伊藤真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤真一
2008 Shinichi Itoh.jpg
グランプリでの経歴
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1988 - 2007
チーム ホンダドゥカティ
レース数 66
チャンピオン 0
優勝回数 0
表彰台回数 6
通算獲得ポイント 510
ポールポジション回数 1
ファステストラップ回数 1
初グランプリ 1988 500cc 日本
最終グランプリ 2007 MotoGP 日本
テンプレートを表示
1993年日本GP

伊藤 真一(いとう しんいち、1966年12月7日 - )は、宮城県角田市出身のオートバイロードレースライダー仙台SOSモデルエージェンシー所属。宮城県岩沼市でGARAGE EDIFICE(ガレージ エディフィス)を経営する実業家としての顔も持ち合わせる。

略歴[編集]

1980 - 1990年代[編集]

その端整なルックスと国際A級昇格と同時にホンダ・レーシング(HRC、ホンダワークス)入り、しかも当時の最高峰、全日本ロードレース選手権・GP500クラスにいきなり参戦することで『シンデレラボーイ』と騒がれた。初期の頃は上位フィニッシュか転倒かの両極端なレース展開であった。[注釈 1]1990年には、1987年から3年連続全日本の500チャンピオンに君臨していたヤマハ藤原儀彦を降し初の全日本タイトルを獲得。

ロードレース世界選手権(WGP)デビューは1988年の日本グランプリ、3番手まで浮上したものの1コーナーにて転倒。WGPフル参戦は1993年から、1996年までの4年間を戦うが最高位は2位。

1997年からはホンダに『鈴鹿8耐で勝ってくれ』との使命を受け戦いの場を再び日本へと移す。その使命通り、8耐では宇川徹とペアを組み見事に優勝。これはフルタイム8耐で初の日本人ペア優勝記録でもある。翌1998年も同ペアでの2連覇を果たす。この年、後に最多ホルダーとなる8耐ポールポジションを初獲得。全日本のスーパーバイククラスでも2冠目となるタイトルを獲得した。

2000年代[編集]

2001年はホンダとテスト契約となり、それと平行してブリヂストンのテスト契約も始まる。

2005年・2006年には、全日本のJSB1000クラスで2年連続でチャンピオンを獲得。しかし3連覇を目指した2007年3月20日のツインリンクもてぎでの事前テストで、不運なクラッシュ(ドレンボルトの締め忘れ、しかもオイルを噴いたのがコース上で最高速の出る90度コーナー)に見舞われ左足の股関節と骨盤を痛める大怪我を負い、太田哲也公式サイト内での対談では「10人中9人の医者に引退しなさいと言われた」と発言している。

その後、1ヵ月半の入院を経て、人工股関節を入れることで選手復帰への可能性を見出し、「死ぬほどやった」というリハビリの末に見事に復帰。 この復帰に際しても、「今回のトラブルで転倒して、それで終ったらメカニックも精神的に負担になるだろうし、自分もこのような形では終らせたくない」と話している。復帰レースとなった鈴鹿8耐では、パートナーとなるはずだった2006年の優勝ペア、辻村猛が事前のテストで負傷し、急遽ペアを組んだ若手の手島をリードしながら見事、3位表彰台を獲得した。

2009年の8耐もTSR(テクニカルスポーツレーシング)から出場、ホンダがワークス体制での、ヤマハもファクトリー体制での出場を断念する中、HRCのマシン・スタッフなどが常駐するなど実質のホンダ・ワークスともいえる体制での出場で、優勝候補No.1と目されていた。パートナーでスタートライダーを務めた秋吉耕佑の序盤の二度の転倒により最後尾にまで落ちたものの、そこからは怒涛の追い上げで最終的には9位にまで順位を挽回した。

2010年代[編集]

2010年2月、23年前にHRC入りの記者会見を行ったのと同じ青山本社のウエルカムプラザにて同年を最後に全日本ロードレース選手権・JSB1000クラスから引退することを表明した。鈴鹿8耐への参戦やテストライダーとしての活動などは継続する。なお当人曰く『シーズンでやらないイコール引退。スポット参戦しても速くは走れない。だから終わりにしようと思ってます。』『ロードレースをやめるつもりはないんです。いずれ岡田(忠之)と組んで8耐とか出てもいいなって思うし。走るのは大好きだから、還暦になっても走っていると思う。』[1]と語っている。そして3月の東京モーターサイクルショーではトークショーにて6月頃に自らの2輪ショップの開業を予定していることを公表した。

