土屋武士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土屋 武士
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-11-01) 1972年11月1日(45歳)
出身地 神奈川県藤沢市

土屋 武士(つちや たけし、1972年11月4日 - )は、日本のレーシングドライバー神奈川県藤沢市出身。神奈川県立湘南高等学校出身。

経歴[編集]

父・春雄がレースガレージ「つちやエンジニアリング」を営んでいた影響からレーサーになろうと決心する。しかし父はこれに猛反対し、県内有数の進学校の高校に進学することを条件に認めるといったところ、これをクリアした。こうした熱意から遂にレーサーになることを認められた。

1989年にカートレースデビュー。1992年にFJ1600でレースデビューし、デビュー戦で優勝。また、この年にはテレビ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の企画「めざせ!ポールポジション」に参加。1994年には全日本F3選手権にステップアップする(F3には1997年まで参戦したほか、2000年にも参戦している)。

1995年には全日本GT選手権(JGTC)にスポット参戦を開始。1997年にはGT300クラスに春雄が手掛けた「つちやMR2」でフル参戦を果たす。1998年はGT500クラスに初のフル参戦(日産・スカイラインGT-R)。1999年には再びGT300クラスに戻り日産・シルビアをドライブし、シリーズ2位を獲得。2000年にはGT500へ再昇格しTOM'Sよりトヨタ・スープラで参戦した。

当時はJGTCでは良い結果を出していたものの、フォーミュラではあまり良い結果が出なかったため「典型的なハコドライバー」としての評価が一般的だったが、本人自身はフォーミュラ志向が非常に強く、そのチャンスを得るために2000年には自費で全日本選手権フォーミュラ・ニッポンにスポット参戦(参戦枠はKONDO Racingのものを借り、マシンは前年使用していたノバエンジニアリングのものを借りての参戦で、チーフエンジニアは当時ノバ代表の猪瀬良一が務めるなど、レース仲間が支援してくれた部分も多い[1])。それまでプロドライバーとして貯めこんだ貯金を全てはたいたというこの参戦は10位という結果に終わるものの、この時のドライビングが関係者の注目を浴び、2001年にはARTAよりフォーミュラ・ニッポンへのフル参戦が実現し、2002年には自己最高位であるシリーズ4位の成績を収めている。2003年はARTAが撤退したためTEAM LeMansに移籍し参戦した(~2005年)。2006年はフォーミュラ・ニッポンのレギュレーションが大幅に変更された(TOYOTAエンジンの参入・新シャシーの導入)改革元年であり、新規に参戦するチームが増加したが、その新規チームの一つであるTOM'Sから参戦している。

一方JGTCでは、2003年に元F1ドライバーのエリック・コマスをパートナーに、最終戦までシリーズチャンピオン争いを展開するが、惜しくもチャンピオン獲得を逃している。その後2004年は、マルコ・アピチェラをパートナーに参戦。SUPER GTに名称が変更された2005年はジェームス・コートニーをパートナーに参戦した。この年も最終戦までチャンピオン争いをするが、惜しくも逃してしまった。2006年からはつちやエンジニアリングに復帰し参戦するが、予想外の苦戦となり、2002年の第3戦以来続いていた連続ポイント獲得記録がこの年の第5戦でストップしている。

2007年はフォーミュラ・ニッポンのシートを喪失したが、SUPER GTには前年と同様の体制で臨んでいる。

2008年はDoCoMo DANDELIONからフォーミュラ・ニッポンに参戦したが、シーズン終了後、チャンピオンを狙う体力が無くなったことを理由にフォーミュラ・ニッポン引退を表明した[2]一方で前年と同じ体制で参戦したSUPER GTでは現役続行を宣言している。

2009年は一ツ山レーシングからアストンマーティンDBR9でGT500クラスに参戦する。一方で、フォーミュラ・ニッポンに参戦するドライバー達で構成される「フォーミュラ・レーシング・ドライバー・アソシエイション(FRDA)」の会長に就任し、フォーミュラ・ニッポン参戦経験者としての立場からドライバーの要望を主催者側に伝える役割を担うことになった[3]

2010年は、GT300クラスに自らのチームである「Team SAMURAI」で、第3戦よりGT300クラスにポルシェ997GT3RSRで参戦する。さらに、友人である青木拓磨と共に新たに「takuma-gp team KOMACHI」を結成し、スーパー耐久・ST4クラスに参戦する。これに伴い、藤沢市に自ら経営するメンテナンスガレージとして「サムライガレージ」をオープンさせた(2013年3月に「25Racing」に店名を変更)。

