フォワード・レーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォワード・レーシング
2015年
チーム名
アシーナ・フォワード・レーシング
本拠地 スイスの旗 アグノ, スイス
代表 ジョヴァンニ・クザリ
ライダー MotoGP:
6. ドイツの旗 ステファン・ブラドル
76. フランスの旗 ロリス・バズ
Moto2:
3. イタリアの旗 シモーネ・コルシ
7. イタリアの旗 ロレンツォ・バルダッサーリ
マシン フォワード-ヤマハ (MotoGP)
カレックス (Moto2)
タイヤ MotoGP - ブリヂストン
Moto2 - ダンロップ
ライダーズ
チャンピオン
-

フォワード・レーシング (Forward Racing) は、スイスを拠点とするレーシングチーム。2015年はMotoGPとMoto2に参戦している。

歴史[編集]

チームはハヤテ・レーシングチームとして2009年からMotoGPクラスでの活動を始める。これはカワサキのファクトリーチームが2008年秋のリーマン・ショックに端を発する世界同時不況の影響によりMotoGPより撤退し、そのスタッフが再結集して規模を縮小したチームであった[1]。マシンはカワサキ・ニンジャZX-RRを使用し、マルコ・メランドリの一台体制で参戦する。

カワサキは2009年3月にマシンの新しいパーツを開発するのを停止した。これは、2009年シーズンの残りにおいてカワサキがマシン開発やメンテナンスに関与するのは非常に限られた物になるのを意味した[2]。こういった状況にも関わらず、メランドリは5月に行われたフランスGPにおいて顕著な成績を達成している[3]

2010年シーズン、チームはフォワード・レーシングとしてMoto2クラスに参戦した。ライダーはジュール・クルーセルクラウディオ・コルティが起用され、マシンはスッター・MMXを採用した。クルーセルはイギリスGPで優勝し、ランキング7位となった。コルティも同GPでポールポジションを獲得したが、彼のベストリザルトはミザノにおける9位であった。2011年シーズンはクルーセルとアレックス・バルドリーニを起用したが、バルドリーニは後にラファエレ・デ・ロサと交代した。最高成績はイギリスGPにおけるクルーセルの4位であった。

チームは2012年シーズン、MotoGPクラスに復帰、コーリン・エドワーズを起用してクレーミング・ルール・チームとして参戦する[4]。マシンはスッター製のシャシーにBMW製エンジンを搭載したスッター・MMXIであった[5]

Moto2クラスではアレックス・デ・アンジェリス高橋裕紀を起用した[6][7]。マシンは開幕戦からスッターを使用したが、第6戦からFTRへスイッチした。マシンの変更後マレーシアGPでデ・アンジェリスが優勝している。

2013年シーズン、チームはMotoGPクラスの体制を拡大、2台体制となりエドワーズに加えてクラウディオ・コルティを起用し、カワサキ製エンジンを搭載したFTR製マシンで参加した。Moto2クラスではシモーネ・コルシマティア・パシーニアレックス・デ・アンジェリスリカルド・カルダスの4名を起用、スピードアップ製のマシンを採用した。

2014年シーズン、チームはコーリン・エドワーズとアレイシ・エスパルガロを起用しMotoGPクラスのオープンカテゴリーに参戦した。マシンはヤマハが供給したYZR-M1のエンジンをFTR製のフレームに搭載した物を使用する予定でいたが、シーズンが始まるとヤマハからYZR-M1のエンジン-フレーム-スイングアームのパッケージの供給を受け[8]、残りの部分にFTR製のパーツを使用したマシンを投入することとなった。第5戦のイタリアGPからエドワーズはハリス・パフォーマンス製の新フレームを使用する[9]。エスパルガロはヤマハ製のフレームを継続して使用したが、オランダGPでポールポジションを獲得、アラゴンGPでは2位に入賞し、ランキング7位でシーズンを終えた。

Moto2クラスでは再び2台体制となり、パシーニとコルシを起用した。チームは2013年スペックのカレックスフレームを自身で改良し、フォワード・KLXとして投入した[10]。第5戦でチームはカレックス製のマシンにチェンジする[11]。新フレームのマシンでコルシは表彰台に2度上ったが、シルバーストンでクラッシュしてシーズンを終えた。負傷したコルシに代わってスーパースポーツ世界選手権チャンピオンのフローリアン・マリノが起用された。

2015年シーズン、チームはヤマハとのパートナーシップを更新し、2台のYZR-M1のエンジン-フレーム-スイングアームのパッケージ供給を受け、自社製シャシー開発プロジェクトを断念した[12]