10月30・31日に鈴鹿サーキットで行われた全日本ロードレース選手権・第7戦を最後にJSB1000クラスを「卒業」した。ただラストレースとなった同レースでもレース1・レース2で共に2位に入り、一線級の実力を未だ保持している様子を見せたため、レース後に行われたシーズンエンドパーティーでは伊藤に対し選手会一同から「留年」と書かれたパネルが手渡されるなど、以後も引退撤回を望む声が根強かった[2]

2011年はホンダのMotoGP用マシンの開発ライダーとしてテストを担当する予定だったが、同年3月に発生した東日本大震災で当時名取市在住だった伊藤も被災。経営していたバイク店は営業休止に追い込まれ、親族を亡くしたが「被災者激励のため」として急遽引退を撤回し、全日本ロードレース選手権の開幕戦に出場[3]、決勝3位で表彰台に登った。なおこの参戦はマシンをTSRからレンタルしてのスポット参戦であり(TSRのレギュラーライダーでもある秋吉耕佑のスペアマシンを借り受ける形での参戦だった為、両者ともスペアマシンがない状況でのレースとなった)、以降はスポーツランドSUGOで開催された第5戦にスポット参戦したのみである。

同年7月31日の鈴鹿8耐では、ホンダのマシンであるCBR1000RRにて秋吉耕佑、清成龍一とともにF.C.C. TSR Hondaから出場、伊藤の走行は1スティント(約1時間弱)にとどまったものの、自身4度目となる優勝を飾った。またこの優勝で、自身の持つ鈴鹿8耐の最年長優勝記録を44歳236日に更新した[4]

同年のMotoGP日本グランプリにもワイルドカード枠でスポット参戦したが、事前テストもないほぼぶっつけ本番での参戦だったことから、結果は決勝13位(完走車の中では最下位)という結果に終わった。

2012年以降レース活動から原則身を引き、鈴鹿8耐に参戦する以外は、一時ホンダの開発ライダーの業務に専念していた。

2016年、FIM世界耐久選手権に参戦するTSRチームが、伊藤をライダーの一人として起用することを発表[5]。久々の現役復帰となった開幕戦・ボルドール24時間耐久ロードレースでは5位という結果に終わった[6]

2017年は3年ぶりに鈴鹿8耐に参戦することを決定[7]。ただ8耐のシード権を持っていないため、6年ぶりに全日本ロードレース選手権・JSB1000クラスに復帰。8耐のトライアウトを兼ねた第2戦・第3戦とスポット参戦し、第3戦でエントリー資格を獲得した。

人物[編集]

40歳を過ぎても、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスや鈴鹿8耐でトップを走り続ける驚異的な成績を残しており、鉄人と言われる所以でもある。

年間300本以上はワインを開けるというほどの大のワイン好きでも有名であり、2009年10月には日本ソムリエ協会から名誉ソムリエの認定を受けている。

アマチュアドライバーとしてスーパー耐久(S耐)等にも参戦。S耐参戦時は、TUBE松本玲二岡田忠之らとチームを組んだりすることもある。2009年のS耐第1戦(ツインリンクもてぎ)ではホンダ・インテグラタイプRを駆り、松本・渋谷彰良と共にST4クラスで優勝を飾っている。2011年はシビックインターカップにシリーズ参戦している。2017年には童夢の「Modulo CIVIC TCR」でS耐に参戦した(第3戦のみ欠場)。

東日本大震災の発生直後から全国のライダー仲間に声掛けして支援物資を集め、従業員と一緒に被災者へ届けるボランティア活動を行った。河北新報によると、震災では親類7人が津波で亡くなった。

主な戦績[編集]

2輪[編集]

  • 1985年 菅生選手権TT-F3クラス チャンピオン

全日本ロードレース選手権[編集]