2011年からはチームルマンから独立しフォーミュラ・ニッポンに参入するキグナス・スノコ(ドライバーは石浦宏明)の監督に就任する。

2013・2014年にはマカオグランプリ、2014年にはアジアン・ル・マン・シリーズなど海外レースGTレースにも参加した。

2015年は、2008年限りで活動休止となっていた「つちやエンジニアリング」の名称を引き継ぎ、GT300クラスに参戦する。第6戦SUGOにおいて今シーズン初優勝とともに、1999年以来、実に16年ぶりの優勝を果たす。

2016年も、前年と同じく松井孝允とのコンビでGT300に参戦。今年でメインドライバーを勇退することを発表したため、最後のフルシーズン参戦となる。最終戦にて今季2勝目となる勝利を飾り、マザーシャーシ勢初にして最後のチャンスで自身初のチャンピオンに輝く。またこの年からTOYOTA GAZOO Racingの一員としてRC-Fニュルブルクリンク24時間レースにデビュー。SP-PROクラス優勝を収めている。

現在はレーシングドライバー・監督としての活動以外に、J SPORTSのモータースポーツ中継(フォーミュラ・ニッポン、SUPER GT)で時折解説者も務めている。過去のドライバー経験はもちろんのこと、土屋エンジニアリングでメカニックとしての修行を積んだ経験もあるため、ドライバー・エンジニア双方の目線からの解説を一人でこなせるのが強みだという[4]。前述のように2016年シーズンをもってメインドライバーとしては勇退をする。

レース戦績[編集]

