エクスフィニティ・シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エクスフィニティ・シリーズ
エクスフィニティーシリーズロゴ.png
カテゴリ ストックカー
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
開始年 1982年
チーム 40
コンストラクター アメリカ合衆国の旗 シボレー
アメリカ合衆国の旗 ダッジ
アメリカ合衆国の旗 フォード
日本の旗 トヨタ
ドライバーズ
チャンピオン
ダニエル・スアレズ英語版(2016年)
チーム
チャンピオン
ジョー・ギブス・レーシング英語版(2016年)
マニュファクチャラーズ
チャンピオン
トヨタ(2016年)
公式サイト NASCAR.com
Motorsport current event.svg 現在のシーズン

エクスフィニティ・シリーズ (Xfinity Series) は、NASCARが主催するストックカーレースのカテゴリー。モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズの下位カテゴリー。しばしば野球3Aに例えられ、「メジャーリーグ」であるスプリントカップにステップアップを目指すドライバーたちが競い合う。ネイションワイド・シリーズはスプリントカップシリーズと同じ開催地でその前日などに開催され、ファンたちは両方のイベントを楽しむことができることが多い。またカップ戦ドライバーの参戦も多く、同じ週末に両レースを制覇してしまう猛者もいる。

そのためアメリカンモータースポーツにおける人気はNASCARカップ戦に次いで高く、視聴者数はインディカーNHRAを遥かに凌ぐ[1]

旧名称はバドワイザー・レイトモデル・スポーツマン・シリーズBudweiser Late Model Sportsman Series:1982~1983年)、ブッシュ・グランドナショナル・シリーズ またはブッシュ・シリーズ(Busch Grand National Series:1984~2003年) 、ネイションワイド・シリーズNationwide Series:2004~2014年)。

歴史[編集]

ペースカ-に先導されるレースカー、テキサス、2007年4月

シリーズは1950年代にNASCARのショートトラック・ディビジョン英語版から形成されたスポーツマン・ディビジョンが元である。それは1948年に創設されたモディファイド・シリーズ英語版ロードスター・シリーズ、1949年に創設されたストリクトリー・ストック・シリーズ英語版に次ぐ4番目のシリーズである。スポーツマン・ディビジョンで使用される車両は現行モデル車ではなく、より改造が行われたものであった。(モディファイド・シリーズで使用される車両程は改造されてはいない。)[2]1968年にはレイトモデル・スポーツマン・シリーズと改称され、間もなくデイトナ・インターナショナル・スピードウェイのようなより大きなサーキットで競われるようになった。ドライバーはより大きなサーキットで旧式なグランドナショナル(現在のスプリントカップ・シリーズ)用車両を使用したが、1982年のNASCAR・バドワイザー・レイトモデル・スポーツマン・シリーズからは旧式の小型車を使用するようになった。ショートトラック用車両は300立方インチの比較的小さなV型8気筒エンジンを搭載した。ドライバーたちはV型6気筒エンジンを搭載した現行モデル車を使用した。

現在のネイションワイド・シリーズは1982年に形成された。アンハイザー・ブッシュ社が新たに変更されたレイトモデル・スポーツマン・シリーズを、バドワイザー・ブランドでスポンサードした。シリーズは1984年にブッシュ・ブランドが冠されるようになり、1986年にはブッシュ・グランドナショナル・シリーズと改称された。

「グランドナショナル」の語は2003年にNASCARブランドのアイデンティティ確立の一環として取り外された。現在「グランドナショナル」は地方シリーズであるブッシュ・イースト・シリーズ(現・NASCAR K&N プロシリーズ・イースト英語版)およびウィンストン・ウェスト・シリーズ(現・NASCAR K&N プロシリーズ・ウェスト英語版)に使用される。2007年シリーズの後、アンハイザー・ブッシュはスポンサーを更新しないと発表した。2008年シーズンはネイションワイド・インシュアランス英語版社がタイトルスポンサーとなり、シリーズはネイションワイド・シリーズと改称された[3]

