エクトル・バルベラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はバルベラ第二姓(母方の)はヴァルです。
エクトル・バルベラ
Hector Barbera 2011 Estoril.jpg
2011年 ポルトガルGP
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1986-11-02) 1986年11月2日(31歳)
出身地 バレンシア州バレンシア県ドス・アグアス英語版
ウェブサイト hectorbarbera.com
ロードレース世界選手権での記録
- MotoGPクラスに参戦 -
現在のチーム アビンティア・ブルセンス
ゼッケン 8
チャンピオン 0
レース数 171
優勝回数 10
表彰台回数 32
PP回数 9
FL回数 10
通算獲得ポイント 1501
2012年の成績 11位 (83ポイント)

エクトル・バルベラ・ヴァル (Héctor Barberá Vall, 1986年11月2日 - ) は、スペインバレンシア州バレンシア県ドス・アグアス英語版出身のオートバイレーサー。2010年よりロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦中。

経歴[編集]

125ccクラス[編集]

2002年、15歳の時にホルヘ・マルチネス率いるアスパー・チームからロードレース世界選手権125ccクラスにデビューした。翌2003年第8戦イギリスGPで初優勝を果たし、シリーズランキング3位に入る活躍を見せた。2004年セリエAACミラン所属のサッカー選手クラレンス・セードルフがオーナーのセードルフ・レーシングに移籍。何回かの転倒やメカニカルトラブルに見舞われ、年間タイトルはアンドレア・ドヴィツィオーゾに奪われたが、最終戦バレンシアGPでシーズン4勝目を挙げて、シリーズランキング2位を確保した。

250ccクラス[編集]

2007年 イタリアGP

2005年に250ccクラスにステップアップを果たし、フォルツナ・ホンダチームでホルヘ・ロレンソのチームメイトを務めた。2006年にはフォルツナ・チームはマシンをアプリリアにスイッチし、バルベラは第3戦中国GPでクラス初優勝を遂げた。

2007年にはチーム・トス・アプリリアに移籍。2008年第6戦イタリアGP、残り1周となったホームストレート上で、バルベラはトップを走るマルコ・シモンチェリからトップを奪おうとしていたが、奪われまいとストレート上で急にコースを変えたシモンチェリのリアタイヤにバルベラのフロントブレーキレバーが引っかかる形となり、バルベラのマシンが宙を舞う大クラッシュとなってしまった。だが奇跡的にもバルベラは怪我らしい怪我を負わずに済んだ。しかしその後第15戦日本GPでフリープラクティス中に転倒し、胸椎を2箇所骨折する重傷を負って宇都宮近郊の獨協医科大学病院に入院[1]、シーズン残り3戦を欠場することになってしまった[2]

2009年シト・ポンス率いるぺぺ・ワールド・アプリリアチームに移籍。開幕戦カタールGPではクラス2勝目を挙げ、自らの復帰を勝利で飾った。その後シーズン中盤にかけては青山博一アルバロ・バウティスタ、マルコ・シモンチェリによるチャンピオン争いには絡めずにランキング4位に甘んじていたが、終盤は2勝を含む5連続表彰台に立つ活躍を見せ、シリーズランキング2位を獲得した。

またこの年、バルベラは写真判定の結果同着フィニッシュとされたレースを2度も経験することになった。一つは第14戦ポルトガルGPで、マイク・ディ・メッリオと2位の座を争って同着となったが、選手権のルール上、「同着と判定された場合は、レース中により速いラップタイムを出した者を上位とする」と規定されているため、ディ・メッリオが2位、バルベラは3位というリザルトとなった[3]。もう一つは第16戦マレーシアGPで、シモンチェリとのバトルの結果2位同着となり、今度はバルベラの方がレース中に速いタイムを出していたため2位、シモンチェリが3位となった[4]

MotoGPクラス[編集]

2010年 カタールGP

2010年シーズン、バルベラはMotoGPクラス初参戦となるアスパー・チームよりドゥカティ・デスモセディチを駆って最高峰クラスにデビューした[5]。全18戦中17戦でポイント圏内完走する安定した走りを見せ、第3戦フランスGP最終戦バレンシアGPでベストリザルトの8位を記録。年間ランキングではルーキー勢の中ではベン・スピーズ、マルコ・シモンチェリに次ぐ3番手となる12位に入った。

2011年もアスパーに残留[6]第2戦スペインGPでベストリザルトを更新する6位に入賞、年間ランキングでは1つ順位を上げて11位を記録した。第15戦日本GPでは決勝でのクラッシュで右鎖骨を骨折、再び獨協医大病院に入院し次戦を欠場することとなった[1]