  • 1990年 - 大井松田SL83・フレッシュマンクラス でカートデビュー
  • 1991年 - 大井松田SL83・エキスパートクラス(シリーズチャンピオン)
  • 1992年 - FJ1600オートポリスシリーズ・最終戦<スポット参戦>(優勝)
  • 1993年
    • FJ1600鈴鹿シリーズ(#81 東栄 STP MF103/FRDMF-103)(2勝)
    • FJ1600TIシリーズ(#81 東栄 STP MF103/FRDMF-103)
    • FJ1600筑波シリーズ(#81 東栄 STP MF103/FRDMF-103)(1勝)
    • フォーミュラ・ミラージュシリーズ(#1 阪急交通社FM/レイナード)(シリーズ2位・2勝)
    • フォーミュラ・トヨタ東日本シリーズ(#25 フォーミュラ・トヨタ/FT20)
    • インターナショナル鈴鹿1000kmレース(#26 eifプレリュード/BB4)(総合18位)
  • 1994年
    • 全日本F3選手権(#15 TOEI TOM'S 033F/トムス033F 3S-G)(シリーズ13位)
    • インターナショナル鈴鹿500kmレース(#69 シビック/EG9)(総合15位)
    • JAFトロフィーインターナショナル ポッカ1000km耐久レース(#75 ADVANサムライシビック/EG6)(総合24位・クラス4位)
    • '94筑波ナイター9時間&3時間耐久レース・3時間レース(#53 シビック/EG-6)(総合12位)
    • 第11回SUGO 300km耐久レース(#74 ADVANトラストシビック)(総合32位)
  • 1995年
    • 全日本F3・Jクラス選手権(#16 ENDLESS F394-J/ダラーラF394 3S-G)(シリーズ3位)
    • 全日本GT選手権・クラス1<Rd.2>(#34 タイサン スタガードGT-2/ポルシェ911GT2)<Rd.4>(#34 STPタイサンポルシェGT2/ポルシェ911GT2)(シリーズ24位)
    • N1耐久シリーズ・Class4(#73 Castrol CIVIC/EG-6)(シリーズ5位)
    • NICOS CUP 十勝24時間レース(#73 Castrol CIVIC/EG-6)(総合13位)
    • フォーミュラ・ミラージュシリーズ<スポット参戦>(#31 FORMULA MIRAGE/レイナード)(決勝9位)
  • 1996年
    • 全日本F3選手権(#16 カリスマラリーアートF395/ダラーラF395 HKS)(シリーズ6位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス<Rd.1-3>(#35 タイサンポルシェGT2/ポルシェ911GT2)(シリーズ20位)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス<Rd.5,6>(TEAM TAISAN Jr #28 つちやMR2/SW20 3S-GTE)(シリーズ12位)
    • スパ・フランコルシャン24時間耐久レース(クラス4位)
    • N1耐久シリーズ (#51 ミラージュAsti/E-CJ4A)(シリーズ7位)
  • 1997年
    • 全日本F3選手権(TEAM NOVA CALISUMA RALLIART #16 阪急交通社カラスマラリーアート/ダラーラF397 HKS4G93)(シリーズ3位・1勝)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(土屋エンジニアリング #25 ATLUSつちやMR2/SW20 3S-GTE)(シリーズ3位・1勝)
    • N1耐久シリーズ (#51 ミラージュAsti/E-CJ4A)(シリーズ6位)
  • 1998年
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(AUTOBACS RACING TEAM AGURI #50 ARTAスカイライン/BCNR33 RB26DETT)(シリーズ12位)
    • 全日本ツーリングカー選手権(#24 ADVAN エクシヴ/ST202 3S-GE)(シリーズ6位)
    • ル・マン24時間レース・LMP1クラス(クラージュニッサン)
  • 1999年
    • フォーミュラ・ドリームシリーズ(#20 ベースセッティングカー FD99/FD99 MF224)(2勝)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(NISMO #15 ザナビィARTAシルビア/S15 SR20DET)(シリーズ2位・3勝)
    • スーパー耐久シリーズ(#10 エンドレスアドバン GTR/スカイラインGT-R BNR34)
    • Pokka 1000km・GT500クラス(Team国光with MOONCRAFT #100 RAYBRIG NSX/NA2 C32B)(総合4位)
    • ル・マン富士1000kmN‐GT500クラス(TOYOTA TEAM TOM'S #35 マツモトキヨシ・トムス・スープラ/JZA80 3S-GTE)(総合4位・クラス優勝
  • 2000年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<スポット参戦Rd.9>(Olympic KONDO Racing Team #4/GフォースGF03 MF308)(決勝10位)
    • 全日本F3選手権(ThreeBond RACING #9 ThreeBond/ダラーラF399 SR20VE)(シリーズ8位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TOYOTA Castrol TEAM TOM'S #36 カストロール・トムス・スープラ/JZA80 3S-GTE)(シリーズ17位)
    • 第7回十勝24時間レース(#10 エンドレスアドバンスープラ)(総合優勝)
  • 2001年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(AUTOBACS RACING TEAM AGURI #56/レイナード99L MF308)(シリーズ8位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TOYOTA TEAM TOM'S #36 カストロール・トムス・スープラ/JZA80 3S-GTE)(シリーズ12位)
    • 第8回十勝24時間レース(JIC with CRAFT #38 JICクリスタルアルテッツァ)(総合16位・クラス4位)
    • マツダ ロードスター フェスタ イン 筑波(#27 ロードスター/NB6C)(決勝19位)
  • 2002年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(TEAM LeMans #8/レイナード01L MF308)(シリーズ4位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TOYOTA TEAM TOM'S #36 トクホン・トムス・スープラ/JZA80 3S-GTE)(シリーズ7位)
  • 2003年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Forum eng, ARTA Team LeMans #8/ローラB351 MF308)(シリーズ8位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TOYOTA TEAM TOM'S #36 WOODONEトムススープラ/JZA80 3UZ-FE)(シリーズ5位)
  • 2004年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(TEAM LeMans #8/ローラB351 MF308)(シリーズ13位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TOYOTA TEAM TOM'S #36 WOODONEトムススープラ/JZA80 3UZ-FE)(シリーズ7位)
    • スーパー耐久シリーズ・ClassN+<スポット参戦Rd.7>(SPIRIT Motorsport #37 Kosei SPRIT ALTEZZA/SXE10)(総合16位・クラス2位)
  • 2005年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Forum Engineering Team LeMans #8/ローラB351 MF308)(シリーズ8位)
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM TOM'S #36 OPENINTERFACE TOM'S SUPRA/JZA80 3UZ-FE)(シリーズ3位)
  • 2006年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DHG TOM'S RACING #37/ローラB06/51 RV8J)(シリーズ13位)
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM TSUCHIYA #25 ECLIPSE ADVANスープラ/JZA80 3UZ-FE)(シリーズ19位)
  • 2007年 - SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM TSUCHIYA #25 ECLIPSE ADVAN SC430/UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ17位)
  • 2008年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING/ローラB06/51 HF386E)(シリーズ17位)
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM TSUCHIYA #25 ECLIPSE ADVAN SC430/UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ15位)
  • 2009年
    • SUPER GT・GT500クラス<第1,3,7戦>(TEAM NOVA #21 ASTON MARTIN 赤坂 DBR9/アストンマーティン・DBR9
    • アジアン・ル・マン・シリーズ・LMGT1クラス(HITOTSUYAMA TEAM NOVA #61 ASTON MARTIN DBR9)(シリーズ2位・1勝)
  • 2010年
    • SUPER GT・GT300クラス <第3,5-8戦>(SAMURAI TEAM TSUCHIYA #25 ZENT Porsche RSR/ポルシェ997GT3RSR)(シリーズ13位)
    • スーパー耐久シリーズ・ST-4クラス <第1,2,4戦>(takuma-gp team KOMACHI #24 SAMURAI 無限 ADVAN DC5/DC5)
  • 2011年 - SUPER GT・GT300クラス(SAMURAI TEAM TSUCHIYA #25 ZENT Porsche RSR/ポルシェ997GT3RSR)(シリーズ9位)
  • 2012年
    • SUPER GT・GT300クラス <第1-2戦>(TEAM ART TASTE #13 ART TASTE PORSCHE/ポルシェ911 GT3R)
    • SUPER GT・GT300クラス <第6戦>(GREEN TEC LEON with SHIFT #52 GREEN TEC & LEON SLS/メルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3)
  • 2013年 - SUPER GT・GT300クラス(OKINAWA-IMP RACING with SHIFT #52 OKINAWA-IMP SLS/メルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3)(シリーズ5位)
  • 2014年 - SUPER GT・GT300クラス<第1-3戦>(R'Qs Motorsports #22 グリーンテック SLS AMG GT3/メルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3)
  • 2015年 - SUPER GT・GT300クラス(VivaC team TSUCHIYA #25 VivaC 86 MC/トヨタ・86 MC)(シリーズ10位・1勝)
  • 2016年 - SUPER GT・GT300クラス(VivaC team TSUCHIYA #25 VivaC 86 MC/トヨタ・86 MC)(シリーズチャンピオン・2勝)

