デイトナ500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デイトナ500
開催地 デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ
初開催 1959
全長 500 miles (805 km)
周回 200
旧名

First Annual 500 Mile International Sweepstakes (1959)
Second Annual 500 Mile International Sweepstakes (1960)
Daytona 500 by STP
(1991–1993)
Daytona 500 by Dodge
(2001)
Daytona 500 by Toyota
(2007)

Daytona 500
(1961–1990, 1994–2000, 2002–2006, 2008–present)

デイトナ500 (Daytona 500) はモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ開幕戦。愛称は"グレート・アメリカン・レース"もしくは"ストックカーレースのスーパーボウル"。開催は2月最終日曜日。かつてはワシントン誕生日前日に開催されていた。

概要[編集]

会場となるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイのレイアウト

1959年にスタートしたこのレースはデイトナで開催される。このコースを200周(1周:2.5mile = 4.023km)500マイル(804.672km)で争われる。2008年で50周年を迎える伝統のレースである。優勝者にはハーレー・J・アール・トロフィーが授与される。2012の大会では日曜日が大雨のため史上初めて月曜日に開催された[1]

1979年に初めてテレビ中継がCBSで放映。2001年からはFOXNBCが持ち回りで放映、2007年からはシーズン前半の放映権をもつFOXが独占放映している。2006年の視聴者数は2000万人だったという[2]

予選システム[編集]

インディカー・シリーズのインディ500同様、歴史あるレースだけに予選のシステムは独特となっている。

  1. クアーズ・ライト・ポール (グリッド 1 - 2)
    • 直前に行われるスプリント・アンリミテッド後に行われる予選、上位2名がグリッド確定。
  2. カンナム・デュエル (グリッド 3 - 32)
    • 出場選手の(ほぼ)予選順位奇数組と偶数組に分かれて2回で行われる150マイル(60周)レース。バド・ポールで1位2位を獲得した選手がポールシッターを務める。それぞれポールシッターを除く上位15名(合計30名)が決勝進出。2012年までは「ゲータレード・デュエル」、2013年から2015年までは「バドワイザー・デュエル」と呼ばれていた。
  3. 予選成績 (グリッド 33 - 36)
    • まだ決勝に進出決定していない選手の中で、予選速度上位4名が決勝進出。
  4. オーナーポイントシステム (グリッド 37 - 43)
    • 前年の「オーナー」実績をポイント化して、まだ決勝に進出していない上位6もしくは7チームはオーナーポイントシステムで出場が確定される。あくまでも「オーナー」に権利があるので、移籍で新チームに移ると当然このポイントは適用されず、その空いたシートに新人が来るとオーナーポイントでの出場が可能になる。
  5. チャンピオンズ・プロビジョナル (グリッド 37 - 43)
    • 歴代チャンピオンの中で新しい順に行使できる出場権。使用されなかった場合、オーナーポイントシステムでもう1名(合計7名)の出場が可能になる。

オーナーポイントシステムとチャンピオンズ・プロビジョナルで出場確定の選手は予選成績順でグリッド確定。

こうして全43台のグリッドが決まり、全米人気ナンバーワンモータースポーツ内の人気ナンバーワンレースであり、全36戦という長いカップシリーズの開幕戦であるデイトナ500の決勝が開始される。

歴代優勝者[編集]