2012年プラマック・レーシングに移籍。1000cc化したデスモセディチGP12を駆ってクラス3年目のシーズンに臨む[7]

2013年はアビンティア・ブルセンスに移籍。チームメイトに2年ぶりにMotoGPクラスへ復帰を果たした青山博一とCRTマシンで参戦する。

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
シーズン クラス バイク 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2002年 125cc アプリリア JPN
16
RSA SPA
12
FRA
15
ITA
Ret
CAT
18
NED
20
GBR
Ret
GER
21
CZE
4
POR
Ret
BRA
15
PAC
5
MAL
8
AUS
14
VAL
6
14位 50
2003年 125cc JPN
Ret
RSA
13
SPA
7
FRA
11
ITA
9
CAT
Ret
NED
3
GBR
1
GER
14
CZE
5
POR
2
BRA
9
PAC
1
MAL
8
AUS
6
VAL
3
3位 164
2004年 125cc RSA
10
SPA
3
FRA
5
ITA
3
CAT
1
NED
6
BRA
1
GER
2
GBR
Ret
CZE
7
POR
1
JPN
Ret
QAT
12
MAL
Ret
AUS
6
VAL
1
2位 202
2005年 250cc ホンダ SPA
5
POR
11
CHN
7
FRA
7
ITA
6
CAT
16
NED
9
--- GBR
Ret
GER
8
CZE
Ret
JPN
8
MAL
6
QAT
7
AUS
4
TUR
6
VAL
5
9位 120
2006年 250cc アプリリア SPA
5
QAT
4
TUR
2
CHN
1
FRA
7
ITA
Ret
CAT NED GBR
5
GER
5
--- CZE
5
MAL
Ret
AUS
6
JPN
7
POR
10
VAL
3
7位 152
2007年 250cc QAT
3
SPA
Ret
TUR
8
CHN
6
FRA
4
ITA
3
CAT
8
GBR
Ret
NED
7
GER
6
--- CZE
4
SMR
3
POR
5
JPN
3
AUS
Ret
MAL
2
VAL
5
5位 177
2008年 250cc QAT
2
SPA
5
POR
8
CHN
6
FRA
12
ITA
Ret
CAT
3
GBR
4
NED
5
GER
2
--- CZE
4
SMR
3
IND
C
JPN
DNS
AUS MAL VAL 6位 142
2009年 250cc QAT
1
JPN
11
SPA
4
FRA
11
ITA
5
CAT
3
NED
2
--- GER
5
GBR
8
CZE
7
IND
6
SMR
1
POR
3
AUS
2
MAL
2
VAL
1
2位 239
2010年 MotoGP ドゥカティ QAT
12
SPA
13
FRA
8
ITA
12
GBR
11
NED
12
CAT
10
GER
9
USA
Ret
CZE
9
IND
10
SMR
9
ARA
11
JPN
13
MAL
11
AUS
14
POR
10
VAL
8
12位 90
2011年 MotoGP QAT
12
SPA
6
POR
Ret
FRA
9
CAT
11
GBR
11
NED
12
ITA
7
GER
11
USA
9
CZE
10
IND
Ret
RSM
9
ARA
8
JPN
Ret
AUS MAL
C
VAL
11
11位 82
2012年 MotoGP QAT
9
SPA
10
POR
10
FRA
9
CAT
11
GBR
10
NED
7
GER
9
ITA
9
USA
IND
WD
CZE
RSM
Ret
ARA
12
JPN
10
MAL
7
AUS
12
VAL
Ret
11位 83
2013年 MotoGP FTR QAT
13
AME
18
SPA
12
FRA
18
ITA
10
CAT
Ret
NED
20
GER
11
USA
10
IND
16
CZE
Ret
GBR
13
RSM
Ret
ARA
Ret
MAL
14
AUS
14
JPN
16
VAL
12
16位 35
2014年 MotoGP ドゥカティ QAT
Ret
AME
15
ARG
16
SPA
15
FRA
Ret
ITA
Ret
CAT
19
NED
18
GER
18
IND
Ret
CZE
17
GBR
19
RSM
19
ARA
19
JPN
15
AUS
5
MAL
9
VAL
11
18位 26
2015年 MotoGP QAT
15
AME
12
ARG
13
SPA
14
FRA
13
ITA
13
CAT
16
NED
GER
13
IND
15
CZE
16
GBR
13
RSM
18
ARA
16
JPN
9
AUS
16
MAL
13
VAL
16
15位 33

脚注[編集]

外部リンク[編集]