クラス チーム マシン 順位 勝利数
1987 ジュニア250 クルーズ・レーシングチーム RS250R 5位 3[8]
1988 GP500 ホンダ NSR500 2位
1990 GP500 ホンダ NSR500 1位
1991 GP500 ホンダ NSR500 3位
1992 GP500 ホンダ NSR500 8位
1997 スーパーバイク ホンダ RVF/RC45 5位
1998 スーパーバイク ラッキーストライク・ホンダ RVF/RC45 1位
1999 スーパーバイク ラッキーストライク・ホンダ RVF/RC45 4位
2000 スーパーバイク チーム・キャビン・ホンダ VTR1000SPW 4位
2003 JSB1000 F.C.C. TSR CBR954RR 12位
2004 JSB1000 DDBOYS CBR1000RR 4位 3
2005 JSB1000 ホンダドリームRT CBR1000RR 1位 4
2006 JSB1000 ケーヒン・コハラ・レーシングチーム CBR1000RR 1位 3
2007 JSB1000 ケーヒン・コハラ・レーシングチーム CBR1000RR 18位
2008 JSB1000 ケーヒン・コハラ・レーシングチーム CBR1000RR 7位 1
2009 JSB1000 ケーヒン・コハラ・レーシングチーム CBR1000RR 7位

ロードレース世界選手権[編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス チーム マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ポイント 順位 勝利数
1988 500cc Seedホンダ NSR500 JPN
NC
USA
-
SPA
-
EXP
-
ITA
-
GER
-
AUT
-
NED
-
BEL
-
YUG
-
FRA
-
GBR
-
SWE
-
CZE
-
BRA
-
0 - 0
1989 500cc HRCホンダ NSR500 JPN
10
AUS
-
USA
-
SPA
-
ITA
-
GER
-
AUT
-
YUG
-
NED
-
BEL
-
FRA
-
GBR
-
SWE
-
CZE
-
BRA
-
6 32位 0
1990 500cc ペンタックス・ホンダ NSR500 JPN
9
USA
-
SPA
-
ITA
-
GER
-
AUT
-
YUG
-
NED
-
BEL
-
FRA
-
GBR
-
SWE
-
CZE
-
HUN
-
AUS
-
7 26位 0
1991 500cc ペンタックス・ホンダ NSR500 JPN
16
AUS
-
USA
-
SPA
-
ITA
-
GER
-
AUT
-
EUR
-
NED
-
FRA
-
GBR
-
RSM
-
CZE
-
VDM
-
MAL
-
0 - 0
1992 500cc HRCホンダ NSR500 JPN
4
AUS
-
MAL
-
SPA
-
ITA
-
EUR
-
GER
-
NED
-
HUN
-
FRA
-
GBR
-
BRA
-
RSA
-
10 16位 0
1993 500cc ロスマンズ・ホンダ NSR500 AUS
7
MAL
6
JPN
4
SPA
NC
AUT
6
GER
3
NED
6
EUR
NC
RSM
4
GBR
5
CZE
7
ITA
8
USA
6
FIM
NC
119 7位 0
1994 500cc HRCホンダ NSR500 AUS
5
MAL
3
JPN
3
SPA
NC
AUT
4
GER
6
NED
NC
ITA
5
FRA
5
GBR
9
CZE
2
USA
4
ARG
4
EUR
NC
141 7位 0
1995 500cc レプソル・ホンダ NSR500 AUS
10
MAL
7
JPN
NC
SPA
8
GER
3
ITA
4
NED
8
FRA
4
GBR
6
CZE
5
BRA
10
ARG
9
EUR
2
127 5位 0
1996 500cc レプソル・ホンダ NSR500V MAL
NC
INA
13
JPN
11
SPA
9
ITA
8
FRA
NC
NED
10
GER
9
GBR
10
AUT
NC
CZE
10
IMO
9
CAT
6
BRA
11
AUS
9
77 12位 0
1999 500cc ラッキーストライク・ホンダ NSR500 MAL
-
JPN
7
SPA
-
FRA
-
ITA
-
CAT
-
NED
-
GBR
-
GER
-
CZE
-
IMO
-
VAL
-
AUS
-
RSA
-
BRA
-
ARG
-
9 21位 0
2002 MotoGP レプソル・ホンダ RC211V JPN
4
RSA
-
SPA
-
FRA
-
ITA
-
CAT
-
NED
-
GBR
-
GER
-
CZE
-
POR
-
BRA
-
PAC
-
MAL
-
13 21位 0
カネモト・ホンダ NSR500 AUS
NC
VAL
-
2005 MotoGP マールボロドゥカティ GP5 SPA
-
POR
-
CHN
-
FRA
-
ITA
-
CAT
-
NED
-
USA
-
GBR
-
GER
-
CZE
-
JPN
-
MAL
-
QAT
-
AUS
-
TUR
DSQ
VAL
-
0 - 0
2007 MotoGP プラマック・ダンティーン・ドゥカティ GP7 QAT
-
SPA
-
TUR
-
CHN
-
FRA
-
ITA
-
CAT
-
GBR
-
NED
-
GER
-
USA
-
CZE
-
RSM
-
POR
-
JPN
15
AUS
-
MAL
-
VAL
-
1 26位 0
  • 2011年 ロードレース世界選手権MotoGPクラス第15戦に参戦し13位 ホンダ・レーシング・チーム ホンダ・RC212V

