デイル・アーンハート・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイル・アーンハート・ジュニア

ラルフ・デイル・アーンハート・ジュニア(Ralph Dale Earnhardt, Jr. 1974年10月10日 - )はアメリカ合衆国ノースカロライナ州出身のNASCARドライバー。

同シリーズでも有数の人気を誇る。また彼の実父である故デイル・アーンハート(Sr.)は、同シリーズで通算7回の年間王者に輝いた稀代のドライバーである。兄であるケリーも目だった成績は残せなかったが、同シリーズに参戦してた。

略歴[編集]

彼のプロキャリアは17歳の時に地元で行われたストリートストックカーレースが初であり、その後1998年1999年と最高峰シリーズ直下のブッシュシリーズにてマット・ケンゼスに競り勝ち2年連続でチャンピオンを獲得。翌年はウィンストンカップ(現・スプリントカップ)にステップアップを果たすが、新人王は惜しくも同期に昇格したケンゼスが獲得した。

その後はSr.と共に同シリーズへ出走する事で注目を浴びる日々が続くが、Sr.は2001年デイトナ500のファイナルラップでのクラッシュにより帰らぬ人となる。この出来事もあるだろうが、現在では当時Sr.のファンだった者達の多くが、忘れ形見となる彼のファンであると言っても過言では無い。

2008年シーズンより、今まで在籍していたD.E.I.を離れ、ヘンドリック・モータースポーツへ移籍。その為、カーナンバーはそれまでの#8から#88に変更された。

デビューから数年はコンスタントに優勝を重ねていたが、その後丸4年に渡り優勝から見放されるも2012年6月17日CUP第15戦Quicken Loans 400で、実に144戦ぶりに優勝する。

2014年2月23日シリーズ開幕戦デイトナ500で優勝し、節目となる通算20勝目を挙げる。デイトナ500は2004年以来の2勝目。

戦績[編集]

  • NASCAR最高峰シリーズ
2013 - スプリントカップ 36戦0勝 ランキング5位
2012 - スプリントカップ 34戦1勝 ランキング12位
2011 - スプリントカップ 36戦0勝 ランキング7位
2010 - スプリントカップ 36戦0勝 ランキング21位
2009 - スプリントカップ 36戦0勝 ランキング25位
2008 - スプリントカップ 36戦1勝 ランキング12位
2007 - ネクステルカップ 36戦0勝 ランキング16位
2006 - ネクステルカップ 36戦1勝 ランキング5位
2005 - ネクステルカップ 36戦1勝 ランキング19位
2004 - ネクステルカップ 36戦6勝 ランキング5位(年間勝利数:キャリア最高)
2003 - ウィンストンカップ 36戦2勝 ランキング3位(ランキング:キャリア最高)
2002 - ウィンストンカップ 36戦2勝 ランキング11位
2001 - ウィンストンカップ 36戦3勝 ランキング8位
2000 - ウィンストンカップ 34戦2勝 ランキング16位 フル参戦開始
1999 - ウィンストンカップ 5戦0勝 ランキング48位 ※スポット参戦
  • NASCAR下位シリーズ
1999 - ブッシュシリーズ 年間王者
1998 - ブッシュシリーズ 年間王者

その他[編集]

  • 映画『カーズ』には彼を模したキャラクター、“ジュニア”が登場する、オリジナル版では彼自身が声を務めた。
  • 親交のある歌手のプロモーションビデオ等に度々出演をしている。

外部リンク[編集]