ネイションワイドによるスポンサーシップは7年間の契約であり、その期間はABC/ESPNとNASCARとの放送契約と一致している。スポンサーシップは2008年度、1,000万ドルで契約され、その後は年6%ずつ増加することとなっている[4]。直接のスポンサー料に加え、ネイションワイドはESPNでの広告料として400万ドルから500万ドルの追加契約を行った。

2014年9月にはNBCNBCSNの親会社コムキャストケーブルテレビ事業部門である「エクスフィニティ」がスポンサー契約を結んだ[5]

アメリカ国外の、カナダやメキシコでもロードレースを行うことがある。

使用車両[編集]

スプリントカップ車両との差異[編集]

カー・オブ・トゥモロー車両の導入に従い、ネイションワイド・シリーズの車両はスプリントカップ・シリーズ車両と大きく異なるようになった。主な違いとして、ホイールベースの短縮化(110インチから105インチ)、100ポンドの軽量化、ウィングの代わりにスポイラーを装着、非力なエンジンが挙げられる。以前にはスプリントカップのV8エンジンに代わってV6エンジンを使用するのと同様に、スプリントカップでは使用されない車両を使用することができた。

80年代前半、ゼネラルモーターズの参加チームは311立方インチ(5.096リットル)のエンジンを積む 1971-77年式GM・X-ボディ英語版コンパクトカーからその使用車両を切り替えていき、後には1982-87年式GM・G-ボディ英語版を使用するようになった。フォード・モーター使用チームは一貫してフォード・サンダーバードを使用した。

1989年、NASCARはスプリントカップ・シリーズ車両同様の車体を使用するように規則を変更した。しかしながら搭載エンジンはV6のままであった。車両は徐々にスプリントカップ・シリーズ車両同様に変化していった。

性能諸元[編集]

NASCARオフィシャルによりテンプレート英語版による計測を受ける、2004年式シボレー・モンテカルロ英語版ケイシー・アトウッド英語版車。

参戦メーカー・車両の変遷[編集]

バドワイザー・レイトモデル・スポーツマン・シリーズ (1982–1983)[編集]

クライスラー
フォード
ゼネラル・モーターズ

ブッシュ・グランドナショナル・シリーズ (1984–2003)[編集]

クライスラー
フォード
ゼネラル・モーターズ

ブッシュ・シリーズ (2004–2007)[編集]

クライスラー
フォード
ゼネラル・モーターズ
トヨタ

ネイションワイド・シリーズ (2008–2014)[編集]

クライスラー
フォード
ゼネラル・モーターズ
トヨタ

エクスフィニティ・シリーズ (2015–現在)[編集]

FCA US (クライスラー)
  • ダッジ・チャレンジャー: 2015–2016 (公式サポート無し)
フォード
  • フォード・マスタング: 2015–現在
ゼネラル・モーターズ
  • シボレー・カマロ: 2015–現在
トヨタ

歴代チャンピオン[編集]

