ダリル・ビーティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダリル・ビーティー
Daryl Beattie 2007 Oct.jpg
グランプリでの経歴
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
活動期間 1989年 - 1997年
チーム ホンダヤマハスズキ
レース数 59
チャンピオン 0
優勝回数 3
表彰台回数 14
ポールポジション回数 0
ファステストラップ回数 1
初グランプリ 1989年 250cc オーストラリアGP
初勝利 1993年 500cc ドイツGP
最終勝利 1995年 500cc ドイツGP
最終グランプリ 1997年 500cc オーストラリアGP
テンプレートを表示

ダリル・ビーティー ( Daryl Beattie, 1970年9月26日 - ) は、オーストラリアクイーンズランド州チャールビル出身の元オートバイレーサー。

ロードレース経歴[編集]

1989年フィリップアイランドで開催されたオーストラリアGP、250ccクラスのワイルドカード枠でロードレース世界選手権初参戦を果たす。非力なマシンながらポールポジションを獲得、トップ争いに絡み、毎周メインストレートで3,4台に抜かれてもそれ以外の部分で抜き返すバトルを繰り広げた。

その後ビーティーは全日本ロードレース選手権500ccクラスにNSR500を駆って参戦し、1992年にはシリーズチャンピオンを獲得した。また同年の鈴鹿8耐ではワイン・ガードナーと組んでRVF750で優勝を果たした。さらに同年にはロードレース世界選手権開幕戦の日本GPでワイルドカード参戦枠で500ccクラスGPデビューを果たし、そのレースで右足を骨折してしまったガードナーの代役として続く第2戦イースタンクリーク 、第3戦シャーアラムにもカネモト・ホンダから出場。それぞれ3位・6位に入る活躍を見せた。

前年の活躍が認められ、1993年にはホンダワークスのロスマンズ・ホンダからミック・ドゥーハンのチームメイトとしてGPフル参戦デビューを果たした。第6戦ホッケンハイムで初優勝し、年間ランキングではケビン・シュワンツウェイン・レイニーに次ぐ3位を獲得した。ホンダは翌年にビーティーをスーパーバイク世界選手権に起用する考えだった。しかし、本人はGPに留まることを望んでいたため、この年限りでビーティはホンダを去ることになってしまった。

1994年シーズンはチーム・ロバーツヤマハからの出場となった。第9戦ル・マンではクラッシュでチェーンとリアスプロケットの間に挟んだ片足の指を全て失う大怪我を負い、3戦を欠場。その間の代役は阿部典史が務めた。結局この年ビーティーは表彰台に立つこともなく、シリーズ13位に沈んだ。

1995年にはラッキーストライク・スズキチームに移籍し、この年がビーティーのベストシーズンとなった。シーズン前半はチャンピオン争いをリードし、第7戦アッセンでの転倒・重傷の影響によりドゥーハンに逆転を許してしまったが、シリーズ2位を獲得した。

1996年、ビーティーはシーズン開幕前のテストでのクラッシュで頭部に重傷を負ってしまう。開幕から2戦を欠場し、一時復帰したが第4戦ヘレス・第6戦ポールリカールと相次いでクラッシュ、再び欠場することになった。結局この年はわずか4戦の出場となり、シリーズ18位に終わった。

1997年もスズキに残留し苦闘を続けたが、かつての輝きが戻ることはなく、ビーティーはこの年限りでロードレースから引退することになった。

その後[編集]

2002年、ビーティーは地元オーストラリアで人気のV8スーパーカーにImrie Motor Sportチームからホールデン・コモドアVXを駆って参戦。サンダウン500バサースト1000に出場したが、それぞれ25位、リタイヤに終わった。

現在、ビーティーはオーストラリアのチャンネル10でコメンテーターを務めている。

主な戦績[編集]

全日本ロードレース選手権[編集]

  • 1991年 TT-F1クラス ランキング6位 / GP500クラス ランキング11位(ホンダ
  • 1992年 GP500クラス チャンピオン(ホンダ

ロードレース世界選手権[編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス チーム マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位 勝利数
1989 250cc ホンダ RS250 JPN
-
AUS
12
USA
-
SPA
-
ITA
-
GER
-
AUT
-
YUG
-
NED
-
BEL
-
FRA
-
GBR
-
SWE
-
CZE
-
BRA
-
4 35位 0
1990 250cc NSR250 JPN
-
USA
-
SPA
-
ITA
-
GER
-
AUT
-
YUG
-
NED
-
BEL
-
FRA
-
GBR
-
SWE
-
CZE
-
HUN
-
AUS
4
13 22位 0
1992 500cc ロスマンズホンダ NSR500 JPN
NC
AUS
3
MAL
6
SPA
-
ITA
-
EUR
-
GER
-
NED
-
HUN
-
FRA
-
GBR
-
BRA
-
RSA
-
18 14位 0
1993 500cc NSR500 AUS
4
MAL
2
JPN
3
SPA
6
AUT
7
GER
1
NED
NC
EUR
4
RSM
6
GBR
6
CZE
6
ITA
7
USA
5
FIM
2
176 3位 1
1994 500cc マールボロヤマハ YZR500 AUS
NC
MAL
10
JPN
28
SPA
NC
AUT
8
GER
NC
NED
7
ITA
6
FRA
-
GBR
-
CZE
-
USA
NC
ARG
NC
EUR
5
44 13位 0
1995 500cc ラッキーストライクスズキ RGV-Γ500 AUS
2
MAL
2
JPN
1
SPA
7
GER
1
ITA
2
NED
-
FRA
3
GBR
2
CZE
3
BRA
4
ARG
2
EUR
5
215 2位 2
1996 500cc RGV-Γ500 MAL
-
INA
-
JPN
5
SPA
NC
ITA
4
FRA
-
NED
-
GER
-
GBR
-
AUT
-
CZE
-
IMO
-
CAT
NC
BRA
-
AUS
-
24 18位 0
1997 500cc RGV-Γ500 MAL
NC
JPN
NC
SPA
12
ITA
5
AUT
11
FRA
12
NED
7
IMO
13
GER
12
BRA
13
GBR
6
CZE
10
CAT
17
INA
12
AUS
DNS
63 11位 0

鈴鹿8時間耐久ロードレース[編集]

車番 ペアライダー チーム マシン 予選順位 決勝順位 周回数
1991 17 伊藤真一 ペンタックスホンダ・レーシングチーム ホンダ・RVF750 2 7位 187
1992 11 ワイン・ガードナー OKIホンダ・レーシングチーム ホンダ・RVF750 5 1位 208
1993 11 マイケル・ドゥーハン チームHRC ホンダ・RVF750 1 4位 206

外部リンク[編集]