スカイミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スカイミッション
SKY MISSION
ジャンル 3Dフライトシューティングゲーム
対応機種 スーパーファミコン (SFC)
開発元 ナムコ・ホームテック(ナムコのアメリカ法人)
発売元 ナムコ(現、バンダイナムコエンターテインメント
人数 1人
メディア SFC:カセット
発売日 SFC:1992年9月29日
テンプレートを表示

スカイミッション』 (SKY MISSION) は、ナムコ・ホームテック(ナムコのアメリカ法人)が開発し、1992年9月29日ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)から発売されたスーパーファミコン用のフライトシューティングゲーム、『Wings 2: Aces High』の日本版。

概要[編集]

アメリカのスーパーNES用に発売された、『WINGS2 ACES HIGH』の日本移植版。

当時、他機種には無かったSFCの拡大縮小と回転の機能を使って再現された戦場をパイロットとなって飛び回る、疑似3Dフライトシューティングゲームとして制作された。移植に際し、普通はゲーム中の文章も日本語訳されるものだが、本作ではエンディングのスタッフロールも含めて作中の文章がすべて英語のままになっている。

ゲーム内容[編集]

飛行機が初めて実戦で使用され始めた頃の第一次世界大戦ヨーロッパが舞台。プレイヤーはイギリス空軍のパイロットとして、複葉機ソッピースキャメル」を駆り、ドイツ軍と戦う。

操作は、左右で機体を傾け、上下で機首の高度の上げ下げ。Yボタンで機銃を発射する。L・Rボタンで爆弾を投下できる。

ミッションは、空中戦、爆撃、地上攻撃の3タイプあり、5人のパイロットの中から1人を選択し、与えられたミッションをクリアしていく。全20ステージ34ミッション。パスワードコンティニュー

主なミッション[編集]

  • 空中戦 - 制限時間内に敵機を撃墜する。
  • 爆撃 - 対空砲火をかいくぐり、目標へ爆弾を投下する。
  • 地上攻撃 - 地上の敵を機関銃で破壊する。

パイロット[編集]

本作に登場する5人のパイロットはすべて男性であり、名前も英語で表示されている。

  • Marcel LeBlanc
  • Sean Maloney
  • Jone Hargreaves
  • Charlie Dexter
  • Lawrence Wolfe

ミス[編集]

  • ミッションを失敗すると降格され、さらに失敗すると除隊(クビ)となる。
  • 操縦ミスによる墜落、または機体のダメージが100%に達すると墜落となり、パイロットは死亡。5人全員を失うとゲームオーバー。

ミッションクリアの場合[編集]

  • ミッションをクリアした場合、「DEBRIEFING」(成績表)画面に切り替わり、「Pilot」(パイロット名)、「Mission Rating」(ミッションの評価)、「Enemies Destroyed」(敵の追撃数)、「Plane Damage」(機体損傷率)が表示される。
  • 機体の性能を上げることも可能になり、「POWER UP YOUR PILOT!」の画面では、「Flying」(飛行)、「Shooting」(射撃)、「Mechanics」(機体の力)、「Stamina」(持久力)の4つのうち、どれかに振り分けて強化することとなる。
  • この後、「PLEASE CHOOSE AN OPTION」の画面では、3つの項目を選択することとなる。
    • Ready room - 次のミッション
    • Barracks - キャラクター選択
    • Review records - キャラクターのパラメータ
  • 一番下に表示されている文字は、パスワードになっている。コンティニューで再開したときは、キャラクターを選択する必要がある。

備考[編集]

  • 難易度も高かったこともあり、救済処置として空中戦で敵の位置がわかるようになる隠しコマンド(タイトル画面でL+R+下を押しながらスタート)が用意されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]