全日本GT選手権,SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1996年 TEAM TAISAN ポルシェ・911 GT500 SUZ
12
FSW
7
SEN
Ret
MIN
DNQ
20位 4
TEAM TAISAN Jr. トヨタ・MR2 GT300 SUG
4
MIN
6
12位 18
1997年 土屋エンジニアリング GT300 SUZ
3
FSW
Ret
SEN
1
FSW
5
MIN
SUG
3
3位 52
1998年 Autobacs Racing Team Aguri 日産・スカイラインGT-R GT500 SUZ
13
FSW
C
SEN
11
FSW
6
TRM
6
MIN
9
SUG
8
12位 17
1999年 NISMO 日産・シルビア GT300 SUZ
9
FSW
Ret
SUG
1
MIN
1
FSW
Ret
TAI
1
TRM
4
2位 72
2000年 TOYOTA Castrol TEAM TOM'S トヨタ・スープラ GT500 TRM
Ret
FSW
12
SUG
9
FSW
5
TAI
14
MIN
Ret
SUZ
9
17位 12
2001年 TOYOTA TEAM TOM'S GT500 TAI
11
FSW
10
SUG
8
FSW
8
TRM
5
SUZ
5
MIN
7
12位 27
2002年 GT500 TAI
8
FSW
14
SUG
10
SEP
2
FSW
5
TRM
6
MIN
3
SUZ
9
7位 52
2003年 GT500 TAI
6
FSW
10
SUG
2
FSW
7
FSW
5
TRM
2
AUT
8
SUZ
8
5位 61
2004年 GT500 TAI
7
SUG
7
SEP
10
TOK
4
TRM
5
AUT
7
SUZ
2
7位 43
2005年 GT500 OKA
2
FSW
10
SEP
3
SUG
3
TRM
7
FSW
5
AUT
8
SUZ
5
3位 60
2006年 TOYOTA TEAM TSUCHIYA GT500 SUZ
8
OKA
9
FSW
6
SEP
10
SUG
12
SUZ
Ret
TRM
12
AUT
15
FSW
9
19位 18
2007年 レクサス・SC430 GT500 SUZ
9
OKA
6
FSW
Ret
SEP
5
SUG
8
SUZ
Ret
TRM
8
AUT
10
FSW
12
17位 20
2008年 GT500 SUZ
11
OKA
11
FSW
8
SEP
4
SUG
4
SUZ
14
TRM
10
AUT
12
FSW
8
15位 23
2009年 TEAM NOVA アストンマーティン・DBR9 GT500 OKA
14
SUZ FSW
14
SEP SUG SUZ FSW
14
AUT TRM NC 0
2010年 SAMURAI Team TSUCHIYA ポルシェ・911 GT3RSR GT300 SUZ OKA FSW
7
SEP SUG
4
SUZ
Ret
FSW
C
TRM
6
13位 17
2011年 GT300 OKA
Ret
FSW
3
SEP
Ret
SUG
4
SUZ
9
FSW
5
AUT
5
TRM
19
9位 33
2012年 TEAM ART TASTE ポルシェ・911 GT3R GT300 OKA
5
FSW
Ret
SEP SUG SUZ 18位 8
GREEN TEC & LEON with SHIFT メルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3 FSW
DNS
AUT TRM
2013年 OKINAWA-IMP RACING with SHIFT GT300 OKA
4
FSW
4
SEP
12
SUG
4
SUZ
2
FSW
10
AUT
3
TRM
7
5位 60
2014年 R'Qs MotorSports GT300 OKA
20
FSW
11
AUT
17
SUG FSW SUZ CHA TRM NC 0
2015年 VivaC team TSUCHIYA トヨタ・86 MC GT300 OKA
6
FSW
Ret
CHA
7
FSW
5
SUZ
23
SUG
1
AUT
Ret
TRM
12
10位 35
2016年 GT300 OKA
6
FSW
3
SUG
2
FSW
13
SUZ
22
CHA
1
TRM
7
TRM
1
1位 78