GP戦績[編集]

クラス チーム名 車両 ライダー 出走数 勝利数 表彰台数 PP FL ポイント 順位
2009年 MotoGP ハヤテ・レーシングチーム カワサキ・ZX-RR イタリアの旗 マルコ・メランドリ 17 0 1 0 0 108 10位
2010年 Moto2 フォワード・レーシング スッター・MMX フランスの旗 ジュール・クルーセル 17 1 2 0 1 106 7位
イタリアの旗 クラウディオ・コルティ 17 0 0 1 0 20 25位
イタリアの旗 フェルッチオ・ランボルギーニ[注釈 1] 1 (5) 0 0 0 0 0 NC
2011年 Moto2 NGM フォワード・レーシング スッター・MMXI フランスの旗 ジュール・クルーセル 17 0 0 0 0 41 21位
イタリアの旗 アレックス・バルドリーニ[注釈 2] 10 (14) 0 0 0 0 18 27位
イタリアの旗 ラファエレ・デ・ロサ[注釈 2] 7 (13) 0 0 0 0 0 NC
2012年 MotoGP NGM モバイル・フォワード・レーシング スッター・MMX1 アメリカ合衆国の旗 コーリン・エドワーズ 17 0 0 0 0 27 20位
オーストラリアの旗 クリス・バーミューレン[注釈 3] 1 0 0 0 0 0 NC
Moto2 NGM モバイル・フォワード・レーシング スッター・MMXII

FTR Moto M212

サンマリノの旗 アレックス・デ・アンジェリス 16 1 2 0 1 86 10位
日本の旗 高橋裕紀 17 0 0 0 0 2 30位
イタリアの旗 マティア・パシーニ[注釈 4] 1 0 0 0 0 0 NC
2013年 MotoGP NGM モバイル・フォワード・レーシング FTR-カワサキ アメリカ合衆国の旗 コーリン・エドワーズ 18 0 0 0 0 41 14位
イタリアの旗 クラウディオ・コルティ 18 0 0 0 0 14 19位
Moto2 NGM モバイル・レーシング スピードアップ・SF13 イタリアの旗 シモーネ・コルシ 17 0 1 0 0 108 11位
イタリアの旗 マティア・パシーニ 17 0 0 0 0 58 15位
NGM モバイル・フォワード・レーシング サンマリノの旗 アレックス・デ・アンジェリス 17 0 0 0 0 81 14位
スペインの旗 リカルド・カルダス 17 0 0 0 0 9 23位
2014年 MotoGP NGM フォワード・レーシング フォワード-ヤマハ スペインの旗 アレイシ・エスパルガロ 18 0 1 1 0 126 7位
アメリカ合衆国の旗 コーリン・エドワーズ 10 0 0 0 0 11 22位
サンマリノの旗 アレックス・デ・アンジェリス[注釈 5] 8 0 0 0 0 14 21位
Moto2 NGM フォワード・レーシング フォワード・KLX
カレックス・Moto2
イタリアの旗 シモーネ・コルシ 12 0 2 0 0 100 7位
イタリアの旗 マティア・パシーニ 18 0 0 0 0 35 21位
フランスの旗 フローリアン・マリノ[注釈 6] 6 0 0 0 0 0 NC
脚註
  1. ^ ランボルギーニはサンマリノGPにワイルドカード枠で出走した。
  2. ^ a b バルドリーニは前半10戦に出走し、デ・ロサと交代した。両名ともシーズンの残りを他チームから出走した。
  3. ^ バーミューレンはフランスGPでエドワーズの代役として出走した。
  4. ^ パシーニはバレンシアGPでデ・アンジェリスの代役として出走した。
  5. ^ デ・アンジェリスはチェコGPからエドワーズの代役として出走した。
  6. ^ マリノはサンマリノGPからコルシの代役として出走した。

MotoGP[編集]

(key)

