カルロス・チェカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はチェカ第二姓(母方の)はカルレーラです。
カルロス・チェカ
2008年 ミラー・モータースポーツパークにて
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1972-10-15) 1972年10月15日(44歳)
カタルーニャ州の旗 カタルーニャ州バルセロナ
ウェブサイト carloscheca.com
レースでの経歴
ロードレース世界選手権 MotoGPクラス
活動期間 1995年2007年, 2010年
マニファクチャラー ホンダ, ドゥカティ, ヤマハ
2010年 順位 21位 (1 pt)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
194 2 24 3 5 1485
ロードレース世界選手権 250ccクラス
活動期間 1993年1995年
マニファクチャラー ホンダ
1995年 順位 13位 (45 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
27 0 0 0 0 108
ロードレース世界選手権 125ccクラス
活動期間 1993年
マニファクチャラー ホンダ
1993年 順位 27位 (9 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
1 0 0 0 0 9
スーパーバイク世界選手権
活動期間 2008年2013年
マニファクチャラー ホンダ, ドゥカティ
チャンピオン 1 (2011年)
2013年 順位 15位 (80 pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
150 24 49 10 30 1691.5

カルロス・チェカ・イ・カルレーラCarlos "Charlie" Checa i Carrera, 1972年10月15日 - )は、スペインバルセロナ出身の元オートバイレーサーロードレース世界選手権最高峰の500cc・MotoGPクラスで10年以上活動した後、2008年よりスーパーバイク世界選手権に戦いの場を移している。グランプリでは通算2勝を記録[1]。2011年スーパーバイク世界選手権チャンピオン。弟のダビド・チェカもオートバイレーサーである。

経歴[編集]

ロードレース世界選手権 ( 1993 - 2007 )[編集]

世界グランプリには1993年第8戦ヨーロッパGP、125ccクラスにデビューを果たし、次戦からは250ccクラスに移る。1995年第9戦イギリスGPからは、前戦ル・マンで両足骨折の重傷を負ったアルベルト・プーチの代役として、シト・ポンスのチームからホンダ・NSR500を駆って最高峰クラスデビューを果たした。

1996年には、地元カタルニアでGP初優勝を果たした。ホンダ・ポンスチームには1998年まで在籍したが、その1998年の第8戦、ドニントン、チェカはクラナー・カーブで転倒・負傷したが、当初は単なる擦り傷・打撲傷と見られていた。ところがやがて痛みを訴えだし、数時間後には視力を失い、重篤な状態に陥った。だがその後は無事回復し、第10戦チェコGPから実戦に復帰した。

1999年からは、この年から新たに結成されたワークスマルボロ・ヤマハチームに移籍し、マックス・ビアッジのチームメイトを務めることになった。トップを快走しながらもクラッシュによりリタイヤという展開のレースが多く、移籍後は勝利は挙げられないままだった。例えば2002年の第12戦リオGPではスタートで失速しながらも挽回してトップに立ったが、その後のコーナーで転倒を喫してしまった。

ヤマハワークスには2004年まで在籍し、最後の年にはホンダから移籍してきたチャンピオンライダー、バレンティーノ・ロッシのチームメイトを務めた。2005年ドゥカティ・ワークスチームに移籍、さらに2006年にはヤマハのサテライト・チームテック3に移籍した。安定した走りで完走を続け、チームメイトのジェームス・エリソンよりは明らかに速さで上回っていたが、ダンロップタイヤのパフォーマンスが低く、シリーズランキングは下位に沈んでしまった。

2007年にはホンダサテライトのチーム・LCRに移籍したが、他のホンダライダーと共に新しい800ccマシンのパフォーマンス不足に苦しんだ。結局このシーズンをもってチェカはMotoGPから一旦退くことになった[2]。またこの年は鈴鹿8時間耐久ロードレース岡田忠之と組んでHRCチームからCBR1000RRKを駆って初出場、2位表彰台を獲得した。

スーパーバイク世界選手権 ( 2008 - )[編集]

2008[編集]

