トーマス・ダニエルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トーマス・ダニエルソン(Thomas Danielsson、1964年12月4日 - )は、スウェーデン出身のレーシングドライバーである。

経歴[編集]

1984年に四輪デビュー。1985年にスウェーデンF3選手権に参戦し、参戦初年度でシリーズチャンピオンを獲得。1988年から国際F3000に参戦し、1989年の開幕戦シルバーストンで優勝。同年、エントリー台数が史上最多となっていたF1のシートを狙える存在となり、7月にはホッケンハイムリンクでのF1合同テストでリアルチームのARC2をテストドライブするチャンスを得たが[1]、正式なF1シートは獲得できなかった。国際F3000シリーズでは最終的にランキング7位を記録。

1990年に来日し、全日本F3000選手権および全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権に参戦。所属する童夢F3000チームのメインスポンサーだったコスモ石油テレビCMにレーサー役で出演し「コスモ石油ハ、ドコデスカ?」「ヒジョーニ、マンゾク」日本語セリフで出演。第5戦SUGOラウンドで2位を獲得し表彰台に登った。

1991年はアコムエヴォリューションに移籍。第8戦鈴鹿で3位表彰台に立つなどランキング9位。

1992年はチームTAKE ONEに移籍。第2戦富士で2位表彰台を獲得。翌1993年も同チームに残留し、最終戦・鈴鹿で全日本F3000初優勝を果たすなど、ランキング6位を記録。参戦した5年間での最高成績を残した。

レース戦績[編集]

全日本F3000選手権[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1990 株式会社童夢 SUZ
7
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
DNQ
SUG
2
FSW
Ret
FSW
11
SUZ
10
FSW
16
SUZ
Ret
10位 6
1991 SUPER EVOLUTION TEAM NOVA SUZ
Ret
AUT
9
FSW
Ret
MIN
19
SUZ
DNS
SUG
4
FSW
4
SUZ
3
FSW
C
SUZ
5
FSW
Ret
9位 12
1992 TEAM TAKE ONE SUZ
11
FSW
2
MIN
Ret
SUZ
Ret
AUT
7
SUG
10
FSW
5
FSW
18
SUZ
5
FSW
8
FSW
15
13位 10
1993 SUZ
9
FSW
5
MIN
Ret
SUZ
3
AUT
C
SUG
9
FSW
C
FSW
Ret
SUZ
16
FSW
3
SUZ
1
6位 19
1994 チーム5ZIGEN with AD RACING TEAM SUZ
FSW
13
MIN
Ret
SUZ
7
SUG
Ret
FSW
10
SUZ
DNS
FSW
Ret
FSW
9
SUZ
5
13位 2

脚注[編集]

  1. ^ ダニエルソンがリアルでF1初走行 F1 GPX 1989年第8戦イギリスGP号 29p、山海堂

関連項目[編集]