鈴鹿8時間耐久ロードレース[編集]

車番 ペアライダー チーム マシン 予選順位 決勝順位 周回数
1988 38 田口益充 SEEDレーシングチーム・ホンダ RVF750 10 7位 197
1991 17 ダリル・ビーティー ペンタックス・ホンダRT RVF750 2 7位 187
1992 7 辻本聡 チームHRC RVF750 4 Ret 196
1994 6 武石伸也 am/pmホンダ RVF/RC45 2 3位 183
1995 4 辻本聡 チームHRC RVF/RC45 6 2位 212
1996 7 辻本聡 TRFホンダ RVF/RC45 2 11位 209
1997 33 宇川徹 ホリプロ・ホンダwith HART RVF/RC45 9 1位 186
1998 33 宇川徹 ラッキーストライク・ホンダ RVF/RC45 1 1位 212
1999 33 宇川徹 ラッキーストライク・ホンダ RVF/RC45 1 Ret 147
2000 33 鎌田学 チーム・キャビン・ホンダ VTR1000SPW 5 8位 206
2003 778 辻村猛 F.C.C. TSR ZIP-FM Racing Team CBR954RR 1 3位 210
2004 778 辻村猛 F.C.C. TSR ZIP-FM Racing Team CBR1000RR 1 Ret 48
2005 778 辻村猛 F.C.C. TSR ZIP-FM Racing Team CBR1000RR 1 14位 191
2006 778 辻村猛 F.C.C. TSR ZIP-FM Racing Team CBR1000RR 1 1位 214
2007 778 手島雄介 F.C.C. TSR ZIP-FM Racing Team CBR1000RR 5 3位 215
2008 2 辻村猛 F.C.C. TSR Honda CBR1000RR 1 Ret 69
2009 1 秋吉耕佑 F.C.C. TSR Honda CBR1000RR 1 9位 178
2010 33 玉田誠 ケーヒン・コハラ・レーシングチーム CBR1000RR 3 2位 214
2011 11 秋吉耕佑/清成龍一 F.C.C. TSR Honda CBR1000RR 4 1位 217
2013 104 山口辰也/渡辺一馬 TOHO Racing with MORIWAKI CBR1000RR 9 7位 211
2014 090 渡辺一馬/長島哲太 au&Teluru ・ Kohara RT CBR1000RR 12 35位 158
2017 79 ダミアン・カドリン / グレッグ・ブラック Team SuP Dream Honda CBR1000RR 14 42位 193

4輪[編集]

記録[編集]

  • 鈴鹿8時間耐久ロードレース最多ポールポジション 7回(2003年 - 2006年は4年連続の獲得・2008年現在)
  • 全日本ロードレース選手権最多優勝 28勝(2008年シーズン終了時)

テレビ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1987年度の全日本ジュニア250クラスの時代にもこの傾向ははっきりあらわれていて、ただ一人複数回の優勝(3勝)を記録していながら成績が安定せず年間成績は5位にとどまり、1勝もしていない嶋村健太にシリーズチャンピオンを攫われている。武集書房 RIDING SPORT 1987-88 YEAR BOOK P144,145

出典[編集]

  1. ^ 三栄書房 RIDING SPORT 2010年4月号インタビュー記事より
  2. ^ 留年 - JMRA・2010年11月9日
  3. ^ STINGER レーシングナビ 4月21日号 - STINGER・2011年4月21日
  4. ^ 東京中日スポーツ・2011年8月1日付 1面
  5. ^ <世界耐久選手権> 2016-2017 開幕戦に伊藤真一出場決定! - オートバイ・2016年9月6日
  6. ^ #5 F.C.C. TSR Hondaが5位。シングルフィニッシュでシーズンスタート - 本田技研工業
  7. ^ 鈴鹿8耐:伊藤真一が3年ぶりに8耐へ参戦。ホンダのサプライヤー連合チームから - オートスポーツ・2017年3月25日
  8. ^ 武集書房 RIDING SPORT 1987-88 YEAR BOOK P144,145

外部リンク[編集]