エガーターは転倒の際に肩を脱臼していた。だが再スタートまでの時間に、マシンの修復とメディカルセンターでの肩の修復を済ませ、再出走に成功。レギュレーションにより最後尾の33番手スタートとなったにも関わらず、果敢な追い上げで8位まで挽回、記録の継続更新に成功した。

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

シーズン クラス チーム バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
2006年 125cc イタリアの旗 マルチメディア・レーシング アプリリア 2 0 0 0 0 0 -
2007年 125cc イタリアの旗 マルチメディア・レーシング アプリリア 17 0 0 0 0 7 23位
2008年 125cc フィンランドの旗 アジョ・モータースポーツ デルビ 17 0 0 0 0 45 16位
2009年 125cc フィンランドの旗 アジョ・インターウェッテン デルビ 16 0 0 0 0 70.5 13位
2010年 Moto2 フランスの旗 テクノマグCIP スッター 17 0 0 0 0 74 15位
2011年 Moto2 フランスの旗 テクノマグCIP スッター 17 0 1 0 0 94 8位
2012年 Moto2 フランスの旗 テクノマグCIP スッター 17 0 0 0 0 110 8位
2013年 Moto2 フランスの旗 テクノマグ・カーエキスパート スッター 16 0 1 0 0 151 現在5位*
Total 119 0 2 0 0 551.5
  • 第17戦終了時点

脚注[編集]

外部リンク[編集]