ハムスター (ゲーム会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ハムスター
HAMSTER Corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
154-0012
東京都世田谷区駒沢2-11-5
設立 1999年11月11日
業種 情報・通信業
事業内容 ゲームソフト、コンピュータ・ソフト、映像ソフト、テレビ番組、コマーシャルフィルムの制作、製造、販売
代表者 代表取締役 社長 濱田 倫
資本金 1億3050万円
外部リンク http://www.hamster.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ハムスター: HAMSTER Corporation)は、1999年(平成11年)11月11日に設立された、東京都世田谷区にある日本ゲームメーカー。主にコンシューマーゲームの開発・販売を行っている。

事業内容[編集]

社名は創業メンバーである、濱田の「ハ」、武藤の「ム」、鈴木の「ス」など4人の頭文字でハムスターとなった[1]

東芝EMI株式会社(→EMIミュージック・ジャパンユニバーサル ミュージック合同会社に吸収)がゲーム事業から撤退した後、ゲーム部門のメンバーにより設立された。そのため、東芝EMIのゲーム作品の権利を保有している。

ザ・コンビニシリーズの家庭用ハード版など新作ゲームの販売の他、他社製ゲームの販売権を引き継いだりライセンス提供を受けた旧作ゲームを販売している。旧作ゲームの販売は2000年代後半以降、ダウンロード販売サービスへの供給が中心となっている。

2012年1月ジャレコのバーチャルコンソール、ゲームアーカイブス向けの販売権を取得。2014年3月14日、日本物産(ニチブツ)のゲームソフト400タイトル以上の権利を取得したこと[2]を発表。2016年5月20日、UPLのゲーム等に関する権利を取得したこと[3]を発表。2017年6月29日、NMKのゲーム等に関する全ての権利を取得したこと[4]を発表。

沿革[編集]

ゲーム作品[編集]

PlayStation
PlayStation 2
PlayStation 3
PlayStation 4
Xbox 360
Xbox One
ニンテンドーDS
  • ザ・コンビニDS 大人の経営力トレーニング(発売:日本一ソフトウェア
  • MARUHAN・パチンコ&パチスロ必勝ガイド協力 ザ・パチンコホール(発売:日本一ソフトウェア)
ニンテンドー3DS
Nintendo Switch
PlayStation Portable
PlayStation Vita
  • ニコリの数独V 珠玉の12パズル
    • ニコリのパズルVシリーズ
Mobage
  • ザ・コンビニ ~目指せ!全国制覇!~
Android
アーケード
  • すくすく犬福2 ~もっとすくすく~
ゲームアーカイブス

Major Wave シリーズや、『御神楽少女探偵団』などの当時はMajor Wave シリーズとしては出なかった他社(ヒューマンなど)製ゲームを配信しているほか、新規に契約を結んだ会社(メディアエンターテイメントなど)のゲーム、SuperLite1500シリーズもライセンス提供を受けて配信している。現在、約120タイトルを配信している。

バーチャルコンソール

ライセンス提供を受けてジャレコ日本物産などのタイトルをWii UWii、ニンテンドー3DSに配信している。現在、約30タイトルを配信している。

ライセンサー・譲渡元[編集]

日本一ソフトウェア 
日本一ソフトウェア製ゲームの廉価版を(Major Wave シリーズ)ハムスターが発売していた時期があったほか、2008年にはハムスター制作のニンテンドーDS用ソフト2作品を日本一ソフトウェアが発売した。
ジャレコ 
バーチャルコンソール・ゲームアーカイブスの全タイトルの販売権をハムスターに移管。その後事業停止。
シティコネクション 
ジャレコの事業停止後、ジャレコの版権を所有している。
日本物産 
日本物産(ニチブツ)のゲームの権利はハムスターが取得した。
UPL 
UPLのゲームの権利はハムスターが取得した。
NMK 
NMKのゲームの権利はハムスターが取得した。

脚注[編集]

  1. ^ 電人☆ゲッチャ! 2014年5月9日放送回
  2. ^ プレスリリース ハムスター、ニチブツの権利を取得
  3. ^ プレスリリース UPLの権利取得のお知らせ
  4. ^ 『作戦名ラグナロク』や『はちゃめちゃファイター』など、ハムスターがNMKの権利を取得

外部リンク[編集]