ドラゴンセイバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴンセイバー
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
PCエンジン[PCE]
プレイステーション[PS]
Wii[Wii]
開発元 [AC][PCE][PS]ナムコ
[Wii]バンダイナムコゲームス
発売元 [AC][PCE][PS]ナムコ
[Wii]バンダイナムコゲームス
人数 1~2人(同時プレイ可)
メディア [AC]ナムコ・SYSTEM II
[PS]CD-ROM1枚
[PCE]HuCARD
発売日 [AC]1990年12月10日
[PCE]1991年12月27日
[PS]1997年10月30日
[Wii]2008年8月5日(PCE版)
[Wii]2009年9月15日(AC版)
その他 PS版は『ナムコミュージアム アンコール』に収録。
Wii版はバーチャルコンソール/アーケードで配信。
テンプレートを表示

ドラゴンセイバー』(DRAGON SABER –AFTER STORY OF DRAGON SPIRIT–) は、1990年12月にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より発売された業務用縦スクロールシューティングゲーム1987年6月に発売された『ドラゴンスピリット』の続編である。略称はドラセイ

概要[編集]

ナムコとしては『ゼビウス』以来の対空対地を撃ち分ける縦スクロールシューティングゲームとして、これまで敵役として登場していた「ドラゴン」をプレイヤーキャラクターに起用し斬新さを与えた『ドラゴンスピリット』(以下前作)から3年半後に、その続編としてリリース。タイトルは「竜(Dragon)の力を与える(Saber)+ 救世主 (Savior)」に由来し、オープニングやゲーム開始デモでわずかにその姿を確認出来る。

主な追加要素として2人同時プレイが可能となりプレイヤー1(以下1P)はブルードラゴン、プレイヤー2(以下2P)はレッドドラゴンを操作し、一人がプレイ中にもう一人が途中参加可能になった。

基板が前作で使用された「SYSTEM I」から「SYSTEM II」になったことにより背景の回転・拡大・縮小の表現が加わり、音質が向上した。

ドラゴンの首が1本でも対空と対地が同時に攻撃出来、プレイヤーがしばらく対空攻撃ボタンを押さないでいるとドラゴンにエネルギーが溜まり、フルに溜まった時点で対空攻撃ボタンを押すと超強力な対空攻撃が出来る「エクスプロードショット」が備わった。

ライフは前作では2~3回ダメージを受けるとミスであったが、当作はライフなし(ダメージを受けると即ミス)、ライフあり(2~4回ダメージを受けるとミス)がゲームセンター運営者側のオプションモードで設定出来た。ライフは回復しない。

ライフのなしあり設定は全面クリア時の残機ボーナスに影響する(ライフなしで1機につき20万点、ライフありで1機10万点)。それによりこのゲームで高得点を取る方法は前作と異なり、ライフなし設定でノーミス全面クリアすることが重要となってくるが、ゲーメスト誌(新声社、現在は同社の倒産により廃刊)によるハイスコア集計はライフなしとありで部門別に集計された。当作はゲームランクの自動調整機能が備わっており、ノーミスでいる時間が長いほどランクは上がって敵の攻撃は激しくなり、逆にミスやコンティニューをするほどランクは下がる。ストックは前作同様得点でエクステンドがあり、更にアイテムによるエクステンドがある。

全9ステージで構成されており、ステージ8以外の各ステージの最後でボスが現れ、それを撃破すると次のステージに進む。ステージ9の最後に登場するカオスを倒すと、エンディングが始まる。隠しモードとして、クレジットを投入して1Pの対空対地両方のボタンを押しながらスタートすると、ステージ1~6の道中とエンディングのBGMが、前作のアレンジバージョンに変わる。さらにエンディングでは、ナムコゲームの歴史パート2として1987年7月の『ブレイザー』から1990年12月の当作までのリストが見られる(ただし、1988年メルヘンメイズ』と1989年ブラストオフ』の2作品がこのリストから洩れているほか、1989年『ダートフォックス』のスペルが間違っている→誤・DART FOX  正・DIRT FOX)。

