ケーヒン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ケーヒン
KEIHIN CORPORATION
Keihin company logo.svg
Shinjuku-Nomura-Building-01.jpg
ケーヒン本社が入居していた新宿野村ビルディング
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7251
1964年12月10日 - 2020年11月11日
本社所在地 日本の旗 日本
163-0539
東京都新宿区西新宿一丁目26番2号
新宿野村ビル39F
設立 1956年(昭和31年)12月19日
(株式会社京浜精機製作所)
業種 輸送用機器
法人番号 8011101023179 ウィキデータを編集
事業内容 自動車部品の製造販売
代表者 相田 圭一(代表取締役社長)
資本金 69億32百万円
(2016年3月31日現在)
売上高 連結:3,492億2,000万円
(2019年3月期)
営業利益 連結:262億5,900万円
(2019年3月期)
総資産 連結:3,151億8,900万円
(2019年3月31日現在)
従業員数 連結:22,624人
(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 本田技研工業(株) 100%
(2020年11月13日現在)
外部リンク https://www.hitachiastemo.com/jp/
特記事項:2021年1月1日に日立オートモティブシステムズへ吸収合併され解散。
テンプレートを表示

株式会社ケーヒンKeihin Corporation)は、かつて存在した本田技研工業(ホンダ)系最大手の総合システムメーカー。本社は東京都新宿区。本田技研工業の100%子会社。

概要[編集]

SUPER GT参戦車両 (KEIHIN NSX CONCEPT-GT)

本田技研工業系列だが、ヤマハ発動機スズキ川崎重工業ハーレーダビッドソン等、国内外の主要二輪メーカーにも部品を供給していた。特にカワサキとは1980年代以降結び付きが強い。2019年にはトヨタ自動車向けの部品も受注した[1]

正式な社名はケーヒンだが、かつての京浜精機時代には一般にケイヒン(ロゴのローマ字もKEIHIN)と呼ばれていたため、近年でもケイヒンと表記されることが多かった。

二輪・四輪用各種システムを開発、製造しており、燃料供給系としてキャブレターフューエルインジェクションが主力。その他にもトランスミッション系部品、カーエアコン関連、ガソリンハイブリッドエンジン用の電子制御系関連、圧縮天然ガスエンジン関連、各種産業用バルブなどをラインナップしていた。

キャブレターメーカーとしては世界でもトップクラスのシェアを持ち、特に同社のオートバイ用FCRキャブレターは多くのライダーからの絶大な人気を誇り、しばしば四輪にも転用された。

自動車レース世界最高峰のフォーミュラ1インディカー・シリーズ(IRL)、SUPER GT(旧・全日本GT選手権)などへのフューエルインジェクターや、二輪車レースのスーパーバイク世界選手権耐久レースモトクロストライアルなどへの燃料供給部品の販売等も手がけている。SUPER GTでは17号車、KEIHIN REAL RACINGのスポンサーを2009年から務めており、後述のレースクイーンを輩出した他、会社自体とファンを繋ぐ架け橋的な役割を担う『Keihin Blue Navigator』(ケーヒン・ブルーナビゲーター)を設置。初年度の2017年栗沢綾乃[2]2018年以降は英美里[3]がKeihin Blue Navigatorを務めていた。

拠点やグループ企業は、スポーツランドSUGOに近い宮城県仙台都市圏仙南圏ツインリンクもてぎに近い北関東工業地域、その他、バイク関連企業が多い京浜工業地帯鈴鹿サーキット周辺、浜松市などに立地していた。

日立グループとの合併[編集]

2019年10月30日、親会社である本田技研工業は当社、ショーワ日信工業の3社の株式を株式公開買付けで取得することを発表。3社は株式公開買付け成立後、本田技研工業の完全子会社となった。その後、2021年1月1日[4]に日立オートモティブシステムズを存続会社とした経営統合(同社は同日に日立Astemoと社名変更[5])を実施し、ケーヒンは解散した[6]