2008年より、チェカはスーパーバイク世界選手権(SBK)に戦いの場を移した。チェカとは逆にMotoGPに移った2007年のチャンピオン、ジェームス・トスランドが在籍していたホンダ系のトップチームであるテンケイト・レーシングのシートを得た[3]。第3戦バレンシアではファイナルラップの最終コーナーで、トップを走っていたスズキのマックス・ノイキルヒナーにオーバーテイクを仕掛けたが両者は接触してしまい、ノイキルヒナーは鎖骨を骨折することになった。その後チェカは第6戦ソルトレークで、自身の初優勝をレース1・レース2ダブルウィンという形で飾った。この年の優勝はこの2勝だけだったが、安定して上位での完走を続け、ホンダ勢最上位となるシリーズランキング4位の成績を残した。

そしてこの年の鈴鹿8耐には、SBKでもチームメイトだった清成龍一と組んでドリーム・ホンダ・レーシングから出場、見事総合優勝を果たした[4]

2009[編集]

2009年もテンケイトチームに残留し、スーパーバイク2年目のシーズンを戦ったが前年のような活躍は残せず、未勝利・表彰台4度の獲得でホンダ勢としては3番手、サテライトチームレオン・ハスラムに32ポイント差をつけられシリーズ7位に終わった。次年度に向けてテンケイトは体制を3台から2台に減らすこととなり[5]、チェカは清成龍一と共にチームを放出されてしまった[6]

2010[編集]

2010年シーズン、チェカは中堅チームのアルテア・ドゥカティに移籍、イギリスのシェーン・バーンのチームメイトを務めることになった[7]。キャリアが下降線を描いているように思われたチェカだったが、開幕戦フィリップアイランドのレース2では見事復活優勝を遂げてみせた[8]。その後も第12戦イモラでレース1・2ダブル優勝を飾るなどの活躍を見せ、年間ランキングではドゥカティ勢最上位となる3位に入った。

またこの年のSBK閉幕後、MotoGPの終盤2戦に、肩の負傷によりプラマック・レーシングを離脱したミカ・カリオの代役として3年ぶりに出場[9]。復帰戦の第17戦ポルトガルGPでは腕上がりの症状が出てしまい途中棄権となったが[10]最終戦バレンシアGPでは最下位(15位)ながらポイント獲得を果たした。

2011[編集]

2011年シーズンもチェカはアルテア・レーシングに残留、SBK4年目のシーズンを迎えた[11]。アルテア・レーシングはドゥカティ・ワークスチームが前年限りでSBKより撤退したことにより、実質的にドゥカティのナンバー1チームとなった。この年のチェカは開幕戦から驚異的なパフォーマンスを発揮し、全13戦26レース中優勝15回・表彰台登壇21回という圧倒的な速さと安定感を見せ、最終戦を待たずして2011年のシリーズチャンピオンを獲得した。

2012[編集]

2012年シーズンも引き続きアルテア・レーシングから参戦した。アルテア・レーシングには2011年にFIMスーパーストック1000選手権で総合優勝したダビデ・ジュリアーノが新たにチームメイトとして加入した。チェカは4度の優勝を獲得し総合4位であった。

2013[編集]

2013年にはドゥカティがアルスターチームとパートナーシップを締結しドゥカティ・アルスターとしてSBKに復帰[12]、これに伴いチェカもドゥカティ・アルスターに移籍した。また、この年から1098Rに代わり1199 Panigale Rが新たに投入された。しかし、新車の開発が思うように進まなかったために下位に沈む事が多く、チェカは思うような成績を挙げることができなかった。第11戦イスタンブールではフリー走行中に激しく転倒しレースを欠場。その後の検査により骨盤の骨折が判明した[13]。 チェカは2013年シーズン限りでの引退を発表し、約20年の現役生活に終止符を打った[14]

主なレース戦績[編集]