ストーリー[編集]

遥か彼方の世界。人々は利己主義により戦争や環境破壊などの愚かな歴史を繰り返してきた。それにより世界の何処かで超進化した異次元の生命体が数多く産み出され、世界は瞬く間にその生命体に支配されていった。一方その頃、かつて聖龍ブルードラゴンとともに魔王ザウエルを封じ込めた太陽神アーリアは、ヒューイとシリアという勇敢なる2人の若者に龍の力を得られる聖剣を与え、諸悪の根源の討伐を託した。2人は巨龍に変身し戦いの旅に出たのであった。

アイテム[編集]

前作同様アイテムによるパワーアップシステムがあり、地上に存在する卵を破壊することで出現するアイテムと白く点滅する敵を撃つと出現するアイテムがある。以下にアイテムのリストを示す。前作と比べ流れる速度が遅く、自機の方向に来るので多少取りやすくなっている。

  • 赤玉(パワーアップ)
    地上のオレンジ色の卵を破壊すると出現。対空攻撃が1段階パワーアップ。前作では3つ取ると1段階パワーアップしたが、当作では1つ取るだけでパワーアップする。最大2段階まで。
  • 青玉(ノーマルドラゴン)
    地上の青色の卵を破壊すると出現。1つ取るとドラゴンの首が1本増え、対空と対地の攻撃力がアップする。最大3本まで。但し、首が3本になるとドラゴン本体の当たり判定が他の形態より大きくなる。また、ノーマルドラゴンの最大パワー時は、通常ショットの連射がきかなくなる。エクスプロードショットではザコ敵を貫通するショットを前方に発射。また以下のファイアー、アックス、スパーク、スチールの各ドラゴンからノーマルドラゴンに戻る。
  • ファイアードラゴン
    ステージ2の赤色の卵を破壊すると出現。取るとファイアードラゴンに変身。エクスプロードショットでは強力なファイアーブレスで攻撃。対地攻撃は地面に着弾後前方に連爆するようになる。ドラゴンの色は1Pは銀色、2Pはオレンジに変わる。
  • アックスドラゴン
    ステージ3、4の水色の卵を破壊すると出現。取るとアックスドラゴンに変身。エクスプロードショットでは扇状にショットを発射。ドラゴンの色は1Pは青緑、2Pはピンクに変わる。
  • スパークドラゴン
    ステージ4、6、7の黒色の卵を破壊すると出現。取るとスパークドラゴンに変身。エクスプロードショットでは強力な電撃で対空の敵全体を攻撃。その際ドラゴンから5本のスパークが放たれるが、この部分に当たり判定はない。ドラゴンの色は1Pは黒色、2Pは赤茶に変わる。
  • スチールドラゴン
    ステージ6の白色の卵を破壊すると出現。取るとスチールドラゴンに変身。エクスプロードショットでは敵を自動追尾するホーミングショットを発射。対地攻撃は着弾後の爆発が大型化する。ドラゴンの色は1Pは白色、2Pは薄ピンク色に変わる。
    • ファイアー、アックス、スパーク、スチールの各ドラゴン形態では首は1本で固定となる。またダメージやアンチアイテムでこれらの形態がキャンセルされることはない。
  • スモールドラゴン
    ドラゴンが小さくなり、当たり判定も見た目通り小さくなる。前作と異なり他のパワーアップドラゴンと併用できず、ノーマルドラゴンがそのまま小さくなった状態になる。ドラゴンの色は1Pは緑色、2Pはピンク色に変わる。赤玉を取ると首の数が増え、ダメージを受けたり他のパワーアップアイテムを取ると通常の大きさに戻る。
  • パワーウィング
    ドラゴンの左右にバリアを張り、一定時間敵や敵の弾から身を守る。
  • ダイア
    1000点(PCエンジン版は500点)のボーナス得点が加算される。
  • ハート
    3個取るとドラゴンのストックが一つ増える。取るごとに画面下中央に前作同様「卵」→「雛」のグラフィックで表示され、3個目を取るとストックが追加される。2人同時プレイでは3個目を取ったプレイヤーのほうにストックが追加される。前作と異なり、卵、雛状態でゲームオーバーになっても次回のニューゲームには引き継がれない(コンティニュー時は引き継がれる)。
  • スピードアップ
    PCエンジン版のみ登場するアイテム。ドラゴンの移動速度がアップする。最大2段階まで。
  • アンチ
    1つ取ると対空攻撃が1段階パワーダウンされるマイナスアイテム。この他にノーマルドラゴンで首が複数ある時には1本減ってしまう。スモールドラゴンの状態で取ると元の大きさに戻ってしまうが、ファイアー、アックス、スパーク、スチールの各ドラゴンからノーマルドラゴンに戻ることはない。