車両 タイヤ ライダー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ポイント 順位
2009年 カワサキ・ZX-RR B QAT JPN SPA FRA ITA CAT NED USA GER GBR CZE IND RSM POR AUS MAL VAL 108 7位
イタリアの旗 マルコ・メランドリ 14 6 5 2 11 14 11 10 7 7 Ret Ret 8 12 7 8 17
2012年 スッター・MMX1 B QAT SPA POR FRA CAT GBR NED GER ITA USA IND CZE RSM ARA JPN MAL AUS VAL 27 13位
アメリカ合衆国の旗 コーリン・エドワーズ 12 16 DNS NC 16 Ret 12 Ret 13 13 13 11 18 13 Ret Ret 14
オーストラリアの旗 クリス・バーミューレン 17
2013年 FTR-カワサキ MGP13 B QAT AME SPA FRA ITA CAT NED GER USA IND CZE GBR RSM ARA MAL AUS JPN VAL 55 9位
アメリカ合衆国の旗 コーリン・エドワーズ Ret Ret 15 16 14 9 17 13 12 13 11 14 12 16 15 12 12 15
イタリアの旗 クラウディオ・コルティ 16 19 17 Ret Ret 12 18 15 Ret 14 Ret 17 16 15 13 17 20 13
2014年 フォワード-ヤマハ B QAT AME ARG SPA FRA ITA CAT NED GER IND CZE GBR RSM ARA JPN AUS MAL VAL 151 7位
アメリカ合衆国の旗 コーリン・エドワーズ 9 Ret 20 Ret 17 15 18 22 20 13
スペインの旗 アレイシ・エスパルガロ 4 9 15 7 9 9 6 4 6 Ret 8 9 Ret 2 11 Ret Ret 7
サンマリノの旗 アレックス・デ・アンジェリス 16 15 14 12 17 9 Ret 18

参照[編集]

  1. ^ “Kawasaki statement in full”. crash.net (Crash Media Group). (2009年1月9日). http://www.crash.net/motogp/news/81744/1/kawasaki_statement_in_full.html 2011年11月21日閲覧。 
  2. ^ “Marco Melandri: I will race the Hayate”. crash.net (Crash Media Group). (2009年3月12日). http://www.crash.net/motogp/news/143925/1/marco_melandri_i_will_race_the_hayate.html 2011年11月21日閲覧。 
  3. ^ “Lorenzo takes dramatic victory at wet-dry Le Mans”. motogp.com (Dorna Sports). (2009年5月17日). http://www.motogp.com/en/news/2009/france+le+mans+motogp+race+lorenzo 2011年11月21日閲覧。 
  4. ^ “Colin Edwards confirms he will leave Tech 3 team at end of the season”. BBC Sport (BBC). (2011年9月2日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/motogp/14769419.stm 2011年9月2日閲覧。 
  5. ^ Birt, Matthew (2011年10月20日). “Colin Edwards to ride Suter/BMW in 2012”. Motor Cycle News (Bauer Media Group). http://www.motorcyclenews.com/MCN/sport/sportresults/MotoGP/2011/October/oct2011-colin-edwards-ride-suter-bmw-2012/ 2011年10月20日閲覧。 
  6. ^ “de Angelis to NGM Forward for Moto2”. crash.net (Crash Media Group). (2011年11月5日). http://www.crash.net/motogp/news/174636/1/de_angelis_to_ngm_forward_for_moto2.html 2011年11月5日閲覧。 
  7. ^ “Moto2: Takahashi goes Forward for 2012”. crash.net (Crash Media Group). (2011年11月18日). http://www.crash.net/motogp/news/175004/1/moto2_takahashi_goes_forward_for_2012.html 2011年11月21日閲覧。 
  8. ^ “Qatar MotoGP: Espargaro sticking with Yamaha frame”. Crash.net (Crash Media Group). (2014年3月20日). http://www.crash.net/motogp/news/201293/1/espargaro-sticking-with-yamaha-frame.html/ 2014年9月22日閲覧。 
  9. ^ “Forward Racing to use new MotoGP chassis at Mugello”. Motomatters.com. (2014年5月22日). http://motomatters.com/news/2014/05/22/forward_to_use_new_motogp_chassis_at_mug.html/ 2014年9月22日閲覧。 
  10. ^ “Moto2: Forward announces new 'KLX' chassis project”. Crash.net (Crash Media Group). (2014年2月13日). http://www.crash.net/motogp/news/200269/1/moto2-forward-announces-new-klx-chassis-project.html 2014年11月12日閲覧。 
  11. ^ “Le Mans Moto2: Forward announces official Kalex deal”. Crash.net (Crash Media Group). (2014年5月15日). http://www.crash.net/motogp/news/204493/1/moto2-forward-announces-official-kalex-deal.html 2014年11月12日閲覧。 
  12. ^ Birt, Matthew (2015年1月15日). “Forward Racing abandons chassis project”. Motor Cycle News (Bauer Consumer Media). http://www.motorcyclenews.com/sport/motogp/2015/january/forward-racing-abandons-chassis-project/ 2015年1月22日閲覧。 

外部リンク[編集]