ロードレース世界選手権 [1][編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
1993年 125cc ホンダ AUS
MAL
JPN
SPA
AUT
GER
NED
EUR
7
RSM
GBR
CZE
ITA
USA
FIM
27位 9
250cc ホンダ AUS
MAL
JPN
SPA
AUT
GER
NED
EUR
RSM
21
GBR
25
CZE
Ret
ITA
20
USA
14
FIM
9
23位 9
1994年 250cc ホンダ AUS
14
MAL
11
JPN
Ret
SPA
11
AUT
Ret
GER
14
NED
11
ITA
10
FRA
13
GBR
12
CZE
Ret
USA
7
ARG
10
EUR
0
12位 54
1995年 250cc ホンダ AUS
4
MAL
Inj
JPN
Ret
SPA
Ret
GER
7
ITA
11
NED
11
FRA
4
GBR
CZE
BRA
ARG
EUR
13位 45
500cc ホンダ AUS
MAL
JPN
SPA
GER
ITA
NED
FRA
GBR
Ret
CZE
8
BRA
7
ARG
7
EUR
Ret
16位 26
1996年 500cc ホンダ MAL
3
INA
5
JPN
10
SPA
10
ITA
Inj
FRA
Ret
NED
11
GER
Re
GBR
12
AUT
7
CZE
8
IMO
11
CAT
1
BRA
4
AUS
3
8位 124
1997年 500cc ホンダ MAL
6
JPN
6
SPA
Ret
ITA
Ret
AUT
6
FRA
2
NED
2
IMO
4
GER
Ret
BRA
Ret
GBR
Ret
CZE
Ret
CAT
2
INA
6
AUS
10
8位 119
1998年 500cc ホンダ JPN
8
MAL
2
SPA
4
ITA
4
FRA
3
MAD
1
NED
5
GBR
Inj
GER
Inj
CZE
7
IMO
10
CAT
6
AUS
Inj
ARG
8
4位 139
1999年 500cc ヤマハ MAL
2
JPN
6
SPA
10
FRA
5
ITA
7
CAT
7
NED
Ret
GBR
Ret
GER
4
CZE
Ret
IMO
Ret
VAL
5
AUS
4
RSA
6
BRA
Ret
ARG
4
7位 125
2000年 500cc ヤマハ RSA
2
MAL
2
JPN
5
SPA
2
FRA
7
ITA
2
CAT
Ret
NED
5
GBR
11
GER
9
CZE
11
POR
12
VAL
7
BRA
15
PAC
4
AUS
Ret
6位 155
2001年 500cc ヤマハ JPN
10
RSA
Inj
SPA
14
FRA
2
ITA
Ret
CAT
8
NED
Ret
GBR
5
GER
2
CZE
7
POR
4
VAL
4
PAC
7
AUS
16
MAL
10
BRA
2
6位 137
2002年 MotoGP ヤマハ JPN
3
RSA
5
SPA
Ret
FRA
Ret
ITA
4
CAT
3
NED
3
GBR
Ret
GER
4
CZE
5
POR
2
BRA
Ret
PAC
5
MAL
7
AUS
11
VAL
Ret
5位 141
2003年 MotoGP ヤマハ JPN
10
RSA
9
SPA
Ret
FRA
Ret
ITA
8
CAT
4
NED
4
GBR
6
GER
8
CZE
4
POR
8
BRA
9
PAC
Ret
MAL
5
AUS
8
VAL
5
7位 123
2004年 MotoGP ヤマハ RSA
10
SPA
6
FRA
2
ITA
Ret
CAT
4
NED
9
BRA
10
GER
Ret
GBR
6
CZE
6
POR
5
JPN
7
QAT
Ret
MAL
9
AUS
10
VAL
14
7位 117
2005年 MotoGP ドゥカティ SPA
10
POR
5
CHN
Ret
FRA
Ret
ITA
5
CAT
11
NED
9
USA
Ret
GBR
5
GER
Ret
CZE
8
JPN
4
MAL
3
QAT
6
AUS
3
TUR
5
VAL
4
9位 138
2006年 MotoGP ヤマハ SPA
13
QAT
12
TUR
15
CHN
14
FRA
11
ITA
15
CAT
8
NED
9
GBR
10
GER
9
USA
7
CZE
15
MAL
12
AUS
Ret
JPN
14
POR
7
VAL
10
15位 75
2007年 MotoGP ホンダ QAT
Ret
SPA
6
TUR
12
CHN
10
FRA
Ret
ITA
Ret
CAT
17
GBR
Ret
NED
11
GER
14
USA
14
CZE
10
RSM
6
POR
7
JPN
18
AUS
11
MAL
14
VAL
12
14位 65
2010年 MotoGP ドゥカティ QAT SPA FRA ITA GBR NED CAT GER USA CZE IND SMR ARA JPN MAL AUS POR
Ret
VAL
15
21位 1

スーパーバイク世界選手権[編集]