空調事業に関しては、本田技研工業と日立製作所以外の第三者へ譲渡を行う予定[7]としていたが、2020年10月23日に日本・タイ・北米の同事業についてはマーレベーアジャパンに譲渡することを発表した[8]

なお、キャブレターなどにおける KEIHIN(ケーヒン)の名称、ブランドは合併後も存続する[9]

沿革[編集]

  • 1956年 - 株式会社京浜精機製作所として設立。
  • 1964年 - 東京証券取引所2部に上場。
  • 1994年 - 東京証券取引所1部に上場。
  • 1997年4月 - 同じ本田技研工業グループの株式会社ハドシス、株式会社電子技研と合併し、株式会社ケーヒンに社名変更。
  • 2002年7月 - 本社を東京都新宿区西新宿一丁目26番2号に移転。
  • 2005年6月 - 神奈川県横浜市に株式会社ケーヒンバルブを設立。
  • 2012年1月 - 昭和電工株式会社から自動車空調用熱交換器事業等を株式取得により譲受け、株式会社ケーヒン・サーマル・テクノロジー、ケーヒン・サーマル・テクノロジー・オブ・アメリカ・インコーポレーテッド、ケーヒン・サーマル・テクノロジー(タイランド)カンパニー・リミテッド、大洋昭和汽車空調(大連)有限公司(現・京濱大洋冷暖工業(大連)有限公司)およびケーヒン・サーマル・テクノロジー・チェコ・エスアールオーを子会社化。
  • 2013年1月 - 株式会社金津製作所と株式会社京浜総業が合併。同時に存続会社である金津製作所の商号を、株式会社ケーヒンサクラに変更。
  • 2018年10月 - 株式会社ケーヒンワタリと株式会社ケーヒンサクラが合併。同時に存続会社であるケーヒンワタリの商号を、株式会社ケーヒンマニュファクチュアリングに変更。
  • 2020年
    • 10月16日 - 本田技研工業による株式公開買付けが成立[10]
    • 11月11日 - 東京証券取引所1部上場廃止[11]
    • 11月13日 - 株式売渡請求により、本田技研工業の完全子会社となる。
  • 2021年
    • 1月1日 - 日立オートモティブシステムズ(同日付で日立Astemoへ商号変更)へ吸収合併され解散。
    • 2月1日 - マーレベーアジャパンに日本・タイ・北米の空調事業を譲渡[8]

拠点所在地[編集]

グループ企業[編集]

  • 株式会社ケーヒンマニュファクチュアリング(宮城県亘理郡亘理町
  • 株式会社ケーヒン那須(栃木県那須烏山市
  • 株式会社ケーヒンエレクトロニクステクノロジー(宮城県仙台市青葉区
  • 株式会社ケーヒンバルブ(神奈川県横浜市磯子区
  • 株式会社ケーヒン・サーマル・テクノロジー(栃木県小山市

その他海外子会社として、以下のような拠点(工場・営業所)を持つ。国別の内訳は以下の通り。

レースクイーン[編集]

Keihin Blue Beauties
メンバー
2009年 柏木美里春那美希
2010年 清水恵美水乃麻奈
2011年 遠藤ゆきえ、青葉ちえり
2012年 春那美希、城品萌音
2013年 佐藤彩奈采女華
2014年 佐藤彩奈、大山美保
2015年 千葉悠凪、采女華
2016年 千葉悠凪、安倍有里子
2017年
2018年
2019年
蒼怜奈
2020年 横田りかSGT・REAL RACING担当)
野中はな全日本ロードレース・SI Racing担当)
  • 12年続いたKeihinのRQ史に於いて20歳未満のメンバーは一人もおらず、采女華[注 1]と安倍有里子[注 2]の満23歳が最年少。蒼怜奈[注 3]の満30歳が最年長記録となっている。
  • 日本レースクイーン大賞では、2014年に大山美保[12]、2015年に千葉悠凪[13]がファイナリスト5名の中に入ったが、いずれもグランプリ受賞はならなかった。またKeihinからのレースクイーン・オブ・ザ・イヤー受賞者は一人も出なかった。
  • なお、新会社の日立Astemoでは、横田りかが「Astemo Muse」(アステモ・ミューズ)としてSUPER GTのレースクイーンを継続(2022年現在[14])。英美里も「Astemo Ambassador」(アステモ・アンバサダー)として引き続き新会社のプロモーション及びモータースポーツ活動に携わっている[15][14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1990年平成2年〉生。
  2. ^ 1993年〈平成5年〉生。
  3. ^ 1987年昭和62年〉生。

