チーム・LCR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チーム・LCR
ランディ・ド・プニエ 2010年
2011年
チーム名
LCRホンダMotoGP
本拠地 モナコの旗 モナコモンテカルロ
代表 ルーチョ・チェッキネロ
ライダー 24 トニ・エリアス
マシン ホンダ・RC212V
タイヤ ブリヂストン
ライダーズ
チャンピオン
-

チーム・LCR ( Team LCR ) は現在LCRホンダMotoGPの名前でロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦するレーシングチーム。イタリアのGPライダー、ルーチョ・チェッキネロにより設立された。

チェッキネロ現役時代[編集]

1996年イタリアのGPライダールーチョ・チェッキネロが、自身がロードレース世界選手権125ccクラスを戦うためのチームを設立した。1996年と1997年シーズンはチェッキネロ1台体制でホンダ・RS125Rを駆り、トップ10前後のフィニッシュを何度か経験した。

1998年、チェッキネロはチームメイトとして、125ccクラスで2度のシリーズ2位を獲得している上田昇を迎えた。上田は移籍後2戦目のジョホール・サーキットでおこなわれたマレーシアGPでチームに初勝利をもたらし、その後チェッキネロ自身もハラマでのマドリードGPで自チームでの初勝利を果たした。チェッキネロはシリーズ5位の成績を残したが、上田はシリーズ13位に終わった。転倒で重傷を負いシーズンの約半分を欠場したためである。上田欠場時の代役は、菊池寛幸が務めた。

1999年2000年シーズンもチェッキネロと上田のパートナーシップは続いた。上田は1999年のブラジルGPで勝利、他にも数多くの表彰台に立ち、両年ともシリーズ5位の結果を残した。一方のチェッキネロはチームメイトほどの活躍は出来ず、両年をそれぞれシリーズ9位・11位で終えることになった。

2001年にチームはマシンをアプリリアに変更し、上田に代わりスペインラウール・ハラがチェッキネロのチームメイトになった。チェッキネロはカタルニアGPでアプリリアでの初優勝を果たし、シーズンを総合4位で終える活躍を見せた。

2002年シーズン、チームは250ccクラスへも参戦を開始した。125ccクラスでは新たにサンマリノアレックス・デ・アンジェリスがチェッキネロのチームメイトとなり、250ccクラスではオーストラリアのルーキー、ケーシー・ストーナーとスペインのダビド・チェカがライダーを務めた。チェッキネロは前年の好調を維持し、3勝・シリーズ4位の好成績を得た。チームメイトのデ・アンジェリスは自身初の表彰台を獲得し、シリーズ9位になった。一方の250ccクラスでは、ストーナーとチェカは何度かトップ10圏内でのフィニッシュを得るに留まった。

2003年も、125ccと250ccのダブル参戦を継続した。ストーナーは125ccクラスに降格するかたちとなり、チェッキネロのチームメイトを務めた。250ccクラスには新たにフランスランディ・ド・プニエが迎えられた。両クラスともそれぞれシーズン3勝を収める成功を見せた。250ccクラスではド・プニエがチャンピオン争いに加わったものの、最終的には3勝・9度の表彰台でシリーズ4位に終わった。125ccクラスでは、チェッキネロが地元イタリアGPを含む2戦で勝利し、ストーナーは自身初表彰台・初優勝を経験したシーズンとなった。この年の終わり、チェッキネロはチーム運営に集中するためにレーサーを引退することを決意した。

チェッキネロ現役引退後[編集]

2004年シーズン、250ccクラスはド・プニエが残留し、引き続きワークス仕様のアプリリアを走らせることになった。125ccクラスは、同クラス元チャンピオンのロベルト・ロカテリとルーキーのマティア・パシーニのイタリア人コンビになった。ド・プニエとロカテリはそれぞれのクラスでチャンピオン争いに絡む活躍を見せ、両者ともシリーズ3位の成績を収めた。ド・プニエはシーズン1勝・3度の表彰台、ロカテリはシーズン2勝・6度の表彰台を経験した。

2005年シーズンは250ccクラスのみに参戦した。ロカテリが125ccクラスからステップアップし、1年だけKTMチームに移籍していたストーナーが戻ってきた。ストーナーは年間5勝・10度の表彰台を獲得し、チャンピオンのダニ・ペドロサに次ぐシリーズ2位になった。このストーナーのシリーズ2位は2010年時点でのチームの最高成績である。またストーナーはチーム初のシーズン4勝以上を挙げたライダーにもなった。

MotoGPクラスへ[編集]

2006年、チーム・LCRはストーナーと共に最高峰MotoGPクラスにステップアップを果たし、ホンダ・RC211Vミシュランタイヤを履いてデビューシーズンを戦うことになった。第2戦カタールGPで、ストーナーは早くもチーム/自身初のポールポジションを記録し、次戦トルコGPではマルコ・メランドリとトップ争いを演じ、ファイナルラップの最終コーナーでメランドリに抜かれたものの初表彰台を記録した。その後もトップ10圏内でのフィニッシュを続け、シリーズ8位でデビューイヤーを終えた。

2007年、ストーナーはドゥカティ・ワークスに移籍し、代わりにスペインのベテランライダーカルロス・チェカがチームに加入した。新レギュレーションの適用により新たに800ccマシンのRC212Vを使用したが、チェカは新しいマシンへの順応に苦しみ、スペインGPサンマリノGPで6位を記録するに留まった。

2008年はド・プニエがチームに再加入した。しかしこの年もサテライト仕様のマシンとミシュランタイヤで苦戦し、ベストリザルトはアメリカGPでの6位、シリーズランキング15位に終わった。

2009年シーズンもド・プニエとRC212Vの体制を維持したが、MotoGPクラスのタイヤ供給が一社独占になったため、チームはタイヤをブリヂストンへと変更した。ド・プニエは第10戦イギリスGPで3位表彰台に立ち、年間ランキング11位に成績を伸ばした。

2010年シーズンも同体制のまま3年目のシーズンを迎えた。シーズン前半は第5戦イギリスGP第6戦ダッチTTでフロントロウ(予選2位)を獲得、決勝でも上位でのフィニッシュを続けて一時はランキング5位に付けていた。しかし第8戦ドイツGPでの多重クラッシュで脛骨骨折の重傷を負った後は好調を維持できず、最終的な年間ランキングは9位となった。

2011年はド・プニエに代わり、前年度のMoto2クラスチャンピオンであるトニ・エリアスをライダーに迎える[1]

チーム戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • lcr.mc 公式ウェブサイト