ドライバー オーナー チーム No メーカー St Ws TT P Pts Gap
1982 colspan=2 Jack Ingram 11 ポンティアック 29 7 24 1 4495 47
1983 Sam Ard Howard Thomas 00 オールズモビル 35 10 30 10 5454 84
1984 28 8 26 7 4552 426
1985 Jack Ingram (2) 11 ポンティアック 27 5 22 2 4106 29
1986 Larry Pearson David Pearson Pearson Racing 21 31 1 24 1 4514 7
1987 シボレー 27 6 20 3 3959 394
1988 Tommy Ellis John Jackson 99 ビュイック 30 3 20 5 4281 295
1989 Rob Moroso Dick Moroso Moroso Racing 25 オールズモビル 29 4 16 7 4001 55
1990 Chuck Bown Hubert Hensley 63 ポンティアック(3) 31 6 18 4 4372 200
1991 Bobby Labonte Labonte Motorsports 44 オールズモビル (3) 31 2 21 2 4264 74
1992 Joe Nemechek NEMCO Motorsports 87 シボレー 31 2 18 1 4275 3
1993 Steve Grissom Wayne Grissom Grissom Racing Enterprises 31 28 2 18 0 3846 253
1994 David Green Bobby Labonte Labonte Motorsports (2) 44 28 1 14 9 3725 46
1995 Johnny Benson, Jr. Bill Baumgardner BACE Motorsports 74 26 2 19 0 3688 404
1996 Randy LaJoie 26 5 20 2 3714 29
1997 30 5 21 2 4381 266
1998 デイル・アーンハートJr. デイル・アーンハート Dale Earnhardt, Inc. 3 31 7 22 3 4469 48
1999 32 6 22 3 4647 280
2000 Jeff Green Greg Pollex ppc Racing 10 32 6 27 7 5005 616
2001 ケヴィン・ハーヴィック Richard Childress Richard Childress Racing 2 33 5 24 4 4813 124
2002 グレッグ・ビッフル Jack Roush Roush Racin 60 フォード 34 4 25 5 4924 280
2003 Brian Vickers Ricky Hendrick Hendrick Motorsports 5 シボレー 34 3 21 1 4637 14
2004 マーティン・トゥーレックスJr. デイル・アーンハートJr. (2) Dale Earnhardt, Inc. (2) 8 34 6 26 7 5173 230
2005 35 6 22 3 4937 68
2006 ケヴィン・ハーヴィック (2) Richard Childress Richard Childress Racing 21 35 9 32 1 5648 824
29
ケヴィン・ハーヴィック Kevin Harvick Incorporate 33
2007 カール・エドワーズ Jack Roush Roush Fenway Racing 60 フォード 35 4 21 0 4805 618
2008 Clint Bowyer Richard Childress Richard Childress Racing 2 シボレー 35 1 29 0 5132 21
2009 カイル・ブッシュ Joe Gibbs Joe Gibbs Racing 18 トヨタ 35 9 30 3 5682 210
2010 ブラッド・ケセロウスキー ロジャー・ペンスキー ペンスキー・レーシング 22 ダッジ 35 6 29 5 5639 445
2011 Ricky Stenhouse Jr. Jack Roush Roush Fenway Racing 6 フォード 34 2 26 3 1,222 45
2012 33 6 26 4 1,251 23
2013 Austin Dillon Richard Childress(3) Richard Childress Racing (4) 3 シボレー 33 0 22 7 1,180 3
2014 Chase Elliott デイル・アーンハートjr. JR Motorsports 9 シボレー (5) 33 3 26 2 1,213 42
2015 Chris Buescher Jack Roush(4) Roush Fenway Racing(2) 60 フォード (4) 33 2 20 0 1190 15
2016 Daniel Suárez Joe Gibbs(2) Joe Gibbs Racing (2) 19 トヨタ(2) 33 3 27 2 4040 2


参照[編集]

  1. ^ Ratings Roundup: IndyCar, F1, NHRA
  2. ^ The Busch Series dilemma
  3. ^ Nationwide Insurance to be sponsor of No. 2 Series
  4. ^ NASCAR Scene, October 11, 2007, Vol. XXXI - No. 24, p32
  5. ^ Mickle, Tripp (2014年8月28日). “Comcast, NASCAR To Announce 10-Year Deal Next Week For Xfinity To Title No. 2 Series”. スポーツ・ビジネス・ジャーナル英語版. http://www.sportsbusinessdaily.com/Daily/Issues/2014/08/28/Marketing-and-Sponsorship/Xfinity.aspx 2014年9月1日閲覧。 
  6. ^ ドライバーの体重が200 lb (91 kg)以上の場合は前者が適用され、それ以下の場合は後者の規定が適用される事で、多様な人種や年齢層が参加するステップアップカテゴリーとしての公平性を担保している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]