シーズン バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
2008年 ホンダCBR1000RR 28 2 7 1 5 313 4位
2009年 ホンダCBR1000RR 28 0 4 0 0 209 7位
2010年 ドゥカティ1098R 26 3 8 1 7 297 3位
2011年 ドゥカティ1098R 26 15 21 6 10 505 1位
2012年 ドゥカティ1098R 27 4 9 1 8 287.5 4位
2013年 ドゥカティ1199 Panigale R 15 0 0 1 0 80 15位
合計 150 24 49 10 30 1,691.5
  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2
2008年 ホンダ QAT
6
QAT
11
AUS
6
AUS
2
SPA
5
SPA
3
NED
2
NED
3
ITA
8
ITA
Ret
USA
1
USA
1
GER
5
GER
5
SMR
5
SMR
8
CZE
8
CZE
Ret
GBR
6
GBR
8
EUR
Ret
EUR
9
ITA
5
ITA
5
FRA
7
FRA
4
POR
2
POR
7
4位 313
2009年 ホンダ AUS
12
AUS
13
QAT
5
QAT
13
SPA
Ret
SPA
6
NED
Ret
NED
7
ITA
9
ITA
10
RSA
6
RSA
6
USA
2
USA
Ret
SMR
11
SMR
5
GBR
11
GBR
Ret
CZE
2
CZE
5
GER
3
GER
3
ITA
Ret
ITA
10
FRA
6
FRA
9
POR
7
POR
Ret
7位 209
2010年 ドゥカティ AUS
7
AUS
1
POR
4
POR
4
SPA
Ret
SPA
2
NED
4
NED
6
ITA
14
ITA
11
RSA
2
RSA
5
USA
Ret
USA
Ret
SMR
2
SMR
5
CZE
9
CZE
6
GBR
7
GBR
10
GER
2
GER
Ret
ITA
1
ITA
1
FRA
3
FRA
9
3位 297
2011年 ドゥカティ AUS
1
AUS
1
EUR
3
EUR
1
NED
3
NED
1
ITA
9
ITA
10
USA
1
USA
1
SMR
1
SMR
1
SPA
Ret
SPA
3
CZE
3
CZE
3
GBR
1
GBR
1
GER
1
GER
8
ITA
3
ITA
1
FRA
1
FRA
1
POR
1
POR
4
1位 505

鈴鹿8時間耐久ロードレース[編集]

開催年 バイク チーム パートナー 総合順位
2007年 ホンダCBR1000RR チームHRC 岡田忠之 2位
2008年 ホンダCBR1000RR ドリーム・ホンダレーシングチーム 清成龍一 1位

脚注[編集]

  1. ^ a b Carlos Checa career statistics at MotoGP.com
  2. ^ http://www.motogp.com/ja/news/2007/Checa+checks+out+on+home+soil
  3. ^ Ten Kate name Toseland replacements
  4. ^ http://www.suzukacircuit.jp/8tai/history/2008.html
  5. ^ “Ten Kate in no rush to confirm 2010 rider line–up”. Motorcycle News. http://www.motorcyclenews.com/MCN/sport/sportresults/World-Superbikes/2009/September/sep1809-Ten-Kate-in-no-rush-to-confirm-2010-rider-lineup/?&R=EPI-118605 2009年1月26日閲覧。 
  6. ^ “Rea pens new Ten Kate deal”. Insidebikes. http://www.carolenash.com/insidebikes/bike-news/rea-pens-new-ten-kate-deal.htm 2009年1月26日閲覧。 
  7. ^ “Byrne makes switch to Althea Ducati”. Insidebikes. http://www.carolenash.com/insidebikes/bike-sport/byrne-makes-switch-to-althea-ducati.htm 2009年1月26日閲覧。 
  8. ^ http://www.crash.net/world+superbikes/news/157280/1/checa_re-establishes_himself_with_perfect_win.html?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=rss
  9. ^ http://www.motogp.com/ja/news/2010/checa+on+return+at+motogp+paddock
  10. ^ http://www.crash.net/motogp/news/164675/1/arm-pump_ends_checas_motogp_return.html
  11. ^ http://www.ducati.co.jp/racing/general/news/2011_season__althea_racing_renews_with_checa_and_debuts_in_superstock/2010/11/12/490/index.do
  12. ^ http://www.motorcyclenews.com/mcn/sport/sportresults/world-superbikes/2012/november/11nov-wsb-ducat-alstare/
  13. ^ http://motograndprix.motorionline.com/2013/09/18/sbk-frattura-del-bacino-per-checa/?refresh_ce
  14. ^ http://www.moto.it/Superbike/carlos-checa-si-ritira.html

外部リンク[編集]