プリムス (自動車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プリムスPlymouth )は米国の自動車会社クライスラー1928年に開始した自動車ブランドである。

1998年のクライスラー社のダイムラー・ベンツとの合併によりダイムラー・クライスラーのクライスラー部門内自動車ブランドとなった。エントリーカー部門として70年以上の長期にわたり展開されていたが2001年に姿を消した。ブランドの商標ロゴには、プリマス・ロックに到着するメイフラワー号が描かれている。

日本での販売はすべて「プリムス」でのものだった。しかし、「プリマス」として紹介されることも多い。

概要[編集]

セダン(1928年)
日本で輸入販売された1930年型プリムスの広告
プロウラー

安価な大衆車ブランドとして成功したゼネラルモーターズシボレーに倣い、クライスラーは同様のエントリーカー部門を担うブランドとして1928年にプリムスを誕生させた。その目論見は当り、プリムスはユーザーの好評を得、ブランドとしては後発であったにもかかわらずシボレー、フォードとともに安価な自動車の代名詞として認識され定着した。

プリムスのリリースする車種は安価であるがパフォーマンスに優れており、長い間常にブランド販売上位に食い込んでいた。しかしクライスラーの経営方針の転換により1960年代に姉妹ブランドであるダッジがプリムスより安価な自動車を展開することとなり、独自性のある車種を持ち合わせていなかったことから差別化ができずにプリムスは一時期販売低迷に陥ることとなる。

1970年代前半にはバリアントとダスターのヒットにより持ち直し、販売台数上位に返り咲いた。だがそれも束の間であり、1970年代後半にはオイルショックなどを起因としたクライスラーの深刻な経営不振により戦略の見直しが行われ、プリムスはフルラインナップブランドではなくなる。プリムスのオリジナルモデルは少なくなり、コストダウンの関係から当時提携関係にあった三菱自動車などの他メーカー、ブランドのOEMが主流となり、一時期の勢いは完全に失われることとなった。クライスラー内で新モデルが開発された際にもダッジやクライスラーに優先的に展開され、プリムスは冷遇された。

その後1998年イーグルが終了した際、プリムスにイーグルで販売していた小型で安価な自動車のラインナップの流れを統合する案が生まれ、復権のチャンスを得る。その際に新たなフラッグシップモデルとして往年のホットロッドを彷彿させるモデル「プロウラー」、ネオンをベースとしたオールドニュースタイルのPTクルーザーを開発、主力として推す計画とされた。

紆余曲折の末、PTクルーザーはクライスラーブランドから発売されることになり、また「プロウラー」を投入し大きな話題を集めるも劣勢を覆すには至らず、クライスラーのブランド戦略見直しにより一世を風靡していたプリムスは既存ラインナップの更新を行わないという寂しい形で2002年、その歴史にピリオドを打った。

車種一覧[編集]

三菱・ランサーセレステのOEM。
チャンプの後継車種で先代同様三菱・ミラージュのOEM。
三菱・ギャランΛOEM。名前の由来は北海道札幌市から。業務提携前に三菱から供給されていた。
三菱・ミラージュのOEM。
ダッジ・ネオン(クライスラー・ネオン)のバッジエンジニアリング。
現在はクライスラー・ボイジャーとして、北米以外の国々のミニバンブランドとなっている。
三菱・エクリプスイーグル・タロンバッジエンジニアリング
名称の由来はマスコットキャラクターでも有る、ルーニー・テューンズのキャラクター「ロードランナー」より。又、クラクションも彼の鳴き声を模した物である。

関連項目[編集]