メガパネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メガパネル
ジャンル 落ちモノパズル
対応機種 メガドライブ
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
デザイナー 乗松聡
プログラマー PRIMON
音楽 田島勝朗
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 2メガビットロムカセット[1]
発売日
  • 日本 1990年11月22日 (1990-11-22)
テンプレートを表示

メガパネル』 (MEGAPANEL) は、1990年11月にナムコより発売されたパズルゲーム落ちモノパズル)であり、ナムコ初のメガドライブオリジナルソフトとして販売された。

概要[編集]

マス目の中でブロックを動かしていく15パズルを応用したゲーム。縦11マス・横6マスのフィールド内で、積まれたブロックを上下左右に動かし、同色のブロックを縦か横に3個以上並べて消していく。一定時間毎に下からブロックがせり上がり、最上階まで着くとミスとなる。揃える方向はタテヨコに限られ、斜めは無効、「連鎖」の概念も無い。本ソフトはメガドライブ向けに日本国内でリリースされたにとどまり、他機種への移植や海外版の販売は行われていない。パッケージの表側はバニーガールのイラスト、裏側の内容紹介文は「崩れていくブロックに、この胸のときめきを隠せない。(略)」となっている。

ゲーム内容[編集]

エクササイズモード[編集]

1P専用。画面右に表記されたクリア条件に従ってゲームを進める。ブロックが最上階まで着くとゲームオーバー。全30ラウンド。

ピンナップモード[編集]

1P専用。画面右の隠された画像(女の子のグラフィック)を見る為のモード。ピンナップはパネルで隠されており、ブロックを消すと上にある爆弾が落ちてパネルが破壊される。すべてのパネルが破壊されればクリアとなり、ブロックが最上階まで着くと1ミスとなる。全30ラウンド。通常は落下する爆弾はひとつだが、4個以上のブロックを同時に消すことで、同じ数の爆弾(ブロック4個なら爆弾4個)が落ちてくる。

対戦モード[編集]

対戦専用。3回勝負で行われ、先に2勝した方が勝ちとなる。他のモードとは違い、アイテムブロックが登場する(ブロックを20個以上消すたびに現れる)。攻撃アイテム(3個並べて消すと、相手側に壊せないブロックを送れる)と守備アイテム(3個並べて消すと、壊せないブロックをすべて消せる)があり、又、4個以上のブロックを一度に消しても相手側に壊せないブロックを送る事が出来る。

スタッフ[編集]

  • 企画:NORI(乗松聡)
  • 音楽:CHOPIN(田島勝朗
  • プログラム:PRIMON

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 29/40点[2]
メガドライブFAN 19.48/30点[1]
メガドライブ大全 肯定的[3]
  • ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計29点(満40点)になっている[2]
  • ゲーム誌「メガドライブFAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.48点(満30点)となっている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.24 2.98 3.21 3.48 3.12 3.45 19.48
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「他の落下型パズルとは頭の使い方がちょっと変わっているので、いい刺激になるだろう」、「80年代後半のナムコはどういうわけかギャル路線をひた走っていたが、その集大成が『メガパネル』のピンナップモードだったりする」と評している[3]
  • 前述のピンナップモードの存在から、ギャルゲー的扱いを受ける場合がある。発売当時の書籍によるゲーム解説[4]では、まだギャルゲーという言葉は使われておらず[注 1]、ピンナップモードのグラフィックを指して「きわめて今風の、パソコン通信のネット上に載っていそうな」「あざとい」と表現されていた。発売から約8年後のゲーム雑誌による紹介[5]では「ギャルゲー(?)としての評価が高いが」と「(?)」付きながらギャルゲーとして扱われている。ギャルゲー的要素を抜きにした評価としては「ゲーム性自体は決して悪くはない」[4]、「優れた落ちモノパズルだ。対戦も熱い」[5]などと評されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお、別のソフトの解説では美少女ゲームという言葉が使われている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 97頁。
  2. ^ a b メガパネル まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月31日閲覧。
  3. ^ a b 「Chapter 02 1989年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、52頁。ISBN 9784872338805
  4. ^ a b 成沢大輔 『THE ナムコブック』 JICC出版局1991年、221頁。ISBN 4-7966-0102-3
  5. ^ a b 「パズルゲーム傑作選 THE14」、『ゲーム批評』Vol.22号、マイクロデザイン出版局、1998年9月、 96頁、 雑誌コード 03679-9。