決勝日 優勝者 チーム 車体・エンジン No. グリッド 優勝賞金
(USD)
レース距離 レース時間 平均時速
(mph)
周回数 マイル (km)
1959年 2月22日 リー・ペティ ペティ・エンタープライズ オールズモビル 42 15th $19,050 200 500 (805) 3:41:22 135.521
1960 2月24日 ジュニア・ジョンソン John Masoni シボレー 27 9th $19,600 200 500 (805) 4:00:30 124.74
1961 2月26日 マービン・パンチ スモーキー・ユニック ポンティアック 20 4th $21,050 200 500 (805) 3:20:32 149.601
1962年 2月18日 ファイヤーボール・ロバーツ Jim Stephens ポンティアック 22 Pole $24,190 200 500 (805) 3:10:41 152.529
1963年 2月24日 タイニー・ルンド ウッド・ブラザーズ・レーシング フォード 21 12th $24,550 200 500 (805) 3:17:56 151.566
1964年 2月23日 リチャード・ペティ ペティ・エンタープライズ (2) プリムス 43 2nd $33,300 200 500 (805) 3:14:23 154.334
1965年 2月14日 フレッド・ロレンツェン ホールマン・ムーディ フォード 28 4th $27,100 133* 332.5 (535) 2:22:56 141.539
1966年 2月27日 リチャード・ペティ (2) ペティ・エンタープライズ(3) プリムス 43 Pole $28,150 198* 495 (797) 3:04:54 160.927
1967年 2月26日 マリオ・アンドレッティ ホールマン・ムーディ(2) フォード 11 12th $48,900 200 500 (805) 3:24:11 146.926
1968年 2月25日 ケイル・ヤーボロー ウッド・ブラザーズ・レーシング(2) マーキュリー 21 Pole $47,250 200 500 (805) 3:23:44 143.251
1969年 2月23日 リーロイ・ヤーボロー ジュニア・ジョンソン&アソシエイツ フォード 98 19th $38,950 200 500 (805) 3:09:56 157.95
1970年 2月22日 ピート・ハミルトン ペティ・エンタープライズ(4) プリムス 40 9th $44,850 200 500 (805) 3:20:32 149.601
1971年 2月14日 リチャード・ペティ (3) ペティ・エンタープライズ(5) プリムス 43 5th $45,450 200 500 (805) 3:27:40 144.462
1972年 2月20日 A.J.フォイト ウッド・ブラザーズ・レーシング (3) マーキュリー 21 2nd $44,600 200 500 (805) 3:05:42 161.55
1973年 2月18日 リチャード・ペティ (4) ペティ・エンタープライズ (6) ダッジ 43 7th $36,100 200 500 (805) 3:10:50 157.205
1974年 2月17日 リチャード・ペティ (5) ペティ・エンタープライズ (7) ダッジ 43 2nd $39,650 180* 450 (724) 3:11:38 140.894
1975年 2月16日 ベニー・パーソンズ L.G. DeWitt シボレー 72 32nd $43,905 200 500 (805) 3:15:15 153.649
1976年 2月15日 デビッド・ピアソン ウッド・ブラザーズ・レーシング (4) マーキュリー 21 7th $46,800 200 500 (805) 3:17:08 152.181
1977年 2月20日 ケイル・ヤーボロー (2) ジュニア・ジョンソン&アソシエイツ(2) シボレー 11 4th $63,700 200 500 (805) 3:15:48 153.218
1978年 2月19日 ボビー・アリソン Bud Moore Engineering フォード 15 33rd $56,300 200 500 (805) 3:07:49 159.73
1979年 2月18日 リチャード・ペティ (6) ペティ・エンタープライズ(8) オールズモビル 43 13th $73,900 200 500 (805) 3:28:22 143.977
1980年 2月17日 バディ・ベイカー Ranier-Lundy オールズモビル 28 Pole $102,175 200 500 (805) 2:48:55 177.602‡
1981年 2月15日 リチャード・ペティ (7) ペティ・エンタープライズ(9) ビュイック 43 8th $90,575 200 500 (805) 2:56:50 169.651
1982年 2月14日 ボビー・アリソン(2) DiGard Motorsports ビュイック 88 7th $120,360 200 500 (805) 3:14:49 153.991
1983年 2月20日 ケイル・ヤーボロー(3) Ranier-Lundy (2) ポンティアック 28 8th $119,600 200 500 (805) 3:12:20 155.979
1984年 2月19日 ケイル・ヤーボロー (4) Ranier-Lundy (3) シボレー 28 Pole $160,300 200 500 (805) 3:18:41 150.994
1985年 2月17日 ビル・エリオット Melling Racing フォード 9 Pole $185,500 200 500 (805) 2:54:09 172.265
1986年 2月16日 ジェフリー・ボダイン ヘンドリック・モータースポーツ シボレー 5 2nd $192,715 200 500 (805) 3:22:32 148.124
1987年 2月15日 ビル・エリオット(2) Melling Racing (2) フォード 9 Pole $204,150 200 500 (805) 2:50:12 176.263
1988年 2月14日 ボビー・アリソン(3) Stavola Brothers Racing ビュイック 12 3rd $202,940 200 500 (805) 3:38:08 137.531
1989年 2月19日 ダレル・ウォルトリップ ヘンドリック・モータースポーツ(2) シボレー 17 2nd $184,900 200 500 (805) 3:22:04 148.466
1990年 2月18日 デリック・コープ Whitcomb Racing シボレー 10 12th $188,150 200 500 (805) 3:00:59 165.761
1991年 2月17日 アーニー・アーヴァン モーガン=マクルア・モータースポーツ シボレー 4 2nd $233,000 200 500 (805) 3:22:30 148.148
1992年 2月16日 デイビー・アリソン ロバート・イェーツ・レーシング フォード 28 6th $244,050 200 500 (805) 3:07:12 160.256
1993年 2月14日 デイル・ジャレット ジョー・ギブス・レーシング シボレー 18 2nd $238,200 200 500 (805) 3:13:35 154.972
1994年 2月20日 スターリング・マーリン モーガン=マクルア・モータースポーツ (2) シボレー 4 4th $258,275 200 500 (805) 3:11:10 156.931
1995年 2月19日 スターリング・マーリン(2) モーガン=マクルア・モータースポーツ(3) シボレー 4 3rd $300,460 200 500 (805) 3:31:42 141.71
1996年 2月18日 デイル・ジャレット(2) ロバート・イェーツ・レーシング (2) フォード 88 7th $360,775 200 500 (805) 3:14:25 154.308
1997年 2月16日 ジェフ・ゴードン ヘンドリック・モータースポーツ(3) シボレー 24 6th $377,410 200 500 (805) 3:22:18 148.295
1998年 2月15日 デイル・アーンハート リチャード・チルドレス・レーシング シボレー 3 4th $1,059,805 200 500 (805) 2:53:42 172.712
1999年 2月14日 ジェフ・ゴードン (2) ヘンドリック・モータースポーツ(4) シボレー 24 Pole $1,172,246 200 500 (805) 3:05:42 161.551
2000年 2月20日 デイル・ジャレット(3) ロバート・イェーツ・レーシング (3) フォード 88 Pole $1,277,975 200 500 (805) 3:12:43 155.669
2001年 2月18日 マイケル・ウォルトリップ デイル・アーンハート・インク シボレー 15 19th $1,331,185 200 500 (805) 3:05:26 161.783
2002年 2月17日 ワード・バートン Bill Davis Racing ダッジ 22 19th $1,389,017 200 500 (805) 3:29:50 130.81
2003年 2月16日 マイケル・ウォルトリップ(2) デイル・アーンハート・インク (2) シボレー 15 4th $1,419,406 109* 272.5 (439) 2:02:08 133.87
2004年 2月15日 デイル・アーンハート・ジュニア (3) シボレー 8 3rd $1,495,070 200 500 (805) 3:11:53 156.341
2005年 2月20日 ジェフ・ゴードン (3) ヘンドリック・モータースポーツ(5) シボレー 24 15th $1,497,150 203* 507.5 (817) 3:45:16 135.173
2006年 2月19日 ジミー・ジョンソン ヘンドリック・モータースポーツ (6) シボレー 48 9th $1,505,120 203* 507.5 (817) 3:33:26 142.667
2007年 2月18日 ケヴィン・ハーヴィック リチャード・チルドレス・レーシング (2) シボレー 29 34th $1,510,469 202* 505 (813) 3:22:55 149.333
2008年 2月17日 ライアン・ニューマン チーム・ペンスキー ダッジ 12 7th $1,543,045 200 500 (805) 3:16:30 152.672
2009年 2月15日 マット・ケンゼス ラウシュ・フェンウェイ・レーシング フォード 17 39th1 $1,536,388 152* 380 (612) 2:51:40 132.816
2010年 2月14日 ジェイミー・マクマレー チップ・ガナッシ・レーシング シボレー 1 13th $1,514,649 208* 520 (837) 3:47:16 137.284
2011年 2月20日 トレバー・ベイン ウッド・ブラザーズ・レーシング (5) フォード 21 32nd $1,463,810 208* 520 (837) 3:59:24 130.326
2012年 2月27日–28日* マット・ケンゼス (2) ラウシュ・フェンウェイ・レーシング(2) フォード 17 4th $1,589,387 202* 505 (813) 3:36:02 140.256
2013年 2月24日 ジミー・ジョンソン (2) ヘンドリック・モータースポーツ (7) シボレー 48 9th $1,525,275 200 500 (805) 3:08:23 159.25
2014年 2月23日 デイル・アーンハート・ジュニア (2) ヘンドリック・モータースポーツ(8) シボレー 88 9th $1,506,363 200 500 (805) 3:26:29 145.29
2015年 2月22日 ジョーイ・ロガーノ チーム・ペンスキー (2) フォード 22 5th $1,581,453 203* 507.5 (817) 3:08:02 161.939
2016年 2月21日 デニー・ハムリン ジョー・ギブス・レーシング (2) トヨタ 11 11th $1,507,592 200 500 (805) 3:10:25 157.549
2017年 2月26日 カート・ブッシュ スチュワート=ハース・レーシング フォード 41 8th 200 500 (805) 3:29:31 143.187