出典[編集]

  1. ^ 「社内の空気は変わってきた」トヨタから初受注でホンダ系大手サプライヤーが得た果実”. ニュースイッチ (2019年8月12日). 2020年3月25日閲覧。
  2. ^ KBB&KBN? KEIHINのレースクイーンは今年から新たな試みがスタート”. AUTOSPORT web. 株式会社三栄 (2017年3月28日). 2021年3月14日閲覧。
  3. ^ レースクイーンふたりがナビゲートするケーヒンのモータースポーツサイトがリニューアル”. AUTOSPORT web. 株式会社三栄 (2018年4月5日). 2021年3月14日閲覧。
  4. ^ 日立オートモティブシステムズ株式会社、株式会社ケーヒン、株式会社ショーワおよび日信工業株式会社の経営統合に関する吸収合併契約締結および効力発生日決定のお知らせ - 日立製作所・本田技研工業・日立オートモティブシステムズ・ケーヒン・ショーワ・日信工業 2020年11月18日(2020年11月27日閲覧)
  5. ^ 統合会社は、日立Astemo(アステモ)へ 新商号および事業ブランドを決定 - 日立オートモティブシステムズ・ケーヒン・ショーワ・日信工業 2020年10月19日(2020年11月27日閲覧)
  6. ^ 日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワおよび日信工業は経営統合を完了し、日立Astemoとして営業開始日立Astemo 2021年1月6日
  7. ^ 日立オートモティブシステムズ株式会社、株式会社ケーヒン、株式会社ショーワ及び日信工業株式会社の経営統合に関するお知らせ日立製作所、本田技研工業、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業 2019年10月30日
  8. ^ a b 空調事業の一部譲渡に関する連結子会社の異動(株式譲渡)及び非継続事業からの四半期損失の計上に関するお知らせケーヒン 2020年10月23日
  9. ^ 二輪車用キャブレター”. 日立Astemo(アステモ). 2022年7月20日閲覧。
  10. ^ 本田技研工業株式会社による当社株式に対する公開買付けの結果並びに親会社及びその他の関係会社の異動に関するお知らせケーヒン 2020年10月16日
  11. ^ 本田技研工業株式会社による当社株式に係る株式売渡請求を行うことの決定、当該株式売渡請求に係る承認及び当社株式の上場廃止に関するお知らせケーヒン 2020年10月23日
  12. ^ 日本レースクイーン大賞2014”. 日本レースクイーン大賞. 歴代受賞者HISTORY. 2021年3月14日閲覧。
  13. ^ 日本レースクイーン大賞2015”. 日本レースクイーン大賞. 歴代受賞者HISTORY. 2021年3月14日閲覧。
  14. ^ a b 【RQ決定情報2022】日立Astemoレースクイーンと日立Astemoアンバサダーが発表”. AUTOSPORT web. 株式会社三栄 (2022年3月17日). 2022年3月18日閲覧。
  15. ^ 日立Astemoがローンチイベントを鈴鹿サーキットで開催。一新された赤いカラーでチャンピオンを目指す”. AUTOSPORT web. 株式会社三栄 (2021年3月14日). 2021年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]