宇井陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇井陽一
宇井陽一 (2009年 全日本ロードレース選手権 第1戦 GP250レース)
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-11-27) 1972年11月27日(46歳)
千葉県
レースでの経歴
ロードレース世界選手権
活動期間1995年 - 2004年
初レース1995年 日本GP 125cc
最終レース2007年 日本GP 250cc
初勝利2000年 日本GP 125cc
最終勝利2001年 ブラジルGP 125cc
チームヤマハ, デルビ, ジレラ, ハリスWCM
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
133 11 22 17 9 886

宇井 陽一(うい よういち、1972年11月27日 - )は、モーターサイクルロードレーサー

概要[編集]

1995年全日本ロードレース選手権GP125チャンピオン。

マシン開発力があり、1999年よりスペインのモーターサイクルメーカー、デルビのエースライダーを務める。2000年・2001年ロードレース世界選手権(WGP)GP125ランキング2位を獲得。同選手権で22戦連続フロントロー獲得。

世界選手権戦績:優勝11回、2位6回、3位6回、ポールポジション17回、ファステストLAP9回(2008年現在)

125ccは勿論のこと、MotoGP(2004日本GP)、250cc(2007日本GP)の全クラスでポイントを獲得した唯一の日本人である。

ゼッケンナンバーは名前にちなんだ41

略歴[編集]

千葉県香取郡多古町出身。少年時代よりポケバイミニバイクを経験する。

1995年全日本ロードレース選手権GP125チャンピオンを獲得。翌1996年にヤマハ・クルツよりロードレース世界選手権GP125フル参戦開始。

スペインのモーターサイクルメーカーのデルビはWGP復帰に伴い、当時チームクルツに在籍したハラルド・バートルにマシン開発を依頼する。宇井のライダーとしての能力とマシン開発能力を高く評価していたバートルは、宇井と共に移籍という条件でのみ移籍すると答えたという。

その結果、1999年に宇井はエースとして、バートルは開発責任者としてデルビに移籍することとなった。全くの白紙の状態からのマシン作りながら、初年度から宇井は表彰台1回を獲得し、2年目の2000年第3戦日本GP鈴鹿)でデルビの復帰後の初優勝を含む5勝でランキング2位を獲得。

2001年は実質的に同マシン、同チームのマニュエル・ポジアーリ(ポジアーリのマシンメーカー名はデルビと同グループのブランドのジレラである)とのチャンピオン争いとなり、宇井は6勝したがノーポイントレースも多く、3勝のポジアーリに次ぐランキング2位となる。2002年もデルビより参戦。

2003年はステルガルダ・レーシングチーム(アプリリア)に移籍。しかしシーズン中盤に解雇されてしまう。その直後のレースより実質的な古巣であるジレラより参戦する。

2004年にアブルッツォ・レーシング(アプリリア)に移籍するが、ここでもシーズン中盤に解雇されてしまう。2年連続の解雇劇は、日本のモータースポーツ人気の低さからくるスポンサー獲得の難しさと、ヨーロッパのモータースポーツ人気からくるスポンサーのヨーロッパ人志向が影響していると考えられている。

シートを失った宇井にWCMよりオファーがあり、日本GP(もてぎ)にMotoGPクラスへの参戦が実現する。上位陣のリタイヤが多かったこともあり、15位入賞する。その後、残り3戦も参戦することとなった(うち1戦は予選落ち)。

2005年は全日本選手権に戻り、バーニングブラッドより4ストローク600cc公道用市販車を改造したマシンによるクラスのST600に参戦。しかし、2ストロークのレース専用マシンに乗り続けてきた宇井は乗り換えに手こずり、このシーズンはノーポイントという大不振に終わった。

2006年はプロテックに移籍し全日本選手権GP250に参戦。

2007年全日本ロードレース選手権GP250チャンピオンを獲得。

2008年藤原儀彦のペアライダーとしてTEAM 茶LLENGERより鈴鹿8耐へ参戦。

2009年全日本選手権のGP250とGP125のダブルエントリーを敢行。チーム名は41PLANwithSpruce/PT。 Rd.4 SUGOから立花レーシングとのコラボレーションにより仮面ライダーのサイクロン号を模したマシンカラーリングとなる。Rd.5 岡山よりチーム名を立花レーシングwithSpruce/PTへ変更。 全6戦で3勝を挙げ、GP250最後のチャンピオンとなる。

戦績[編集]

