ファミリーシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファミリーシリーズ
ジャンル スポーツゲーム
レースゲーム
ボードゲーム
開発元 バンダイナムコゲームス(旧:ナムコ)
日本物産
ゲームスタジオ
ソニー
ゲームアーツ
アートマン
コンパイル
発売元 バンダイナムコゲームス(旧:ナムコ)
ソニー
ゲームアーツ
主な製作者 岸本好弘
遠藤雅伸
くんちゃん
小沢純子
川元義徳
ほか
1作目 プロ野球ファミリースタジアム
1986年12月10日
最新作 ファミリーフィッシング
2011年8月4日
テンプレートを表示

ファミリーシリーズFamily Series)は、1986年12月10日にナムコ、後にバンダイナムコゲームス(NBGI)が発売したファミリーコンピュータ(ファミコン)用ソフト『プロ野球ファミリースタジアム』(以下、初代ファミスタ)をはじめ、同社から発売されたタイトルに「ファミリー」を冠した日本コンピュータゲーム作品の総称である。

概要[編集]

初代ファミスタが発売された翌年以降、ファミリージョッキーを皮切りに、「ファミリー」を冠したファミコンソフトを次々と発売した。その後、ファミスタをはじめ「ファミリー」を冠したソフトがファミコン以外の任天堂製ゲーム機でも発売された。それらを『ファミリーシリーズ[1]または当時の家庭用ゲームソフト(パソコン用ソフト含む)に使用されたブランド名「ナムコットnamcot)」[2]を冠し『ナムコットファミリーシリーズNamcot Family Series)』[3]と総称されることがある(後者については、商標登録[4]もされている)。

多くの作品はファミスタ同様シリーズ化や他機種への移植が行われている。このうち、ファミコンの『ファミリーボクシング』については、続編となる作品がソニーから発売されたMSX2用ソフト『ファミリーボクシング MSXタイトルマッチ』のみで、ほかはファミコン版の移植だった。

また、ファミスタの姉妹作『プロ野球ワールドスタジアム』についても、アーケードやPCエンジンにおいて、「ワールド」を冠した他ジャンルの作品を発表した(『プロテニス ワールドコート』『ワールドサーキット』『ワールドジョッキー』)。

2008年に発売された一連のWii用体感型スポーツゲーム作品については、『「ファミリープロジェクト」シリーズ[5]スポーツわいわい』というシリーズ名も使われている。また、1986年から1989年にバンダイがファミコン用ソフトとして発売していた『ファミリートレーナー』シリーズ[6]も、このとき発売したWii版より本シリーズに吸収された[7]

家庭用ゲーム機以外でも、業務用のボウリングゲームとして『ファミリーボウル』を1998年に稼働開始[8]。また、携帯アプリでも「ファミリー」を冠するオリジナルタイトルが複数配信されている。

作品一覧[編集]

CM[編集]

「スポーツわいわい」シリーズと銘打った一連のWii用ソフトが発売される2008年1月中旬から6月にかけて、タッキー&翼を起用したTVCMが全国ネットで放送された[5][10]

備考[編集]

「ファミリー」を冠しないため通例はシリーズ作品として扱われないが、1988年よりファミコンで2タイトルが発売されたゴルフゲーム『ナムコクラシック』(1992年発売の『II』は1998年に『ナムコアンソロジー2』収録の1タイトルとしてリメイク)、またスーパーファミコンで発売された実質的続編の『ナムコットオープン』が関連作品として存在する。1989年には姉妹作としてアーケードゲーム『プロゴルフ グランドスラム』がリリースされる予定であったが、開発中止となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 『ファミスタ64』では、みなとの横球場のスコアボード横に「ファミリーシリーズ」と書かれた看板が見られる。
  2. ^ 1984年1月18日発売のMSX用『パックマン』から1995年3月31日発売のプレイステーション用『鉄拳』および同年10月20日発売のゲームギア用『ギアスタジアム平成版』まで使用。
  3. ^ 参考:『ザ・プロフェッショナル ファミリーボクシング・ファミリースタジアム・ファミリージョッキー』(1987年8月22日、JICC出版局より「ファミコン必勝本 フライデースペシャル」シリーズの第55巻として発行。書籍コード:ISBN 4880633151
  4. ^ 商標登録番号:第3075817号(登録日:1995年9月29日)、商標登録番号:第3157723号(登録日:1996年5月31日)
  5. ^ a b NBGI公式サイト内お知らせ(2007年12月25日付)
  6. ^ 1作目は、初代ファミスタより早い11月12日だった。
  7. ^ 2006年3月31日に、それまでの同社ビデオゲーム事業部が旧ナムコへ統合され、NBGIとなったことによるもの。
  8. ^ NBGI公式サイト内『ファミリーボウル』情報サイト
  9. ^ アイマジックの同名将棋ゲームとは無関係。
  10. ^ タッキー&翼のCM出演履歴オリコンスタイルより。