全日本ツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1998年 土屋エンジニアリング トヨタ・コロナEXiV FSW1
2
FSW2
5
TRM
3
SUG1
Ret
SUG2
7
SUZ1
5
SUZ2
5
MIN1
4
MIN2
Ret
TAI
5
FSW
Ret
6位 78

フォーミュラ・ニッポン,スーパーフォーミュラ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2000年 Olympic KONDO Racing Team SUZ TRM MIN FSW SUZ SUG TRM FSW MIN
10
SUZ NC 0
2001年 AUTOBACS RACING TEAM AGURI SUZ
10
TRM
11
MIN
3
FSW
Ret
SUZ
3
SUG
Ret
FSW
14
MIN
2
TRM
6
SUZ
5
8位 17
2002年 Team LeMans SUZ
2
FSW
6
MIN
3
SUZ
Ret
TRM
2
SUG
4
FSW
Ret
MIN
7
TRM
6
SUZ
2
4位 27
2003年 Forum eng, ARTA Team LeMans SUZ
14
FSW
Ret
MIN
2
TRM
4
SUZ
5
SUG
7
FSW
6
MIN
12
TRM
6
SUZ
4
8位 16
2004年 Team LeMans SUZ
11
SUG
10
TRM
7
SUZ
11
SUG
9
MIN
5
SEP
Ret
TRM
Ret
SUZ
5
13位 4
2005年 Forum Engineering Team LeMans TRM
5
SUZ
Ret
SUG
4
FSW
Ret
SUZ
Ret
MIN
5
FSW
5
TRM
3
SUZ
Ret
8位 13
2006年 DHG TOM'S RACING FSW
9
SUZ
10
TRM
Ret
SUZ
7
AUT
9
FSW
Ret
SUG
8
TRM
8
SUZ
5
13位 2
2008年 DoCoMo TEAM DANDELION RACING FSW
8
SUZ
14
TRM
14
OKA
12
SUZ1
16
SUZ2
Ret
TRM1
8
TRM2
14
FSW1
11
FSW2
11
SUG
14
17位 4

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オートスポーツ2000年10/12号 36,37頁「武士の戦い」
  2. ^ 1)土屋武士さんからの返信 - Racing Views・2010年4月。
  3. ^ FN:FRDAの2009年会長、副会長、幹事が決定 - as-web.jp・2009年4月6日
  4. ^ スタッフ紹介 - Team SAMURAI

関連項目[編集]

外部リンク[編集]