生見友希雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

生見 友希雄(ぬくみ ゆきお、1966年3月18日 - )は、鹿児島県出身のモーターサイクルロードレーサー1986年地方選手権筑波SP250チャンピオン。2003年鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝。

レーシングライダーという肩書きの他、有名レーシングマシンの試乗記事やタイヤ・パーツの評価テストなどを雑誌に寄稿し、CBRサーキットチャレンジなどのレーシングスクールで講師を務める。

また、日本人レーサーや関係者の中でも人望が厚いライダーの一人で、メーカー間、年代を超えた交友がある。愛称はヌクボー。同じクラス(250ccクラス)を走っていた岡田忠之や、チームメイトだった井筒仁康とはゴルフ仲間でもある。レーサー仲間で作られた野球チーム(加藤大治郎が発起人の " レーサーズ " )では、数少ない野球経験者として未経験者の指導も行っている(初めて野球をやった清成龍一は、たまたまヒットを打ったが三塁へ走っていったほどである)。

ヤマハスズキヨシムラ)、ドゥカティホンダなどのメーカー系チームに所属していた経歴があり、長い間に培ったライディングテクニックは今でも一級品である。転倒が少なく安定した速さを持つ生見は、長時間の耐久レース(鈴鹿8時間耐久ロードレース)などで成績を上位に上げたいチームからのオファーが絶えない。

戦績[編集]

  • 1985年 -デビュー戦
  • 1987年 -国際A級昇格
  • 1987年 -全日本ロードレース選手権A-F3クラス 10位 (SS-ISHII)
  • 1988年 -全日本ロードレース選手権A-250クラス 33位(伊藤園レーシング)
  • 1989年 -全日本ロードレース選手権A-250クラス 31位(伊藤園レーシング)
  • 1990年 -全日本ロードレース選手権A-250クラス 23位(伊藤園レーシング)
  • 1991年 -全日本ロードレース選手権A-250クラス 22位(東急ハンズレーシング)
  • 1992年 -全日本ロードレース選手権A-250クラス 11位(コンペティションラボラトリー)
  • 1993年 -全日本ロードレース選手権A-250クラス 6位(コンペティションラボラトリー)
  • 1994年 -全日本ロードレース選手権SBクラスクラス 15位(TEAMヨシムラ
  • 1995年 -全日本ロードレース選手権SBクラスクラス 8位(チームファンデーション・DUCATI955)
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース 10位(PIAAマルタTEAM金安・RC45・金安智彦
  • 1996年 -全日本ロードレース選手権SBクラスクラス 10位(チームファンデーション・DUCATI955)
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース 45位(ウルトラマンR桜井ホンダ・RC45・金安智彦)
  • 1997年 -鈴鹿8時間耐久ロードレース 11位(PIAAマルタTEAM金安・RC45・金安智彦)
  • 1998年 -鈴鹿8時間耐久ロードレース 30位(エイジュウプロR・R1・鈴木誠)
  • 1999年 -全日本ロードレース選手権SBクラスクラス 13位(TEAM桜井ホンダ)
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース 9位(桜井ホンダ・RVF・梨本圭
  • 2000年 - 鈴鹿8時間耐久ロードレース 7位(PIAAマルタエイジュウプロ・R7・沼田憲保
  • 2001年 - 鈴鹿8時間耐久ロードレース リタイア(桜井ホンダ・CBR954・高橋裕紀
  • 2002年 - 鈴鹿8時間耐久ロードレース 29位(桜井ホンダ・VTR-SPW・中冨伸一
  • 2003年 - 鈴鹿8時間耐久ロードレース 優勝(桜井ホンダ・VTR-SPW・鎌田学
  • 2004年 - 鈴鹿8時間耐久ロードレース 46位(RUNA阪神タイガース桜井ホンダ・CBR1000RR・芹沢太麻樹
  • 2005年 - 鈴鹿8時間耐久ロードレース 53位(桜井ホンダ・CBR1000RR・鎌田学)
  • 2006年 - 鈴鹿8時間耐久ロードレース 12位(桜井ホンダ・CBR1000RR・津田一磨)
  • 2007年 -
  • 2008年 - 鈴鹿8時間耐久ロードレース 42位(ホンダ テクニカル カレッジ・CBR1000RR・橋本 充巧)