ナムコ・ゲームサウンド・エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

「ナムコ・ゲームサウンド・エクスプレス」NAMCO GAME SOUND EXPRESS)は、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)のアーケードゲームゲームミュージックを収録した、アルバムのシリーズである。

概要[編集]

本シリーズは、『ビデオ・ゲーム・グラフィティ』『ナムコット・ゲーム・ア・ラ・モード』といったナムコゲームのサウンドトラックをリリースしてきた、ビクター音楽産業(後のビクターエンタテインメント)がCDカセットテープにて展開した。「エクスプレス」と付く通り、ゲームの稼働開始からさほど間を置かずにアルバムが発売されており、また一部を除きシリーズ全てが1タイトル1,500円に統一されていた。

内容は基本的にゲームで使われている楽曲をほぼそのまま収録しているが、中には未使用曲やアレンジ曲も収録されているものもある。また、収録時間は作品によって大きく異なり、60分を超えるものから20分に満たないものまである。

このシリーズで有名になった作曲家に、細江慎治佐宗綾子相原隆行佐野信義がいた。[要出典]

シリーズ作品[編集]

備考[編集]

  • サイトロン・レーベルにて、同趣旨のシリーズ「G.S.M.1500シリーズ」が、まったくの同時期に始まっている(第一作の発売日が同じ)。ただし、本シリーズと異なりCDのみでの供給となる。なお、G.S.M.1500シリーズからもナムコのサウンドトラック作品が2タイトル(『ダートフォックス』『マーベルランド』)発売されている。
  • 2004年末、『ビデオ・ゲーム・グラフィティ』『ナムコット・ゲーム・ア・ラ・モード』『ナムコ・ゲームサウンド・エクスプレス』の全タイトルをまとめた、39枚組ボックスCD『ナムコ・ミュージック・ワンダー・ボックス』2005年3月23日に発売されると発表された[1]。様々な特典付きで限定2,000セット(完全予約生産)、定価76,500円での発売が予定され、予約も受け付けられていたが、2005年2月21日に権利上の問題から、発売中止がアナウンスされた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ナムコの名作ゲーム音楽をぎっしり詰め込んだBOXセット”. CDジャーナル (2004年12月1日). 2017年4月4日閲覧。