水谷勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水谷勝(みずたに まさる, 1949年10月7日生 - )は、愛知県出身のオートバイロードレースライダー。

来歴[編集]

「東海の暴れん坊」、「ミスター・スズキ」の異名を持つ 。

1982年に、全日本ロードレース選手権の最高峰である500ccのクラスにおいて、参戦レース7戦全勝で、国際A級500ccクラスチャンピオンに輝く。1980年代、全日本ロードレース選手権最高峰の国際A級500ccロードレースにおいて、スズキのエースライダーとして、ライバルであるヤマハ平忠彦との壮絶なバトルを展開し、ロードレースを盛り上げた。1985年から1987年にかけては、ウォルター・ウルフのカラーリングで参戦した。

現在は、自身のロードレースチームであるTeam MIIR(チーム エム・ツー・アール)を立ち上げ、全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス、鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦を行っている。

戦績[編集]

  • 1976年 - 全日本筑波大会ジュニア250ccでロードレース初出場 ジュニア250ccクラス チャンピオン
  • 1977年 - 国際A級昇格
  • 1979年 - 全日本ロードレース選手権 国際A級750ccクラス チャンピオン
  • 1981年 - スズキ契約ライダーとなる。
  • 1982年 - 全日本ロードレース選手権 国際A級500ccクラス チャンピオン(7戦全勝)
  • 1984年 - 全日本ロードレース選手権500ccクラス ランキング4位
  • 1985年 - 全日本ロードレース選手権500ccクラス ランキング2位(ウォルター・ウルフカラー)
  • 1986年 - 全日本ロードレース選手権500ccクラス ランキング3位(ウォルター・ウルフカラー)世界選手権スポット参戦(オランダ14位、ベルギー13位)
  • 1987年 - 全日本ロードレース選手権500ccクラス ランキング5位(ウォルター・ウルフカラー)
  • 1988年 - 全日本ロードレース選手権500ccクラス ランキング4位
    • ロードレースを一時引退、四輪のレースに参戦する傍ら、若手ライダーの育成を行う
  • 1997年 - ロードレース活動を再開。鈴鹿8時間耐久レースに参戦 36位
  • 1998年 - 鈴鹿8時間耐久レース リタイア(チーム ライディングスポーツ)阿部孝夫と組んで出場
  • 1999年 - 鈴鹿8時間耐久レース 24位(チーム ライディングスポーツ)阿部孝夫と組んで出場
  • 2000年 - 鈴鹿8時間耐久レース 37位(スズキ創立80周年記念チーム)
  • 2001年 - 鈴鹿8時間耐久レース 34位(Team SURF JAJA)
  • 2002年 - 鈴鹿8時間耐久レース 34位(Team MIIR)
  • 2003年 - 鈴鹿8時間耐久レース 24位(Team MIIR)
  • 2004年 - 鈴鹿8時間耐久レース 規定周回数走行できず(Team MIIR)
  • 2005年 - 鈴鹿8時間耐久レース 19位(Team MIIR)
  • 2006年 - 鈴鹿8時間耐久レース 23位(Team MIIR)

水谷とウォルターウルフ[編集]

1984年よりスズキはワークス活動をとりやめたため、水谷は1984年よりプライベーターとして、全日本ロードレース選手権500ccクラスに参戦を行っていた。

1985年、スズキは、市販車であるRG-Γシリーズの販売促進のために、ウォルター・ウルフのイメージカラーをファクトリーレーサーであるRG-Γ(XR70)に施し、水谷勝にイメージ戦略を委ねる。

水谷の走りと、ウォルター・ウルフのデザイン性から、市販車のRG-Γシリーズは、大ヒットの商品となり、関連のヘルメットやレーシングスーツ、ブルゾンなどの商品も数多く販売され、ヒット商品となる。

1986年には、ファクトリーレーサーを改良しXR70/50とするが、基本的に開発が終了しているファクトリーレーサーは他メーカーのファクトリーレーサーより、絶対的なパワーが不足している中、腕でライバルの平忠彦等と戦っていた。

1987年、スズキはファクトリー活動を再開。エンジン形式は旧来のスクエア4タイプからV型4気筒へと変更され、形式名もRGV-Γ(XR72)となった。産声を上げたばかりのマシンだったが、水谷は第2戦筑波大会で優勝を修めた。しかしこの年をもって、スズキのウォルター・ウルフブランドの版権契約が終了。翌1988年からはスズキワークスの青白のカラーリングとなった。

ウォルター・ウルフカラーで市販したバイクはRG-Γシリーズ(50cc~500cc)のみならず、Hiというスクーターも存在した。

「風の会」[編集]

水谷はスズキテストコースで行われた、ユーザー参加の走行会にゲスト参加していた車椅子の青年を誘いテストコースでタンデム走行を行った

そのとき同乗した下半身不随の青年は、コーナーに差し掛かる度に、水谷の尻を太股で締める動きを見せた。

動かない筈の足に力が入ったことでオートバイに乗ることがリハビリになる可能性があると感動、この感動をプロライダーの仲間にも分かち合って欲しいと2002年にボランティア団体「風の会」を結成した。

水谷は会長、副会長には上田昇が就任。毎年鈴鹿サーキットで開催される鈴鹿8時間耐久ロードレースの決勝前日、鈴鹿サーキットに現役・OBのライダーが集結し、身障者の方々を招待して、サーキットのコースをプロライダーが運転するバイクに同乗して2周するというイベントを開催している。

関連項目[編集]