パウロ・カーカッシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パウロ・カーカッシ(Paulo Carcasci、1964年1月7日 - )は、ブラジル人の元レーシングドライバー

略歴[編集]

デビュー[編集]

13歳の時、1977年からカートを始める。その後ヨーロッパに渡ってからは、1985年には欧州フォーミュラ・フォード1600で走り頭角を現し、1988年にはイギリスフォーミュラ・フォード2000でチャンピオンとなる。

イギリスF3[編集]

その後はイギリスに拠点を移し、フォーミュラ・オペルやフォーミュラ・ルノー、イギリス・フォーミュラ3選手権イギリスF3000選手権などにも参戦し、イギリスF3000とフォーミュラ・オペルで1勝ずつあげたが、有力チームのシート獲得はならなかった。

全日本F3チャンピオン/全日本F3000選手権[編集]

1991年[編集]

1990年に来日し1991年にはトムスから独自シャシーを開発していた全日本F3選手権と、ナビ・コネクションから全日本F3000選手権にダブルエントリーした。この頃の両選手権は、バブル景気により多種多様な企業がスポンサーとして名乗りを上げたことで、国内外の若手ドライバーのみならず、外国人の経験豊富なドライバーの参戦も相次ぎ、参加台数は40-50台という盛況であった。

また、この頃より外国人の有望若手ドライバーの多数参戦もあって、ヨーロッパ各国の選手権にも劣らないハイレベルなものとなったが、1991年には競合を勝ち抜き全日本F3選手権でチャンピオンとなる。なお同年のドライバーに、ミハエル・シューマッハジョニー・ハーバートミカ・サロなどがいた。

1992年/1993年[編集]

1992年からナビ・コネクションから全日本F3000選手権に専念し、デビュー2戦目で早くも富士スピードウェイで1勝をあげる。翌1993年も全日本F3000に参戦したが勝利なく、バブル景気が去ったこともあり、このシーズンを最後に日本を離れる。

その後[編集]

日本を離れてからは国際F3000選手権や、インディ・ライツなどにスポット参戦したが、目立った成績は残せず1996年に引退した。引退後は、ブラジルの若手ドライバーのマネジャーとして活動。

主なレース戦績[編集]

  • 1985年 - 欧州フォーミュラ・フォード1600選手権(シリーズチャンピオン)
  • 1988年
    • 英国F3選手権
    • 英国フォーミュラ・フォード2000選手権(シリーズチャンピオン)
  • 1989年
    • 欧州フォーミュラ・オペル・ロータス選手権(シリーズ7位、1勝)
    • 英国F3選手権(スポット参戦)
    • 英国F3000選手権(スポット参戦、シリーズ5位、1勝)
  • 1991年
    • 全日本F3選手権(シリーズチャンピオン)
    • F3マカオグランプリ(11位)
    • 全日本F3000選手権(シリーズ15位)
  • 1992年 - 全日本F3000選手権(シリーズ11位、1勝)
  • 1993年 - 全日本F3000選手権(シリーズ14位)
  • 1994年 - 国際F3000選手権(スポット参戦)
  • 1996年 - インディ・ライツ(スポット参戦)

全日本F3000選手権[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1992年 NAVI CONNECTION RACING SUZ
DNS
FSW
1
MIN
Ret
SUZ
9
AUT
5
SUG
9
FSW
Ret
FSW
Ret
SUZ
8
FSW
9
FSW
Ret
11位 11
1993年 SUZ
11
FSW
Ret
MIN
3
SUZ
7
AUT
C
SUG
13
FSW
C
FSW
7
SUZ
7
FSW
10
SUZ
13
14位 4

外部リンク[編集]