卵を破壊する以外にもファイアードラゴン、アックスドラゴン、スパークドラゴンのアイテムはステージ5とステージ8の敵、スチールドラゴンのアイテムはステージ8の敵からそれぞれランダムに出現する場合がある。

エリア構成[編集]

  • STAGE 1:水没都市
    都市の大部分が水に沈んだ海と島のみの地帯。
    • ボス:アキラ
  • STAGE 2:火山
    地殻変動が起き、溶岩が流れて巨大な炎が噴き出す地帯。
    • ボス:ヒッポカンパス
  • STAGE 3:化石
    左右に動く壁が行く手を阻む遺跡のような地帯。
    • ボス:エイリアンキング
  • STAGE 4:地蕈ちじん
    異次元の植物が眼下に広がる地帯。
    • ボス:ウッディ
  • STAGE 5:渓谷
    迷路のように曲がりくねった岩壁を高速で進む。
    • ボス:ロックヘッド
  • STAGE 6:氷穴
    左右に尖った氷の壁が行動範囲を狭める氷の洞窟。
    • ボス:アイススネーク
  • STAGE 7:魔界
    異次元の生命体や細胞壁で構成された異様な地帯。
    • ボス:ドラゴンゾンビ
  • STAGE 8:暗黒
    悪の本拠への入り口。エリアは短く、敵はアイテムを出す石像のみ。ボーナスステージ扱いのため、ボスは存在しない。
  • STAGE 9:最終
    悪の本拠。近未来の機械要塞。ゲームランクが高いとアンチを出す敵が大量に出現する。
    • ボス:カオス

BGM[編集]

BGMは前作に引き続き細江慎治(めがてん細江)が担当。前述のとおり裏技で前作のアレンジBGMでプレイが出来る。ステージの順番通りではなく、そのシーンに即した選曲である。

  • STAGE 1 → The Paleozoic Era(前作AREA 1)
  • STAGE 2 → Volcano(同AREA 2)
  • STAGE 3 → Cave Road(同AREA 5)
  • STAGE 4 → Jungle(同AREA 3)
  • STAGE 5 → Grave Yard(同AREA 4)
  • STAGE 6 → Glacier Land(同AREA 6)
  • エンディング → (同エンディング)

なお、全面クリア時のネームエントリーBGMは前作でいったんボツになったものが採用された。ゲームスタートデモおよび最終ボスのBGMは裏技の使用未使用に関わらず前作のアレンジとなっている。 開発中にBGMが製作される以前は、仮曲として『バーニングフォース』のBGMとSEが鳴っていた。

2006年12月から稼動している太鼓の達人9に水没都市のBGMが収録されている。

移植版[編集]

ナムコミュージアムシリーズ収録作品の中では唯一の1990年代作品。
2008年8月5日よりPCエンジン版(要600Wiiポイント)、2009年9月15日よりアーケード版(要800Wiiポイント)が配信開始。

こぼれ話[編集]

9面のラストボス、カオスから出てくる魚介類の敵は、開発中にあった深海エリアに登場するはずの敵だった。 しかし、深海エリアはお蔵入りとなってしまった。

外部リンク[編集]