  • 1992年 - ロードレース関東選手権S80 ランキング2位
  • 1993年 - ロードレース関東選手権125 チャンピオン
  • 1994年 - 全日本ロードレース選手権GP125 ランキング4位
  • 1995年 - 全日本ロードレース選手権GP125 チャンピオンヤマハTZ125
  • 1996年 - ロードレース世界選手権GP125 ランキング18位(ヤマハ・クルツ)
  • 1997年 - ロードレース世界選手権GP125 ランキング12位(ヤマハ・クルツ)
  • 1998年 - ロードレース世界選手権GP125 ランキング11位(ヤマハ・クルツ)
  • 1999年 - ロードレース世界選手権GP125 ランキング11位(デルビ)
  • 2000年 - ロードレース世界選手権GP125 ランキング2位(デルビ)
  • 2001年 - ロードレース世界選手権GP125 ランキング2位(デルビ)
  • 2002年 - ロードレース世界選手権GP125 ランキング13位(デルビ)
  • 2003年 - ロードレース世界選手権GP125 ランキング13位(アプリリア、ジレラ)
  • 2004年 - ロードレース世界選手権GP125 ランキング22位(アプリリア)
    • ロードレース世界選手権MotoGP ランキング28位(ハリス・WCM)
  • 2005年 - 全日本ロードレース選手権ST600 ノーポイント(バーニングブラッド)
  • 2006年 - 全日本ロードレース選手権GP250 ランキング3位 (PRO-TEC×weave/ヤマハTZ250
  • 2007年 - 全日本ロードレース選手権GP250 チャンピオンMALOSSI/spruce&PT/ヤマハTZ250
  • 2008年 - 全日本ロードレース選手権GP250(SEV.spruce/PRO-TEC/ヤマハTZ250
  • 2009年 - 全日本ロードレース選手権GP250 チャンピオン(立花レーシングwithSpruce/PT/ヤマハTZ250
  • 2010年 - 全日本ロードレース選手権J-GP2(41 PLANNING/PRO-TEC/ヤマハYZF-R6

シーズン別成績[編集]

クラス マシン チーム 出走回数 勝利数 表彰台 PP FL ポイント 順位 チャンピオン
1995年 125cc ヤマハ 1 1 31位 0
1996年 125cc ヤマハ 13 1 36 18位 0
1997年 125cc ヤマハ 15 1 2 77 12位 0
1998年 125cc ヤマハ 13 1 76 11位 0
1999年 125cc デルビ 14 1 84 11位 0
2000年 125cc デルビ 16 5 10 6 3 217 2位 0
2001年 125cc デルビ 16 6 8 7 5 232 2位 0
2002年 125cc デルビ 16 1 1 65 13位
2003年 125cc ジレラ 15 1 76 13位
2004年 125cc アプリリア 9 19 22位
2004年 MotoGP ハリスWCM 3 1 28位
2006年 250cc ヤマハ 1 - -
2007年 250cc ヤマハ 1 2 27位

年別成績[編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
1995年 125cc ヤマハ AUS
MAL
JPN
15
SPA
GER
ITA
NED
FRA
GBR
CZE
BRA
ARG
EUR
31位 1
1996年 125cc MAL
Ret
INA
JPN
Ret
SPA
17
ITA
18
FRA
15
NED
14
GER
Ret
GBR
10
AUT
7
CZE
Ret
IMO
Ret
CAT
6
BRA
8
AUS
18位 36
1997年 125cc MAL
Ret
JPN
Ret
SPA
22
ITA
10
AUT
7
FRA
4
NED
5
IMO
8
GER
Ret
BRA
3
GBR
Ret
CZE
10
CAT
18
INA
8
AUS
Ret
12位 77
1998年 125cc JPN
Ret
MAL
Ret
SPA
7
ITA
5
FRA
11
MAD
7
NED
12
GBR
3
GER
Ret
CZE
Ret
IMO
6
CAT
Ret
AUS
5
ARG
15
11位 76
1999年 125cc デルビ MAL
13
JPN
4
SPA
Ret
FRA
Ret
ITA
CAT
Ret
NED
6
GBR
7
GER
Ret
CZE
5
IMO
9
VAL
Re
AUS
3
RSA
7
BRA
10
ARG
11位 84
2000年 125cc RSA
Ret
MAL
2
JPN
1
SPA
21
FRA
1
ITA
Ret
CAT
Ret
NED
1
GBR
1
GER
1
CZE
2
POR
Ret
VAL
3
BRA
3
PAC
Ret
AUS
2
2位 217
2001年 125cc JPN
2
RSA
1
SPA
Ret
FRA
11
ITA
18
CAT
5
NED
Ret
GBR
1
GER
19
CZE
4
POR
2
VAL
4
PAC
1
AUS
1
MAL
1
BRA
1
2位 232

外部リンク[編集]