† –アンドレッティは当時イタリア在住の帰化であり、デイトナ500唯一の外国人優勝ドライバーである。
‡ – 1980年のレースで、バディ・ベイカーが時速177.602 mph (285.823 km/h)を記録した。
1 – 本来は39番手スタートであったが、予選レース中のクラッシュの後にバックアップカーに乗り換えたことに対するペナルティーとして、43番手スタートに降格。予選レース時にクラッシュし、乗り換えた者は、グリッドが降格されることになっている。2003年からは予選レースと決勝の間のプラクティスで、エンジンを交換した者もグリッド降格をなされることになった。

以下のレースは500マイルより短縮されて行われた。

  • 1965年: 雨により 332.5マイル(133周)で終了。
  • 1966年: 雨により 495マイル (198周)で終了。
  • 1974年: オイルショックのため、レースは90%(450マイル/180周)に短縮された; 競技は21周目から開始された。
  • 2003年: 雨により 272.5マイル (109周)で終了。
  • 2009年: 雨により 380マイル (152周)で終了。

以下のレースはグリーン・ホワイト・チェッカーにより延長されて行われた。 なお、2004年から2009年にかけては、1度しか延長できなかったが、2010年よりは、最高で3回まで許されている。

  • 2005年、2006年: 507.5マイル (203周)
  • 2007年、2012年: 505マイル (202周)
  • 2010年: 520マイル (208周) (203周目と207周目の2度延長。なお、2度延長されたのは、スプリントカップにおいてこのレースが初であった)
  • 2011年: 520マイル (208周)(2度延長)

脚注[編集]

外部リンク[編集]